2010年04月19日

100419_1949~0001生まれて初めて、噺家さんの色紙をいただきました。

落語会ではよく終了後に「抽選会」があり、その日の演者さんが寄せ書きチックにサインを書いて、くださいます。
が、クジ運の抜群に良い私も何故かこれは当たったことがありません・・・
昨日も見事に外れました。が、フトした弾みで後からいただきました。
左の字は白鳥さん。流石は白鳥さん、サインもアーティスティックですね☆

考えてみると私、昔から芸能人とかアイドルに一切興味が無かったので、サイン色紙なんぞ貰うのは生まれて初めてかもしれません。浮き立つような嬉しさではないけれど、そこはかとなく嬉しいですな(笑)

とりあえずどこに飾ろうか考え中。
こういうのって、フツーはどこに飾るんだろうか・・・


                       お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:17コメント(4)トラックバック(0) 

2010年04月18日

ようやく晴れましたね
第3日曜日の今日は、丸花さんにて大和田落語会の日♪ 第103回目となる今日は、三遊亭白鳥さん・三遊亭天どんさんによる「新作落語を愉しむ会」  お2人とも三遊亭円丈師匠のお弟子さんですね。落語ビギナーの私ゆえ、古典落語を聞くのに必死で新作落語はあまり聞いたことがありません。ってか、生で聞くのは初めてかも! 直前でそのことに気付き、やけに感動( ´∀`)つ 
言うまでもなく大変な人気を誇る、このお2人・・・特に白鳥さんは「落語者」にも出てましたし、「今おもしろい落語家ベスト50」の15位に入ってました 最初にそんな方達を聞くことができて、ラッキーなのかな。

     三遊亭 天どん 「反対俥」
     三遊亭 白鳥  「マキシム・ド・呑兵衛」
            ~仲入り~
     三遊亭 天どん 「蜘蛛駕籠」
     三遊亭 白鳥  「はじめてのフライト」

あれれれっ、新作落語を愉しむ会なのに天どんさん、両方とも古典です(笑) ご本人も1つは新作をやるつもりだったけれど、白鳥さんが両方とも新作にしてしまったので、バランスを考え変更した、とのこと。こうした番狂わせ的な所も落語の面白さの1つですね。マクラで「天丼屋さんなんだから天どんを呼んでくれ」とボヤいていたのがツボでした
そして白鳥さんの新作落語ですが、私は久しぶりに声を上げて笑ったなぁ。白鳥さんは落語体操なるものを考案しているようですが、こりゃ確かに健康に良いです。これだけ笑ったら不幸も病気も逃げるでしょう。特に「はじめてのフライト」は、底の浅い政治家か聞いたら自民党から出馬要請をかけるんじゃないかと思いながら聞いていました(・∀・)

しばらくこのお2人を追いかけそうな予感のするワタクシです

                       お後がよろしいようで。

100418_1433~0001100418_1427~0001











<写真>一番太鼓をたたく天どんさん。たたきながら「これが終わったら打ち上げか?」と言ってました。まだ開演前です。

shizutamarakugo at 22:39コメント(2)トラックバック(0) 

2010年04月17日

自由が丘はとてもお洒落な町です。派手ではないけれど質の良い洋服を着た若マダムが、犬を連れて歩いてる感じ??

若マダムでないワタクシも可愛い雑貨など漁りにたまに行かせて頂いておりますが、行く度につい立ち寄ってしまう店があります。それは、中華料理店です。名前は梅華(ばいか)。駅前から少し脇に入った所にある、知る人ぞ知る名店です 
創業50年という、このお店。お客さんも年齢層も高い(失礼)。地元のおじさんおばさんおじいちゃんおばあちゃんがフラッと来るらしく、1人のお客さんが多いです。もちろん一見さんも入りにくい雰囲気ではありません。

このお店、何がいいって、全くもって自由が丘らしくないところです。庶民の庶民による昔ながらの中華屋さんといった感じで、時々ムショーに食べたくなるのです  そして、もう1つのいい所は、モチロン何を食べても美味しいところです。味がしっかりしていて何を食べても外れがありません。

100407_1407~0001写真は確か「三鮮麺」だったと思いますが、この具沢山で1050円です。一品料理は少々お高いですが、ランチセットなんかもあるようです。

・・・自由が丘にある、ちょっとレトロな中華屋さん。機会があったら是非一度、足を運んでみてください。
何を食べても美味しいです。
そして、老店長がものすごくヘンな声をしています。いまだに日本人なのか中国人なのか不明です。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13003211/


shizutamarakugo at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月16日

さぁ大変だ。村上春樹氏「1Q84」の続編が本日発売されました♪

100416_1016~0002深夜0時から販売する本屋もあり大行列が・・・というニュースを見て “日本人はホントそういうの好きやな” とクール目線だったワタクシですが、さきほど野次馬根性で本屋さんを覗いてみたところ、フツーに平積みにされてました( -д-)ノ
やはり前回売れすぎて供給が追い付かず大騒ぎになったので、出版社も学んだんでしょうな

それにしても前回のBOOK1とBOOK2同時発売の際はすごかったですね  たまたま追加入荷された瞬間の本屋さんに居合わせたところ、血相変えたサラリーマンが携帯電話で「部長!いま本屋で1Q84が置いてます!買ってきましょうか!?他の皆さんは!?」と聞いている修羅場のような光景まで目にしました(゚∀゚)アヒャヒャ

私は前回、買ってません。2冊合わせて4千円弱という値段にひるんでいたところ、ソッコーで読み終わった専務が貸してくださいました  想像以上に面白く、寝食忘れて読んだ結果1日で読破したものです。特にBOOK1がスゴかった・・・

さぁ今回はどうなるのか!? BOOK2の最後で青豆が死んだ(ように思われた)ため、そこからどう繋げてゆくのか楽しみです

専務、早く買ってきて読み終わってください。←借りる気満々(笑)

 



shizutamarakugo at 18:23コメント(2)トラックバック(0) 

2010年04月15日

実は昨日の昼間、ついに日〇和装「帯セミナー」に参加してきました
“良質の帯を学んで頂くための授業の一環”という美しい謳い文句ですが、その実は「展示販売会」 前回一度バックレた私ですが、以下の理由で参加を決めました。
  <1>お稽古の度に参加を促されるので、しつこさに辟易。
  <2>無料で着付を習っているのは確かなので、先生への義理。
  <3>ブログのネタになる。
・・・今後、こうした無料着付教室に通おうとしている方々の目に触れれば参考にもなると思うので、詳細に報告します

   *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

午前10時、日本橋人形町(問屋街)に集合。会場は西陣で180年以上続く高級帯のメーカー「河〇満」の東京支社。推定16畳ほどの和室にズラッと高そうな帯が掛けられている・・・。 中央の机に正座し、まずは机上の講義を受ける。ちなみに室内の顔ぶれは以下の通り。
 <売られる側>私を含め4人の生徒。平日なので極端に少ない(汗)
 <売る側>河〇満で帯の配色をやっている職人のN氏・河〇満の売り子女性2名・日〇和装の講師X先生・日〇和装の担当社員Aさん

お察しの通り、売られる側より売る側の方が多いという究極の状態
講義は配色師のN氏が受け持つ(50歳・バツイチ独身とのことで、いかにも熟女が好きそうな、苦み走ったイイ男)。午前中は河〇満の歴史や、いい職人はみんなウチで雇っている・・・といった自慢話に終止。でも実際に様々な帯に触れ、織り方や糸の違いを体感できたのは収穫。
しかしX先生とAさんがいちいち「わぁすごぉいキレイ!」とか「なかなかこれ手に入らないんですよねぇ!」「欲し~い!」とか声を上げるのはウザかった  ・・・何度も来てんだろうが。深夜の通販番組かっ 

午後13時、皆で黙々と「明治座」の弁当を食べる。ヘルシーで旨い。実費で千百円也。

午後13時半、ここからがいよいよ本番。「せっかくだから好みの帯を締めてみろ」と言われ、否応なく一本選ばされる “さぁおいでなすった” とワクワク成り行きを見守っていたところ、生徒1名に売り子1名が付き、あれよあれよという間に着物まで選ばされる。フト周りを見回したら、生徒4名のうち2名が購入を決めているではないか(゚∇゚ ;)エッ!?
全く興味を示さない私に業を煮やしたのか、売り子が配色師のN氏にバトンタッチ。さぁここからがスゴかった!!!
       一言で言うならば『色仕掛け』 (爆)
熟女にモテそうなルックスを全開に生かし、「いやぁ、入ってきた時からキレイな人だなぁと思ってずっと見てたんや」「彼氏はいるの?悔しいわぁ。胸大きいよね。何カップ?」「電話番号だけでも教えて。一緒に食事行こうや」・・・等々、セクハラ混じりの甘い文句を並び立てるN氏
お前は売れなくなった演歌歌手かッ、と笑いを噛み殺しながら聞いていたワタクシですが、もし私が夫との関係に悩む結婚10年目の主婦だったら、おそらく転んだでしょう(笑)

そんなこんなで続いた帯セミナーでしたが、結局買ったのは4人中2名だけだったようです。私ともう1人の女の子は賢いですネ。ちなみに私は「仕事があるので」と嘘をつき15時で帰りましたが、通常は16時半くらいまでセールスが続くそうです

    *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

長文になりましたが、ここまで読んだ方は着付けに興味がある方のはず。参考になりましたでしょうか? ただほど高いものはない、と言いますが、こうしたリスクを知った上でお教室を選んで頂けると幸いです

                          お後がよろしいようで。


100414_1258~0001100414_1301~0001











<左>帯はこうやって掛けてあります。キレイにはキレイですね。
<右>明治座の弁当。これだけは参加した価値があった(笑)



shizutamarakugo at 19:13コメント(8)トラックバック(0) 

2010年04月14日

久しぶりの定席寄席、浅草演芸ホール・夜の部へ行って参りました
というのも今日は代休だったから。本当ならばこの機会に家で体調を整えるべきですが、ついつい寄席の魅力に負けてしまいました・・・

「夜の部」と書きましたが浅草演芸ホールは昼夜入替えがないので、朝からずーっとでもいられます。料金は3千円。東京かわら版を持っていくと300円割引になります 昼間ヤボ用があったワタクシは16時頃到着しました。なんとか昼の部のトリに間に合う時間です。
今、浅草では「真打昇進襲名披露興行」を行っており、今日は桂文雀さんでした(^∀^) 真打披露は初めて観ましたが、なんかこう花輪や酒樽がたくさん置いてあったり、お祭り的な雰囲気がいいですね。まぁご本人的には何度もやっているお披露目なので意外とアッサリまくらも短く噺に入ってましたが、やっぱ相当嬉しいんでしょうね ちなみにネタは『錦の袈裟』でした。幕が下りた後、内側から三本締めが聞こえてきたのがお祝い事っぽく印象的でした。

ところで今日私が池袋でも鈴本でもなく浅草をチョイスした理由は、権太楼一門が出ているからです。残念ながらトリの権太楼師匠は休演でしたが、小権太さん『たらちね』→我太楼師匠『蝦蟇の油』→甚語楼師匠『権助芝居』と、首尾良く3人リレーを聞くことができ大満足でございました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ やっぱ定席寄席ってイイですね

100414_1554~0001それとどうでもいいんですが、色物で「ロケット団」が出てきました。いまどきのお笑いにウトイので興味ありませんでしたが、なんか人気みたいですね。若い子がキャーキャー言ってました。タイガーウッズや亀田父など、時事ネタを取り上げていて意外と(失礼)おもしろかったです 今度テレビで出ていたらチャンネルを変えず観てみましょう。

      お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 22:05コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月13日

ついにやっちまいました・・・「昼休みにマッサージ」
完璧にオヤジです(´-д-;`)

でも最近の体調不良に加え、昨晩はひどい頭痛にみまわれ眠れず 
幼少の頃より極度の肩コリ持ちで、ヒドイ時は頭痛・吐き気にまで悪化してしまっていたワタクシ・・・きっと今回も肩コリが原因に違いないと経験から早い段階で判断に至りました。考えてみると最近お稽古やらなにやらで夜も忙しく、整体サボッてたし・・・(T_T)

ちなみに我が町・神田はこうした「オヤジ産業」の激戦区です
安くて旨い居酒屋の数ほどではないけれど、安くて巧いマッサージ屋は多々あります。
参考までに書きますと、クイックマッサージの相場は15分1500円・30分3000円。でも、神田の町では15分1000円・30分2000円です

上司(もちろんオヤジ)に “よく行くお店” を聞き、行った先は神田西口商店街。雑居ビルのアヤシゲな店でした。“別の意味でのマッサージでは” と一瞬疑いましたがこの時間に開いているから大丈夫 
まぁ整体と違いなんの資格もない普通のクイックマッサージなので謎の中国人ネェちゃんでしたが、まずまずの腕前でございました。

偏頭痛もなんとなく和らぎ、生き返った思いで残りの仕事に励みます♪

                          お後がよろしいようで。


100407_1500~0001



 ← <イメージ図>
  マッサージ終了後の猫ムスメ



shizutamarakugo at 15:43コメント(6)トラックバック(0) 

2010年04月11日

まだ本調子ではないものの、とりあえず熱は下がったので前々からの計画を遂行し成田山へ厄払いにいって参りました
1979年生まれの私は今年で満31歳・かぞえで32歳。そう、恐怖の「前厄」なんですね(≧ヘ≦) ムゥ
とは言うものの普段はあまりそういう事を気にしすぎるタイプではありません。でもここ数年の我が一族は悪いこと続きです。もちろん極めつけは姉の病気。そして今は飼い犬まで老衰で弱ってるそう 
なんとなく元気でピンピンしているのは私だけという気がしますし、ここで私に何か起きたら家族は崩壊する気も致します。
そこで千葉県民らしく成田山へ参詣を思い立った次第・・・。本当は1人でヒッソリ行くつもりでしたが、近所に住む知人が「案内するのでお供させてください」と申し出てくださいました。それはそれで心強いことなので有難くお付き合い頂き、2人旅に (どことなく落語っぽい)

気候にも恵まれ、成田山は大賑わい。場所柄か、外国人の姿も目立ちますね。広い敷地に厳かな大本堂・・・やはりお寺さんに来ると襟が正されます。ちなみに御祈祷料は7千円と1万2千円の2種類があり、少し迷いましたが今年は前厄なので7千円をチョイス(来年の本厄は奮発するので許して) 祈祷は「釈迦堂」内で行われました。20名ほどが一緒に正座し、粛々と御祓いを受ける。足が痛い・・・

お寺の奥にある「成田公園」は自然豊かで、今は満開の桜が咲き誇っていました やはり東京より少し涼しいのかな? 椅子に腰掛け私が持参したおむすびなど食べながら、プチお花見気分も味わったり  自然に囲まれ、生き返った思いが致しました。

さぁ、災厄など追い払って明日からまた労働に励みますか。
Kさん、付き合ってくれて有難う。来年も一緒に行けたらいいナ。
                            
                       お後がよろしいようで。

100411_1336~0001100411_1419~0001






1・2




100411_1450~0001100411_1503~0001






3・4




<1>成田山新勝寺の正門
<2>平和の大塔
<3>成田公園の桜と池。これぞ日本の春。
<4>成田公園脇の小路。なんだか江戸時代にタイムスリップしたみたい。

shizutamarakugo at 19:51コメント(2)トラックバック(0) 

2010年04月10日

風邪をひいてしまいました。
思えば先週の日曜日、酷寒の中「早朝寄席」に並んだあたりから、なんとなく身体がダルかった・・・  20代とは明らかに違う三十路のこの身体、1週間かけてジワジワと悪化していたようです。

間の悪いことに、今日は18時から東銀座のお蕎麦屋さんにて「馬治・馬吉勉強会」  私、馬治さんに直接メールで予約をお願いしてしまっていました。が、流石にこれでは行けません。明日大事な用事があるのでそれに向けてなんとしてでも治さなければなりません。
という訳で昼間のうちに馬治さんにメールして、キャンセルをお願いしました すいません馬治さん(T_T) 馬治さんの顔を潰してしまったことは猫ムスメ一生の不覚です。

100410_1812~0001栄養のある食べ物を摂って寝ようにも独り暮らしの不便なこの身。
簡単に「玉子丼」を作ってみました こんなんで栄養あるのか??
タマネギを切る臭いが吐き気を誘いました。現在の体温38度1分。
ブログなんぞ書いてないで早く寝ろと皆さんのツッコミが聞こえるので、眠ります( -д-)ノ

                        お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 18:44コメント(2)トラックバック(0) 

2010年04月09日

100407_1859~0001帰宅途中、我が家の最寄り駅に行列ができていました。小さな駅ゆえ、これは大変珍しいこと。なんだろうと覗いてみたら、『とろけるくりーむパン』という物を販売する臨時ショップができていました
『はなまるマーケットのおめざランキング1位』というのがどれほどの権威なのか私にはわかりませんが・・・(笑)
まぁ主婦にはヤックンみのもんたがこの世で一番信頼できる情報源なのかもしれませんね。


100407_1938~0001100407_1937~0001

 

 

 

 

 

 

包み紙がなんとなく高級さを感じさせますね。一般のパン屋さんで売っているクリームパンは楕円形のイメージがありますが、これは真ん丸です。カパッと割ってみましたが、こう、トロ~ッとクリームがこぼれ出る程ではありませんでした。でもまぁカスタードクリームが上品な甘さで、美味しいには美味しいです。1個200円というお値段は判断が分かれるところですが・・・。

それにしても日本人て行列が好きですね。人の意見や評判に左右されやすい国民性は褒められたものではない気が致します  
 ・・・・・・って、私も買ってるか(*´Д`*)



shizutamarakugo at 20:11コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月08日

近所のスーパーで買い物をし、何気なくレジ脇のラックを見た私の目に驚きの商品が飛び込んできました  

富士宮焼きそばパンそれは『ランチパック・富士宮やきそば味』v( ̄∇ ̄)v  ・・・こんなのあるんだ・・・ ランチパックといえば昔ながらのピーナツバター味しか知らなかった私ですが、最近では色んな味を開発し人気を呼んでいるようですネ。あなどれない、山崎パン

富士宮焼きそばは、我が故郷の名物です。名物というか “名物にした”、というのが正しいでしょう。元々やきそばとはなんの関係も無いですから

でも、“何故ヤキソバなんだ” と地元民すら釈然としない想いを抱えながらも早数年・・・すっかり全国に認知されました。今では出身を聞かれ「富士宮です」と答えると、10人中8人は「あ~焼きそばのね!」と言って下さいます。B-1グランプリの3連覇は厚木シロコロホルモンによって阻まれたものの、今でも富士宮には、はとバスに乗ってお客が押し寄せているそうです
とっかかりはなんであれ、故郷が認知されるのは地方出身者にとって非常に嬉しいもの。どうか皆様、今後ともひとつ富士宮と富士宮焼きそばを宜しくお願い申し上げます(´▽`)

※ランチパック富士宮やきそば味は、至ってフツーの焼きそばパンでした('▽'*)ニパッ♪

                         お後がよろしいようで。
       

shizutamarakugo at 19:49コメント(2)トラックバック(0) 

2010年04月07日

昨日は火曜日・・・お稽古の日でした。仕事を終え門前仲町に向かっていた私ですが、途中、ある師匠から電話にて「今から浅草の“鳥せん”においでなさい」とお誘いが・・・ 日頃からお世話になっている大師匠からのお誘いですし「鳥せん」さんの焼き鳥の誘惑には叶わず・・・お稽古を早目に切り上げ、浅草へ向かっちゃいました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ワタクシが到着した時点で既に宴もたけなわでしたが、メンバーの多彩さにビックリ  NHKでアナウンサーをされているO氏(テレビで見たことある!)・日本舞踊の家元・津軽三味線の名手・・・といった、名だたる方々( -д-)ノ  そんな中に途中で放り込まれた私に何を喋れというのかといった感じでしたが、皆様の温かいお気遣いにより味わい深い時を過ごすことができました。落語の師匠vs日舞の家元、という2トップ対決(?)も興味深かった(笑) ホント良い勉強になりました。

ただ1つだけ困ったのが、私が着付けを習っていると言った瞬間、全員から「そんなのは辞めて日本舞踊を習いなさい」と勧めれらたことです(汗)。家元がおっしゃるには、着物なんぞ週に1回お教室に通って教わるものではない、と・・・。着物というのは着るのが着地点はなく、むしろ着た後の“所作”が大事。自分の所で日舞を習えば着物なんぞ簡単に着られる方法を教えてあげるし、所作も見につきます
と、心強く有難いお言葉を頂きました。本当におっしゃる通りでございます。是非お願いします!! 
・・・と言いたいところですが、日舞v( ̄∇ ̄)v ニチブですよ日舞。
リズム感の無さに定評のある私に踊れるわけがない。思わず想像し、下を向いてしまったのでした・・・(泣)

                          お後がよろしいようで。

五重塔

 

帰り道、皆で少し回り道をし、浅草寺に立ち寄りました。午前0時に近かったですが、ライトアップされた五重塔があまりに美しく、立ちすくんでしまいました。

 



shizutamarakugo at 16:44コメント(4)トラックバック(0) 

2010年04月05日

最近私は、なぜか物事に対する好奇心が強くなってきたように思います(ただ暇なだけという噂も・・・
いろんなものに興味が湧き、やってみようかなぁチャレンジしてみようかなぁ手を出してみようかなぁ、などと思うのです。

それではここ数ヶ月で私がチャレンジ(などと大げさなことではないけれど)とりあえずやってみたこと
<1>パソコンが苦手なのにブログを始めた
<2>着物の着付け教室に通い始めた
<3>今まで外食だった平日のランチを、手弁当に切り替えた
<4>若者の象徴 “レギンスに膝上スカート” をやってみた
<5>Twitterを始めた

う~ん、こうしてヒネリ出してみると、別に普通か(笑) きっと今までが消極的過ぎたんでしょうね。元々あまり変化を好まない性格でして・・・
まぁこの中で強いて言えば、ブログとお弁当が誇れるでしょうか。ブログはほぼ毎日楽しく更新させて頂いてますし、お弁当は飲んで帰った翌朝でも必ず用意します(お陰でチョットだけ体重も減りました) 
レギンスに関しては気にしないでください。オバサンの無駄な抵抗です。そしてTwiiter!!! お気付きかもしれませんが、画面右側にワタクシのTwitter画面を表示させてみました 機械オンチの私には、ここまでの作業がどれだけ難儀だったか・・・ まだロクにつぶやいてもおりませんが、気が向いた時、ボソッとやってみたいと思います。ブログと併せて今後ともお願い申し上げます(´∀`)
 ※携帯の方は表示されないと思います、ごめんなさい。

わたくし思うのですが、人間、好奇心を失った時が歳をとる時なのではないでしょうか。いつまでも新鮮な興味を保ち、“とりあえずやってみる”の精神を忘れない・・・・・・そんなオバサンに私はなりたい。
前厄を迎えたアラサーの目標でした。


                     お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:47コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月04日

『朝9:00、早朝寄席の行列なう(←Twitter風に)』
・・・鈴本演芸場の早朝寄席に行きました。昨日も仕事だったため起きられたら行こうと思っていましたが、こういう時は起きれるもんです 
早朝寄席は毎週日曜の朝、ニツ目さんが行っている勉強会。500円で聞けるので、お得ですヨ♪♪  本日の演者は柳家小権太・三遊亭司・古今亭志ん八・柳亭市楽 さん。朝早いのにほぼ満席でした。ネタは以下の通り(ボードを持っているのは市楽さん)
100404_1127~0001100404_0912~0001












『12時、千葉市に移動中なう(←Twitter風に)』
・・・きぼーる寄席に行くため、そそくさと鈴本を後にし千葉駅に向かいました。普段はあまりしない“落語の掛け持ち”ですが、今日のきぼーる寄席は特別版です。第8回目にしていよいよ立川志らくさんの登場ですからヾ(=^▽^=)ノ しかももう1人は春風亭一之輔さん!!
さすが大人気のお2人だけに、150席ほどの会場が一杯 千葉で、しかも駅から15分という地の悪さを考えたら驚異的です

一之輔さんは今日が2度目のご拝聴となりますが、とても“間”がお上手な方だナと感じます。今日の「あくび指南」もクスクスと笑えました。
志らくさんは落語家としてだけでなく映画人・演劇人としても偉大な方ですが、意外にも拝見するのは今日が初めて。しかもネタは「中村仲蔵」・・・ ガッシリとした芝居噺である中村仲蔵ですが、素人にもわかりやすくアレンジされ、合間合間に爆笑のクスグリを入れ・・・本当によく“作りこまれているな”と感じました。あまりのよく出来た大作に、高座終了後、珍しくボケーッと動かなかった私です

でも1つ残念だったのは、余韻に浸る観客を尻目にすぐ「抽選会」が始まってしまったこと(´・ω・`) 志らくさんもおっしゃっていましたが、なにもあんな感動大作の直後に・・・といった感じです。もう少し考えて欲しかったなぁ。

                          お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 19:53コメント(2)トラックバック(0) 

2010年04月03日

東京の桜もいよいよ満開です この週末が一番の盛りであり、お花見のピークとのことですが・・・業務繁忙によりワタクシは会社にカンヅメ状態でございます。

でも、空に浮かぶ雲さえもどこか華やいで見える、春の午後。
書を捨てよ、町へ出よう・・・と、寺山修司も言っています。そこでパソコンを捨て町に出てみました(ただしお昼休みに)  手にはお弁当。行き先は会社から10分ほど歩いた所にある、名も無き児童公園。
実はここ、銀行回りの途中に発見した、穴場スポットなんです。大通りから少し入った所にあるので、とても静かで意外と広い。とは言ってもオフィス街なので普段はランチを食べるOL・サラリーマンも見られます。が、今日は土曜日(*'-'*)   私と一組の学生しかいません

まだ少し肌寒いですが、桜は正に満開。心癒されるひとときです。
毎年見に行っている千鳥ヶ淵の桜もいいけれど、名もなき都会の片隅でひっそり咲く桜もまた桜。独占できた幸せを心に刻みましょう。


                                               お後がよろしいようで。


100403_1253~0001100403_1320~0001



shizutamarakugo at 15:49コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ