2009年12月07日

たった今、ブログを書き終わってフッーとしていたら、日本テレビから電話が来ました。

先日ダメモトで応募してみた「笑点」特別観覧に当選しました、とのことノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

あまりのことに倍率を聞いてみたら、「詳しくは言えないけどウン十倍」とのことでした・・・いやはや。

そんなワケで、まだ混乱していますが、とりあえず12月12日(土)麹町の日本テレビにて収録に参加してきます

感想はまたブログ上にてご報告します(゚∀゚)アヒャヒャ

shizutamarakugo at 22:09コメント(4)トラックバック(0) 

2009年12月06日

1500円・・・些少な金額ですが、私に幸せを与えてくれた金額です
それは・・・マッサージ代(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

もともとヒドイ肩こり持ちで、一時は(当時の)仕事が災いしてか、注射を打って誤魔化してしたくらいのヒドさ。
今も定期的に整体に通っているのですが、ここ2週間ほど仕事で帰りが遅かったので、行けませんでした。そして忘年会だの落語だと飛び回っていたら、3日ほど前から痛くて痛くて眠れなくなっちゃったんですね・・・
でも、整体は日曜日お休み・・・ってなワケで、日曜も営業してるマッサージ店をネットで探し、駆け込みました。
(余談ですが、マッサージはあくまで“急場しのぎ”です。ほぐすだけなので、気持ちいいけど根本的な解決にはなりません。そして、マッサージに行ったと白状すると整体の先生には怒られます

いやぁ、それにしても生き返りました(^∀^) たった15分のクイックマッサージでしたが、ものすごい気持ちよかった。やはり15分では物足りないけど、両肩に有った3トンの重しが1トンになったくらいの開放感はありました。庶民の幸せですな
  (とりあえず明日は必ず整体に行くので許してね、先生・・・)

「9億円」に継ぎ「1500円」。本日2度目の更新ですが、こんな小額でも幸せになれて嬉しかったので、書いてみました。
 あ~でも9億円あったら毎日マッサージに行けるなぁ・・・って、発想がまず小者ですね(笑)  駄目だコリャ!
                           

                    お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 22:23コメント(4)トラックバック(0) 
9億円・・・ものすごい額ですが、鳩山首相が「知らなかった」まま母親から受けた資金提供です。
鳩山首相といえば宇宙人だの草食系だのいろいろ言われますが、私が印象に残っているのは、就任直後のあの長~い所信表明演説です。
その中の一節、あるチョーク工場のお話。
http://www.asahi.com/politics/update/1026/TKY200910260067_04.html
・・・あるチョーク工場の社長は養護施設から頼まれ障害者を毎年採用していました。昼休みを告げるベルが鳴っても手を止めず一生懸命働く彼女達を毎日見ていた社長。ある日、あるお寺の住職にこう尋ねます。「文字も数も読めない子供たちです。施設にいた方がきっと幸せなのに、なぜ満員電車に揺られながら毎日遅れもせず来て、一生懸命働くのでしょう。」 すると住職はこうおっしゃったそうです。「ものやお金があれば幸せだと思いますか? 人間の究極の幸せは4つです。愛されること、ほめられること、役に立つこと、必要とされること。・・・働くことによって、愛以外の3つの幸せが得られるのです」

この演説を聴いた時、“あぁ、首相はとにかく働けってことを言いたいんだな” と思いました。そして、“なかなかこの人やるかもしれない”と思いました。まだ「派遣切り」や「年越し派遣村」といった言葉が人の口に上っていた頃の話です。どう考えても職業・環境を選び甘えているとしか思えない一部の人々の取材を見て、疑問を感じていた頃の話でした。

あれから数ヶ月、首相は一番の窮地を迎えています。知らない間に莫大なお金を受け取り、知らない間に誰かが(?)それを動かしていたという、首相。 “だからお坊ちゃんはダメなんだ、庶民感覚がない” などと安易なことを言うつもりはありあせん。
ただ、不思議と誰もツッコミませんが、所信表明でこのチョーク工場をプロパガンダ的に使い、世界に配信させた本人であることは確かです。
国民を前に働くことの意義を問うた首相、働かずして得た9億円を曖昧にしてはいけません。ちゃんと認めるべきことは認め、納めるべき税金(全て事実なら数億円とのこと)を納め、社会に還元してください。

                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 11:40コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月05日

印西市って、ご存知ですか?? 「どこだよそれ、インゼイシ」とか言わないでください(泣)。千葉県印西市(いんざいし)、茨城県と隣接しているのどかな街で、我らが金原亭馬治さんがお住まいになっています

馬治さんはいつも自虐を込めて「村」と呼んでいますが・・・まぁ、村ですな( -д-)ノ よろよろになりながらバスを降りた瞬間の感想でした。
北総線・千葉ニュータウン駅からバスで20分、築250年の古民家「宮崎邸」を借り切っての「里山寄席」
です。印西市の方々が作っている馬治さんの後援会「馬印の会」が主催の落語会。
かなりの遠い道のりでしたが、今回は馬治さんの幼馴染であるKさんがご一緒だったので、おしゃべりしているうちにあっという間に着きました

古民家は想像を越える寒さでしたが、ネタの方はピッタリ。「二番煎じ」「芝浜」です 二番煎じなどは、真冬に町内の見回りをサボリ、お酒&猪鍋で温まるダメ男たちの噺・・・なんだか本当に猪鍋が食べたくなりました

終了後に行われた主催者レベルの打ち上げ(オマケでもぐりこんだ)も含め、まぁなにかと自分の落語ライフについて考えさせられる一日ではありました。来年は、もう少しいろんな噺家さんの落語を聴いてゆきたいと思います。少し早いですが、来年の抱負でした(′∀`)

                     お後がよろしいようで。

091205_1301~0001091205_1318~0002
歴史ある宮崎邸と、その内部。ご覧のように満員御礼です。

shizutamarakugo at 23:47コメント(5)トラックバック(0) 

2009年12月04日

先日の「馬生ハマ寄席」で、Myカメラはたくさんの写真を撮りました。
若い馬治さんや馬吉さんとの2ショットはもとより、恐れ多いことに11代目金原亭馬生師匠との2ショットもございました(ブログに載せなかった理由・・・私の顔がテカッていたから) 
撮影した際、師匠に「写真できたら送ってください。住所は馬治に聞いて」と頼まれたんです(′∀`) そこで、師匠の頼みだ! と思い、翌日すぐに現像しお送りしたんです。
091203_2012~0001すると昨晩、うちのポストに師匠からお礼の葉書が届いていました。
・・・少し感動したのですが、やはりあの年代の方は違いますね。今の若い人は『礼状』という概念すら知らないかもしれません。メールでなんでも済ませてしまうこの時代、こうしてたまに肉筆のお手紙をもらうと、心に染みます(*'-'*)
失礼ながら、字のうまいへたではありません

ところでワタクシも前回お誘いを受け焦ってしまったのですが、師匠は俳句の会も主催されています(噺家さんは基本的に芸事全般をたしなまれます)。そこで、今回もお葉書の最後に一句お載せ頂いていました。師匠らしいとニッコリした句だったので、勝手ながらここに発表。
        「師走日や ウイルス恐い 齢でなし」

                           お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 20:40コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月03日

師走になりました。今日は冷たい雨も降っていますし、暖冬とはいえ寒いですね。
ところで私はメチャメチャ冷え性です 冷え性の典型として、まず足が冷たい。真夏でも足だけは氷のように冷たく、眠れないのです 特に最近はどこに行っても冷房が効いているので、冬より夏の方に風邪をひく始末・・・。逆に冬はオフィスも暖房が効いているので、身体は暖かいです。でも、相変わらず足だけは氷水に突っ込んだよう・・・。

091203_1114~0001そこで、私のデスクの下はこんな感じになっています 
左がミニヒーターで、右が電気アンカ。
特にアンカは文句無しの優れ物で、足を突っ込むと幸せなポカポカ感を味わえ、そのまま眠りたくなります。
この2つを夏も冬も駆使する私。暑がりの男性社員達からは「理解できない」と言われますが、この気持ち分かってなるものか(`・д・´) と、皆が汗をぬぐう横でヒーター付けています
          めでたしめでたし。
と思いきや、先日大騒動が∑( ̄ロ ̄|||)
私がナニゲにヒーターを付けた瞬間、フロア中の電気が落ちたんです(もちろんパソコンも)・・・そう、ブレーカーが落ちたんですね・・・
「あぁ、4時間分のデータが飛んだ」と社内は阿鼻叫喚の光景・・・
実は移転した関係上この事務所で冬越すのは初めてだったんです。それでこんな簡単に電気が落ちる物件とは社長すら知らなかった・・・。

と言うワケで、今晩営業時間終了後、電気屋さんが電気の増設工事に来ました。その費用、12万円(´∀`)

                     
お後がよろしいようで。
             

            

                                              



shizutamarakugo at 22:01コメント(7)トラックバック(0) 

2009年12月02日

早いもので昨日、「新語・流行語大賞」が発表されましたね。今年の1位は政権交代とか・・・まぁ妥当ですな。なんらかの政治的意図も入るらしく毎年「こんなの聞いたことないし」とツッコミたくなるような政治家の発言なんかも1つくらい紛れ込んでますが、今年はどれもわかる
ただ、毎年思うのですが、今年度後半の言葉がほとんどなんですよね。前半の流行は忘れてしまっているという・・・日本人の飽きやすさ・忘れっぽさがこんな所にも表れている気がします・・・(´-д-;`)

ところで今朝ニュースを見ていて ヽ(TдT)ノ  となった瞬間がありました。それは・・・「ハトミミ.com 開設」 なんだソレ!!
・・・今話題の『事業仕分け』に乗じて、首相が「こんな無駄がありますよ」という投書を受け付ける窓口を設けたんだそうです。
主旨は悪くないと思いますが、このネーミング・・・。いかにも急ごしらえで作った香りがする  オジサン達が薄~い頭を寄せ合って「鳩山が聞くから鳩の耳。あ、そのまんまか(笑)」「うまいですね部長」とか言ってる図が目に浮かびます。しかもロゴマークがまたビミョウ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000037-maip-pol
 耳のハテナがこざかしい

ま、私の中では『裁判インコ』に継ぐ、くだらないネーミングですね。
ちなみに私の中での2009年新語・流行語大賞は『ヤク抜き逃亡』 。
カノジョのお陰でヤク抜き、という言葉を覚えた1年でした(・∀・)
・・・なんで候補にも入らなかったんだろう。

                           お後がよろしいようで。 



shizutamarakugo at 21:49コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月01日

携帯メールが普及してから何年が経つでしょうか。携帯だけでなく、今では日本人の大半が、パソコンのメールアドレスも1つは持っていますね(かく言う私も3つのアドレスを使い分けています

でも、難しいですねメールは。よく“恋愛におけるメールの役割”みたいなものが論じられたりしますが、やはり現代の人間関係においてメールという媒体が締める割合が絶大であることは否めません。内容だけでなく、タイミングも難しいですネ。早すぎても駄目、遅くても駄目(もちろん返事しないのは論外)、絶妙なタイミングの黄金比を考案したらノーベル賞とるかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリッ

ところで私が秘かにステキだなと感じているメールの遣い手がいます。それは、噺家の立川談修さんです。もちろん噺家さんも完璧なサービス業ゆえ、礼儀正しいのは当然です。でも、それだけではありません。今まで数回、寄席がらみの用件でメールをやり取りしているのですが、まず返信が迅速かつ的確。ご本人の真面目さ・律儀さが伝わってくるようなタイミングであり文章なんです。素人が生意気ぬかしますが、“芸は人柄”とか言いますしね。人情的に、やはりこういう方は応援したいナという気になります。
逆にそうでない方は、木戸銭を払う気が段々段々なくなって来ます・・・(最近ちょっと経験あり

なんにせよ、便利なようで厄介な世の中になりましたね。
いっそ、伝書鳩でも飛ばしましょうか!?
 
                       お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:48コメント(8)トラックバック(0) 

2009年11月30日

昨晩、田舎の母から荷物が届きました。
元はと言えば、私が「会社で飲むお茶っ葉が切れそうだから送ってよ」と頼んだのがキッカケです(注:私はお茶どころ静岡の出身です)。
しかし“1”頼むと “10” 送ってくるのがうちの母の悪いクセ・・・
091122_2049~0001昨晩の荷物も巨大でした。
そして中には、お願いしたお茶の他に、私の好きな自家製ポテトサラダや、父が育てている野菜で作った漬物が・・・

でも、そこまではいいんです。何故か今回、余剰スペースに「珍味」がネジ込んであったんです。しかも「イカのピリ辛焼足」「いかすみ入りサキイカ」等のシブ~イお品が


もしやお母さん、駅で3袋1000円だったのでは?! (笑)
そしてお母さん、娘を大酒飲みと勘違いしてはいませんか?! (泣)

                          お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 21:10コメント(3) 

2009年11月29日

ステキな写真がたくさん撮れたので、ご紹介します   

あられカレンダー
          
 
1・2


        


                                    


桃川さんと師匠2駒ん奈さんと2

3・4





1 師匠あられ。横浜にぎわい座のロビーで販売してました。もったいなくて食べられず、いまだ手元に・・・

2 ハマ寄席卓上カレンダー。打ち上げのクジ引きで当たりました   
  会社で使わせて頂きます。

3 左・江戸紙切りの桃川健師匠/右・金原亭馬生師匠。お2人ともダンディー! ちなみに江戸紙切りとは、ハサミでチョキチョキどんな形で
  も作ってしまう伝統芸能です。

4 左から私・金原亭駒ん奈(作家の荻野アンナさん)・ファン仲間のお2人。荻野アンナさんはフランス文学者・慶応大学教授・落語家・コメンテーターなど多彩な面をお持ちのパワフルな女性です。



                                    

shizutamarakugo at 12:27コメント(2)トラックバック(0) 

2009年11月28日

昨晩の「芝浜」の余韻に浸りながらも、今日は連チャン2日目。横浜にぎわい座にて「馬生ハマ寄席」です。11代目金原亭馬生一門による横浜定期公演の、第7回目。もちろん我らが馬治さんも出られます 落語だけでなく踊り・曲芸・茶番もあるとのことで、芸人さんのマルチな才能が観られる機会! 楽しみにしておりました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

横浜本日のプログラムは

金原亭馬吉・・・「鮑のし」
金原亭駒ん奈・・・「てれすこ」
古今亭菊春・・・「時そば」
翁家和助・・・曲芸
金原亭馬治・・・「親子酒」
金原亭馬生・・・「三軒長屋」

菊春さんはよく馬生一門と絡んでいるようで私も何回か拝見していますが、ヘチマにそっくり
飄々としたキャラクター全開で、今日も高座の途中、どこかの馬鹿の携帯電話がピーピー鳴りましたが、それさえも咄嗟の機転で笑いに変えていました。お見事!!!

終了後、打ち上げに参加 今回も沢山の落語通の皆様(異業種・異世代)と知り合うことが出来ました。噺家さんや、ベテランの落語ファンの皆さんと酌み交わすお酒はまた格別。横浜という場所も忘れ、酒宴は続くのでした・・・(´∀`)

                      お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 23:50コメント(0)トラックバック(0) 

しがないOLのワタクシ、今週は残業続きで夜の落語に行けませんでした・・・。でも、ようやく5日間のオツトメを終えたので今日・明日と2連チャンで落語に浸れます

まず本日は19時から大塚で『あのあの馬治~種の会~』がありました。平たく言えば金原亭馬治さんの独演会です。いろんなゲストを呼び定期的に行われているのですが、今回のプログラムは

     前座・・・「寿限無」
     金原亭馬治・・・「二番煎じ」
          仲入り
     金原亭馬治・・・「芝浜」
     水江晴美・・・ジャズ3曲熱唱(曲名不明

特に「芝浜」は冬の定番的なネタ。亡くなった円楽師匠がオハコにしていたことでも有名です。恥ずかしながら馬治さんの芝浜を聴くのは初めての初心者なワタクシでしたが、人情噺にシットリと聴き惚れることができました。
ちなみに今日は馬治さんの幼馴染であるKさんが見えていたんです
Kさんは馬治さんと中学・高校・大学ずっと一緒だった珍しい方! 以前ご紹介頂きお会いするのは2回目でしたが、馬治さんご幼少の頃のエピソードなど聞き出すことが出来、ファンとしては嬉しい限りです
「友達だから逆にハラハラしちゃって見てられない」という理由であまり落語会に現れないKさんですが、私が一生懸命逆ナン(?)し、来週、千葉奥地で行われる落語会はご一緒して頂けることになりました。またお2人に「つまらなかった男子校の日々」を語って頂くのがチョー楽しみです(笑)
                            お後がよろしいようで。

 0001                                             ←前回の「きぼーる寄席」で撮影した打ち上げの集合写真を席亭の奥様がメールしてくださいました。圧縮しすぎてワケわからなくなってますが・・・ワタクシめは前から2列目の左から3番目、馬治さんの背後にチャッカリ陣取っております   
ヒロコさん、お写真ありがとうございました!                            



shizutamarakugo at 00:08コメント(5)トラックバック(0) 

2009年11月26日

当社の顧問税理士は、40歳のオモシロ男子です。バーボンと洋楽と仏像を愛する気ままな独身貴族さんだったのですが・・・今日お会いした時、なんだかソワソワしていました。
「あのー、実は僕、先週結婚したんです」
「エッ!? (ってか、彼女いたのか) 」
「一応、ご報告までにと思いまして」
「おめでとうございます。で、お相手はいくつの方なんですか?」
「スイマセン、10歳下です。フフフッ」
「10コ下♪ 先生もやりますね! (奥さん、私とタメじゃん・・・)」


するとその数時間後・・・
当社の専務(34歳・男)がプルプル鳴った携帯電話に出て、
「こ、子供が産まれるぅ!!」と血相変えて帰ってゆきました
そろそろ産まれるのは皆わかっていましたが、ちょっとだけ予想より早かったみたいです。

なんて一日だノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!  って感じですね(笑)  
本当におめでたい
一昨日も同僚の1人が入籍したし、最近私の周りは慶事続きです。

あのォ幸せの“おすそわけ”って無いんでしょうかネ( ̄ー ̄)ニヤリッ

shizutamarakugo at 23:50コメント(5)トラックバック(0) 

いつもブログをご愛読いただき、中ではコメントなどもお寄せ頂いている皆さん、ありがとうございます
実は今までコメントを「非公開」にしていたこのブログですが、ちょっとお試しに「公開」してみることにしました。つまり、誰でも読める状態になるわけですね。

今までと違い外部の方の目にさらされる事になるので、すこ~し書きにくくなっちゃうかもしれませんが・・・・・・コメントを通じ会話ができれば楽しいかな、なんて思ってます

とりあえずワタクシも初心者ですのでどんな感じになるかわかりません。また色々考えて「非公開」に戻すやもしれません。でも、モノは試しなので一度冒険してみようと思います(・∀・)つ

今までコメント書いたことのない皆様もやり方は簡単! 各記事の下にある「コメント」という字をクリックし、ハンドルネームとメッセージを入力して頂くだけで、あら完成 ※メールアドレス等は入れないでも大丈夫です。
ちなみにコメントが付くと「コメント(3)」というように件数が入るので、同じくクリックして開いて頂ければ読めます

なんか、押し付けがましい内容になっちゃいましたがゴメンナサイ
気が向いたらどうぞ試してみてくださいね。
今後ともご贔屓に(^_^)ニコニコ





shizutamarakugo at 16:45コメント(3) 

2009年11月24日

突然ですが、私はクジ運がメチャメチャ強いです。
思えば幼少の頃より、町内会のクジ引き・デパートの三角クジなどで、特賞を当てまくってました(自然と我が家のクジ引き担当は私でした)。
数え挙げればキリがありませんが、例えば・・・
●小〇寿しチェーンの懸賞で、ハワイ旅行ご優待 ●キ〇ンビールのキャンペーンで、ビール1ケース ●姉が家族全員の名前で応募したジャニーズのカウントダウンコンサートに、私の名前で出した分だけ当選(倍率数百倍だったらしい)    などなど、ややショボイ内容ながら高確率で当てて参りました。

そして今日!! たまたま朝、『丸花亭』という天麩羅屋さんのホームページを開いたんです。ちなみにこの丸花さんは、天麩羅屋さんながらご主人が月に一回、落語会を開催しているという楽しいお店
    http://www.oowada-rakugo.com/index.html

もちろん私は、次回の落語会情報を得ようとナニゲに開いたんですヨ。そしたら・・・開いた途端『おめでとうございます、キリ番ゲット!』という派手なメッセージが現われたんです(; ̄Д ̄)
・・・つまり、アレですね。よく水族館とかで『あなたが1万人目のお客様です』とか突然言われてクス玉割られちゃってる人とかニュースに出ますよね? アレです、アレ(笑)   
ワタクシは偶然ホームページのジャスト54000人目のアクセス者だったらしく、千人に1人という恩恵にあずかり落語会の無料チケットGETしちゃいまいした

奇しくも今日は、年末ジャンボ宝くじの発売開始日。この勢いに乗ろうじゃないかということで、会社の人たちにけしかけられ宝くじまで買っちゃいました(笑)。 当たるわけないけど、買わなきゃ当たらない!! 
さぁ皆さんも夢を見ましょう( ´∀`)つ
 
                                                  お後がよろしいようで。


                           

shizutamarakugo at 20:21コメント(2) 
猫ムスメ