2010年03月05日

都会に住んでいて淋しく思うのは、猫に触れられないことです。
リタイア後は田舎の一軒家で猫に囲まれて暮らす!! と公言しているほど猫が好きな私 歩いている際は常に猫レーダーを張り巡らせておりますが、まず、外を歩いている猫ちゃんがあまりいないですよね、都会は。そしてたまにいても、こちらが近付きそうな気配を察した瞬間 “アンタなんのさ” と言わんばかりの冷たい目をしてパッと逃げて行ってしまいます 正に疾風のごとく・・・。まぁそれだけ都会の猫は人間にヒドイ目・イタイ目に合わされているってことなんですよね 同じヒト科ヒトとして、申し訳なく思います。

100305_1157~0002さて、そんな都会において珍しく“ヒトに全く動じない野良猫”に出会いました 貴重です。
場所は神田西口商店街の、ラーメン屋とマッサージ店に挟まれた雑居ビルの入り口。ちなみに彼らが一生懸命覗いているのはラーメン屋です(笑) 恐らくラーメン屋さんからおこぼれを貰っていて、人に慣れているのではないでしょうか。

私がこれだけ近付いても、見向きもしない無防備さ 得がたい存在です。柄からして兄弟でしょう。ラーメン屋さんから人が出てくるたびにビクッと反応するところが可愛い 銀行回りをする途中でしたが、癒されました。猫の幸せは、私の幸せ。
どうか彼らが今後も人を恐れることなく幸せな“猫生”を全うしますように・・・(*´ -`)(´- `*)

                            猫ムスメ 拝

 



shizutamarakugo at 22:39コメント(4)トラックバック(0) 

2010年03月04日

寄席では、落語以外にも様々な芸を観ることができます。例えば漫談・漫才・奇術・大神楽・・・・・・本当に多種多様な芸人さんを拝見することができ、正に娯楽の宝庫と言えるでしょう
このような落語以外の芸を総じて「色物」と呼ぶのですが、その中の1つに江戸紙切りがあります。皆様もお正月番組などで見たことがあるかもしれません。一枚の紙から動物やら人物やら、鋏でチョキチョキ切り上げてしまう、超アーティスティックな方々です  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%99%E5%88%87%E3%82%8A
現在活動されている方が非常に少ないらしい、紙切りの世界。光栄にも私はその中のお1人と落語会で知り合い、お近付きになることが出来ました。そして、とても素敵なプレゼントを送って頂いたんです
100210_1309~0001100226_0823~0001

 

 

 

 

 


解説するのも失礼ですが、左が寅・右が龍です
どうです、すごくないですか。これを下描きもせず、お客様のリクエストに応じて即興で切っちゃうんですよ(*'-'*) しかも、このに至っては専用の紙でなく、私がバレンタインデーに差し上げたチョコレートの包装紙で作ってくれたとのこと 「私は綺麗な紙は包み紙一枚でも見逃しませんよ♪」なんて冗談混じりに仰ってましたが、正にプロです。  

ところでこの師匠、偶然にも今度、私の住む町で「江戸紙切り講座」を開かれるそうです 「おいでなさい」と言って頂いたのですが・・・ウーム・・・ビミョウ。
     だってぇ・・・ド不器用が・・・バレるじゃないですか(泣)



shizutamarakugo at 19:52コメント(4)トラックバック(0) 

2010年03月02日

日本〇装によるお稽古、2回目。
1回目の前回はお稽古の流れ&必要な小物の説明で終わったので、実質的なお稽古は今日が初めてです。

今日のお題は『普段着の着方』
1週間の間に必死で揃えた小物類と一緒に、母から貰った一枚をバックに詰め込みましたが、重い重い 着物って意外と重いんですよね。しょうがなく小ぶりのキャリーケースに突っ込みましたが、これを引きずり朝の満員電車に乗るのは地獄でした

 和装ブラジャー、肌着、裾よけ、長襦袢、着物・・・
こう書くと単純ですが、あちこち線を揃えたり紐で締めたり、締める時に線がズレたり、もう訳わかりません。既にパニック状態です。周りの生徒さん達は要領良くこなしているので、自分にはやはりセンスが無いのか・・・と、劣等感に苛まれ続ける2時間でございました

しかしそんな私を尻目に、普段着の着方はこれで終了(; ̄Д ̄) 
来週は名古屋帯の締め方です
・・・もはや落ち込む元気すらない。今後どうなることやら。トホホ(泣)

                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 22:30コメント(2)トラックバック(0) 

2010年03月01日

1日遅れになりますが、昨日は東京マラソンでしたね。私の友人も初参加しましたが、倍率8倍だったとか・・・  彼も無事完走しましたし、今年は去年の松村氏(体型・体力を考えず勢いで参加→死にかける)みたいな馬鹿がいなくて良かったですね。メデタシメデタシ。
 で、終わらせたいところですが、そこはスポーツイベントに理解の無い私(^∀^) ちょっと言いたいことがあります

100228_1223~0001

・・・実は私、昨日たまたま銀座にいたんですよ。松坂屋に用事があり、その後、某・噺家さんと食事の約束があったので三越前で待ち合わせてました。ところが、松坂屋から三越に渡れないんです 別にその交差点はコースじゃないのに交通規制されてしまって。他の中央通りの交差点も一部、渡れない有様でした しかも地下鉄の入り口から下に潜って移動するよう指示されましたが、観客で溢れ返ってしまい階段も下りれないんです

別に、いいですよ。走るのは勝手です。雨の中よぅやるワとは思いまし、何故わざわざ苦しい思いをして走るのか、とも思います。何故、排ガス吸い込みながら都会を走るのか、とも思います。何故、芸能人でもないのにアンタ手ぇ振ってるんだよ、とも思います。でも石原さんが許可している以上ランナーさんには走る権利があります

でも、1つだけ言わせてください。
もうちょっと練習してから参加しましょうよ。そして、制限時間を短くしましょう。7時間って、なんだソレ ここは長閑なホノルルではなく、首都・東京です。長い“お散歩”はさぞ自己満足度が高いでしょうが、忙しい通行人にとっては迷惑です。
もうちょっとなんとかなりませんかね、石原さん('▽'*)ニパッ♪

                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:34コメント(6)トラックバック(0) 

2010年02月28日

100228_1709~0001今年も桜が咲きました。
今年度、初めて見た満開の桜は東京国立博物館の河津桜

実は今日、ある噺家さん(大師匠)に上野でお蕎麦をご馳走になったんですね。
それで『今、国立博物館で長谷川等伯展をやっているので行きましょう』という話になり、食後のお散歩がてら連れて行って頂いたんです。

長谷川等伯の迫力ある仏画・花鳥画もさるものながら、庭に咲く1本の桜が何よりも価値あるものと感じました(*゚▽゚*)

それにしても お蕎麦&日本酒 → 桜&日本画
・・・こりゃ完璧な和の休日ですな 気分は池波正太郎です。

こんな静かな休日がとても愛おしい、初春の一日。
師匠、ありがとうございました

                        お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:21コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月27日

生憎の雨の中、横浜は桜木町まで遠征致しました。桜木町と言えば「横浜にぎわい座」 先日お亡くなりになった玉置宏さんが館長を務めていた施設です。
今日はそんなにぎわい座にて「馬生ハマ寄席」の日。実は私、今日という日に秘めたる計画があり、数日前から緊張しておりました。それは『和服で外出する』という計画です。二十歳の振袖以来、着物を着ていない私ですが、落語を聞くようになってつくづく思いました。
いわく『和服を着た女性は美しい』 ←大抵の人は(笑)

もちろんまだお稽古を始めたばかりで自分では着れませんので、にぎわい座から30分ほどの所に住む知人に、着付けをしてもらいました

100227_1239~0001朝から大騒ぎ・・・の結果、こんな感じになりましたが、いかがでしょう??
雨なので汚さないよう余計に大変でしたが、やはり着物を着るとシャンとします。会場でお会いした顔見知りのお客さん方にもお誉め頂き、嬉しかった(お世辞でも嬉しいの)
なによりも、一度着たことによって、今後どれだけ時間がかかっても着付けを習得しよう、というモチベーションに繫がりました。実はこれが今日の目的だったので、大成功です。

・・・なんだか着物を着た時点で満足した気になってしまいましたが、もちろん肝心の落語も素晴らしかったですよ(^∀^) 恒例、「厩の食卓」さんでの懇親会も大盛況! 馬生師匠一門の皆様・落語ファンの諸先輩方に大変良くして頂き、つくづく幸せな一日でございました 

                          お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 23:01コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月26日

今日は月末、給料日
昼間、生活費を下ろしにATMへ行き、愕然としとました。

   ムムッ、カードが無い(つд⊂)ゴシゴシ

お財布のいつもの場所にキャッシュカードがありません。他のどこを探してもありません。青ざめて自分の行動を思い返し、ハッとしました。
“そう言えば先週末もお金を下ろし、その時カードを取り忘れたかも

既に1週間が過ぎています。慌てて銀行へ電話し調べてもらったところ、ドンピシャリ、ATMに取り残されていたそうです。
幸い次の方がその場で連絡してくれたようで無事、支店の方に届けられていました。悪用もされていないことが確認され、ホッ・・・・・・
しかし一息ついて考えると、何故そんな大事な物を取り忘れたのか理解が出来ません。そもそも、取らないとピーピーピーピーうるさいじゃないですか 
 
そこで再び自分の行動を振り返ってみたところ、原因は判明しました。
  私、その時ICレコーダーで落語聞いてたわ(; ̄Д ̄)

確か、立川談志さんの「ひとり会」か何かのCDを聞いていたはず。
そりゃ気付かないわな  私が悪ぅございました、ハイ。
 
                      お後がよろしいようで。

                                                                              

 



shizutamarakugo at 16:57コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月25日

100224_0811~0001両親の沖縄土産に続き、今度は社長から函館土産を戴きました。無造作に渡されたビニール袋の中身は・・・いかめしでした(・∀・)

シブイ、そしてツマミになる(笑)。なんともウチの社長らしいチョイスです。
当社の社長は大変グルメな方で、自分でも料理をするし味へのこだわりはかなりのものがあります。でも、どちらかと言うとB級専門

特にラーメンが好きなようで、神田・神保町のラーメン店はほぼ制覇している模様。・・・そんな方ですので仕事でもプライベートでも地方に行くことの多い社長の土産は大体ご当地のB級グルメ 中でもインスタント化されたご当地ラーメンが多く、去年ソウルに出張した際は計30個ほどのラーメン・うどん・ジャージャー麺・冷麺を戴き、消化に数ヶ月かかりました(わざわざ現地の人にどのメーカーが旨いか?と聞きまくり買ったそうです)。どれも辛いけどメッチャ美味しかったですヨ どうか代表取締役の肩書きに負けず今後もB級に邁進して欲しいものです。

ところでいかめしで思い出したのですが、昔、『はじまりはいかめし』という本がありませんでしたか!? 私は見ましたよ、どこかで・・・  
内容は忘れましたが、大変気になるところです。誰か読んだことある人いたら、教えてください。

                        お後がよろしいようで。

 



shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2010年02月23日

さて、日本〇装による「春の無料着付けレッスン」第1回目です。場所は門前仲町。19時スタートです

と言うか、今日は初回なので頑張って定時に上がり駆け付けましたが、それでもやはりギリギリ滑り込みセーフでした(; ̄Д ̄) 
大丈夫なのか・・・? 一抹の不安を感じながら、まずは説明を受ける。ザッと見たところ、生徒は12人の模様です。全15回のギッシリ詰まった講義内容について詳しく説明がありましたが、内2回は案の定、悪名高き展示販売会でした 研修という名の元に外に連れ出され、帯・着物の即売会に放り込まれるわけです(買わないっつーの)。

講習を受ける上での注意事項もクドイほど説明されましたが、何度も「通常1年はかかる内容を4ヶ月で教えます。ご覧のように大人数を先生お1人で教えるので、他の生徒さんの迷惑とならないよう、くれぐれも遅刻・欠席は止めて下さい」と、心なしか私をチラ見しながら言われてしまいました  うーん、そう言われてもなァ・・・

やはり、大企業と違いキッチリ定時で上がれるとは限らない中小企業のOLに、習い事は無理なのでしょうか。少し考えてしまいました
でもとりあえず無料ですから、通えるところまで通ってみたいと思います。間に合わなかったら、その時はまたその時、考えましょう

ちなみに今日は揃えなければいけない小物の話に熱が入り、終了したのは21時40分(T_T) なんだか頭もパンク・心身共にヘトヘトです。
ちょっと弱気なブログで申し訳ありませんが、とりあえず一晩置いて整理したいと思いま~す。   小物買わなきゃ

                   お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 22:42コメント(4)トラックバック(0) 

2010年02月22日

実はワタクシ、明日から4ヶ月間、「無料着付け体験教室」へ通うことになりました∑(=゚ω゚=;)  観月ありさがCMやっている、アレです

無料とはいえ、毎週火曜日×4ヶ月(16回)です。しかも大勢で習うので、一度休んでしまうともう付いてゆけなくなる・・・と、ネットのコミュニティーに書き込みがたくさんしてありました  
仕事を定時で終えてもギリギリ間に合う距離にあるため、最後まで通いとおせるか不安ですが、まぁ “着物に触れるキッカケ” 程度に捉え、気負わず取り組もうと思っています。なんせ、無料ですから

ところで、お稽古にもモチロン着物・帯・小物が必要です。自分でなんとか揃えようと奔走していましたが、結局は母のナケナシの一枚を使用することになりました。だって、見たら物凄~く可愛いんだもん 
生まれて初めて「流石は親子、センス同じ」と思いましたね(笑)   
ちなみにこれは、母がその着物を着た写真です。

100218_0950~0001当時24歳。デザインに一目惚れして購入し、自分で縫い上げたそうです。ってか細い  私が24歳の時より明らかに綺麗です。今は典型的なオバサン体型なのに・・・(汗)
ちなみに母はこの後すぐに見合い結婚し、27で姉を生み31で私を生みました。一方の私は・・・考えるとムナシくなるので止めましょう

なにはともあれ、母から娘へ、歴史は受け継がれるのです。

                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:11コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月21日

以前からの約束で、知人(甘い物仲間)と新宿ルミネエスト8階『ビタースイーツ』に行って来ました。
ここは今トウキョウで一番並ぶビュッフェと言われいるそうで、特に土日は破滅的な並びっぷりとのこと・・・ランチは11時入店のみ予約可能なので電話したのですが、私の予定がハッキリしなかったせいでギリギリになってしまい「もう満席です」と言われてしまいました(T_T)

100219_1351~0001だから並ぶ覚悟で行きましたよ、13時半に 流石に13時半なら波は引いているだろうと思いきや、ご覧の有様。写真には写り切っておりませんが、この行列が壁沿いにグルッと続いております 
結局、入店できたのは14時20分。
そして、入店したものの、ここからがまた長かった! 食べ物が並んでいるカウンターが狭いため人が殺到してしまい、食べたい物をひととおり取り終わるのに、30分近くかかったんです 


100219_1442~0001そこまでして食べたスイーツは・・・ウン、まずまずかな  全て手作りだそうで、ワッフル・クレープに至ってはその場で焼いてくれます(写真はベリーワッフルです)     
ちなみに写真奥に見えるのは“食事”です。私はデザート専門なのでほどんど食べませんでしたが、ちゃんと食事を取りたい人にはハンバーガーやパスタ・ピザといった脳卒中で死にそうな食べ物が沢山用意されています。

90分の時間制限なのですが、追加で食べ物をとりに行くにも数十分単位で並ばなくてはいけないので、なんだか半分くらいは並ぶ作業に費やされていた気がぬぐい切れず・・・確かに美味しいしコストパフォーマンスもいいけれど、1回行けばいっかナ、という感想です

   ・・・以上、猫ムスメによる潜入レポートでした(⌒∇⌒)

 



shizutamarakugo at 21:31コメント(4)トラックバック(0) 

2010年02月20日

『鹿芝居』・・・鹿にまつわる芝居ではありません(国立演芸場談)。噺家が行う芝居を略して鹿芝居。明治時代から寄席で盛んに行われており、噺家が役者さながらに芸達者ぶりを発揮したり、噺家ならではのクスグリやアドリブが楽しく、大変人気があります。

以上は全て受け売り(●´ω`●)  以前からこういったウンチクは知っていたので是非観てみたいなぁとは思っていました。そこで国立演芸場2月の中席です☆ 馬生一門がご出演の鹿芝居「死神」の公演
しかも特典が無いと評判だとご本人が言っている馬治さんの後援会「馬印の会」の会員特典が受けられる、貴重な場。通常価格より400円安く入場させて頂きました(これで充分ですよ、席亭さん)  
席もド・真ん前の大変良い席でした、ありがとうございます。

さて、鹿芝居「世間様々浮世死神(よわさまざまうきよのしみがみ)」。落語の「死神」と「金明竹」が合体したような内容でしたが、馬治さんの役どころは病人でした(笑) ちなみに前回は「らくだ」の死体役だったそうです。病人なので寝たきりかと思いましたが、ちゃんと他の役どころもあり、セリフも沢山でした。良かった 馬治さんは本当にカツラがよく似合うし化粧映えのするお顔で、本物の役者さん顔負けですヨ。

・・・噺家さんらしい滑稽なドタバタぶりで、気楽に楽しめた鹿芝居。もちろん馬生師匠の死神・馬吉さんの馬鹿な手代もそれぞれハマッており良かったです。また1つ、新しい経験をしました。
菊春さんの「スリラー」が夢に出て来ないよう祈りつつ・・・
                           
                        お後がよろしいようで。

100220_1237~0001100220_1616~0001











※終了後に出口にて演者さんたちがお見送りしてくださいます。邪魔にならないよう背後から撮影させて頂きました。一番手前の山伏みたいなロンゲが、馬生師匠の死神です(*'-'*)



shizutamarakugo at 22:01コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月19日

100204_2058~0001100204_2057~0001











3泊4日で沖縄旅行に行った両親から、宅配便でお土産が届きました。1つはシーサーの置物(イマドキこういうのを買う人いるんだなぁ)・もう1つは「ちんすこう」24個入り(恐らく会社に持っていけとの配慮)

シーサーは玄関に置くと魔よけになると聞いたので、とりあえず設置。
他のインテリアとの調和・統一感を考えるとややビミョウさは感じるものの、捨てるわけにもいかず・・・しばらく我が玄関に異色の存在感を放ちながら、鎮座することでしょう

さて、もう1つの「ちんすこう」
で、なんなんですか、「ちんすこう」って(笑) 奇妙な名ですねぇ。なにかの瀬戸際にいるような名前(!) さっそく会社に持って行き当社の沖縄担当・通称「台風男」に聞いたところ、沖縄伝統の焼き菓子だそうですね。けっこうな名産だとか・・・。沖縄方面にとんとご縁が無かったせいか、見るのも聞くのも初めてでして、大変失礼致しました(*´ェ`*)  ココナッツ味というのを1つ食べてみたところ、ビスケットとクッキーの中間のような食感。ハイカラな名前の割りに意外と普通な焼き菓子でございました 

・・・あ~沖縄行きたい(T_T)ボソッ

                          お後がよろしいようで。
              


shizutamarakugo at 19:10コメント(4)トラックバック(0) 

2010年02月18日

星空の下、駆けつけました、雲水師匠の独演会(⌒∇⌒)  場所はお馴染み、日暮里サニーホール。『立川流日暮里寄席』始め、立川流の皆様がよく利用される会場です。 お陰で私も馴染みの場所ですから、ギリギリに会社を出たけれど遅刻せず駆け込むことができました 

100218_1859~0001雲水師匠は前々回の「きぼーる寄席」にご出演された方です。私にとって初めての上方落語であり、打ち上げのトーク含めその独特のキャラには大変魅力を感じました 1,2度メールにてやり取りさせて頂いたものの、タイミング合わず、お会いするのはあれ以来、始めて。数日前ご丁寧に手紙とチラシを送って頂いたので、ここで行かなかったら義理が立たない・・・と、なんとか都合をつけた次第です

さて、ここまで書いたところで突然、田舎の母から電話が来ました。鳴った瞬間イヤな予感がしましたが、予感的中。家族の病気発覚です。

・・・前座として『転宅』を演じた立川こはるさんの、前座にあるまじき上手さ(正に驚き) そして風邪を引いた雲水師匠がガラガラの声で演じた芝居噺(よりによって!)の逆説的おもしろさ ・・・語りたいことは山ほどありますが、流石に若干動揺しておりますので、今日のところはこれにてマウスを置かせて頂きます。尻切れトンボですいません。

                           お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 22:36コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月17日

先日、6冊目の家計簿を買いました。1年に1冊ですから、かれこれもう丸5年続けているわけですネ。その間には海外旅行に行ったり出張に行ったり色々ありましたが、泊まりがけの旅には必ず持参し一日も欠かさずつけています みんなには「ようやるね~」と言われますが、自分的には楽しくてやっている、まぁ趣味の一環のようなものです 記録するとお金の流れがよく見えるし、あ~あの時こんなモノを買っているのね、と簡単な日記代わりにもなります。
・・・ところで私は家計簿以外にも、『欠かさずつけている』記録が3つあることに気付きました

1つはこのブログ(笑) たまにサボリますが、ほぼ毎日書いてますネ。 勤務中に会社のパソコンで書いているので皆さんが思うほど大変ではないですが、まぁ、ようやるわなって感じですね

2つ目は読書日記。これは30歳になった時、記念に何か始めようではないかと思い、つけ始めました。とりあえず日付・タイトル・著書名・評価(星の数で表現)を簡単に記していますが、7ヶ月経とうとしている今、既に読破した本は97冊です(⌒∇⌒)

3つ目は、食べた物。一時期流行った『レコーディングダイエット』というやつですな。飴玉1つ漏らさず書くのがポイント。人間、案外いろんな物を口に運んでいるもんです。書くことにより意識し実感が湧くので、あまり暴飲暴食できなくなりますよ(笑) オススメです。

・・・ここまでくると、もう性格の一言に尽きますな(´-д-;`)

100215_1941~0001100215_1946~0001

6冊目に突入した家計簿

右;
読書日記



shizutamarakugo at 19:49コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ