2010年01月04日

091224_1930~0001新年早々「東京かわら版1月号」を片手にウンウンうなっています。私は一体どうしたらいいのか
・・・と言いましても、私のことですから別に人生に悩んでいるわけでも多忙さに頭を痛めているわけでもありません。実にくだらない唸りで申し訳ありませんが、今月はどの落語会に行こうか、と本気で悩んでいるのです(こうして書くと実にくだらない)

実は手の内を明かしますと、ここ半年くらいの私のスケジュール決めにはある一定の法則があったんです。
・・・まず、毎月末になると翌月号の「東京かわら版」が届きます。私はそれを見て、金原亭馬治さんの出番にとりあえず全てシルシを付けました。そしてスケジュール手帳を開き、空いている日(主に週末)に馬治さんの高座をどんどん書き込んでいったんです。そしてそれでもまだ余力があるようなら、他の好きな噺家さんの高座をチェックして、空いている日を埋めていく(もちろん落語以外の用事も考慮した上で)・・・こんな感じの作業が恒例でした。正にストーカー

でも、覚えていますか? 昨年末に私がブログ上で表明した『脱ピヨピヨ宣言』を・・・馬治さんのファンではあるけれど、まぁいろいろ感じるところあり、外界もひとつ見てみようかと思ったわけです。合う・合わないがありますが、自分ので、私の求めるものにピッタリ合う噺家さんを見つけるのが今後の目標です(^_^)ニコニコ  だけどやってみると以外と難しい・・・無数にある落語会の中でどれに行けばいいのか、まずなかなか見当がつかないものです。でも“ハズしたら嫌だな”と思ったら負けですね。ハズしたらそれはそれでブログのネタにはなる(笑)! 失礼ですがそう考え猪突猛進がんばりたいと思います。

                          お後がよろしいようで。

                                             



shizutamarakugo at 20:57コメント(2)トラックバック(0) 

2010年01月03日

皆様より一足お先に仕事始めです  ものすごい量の仕事が待っているので朝4時に起床。5時過ぎには既に電車の中でした(′∀`)
夜明け前のオフィス街(しかもお正月)って本気でコワイですよ 当社は大手町駅から徒歩10分ほどかかるのですが、その間、人っ子ひとり会いませんでした。もちろんお店なども全てシャッターを閉めているので、真っ暗です。か弱いウサギちゃんではありませんが、『もしここで襲撃されても叫び声すら聞こえないわな』とビクビクしながら小走りで会社に向かいました。お陰様で着いた時点でまだ6時(笑)

ところで『大手町』『1月3日』というキーワードから、何か連想されないでしょうか?? そう、箱根駅伝です  毎年3日に出勤すると、大手町・産経新聞社前に特設テントが設営されております。今日は流石に早すぎて誰もいませんでしたが、もう少し普通の時間に出勤する年は場所取りする報道陣の姿が見られます  とは言っても私には関係ないんですよね・・・ゴール観に行く余裕とかないですから・・・。
今もお昼を食べながら、往路7位で終わった我が母校の逆転をオフィスにてヒッソリと祈っております(こんな近くにいるのに・・・

毎年いろんなドラマが生まれる箱根駅伝。ただ走るというシンプルな競技だからこそ魅入られる人が多いのではないでしょうか。
            みんな頑張ってねー!!!

                           お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 13:53コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月02日

100102_1055~0002老犬(15歳)に見送られ実家を去りました。たった3日のお休みでしたが楽しかったぁ・・・と締めくくりたいところですが、次々と事件が

まず家を出る寸前、ピンポンパーン♪ と市役所から放送が入りました(田舎はまだあるんですね、そういうのが)。市内某所で火事が発生したとのこと。慌てて外を見たら、天高く煙がモクモク上がっているではあーりませんか! ・・・近所のお宅が全焼しました

ご家族の無事を祈りつつも新幹線の予約があるので、新富士駅に急行。大雪のため15分くらい遅延しましたが、なんとか品川駅に到着。
日大病院に入院している叔母の所に立ち寄るため、山手線に乗り換えなくてはいけなかったのですが、なんと『只今、西日暮里駅にて人身事故が発生したため山手線全線の運転を見合わせます。復旧の見込みは今のところ立っておりません』との放送が(; ̄Д ̄)  でも待ちましたよ、叔母が楽しみに待っているので。・・・結局40分くらいスシ詰めのホームで待たされた挙句、電車は発車しました
さぁこれでようやく解決♪ と思いきや、1分も進まないうちに電車が急停止したんです!! 皆『何が起きたのッ』とビビッていましたが、説明によると、待たされてキレた客が車掌さんをブン殴ったそうです
・・・結局その馬鹿のせいで更に10分ほど電車が停止してしまったんですよ。このド阿呆

おっと失礼致しました(照) 普段は温和なワタクシですが、たまには怒りますよ、ぷんぷんっ
・・・寒気を催した皆様、ごめんなさい。心よりお詫びし明日から仕事に励みたいと思います。

                         お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 19:44コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月01日

100101_1513~0001市内の浅間大社へ初詣に行って参りました。いつもは少し遠出して身延山延暦寺まで行くのですが、今年は諸事情から、近場です 14時という時間帯のせいか、思ったほどは混んでいませんでした。ただ、広場の一角に、やけに人だかりができているんですね。野次馬根性丸出しで近付いたところ、アラッこんなにカワイイお猿ちゃんが まだ1歳の女の子だそうです。ネタかと思いますが、オムツをしているんですぅ・・・超キュート!!

子猿ちゃんに癒され、いそいそと帰宅。だって・・・今日はワタクシが観覧した「笑点」の放送日でしたから(・∀・)つ
何人かの皆さん、ご連絡いただいて有難うございました♪ 案の定、私の姿は確認できなかったとのことですが、実は途中で一回チラッと後姿が映ったんですよ! ただ、絶対本人にしかわからないレベルでして・・・あれで見破った人はかなりのものなので私を嫁にもらうべきかと思います(笑)

そんなこんなでお騒がせ致しましたが、私のお正月は明日で終了。
明日の昼、新幹線で千葉に帰ります。両親から山ほど食べ物を持たされるので、それを食べ切るまで正月は終わりませんけどね、真の意味で(泣)
健康診断に向け、徐々に絞ってゆきたいと思います(´-д-;`)

                        お後がよろしいようで。

100101_1456~0002100101_1222~0001
<左>初詣の群集
<右>我が家のお節料理



shizutamarakugo at 20:34コメント(4)トラックバック(0) 

081231_1515~0001新年あけましておめでとうございます。
富士の麓よりご挨拶申し上げます
皆様、良いお正月をお過ごしでしょうか? 猫ムスメめは自宅でノンビリまったりしております。再来週「健康診断」があることには目を瞑り、お餅にお節に、食い正月しております。
お昼になったら皆で市内の浅間大社へ初詣に行く予定。出店のタイ焼きが・・・おっと、神様へのお参りが楽しみでございます  

今年はそうですねぇ。適度に落語を聴き適度に本を読み、願わくば恋のひとつやふたつし、そして適度に仕事をしたいと思っております(笑)  元旦にあるまじき抱負・・・

こんな適当人間でございますが、本年もよろしくお願い致します。

                                 2010年 元旦   



shizutamarakugo at 10:37コメント(4)トラックバック(0) 

2009年12月31日

さぁ、いよいよ2009年最後の1日となりました
昨日まで仕事だ不景気だと騒いていたのに、田舎に来た途端、正月モードに入った私です。
・・・と言っても、うちの家族はいつもと変わらないんですよね~。今朝も父は畑・母はパート・姉は近所で彼氏と同棲中なので家には寄り付かず、私が起きても誰もいません。
でも、午前中ワタクシがゴロゴロ留守番している間に3人ものお客さんが訪ねてきてくれました(・∀・)つ  
一人目は母の友達。大根(父が育てたやつをあげたらしい)のお礼に手作りの栗キントンを持ってきてくれました。2人目は近所のオジサン。お餅を搗いたとのことで、自家製の大福餅を持ってきてくれました。そして3人目。年越し蕎麦(母が打ったやつをあげたらしい)のお礼に、これまた手作りの黒豆&ロールケーキを持ってきてくれました。
もはや物々交換の世界ですな(笑)。外出から戻ってくると玄関前に芋の山が置いてある・・・とか、笠地蔵みたいな日常です。やはり都会では有り得ない、田舎ならではの繋がりですネ。

そんなこんなで今年もあと数時間となりましたが、皆様、本年中は大変お世話になりました。手探りで始めたこのブログも、宣伝や登録一切していないにも関わらず徐々にアクセス数が増え、今では自分で驚くほどの方々が読んでくださっています。有難い限りです。
ふつつかものですが、来年もひとつ御贔屓にお願い致します
それでは来年一年が皆様にとって幸多き一年でありますよう・・・

                           良いお年を!!!

091231_1406~0004<写真>年越し蕎麦を打つ我が老母。蕎麦打ちは彼女の生きがいで、年々“打ってくれ”という依頼も増えているようです(もちろん無償で)。今年も「お母さん人気でこんなに頼まれちゃったよぉ」と迷惑そうに、でも満面の笑みで依頼者リストを見せてくれました♪ 10件以上あったな・・・



shizutamarakugo at 20:48コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月30日

ふるさとに着きました。いや~ものすごい混雑でしたよ、東京駅も新幹線も・・・  指定席予約してあったから良かったものの自由席なら立ち乗り状態でした。

091230_1952~0001さて、姉が新富士駅まで迎えに来てくれました。以前このブログ上で『姉』というタイトルでネタにさせて頂いた、あの姉です  新富士駅に着いたと言ってもここからが遠い(車で更に30分くらい)!時間が時間だったのでまずは腹ごしらえです。
姉お勧めの「チャイナカフェ」というお店で海鮮チャーハンと海老マヨをオーダー。う~ん、旨い  田舎とてあなどれないなと思った瞬間でした。

ちなみに2人で食事するといつも姉がお会計してくれます。今回もチャッカリご馳走になってしまいました(*´Д`*)
ブログでネタにさせてもらったり、ご飯たべさせてもらったり、すまない姉ちゃん・・・・・これからは姉ちゃんじゃなくお姉様と呼ばせて頂きましょう(絶対ウソ)

                          お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 22:32コメント(0)トラックバック(0) 

年内最後の会社に来ています。私1人でボケーッと・・・(T_T)

実は毎年当社は12/30が仕事納めなので、みんなも通常通り来る予定だったんですヨ。それがここ3日くらいでふと気付いてしまったんです
     『なんか、いつもの年末より静かじゃねーか』
・・・そうです、不景気なんです。うちは観光業界がお客様なので、不況の波が直撃し、今年は仕事が激減してしまいました。そして去年の今日はまだ電話がジャンジャン鳴って“かきいれどき”の様相を呈していたのに、今はパターッと静まり返っているんです

そこで社長が決断しました、「無駄にいてもしょうがない、休みにしちまえ」と。ちなみにここがうちの社長のいい所です。けっして意地や慣例に縛られず、社員の幸せを考えてくれる人。確かに仕事が無くて仕事納めを1日早めるなんて屈辱ですが、無いもんはしょうがないですからね! そんな訳で皆は今頃、家族団欒を過ごしていることでしょう
私は経理とういう職種柄、金融機関との兼ね合いがあるのでどうしても休めませんでしたが、それでもお昼には帰ります
そして夜、田舎に帰ります。田舎には年老いた両親と年老いた犬が一匹、待っていますからネ

聞けば今日は帰省ピーク日とのこと。飛行機やら車やらで帰る方もいらっしゃるかと思いますが、どうぞ皆さんお気を付けて(o^∇^o)ノ   
良い旅に致しましょう♪

                       お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:30コメント(3)トラックバック(0) 

2009年12月29日

少し前の話になりますが、先日の「里山寄席」に翁家和助(おきなやわすけさんがゲスト出演されていました。和助さんは太神楽の芸人さんです。傘回しをしたりする方ですが、詳しくはHPを・・・
 http://www.daikagura.org/wasuke.html
打ち上げで隣に座り2人ダラダラお喋りしていたのですが、ふと、大変うまいことを仰いました。

和助『それでキミは、一体なんでそんなに落語が好きになったの?』
 『実は生まれて初めて落語を聴いたのが馬治さんの高座でして、それでまぁ、すごい面白いしカッコいいなぁと・・・(照)』
和助『あぁ、アレだね。ヒヨコが卵から孵った時、初めて見た相手を親だと思い追いかける・・・』     
 『すり込みですね!!』            
和助『そうそう、すり込み ピヨピヨついて行くんだね(笑)』 

・・・そうなんです、すり込みなんです。ようやく自分の行動に名前が付きました(⌒-⌒) やはり何事も、最初が肝心。どんなに人気の食材でも、最初の一口を食べたお店が最悪だったら二度と食べないですよね? それと一緒です。最初に聴いた高座が素晴らしかったからこそ、私は落語を愛することが出来ました。心から“有難う”です

今年は馬治さんがご縁で、金原亭一門の落語会は我ながら本当によく行かせて頂きました。そして迎え来る2010年・・・私の目標は “ちょっとピヨピヨを止めること” です(^_^)ニコニコ   
少々思うところあり、そう考えました。今後は偏ることなく色んな噺家さんの落語を聴き、自分のを鍛えたいと思います。そして自分の目と耳で、いろいろ判断してゆければなぁ思っております。もちろん瞼の親も応援を続けますが、ま、ちょっとした冒険心ってやつですね。
目指せ親離れ、目指せ脱ピヨピヨ(*´∇`*)

                       お後がよろしいようで

0001
大和田落語会の写真を戴きました。左右にいらっしゃるオジサマ2人は、なんと金原亭馬治さんの後援会『馬印の会』を主催されている方々です! 奇跡の3ショット


shizutamarakugo at 19:58コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月28日

091227_1355~0001091227_1922~0001











今年も、大手町のオフィス街に“お飾り屋さん”が出現しました。正式な名称は知りませんが、勝手にお飾り屋さんと呼ばせて頂きましょう 毎年だいたい最後の1週目に入るとどこからともなく現れ、路上に屋台のような仮店舗を作るんですね(写真左)。しかも一軒じゃなく、3ブロックに一軒くらいの割合で(お互い無関係っぽい)
いいですね、お飾り 殺風景なオフィス街に赤と白のコントラストが大変映えます。そして、忙しさに心を忘れたビジネスマンに「郷へ帰れよ」と伝えてくれるのです。
・・・なーんてカッコ良く言ってみましたが、毎年気になってしょうがないんです。『あなた達、どこから来るんですか?そして、誰なんですか?』
・・・誰か教えてください 私の観察によると、何故かどれもオジサン2人組なんですね~。そして椅子に腰掛けオチャケか何か飲んでる(笑) みんな人の良さそうなオジサンなので、お祭りのテキヤさんとは違う感じ。かと言って、しめ飾りを作っている農家の方なのかなぁと思いましたがそういう職人ぽい感じもしない・・・なんか非常に“自由”な感じが謎なんですよね。しかも何故こんなオフィス街のド真ん中にこぞって広げるのかという根本的な疑問含め、長年の謎でございます( -д-)ノ

謎なのでジーッと観ていたらオジサンと目が合ったので、いっそ聞いてみようかなと近寄りました。でもなんとな~く聞きづらく、結局小さなお飾りを1つ買って終わりました(写真右)。でも、弾みで買ったとはいえ赤い鯛がチョー可愛い かなり気に入りました。交通安全と書いてあるので父の車にでも飾ってあげましょう(私は運転ができません)。
ちなみにコレ、値段聞いてビックリしたんですが150円だったんです。新たに “こんなに利が薄くて商売になるのか” という疑問まで生まれ、ますます謎は深まるのでした・・・

                      お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:22コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月27日

世間はもう年末年始休暇に入ったらしいですね。昨日「成田空港が出国ラッシュ」とニュースでやっていて驚きました。仕事始めは皆1/4だと思うので、きゅ、9連休ですか・・・ すごい!ってか、素直に羨ましい。やはり大手と中小企業の差はここらへんで出るんでしょうな。
・・・設立8年目・社員9名、不況の波に揉まれまくりな当社は当然「フォゲット成田」です 働け、そして働け。働かざる者には航空券どころか正月の餅すら買えません。そんな訳でワタクシは昨日も今日も晴れて会社に来ております(TДT) 年内は大晦日まで休みなし!! これが日本の大半を占める中小企業の現実ですヨ、鳩山さん。
・・・ただの愚痴に内閣総理大臣まで持ち出してしまいました( -д-)ノ

091227_1758~0001ところでワタクシ、この会社の人たちに落語が趣味であることを明かしていません。と、言いつつデスクには馬生一門の卓上カレンダーが置いてあったりするのですが・・・みんな優しいので何もツッコミません。でもここ半年くらい「ちょっと用事があるので」と定時で帰る頻度が激増した私は、かなりアヤシイ社員だと思います(′∀`)
まぁ別に悪いことしてるわけじゃないからいいんですけどね~なんとなく恥ずかしくて・・・。でも、ある落語仲間の女の子は「今日落語なんで帰りまーす!」と宣言して帰宅するそうで(笑) ちょっと羨ましくなりました。だから私も、ゴソゴソ仕事しながらフト思いました。2010年はひとつカミングアウトしてみようかなぁ、と。
果たしてどんな反応があるか!?・・・多分100パーセント「シブイねぇ(笑)」で終わりでしょうな 
    
                        お後がよろしいようで。

                            



shizutamarakugo at 19:27コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月26日

噺家さんには、色んな経歴や特技を持った方が沢山いらっしゃいます。柳家三之助さんもそのお一人(⌒-⌒)  今日はそんな三之助さんの独演会『三之助を見たかい?』に行って参りました。実は先日の『大和田落語会』でワタクシが「今週、三之助さんの落語会に行くんですよぉ」と言ったところ皆が皆「あぁ、飛行機・・・」と呟きました(笑) 
そう、三之助さんは大の旅客機マニアで有名なんですね ただ好きなのではありません。好きが高じて「ANAの女性たち オールフライトニッポン」という本を出してみたり、わざわざ成田空港から中部国際空港に飛行機で乗りつけ落語をやる『セントレア寄席』が大人気を博したり・・・とまぁ完璧、趣味と実益を兼ねていらっしゃる方なんですネ。
そして知識は飛行機だけに留まりません。落語界きってのIT通であり、落語協会HP副委員長までされているという、とにかく本当にマルチな面白い方なんです(^∀^)

091225_2252~0001・・・なんだか三之助さんを紹介するブログになってしまいましたが  肝心の落語も楽しかったですよ、ハイ(笑) 
雑な感想で申し訳ありませんが、まぁ今宵はクリスマスですしサラッと

ちなみに受付でちょっとしたクリスマスプレゼントを戴きました。なんだ? と思いきや、三之助さんではありませんか チロルチョコに自分の顔をプリントしてしまうとは・・・どうやったのか知りませんが、さすがマニアック男子
・・・うーん、これは落語以外で目が離せません(´∀`)

                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 00:05コメント(3)トラックバック(0) 

2009年12月24日

イブの今日、叔母が足の手術を受けています。開始は朝8時半。今頃、先生と共に一生懸命がんばっていることでしょう。

この叔母は現在68歳ですが、人一倍パワフルな女性です。某保険会社で営業レディとして働き、長年、静岡県でナンバーワンの成績を保ってきました(会社のホームページに社長や支社長と並んで顔写真が載っているくらいです)。人柄も大変ざっくばらんで、叔母の家にはいつ行っても沢山の人が集まっていました。そんな叔母が病に倒れたのは去年のこと。突然、乳癌が発覚したのです。普段が元気な人だっただけに周りのショックはひどく、みんな自分のことのように落ち込んでしまいました。でもそこは叔母が叔母らしいところ。本人は「なっちゃったもんはしょうがない。」と逆に皆を慰め、遠い有明の癌専門病院に入院をし、摘出手術を受けました。幸いその後、再発も転移もしていませんが、今でも抗がん剤の副作用に苦しめらています。でも本人は愚痴ひとつこぼさず「張り合いだから」と、仕事まで続けています  そして今回、ずっと悪かった足の手術まで決意しました。すごい!!

・・・こんなパワフルでポジティブな叔母が、私は大好きです。本人は「あと5年も生きられれば恩の字」なんて言っていますが、そんなこと言わず10年でも20年でも生きて欲しい(できたらワタクシの花嫁姿も見て欲しいけど・・・いつ?) 
まだ連絡は来ていませんが、きっと手術もうまくいき、歩けるようになることでしょう。 だって・・・今日はクリスマスイブですから(*'-'*) 
神様からの贈り物を信じます。
 
                             Merry Christmas
091224_1819~0002






shizutamarakugo at 12:10コメント(1)トラックバック(0) 

2009年12月23日

意味ありげなタイトルですいません
毎年この時期になると聴こえてきますね、MISIAの「Everything」
♪優しい嘘ならいらーないー欲しいのはあーなた♪  
女心、言い当てすぎ(笑) 冬の名曲ですな

落語にも、様々な“優しい嘘”が出てきます。その代表は「芝浜」。亡くなった円楽師匠がオハコにしていたことでも有名ですが、冬の人情噺の名作です。
・・・怠け癖のついていた魚屋が、芝の浜で財布を拾う。中には42両という大金。大喜びした魚屋はすぐ家に帰り、近所の人間を集めて大酒盛りを始める。酔いつぶれて目を覚ますと、おかみさんは財布のことなど知らないと言う。財布を拾ったのは夢だったのだ。自分は楽して暮らすことばかり考えているからこんな浅ましい夢を見たんだ、と情けなくなった魚屋、心を入れ替え懸命に働き始める。そして3年目の大晦日。小さいながらも店を構えるようになった魚屋に、おかみさんが財布を見せる。拾った財布は夢ではなかったのだ。10両盗めば首が飛ぶ時代、おかみさんは財布をお上(警察)に届け、亭主には夢を見たんだと嘘をついていたのだ。手をついて謝るおかみさんに、亭主は逆に礼を言う。晴れて迎える新年。亭主のために、おかみさんは酒を用意する。3年間、亭主は酒を絶っていたのだ。お猪口に口をつけようとする亭主だが、寸前でやめてしまう。「よそう、また夢になるといけない」 

・・・どうです、良い噺でしょう? この「よそう、また夢になるといけない」という見事なサゲも含め、芝浜は今でも多くの噺家に愛されています。私もこの冬、数多くの芝浜を聴きましたが、何度聴いてもジンワリきます。これは女性がつく嘘の話ですが、優しい嘘とはこういうことを言うんですよ、男性諸君( ´∀`)つ
091214_1816~0002
明日はクリスマスイブ。世界中の皆様が嘘いつわりのない気持ちでハッピーな夜を過ごせますように・・・

         お後がよろしいようで。




大手町・産経新聞社前

    
                                           



shizutamarakugo at 19:38コメント(4)トラックバック(0) 

2009年12月22日

風邪をひきました。
どうやら昨日のオカマ声は、落語のせいじゃなかった模様(丸花さん、失礼しました)  今朝方、異様な寒気で目が覚め熱を計ってみたら、高熱を発していまいした。そして声はいよいよガラガラで、言葉にならない・・・・
でも、会社は休めません。だって年末ですから  
急ぎの仕事がどうしてもあるのでとりあえず出勤。4時間ほど集中してパパーッと片付け、早退して参りました。

こういう時は薬を飲んで寝るに限りますね。以前病院でもらった内服薬を飲み少し眠ったら、だいぶ楽になりました。でも油断は禁物。幸い明日はお休みなので、ヘラヘラ出かけたりせず、ひたすら眠ろうと思います。だって年末ですから 
最後バタバタして発狂しないよう養生します。ってか、ブログ書いてないで寝ろよというお声が聞こえてきそうなので寝ます。
おやすみなさーいヾ(´ω`=´ω`)ノ

                          お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 18:10コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ