2017年12月24日

【夫】
ブラウン社のシェーバー。
今まで使っていたフィリップス社のがイマイチだということで乗り換え。
1AF048DD-8AFE-431F-B102-50C583E931C6


【私】
マッサージ・ピロ。
ソファでテレビ見ながら首・肩をグリグリできる優れもの。
https://www.dr-air.com/products/
1CD1DC1C-E2B1-48AA-856D-C1BE8D4CB29E6654643D-1093-46F5-9E5F-5E98E4CA80B5














これが結婚初年度、夫と私のクリスマスプレゼントです
極めて実用的w しかも出掛けたついでにビッグカメラに寄り、各々自分で選びましたw  

そこに夢もへったくれもありません。
結婚するとこんなモノなのでしょうか・・・
しかも私達は財布が一緒。
結局どちらも「家計」から出ているのでプレゼントと言っていいのかどうなのか微妙なところ( -д-)ノ

既婚者の皆様はどのようにされているのでしょうか。 



お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 12:00コメント(6) 

2017年12月21日

家の片隅にドローンが眠ってます
ドローンですよ、ドローン。あの空を飛ぶやつです(←知識の浅さが露呈する薄い説明)。

86FC5D13-C5CD-441D-9411-9C863040652D6B823101-AF9E-4981-9CCC-984AF91FF000











これは夫が会社の<year end party>で当ててきました。
日本で言うところの<忘年会>ですな。年に一度、ホテルのような所を借り、盛大に行われるようです。ゲストにタレントとかも来るし、何より景品が豪華 夫も愛社精神やパリピ的要素が全く無いタイプですが、景品目当てに毎年参加するそう(笑)

で、ドローンです
これも「豪華な景品」の1つには1つなんでしょう(幾らくらいするのか?)
こういうのを喜ぶ人いるんでしょうねぇ。子供なんかいたら即・組み立てでしょう。でもウチはおじさん・おばさんの2人暮らし。周りに子供もいません。結局未だ箱も空けぬままです。

そもそもドローンって何使えばいいんでしょうかねぇ。
普通に飛ばして遊べばいいのか。いまいちラジコンとの違いが分かりません。

こういうのもメルカリなんかに出せば売れるんですかねぇ( -д-)ノ


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 09:27コメント(2) 

2017年12月20日

ようやく柏の『ホワイト餃子』に行けました
https://www.white-gyouza.co.jp/
餃子好きなら誰でも知る有名店ですネ。
実は私、3度目の挑戦だったんですよ。前回と前々回は夕方頃行ったら「餃子売り切れのため閉店」。どうらやら時間に関わらずその日の分が無くなったら閉めるらしい。それならばとお昼に行ったら入れました! まぁ寒空の下50分並びましたがね

D51792E3-34F2-4028-870D-19D85C39DA0D
これが三度目の正直、ホワイト餃子.。゚+.(・∀・)゚+.゚
噂通りお稲荷さんのような形をしています。ちなみに写真は2人前・20個。1人前が10個で、販売も10個単位なんです~。最初見た時 “10個は多いだろ” と思いましたが全然。みんな40個とか50個とか平気で頼んでました。どうやらライスなどは頼まずひたすらビールで餃子を食べる・・・それがここの流儀みたいです。ツイッターでつぶやいたところ親しいフォロワーさんが「昔3人で行って100個食べた」と仰ってました

形もそうですが味も独特。ニンニクは入っていません。皮が超・厚くてパリッとした焼き加減。逆に餡はたっぷり入っているけど薄目の味付け。これが沢山食べられる秘訣かもしれません。夫と2人、ペロリ20個(私9・夫11)食べさせて頂きました


ところで並んでいるうち気になったのが、求人広告。
一番目立つ窓に貼ってありました。
《女性スタッフ募集 9:00~17:00 餃子握り
BlogPaint

ぎょ、餃子握り ・・・世の中にそんな職種があろうとは。
1日中ひたすら餃子を握るのだろうか??(*゚∀゚)っ
なんで女性限定??(*゚∀゚)っ
この職種だけ時給書いてないし(*゚∀゚)っ

ツッコミどころ満載。
最近「そろそろパートでも」とアルバイト情報に敏感な私。
つい応募してみたくなりました


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 

2017年12月18日

年内最後の大和田落語会です

CC94D119-5C06-4966-9B60-A581D6579FF1

1年の締めくくりは柳家小里ん独演会・・・いいですねぇ。いろんな顔付けがあるけれど最後は熟練の古典をしっかりと。これぞ大和田落語会です(^_^)ニコニコ
しかし小里ん師匠、「芝浜をやるつもりだったのに先月馬生師匠がやってしまった」とブツブツ(笑)。暮れの噺は短い期間しかできない、というマクラに納得。確かにそうですねぇ。春や夏といったシーズンものの噺と違い暮れは短い。あまり早く始めてもおかしいし。これだけ続いている落語会だとネタ選びは本当に大変だろうなぁと素人ながら想像ができます。
さて、「まだ迷ってる」なんて冗談言いながら入られたのは文七元結! 久しぶりに聴いた~♪ 何度聴いても “娘が身売りしたお金をなんで簡単にあげるんだクズ” としか思えない内容ですが(けっこう苦手だったりするw)、そこは小里ん師匠。笑い所も満載で楽しく聴かせて頂きました。半纏羽織ってお尻丸出しのおかみさんが目に浮かびます

そんなこんなで今年も無事終了。
1年の総括としてブログを振り返ったところ、今年は私、5月・6月以外の9回参加でした。これは自己最高記録だと思います。やはり8月で仕事を辞めた事が勝因(?)でしょう( -д-)ノ  
今年は個人的に大きな変化の1年でした。
結婚し後半は夫と2人で参加するようになりましたからネ。
大和田にどれだけ行けるかは私にとって健康のバロメーター。
来年も仲良く元気に落語が聴けますよう…願ってやみません。
1年間お世話になりました。


 お後がよろしいようで。





【告知】
来月は毎年恒例、小里ん師匠による「寿・獅子舞」が行われます! とてもお目出度いですよ~。気になっている皆様はこれを機に是非 https://oowada-rakugo.com/ お早目の予約お待ちしておりま~す(←勝手に宣伝)




shizutamarakugo at 14:56コメント(6) 

2017年12月16日

「お、おにぎりより美味しいんだな」
そう言ったかは定かじゃありません(笑)。
しかし山下清画伯が昭和17年から5年ほどこの『弥生軒』で働いていたのは確か。1970年頃まで駅弁の掛け紙は氏の描き下ろしによるものだったそうです。

ACFA999F-897F-41B8-A808-6B4BF9081546
場所は本当に我孫子駅ホーム。数店舗あるようですが私は常磐線・成田線の1・2番ホームで食べました。

27BF3BE5-F10A-4A0F-BF7D-D0F7ABD72A74
店内メニュー下には画伯のセリフが掛けられています。

さぁいよいよ食券購入、我孫子名物「唐揚そば」。
立ち食いそばファン・鉄道ファンの間ではかなり有名らしいですよ。他県からも大勢食べに来る方がいるそう。
店内は本当に“立ち食い”のみ。4~5人も入れば一杯です。中には店からはみ出しホームで丼抱え食べてるツワモノもいました(※この日の気温は5℃くらい)。尚、お客はオール男性です
話によると「唐揚1つ」と「唐揚2つ」が選べるそう。一瞬迷いましたがこりゃ定番の2つでしょ。ここまで来て弱気になってどうする。そう考え「唐揚そば(2つ)」のボタンをポチッ したのですが・・・

F9CE18EB-3ECB-431F-91D4-CECE515AA39F

で、デカーイΣヾ( ̄0 ̄;ノ
想像を超えるデカさです。サイズがわかるよう割箸を置きましたがほぼ同じですね。もう完全に丼からはみ出してます。こりゃ「1つ」にしておくべきだったな・・・
若干引きながらも唐揚げにかぶりつく。うん、旨い。最初、丼からはみ出ている部分を食べてしまい “ハズレかも” と思いましたが大丈夫。汁に浸して食べたらシットリして美味しかった  唐揚の味もしっかりしているなぁと思ったらそれもそのはず。我孫子駅前の本社で1つ1つ手作りしているそうです。

2つ目の最初くらいで限界を感じるもなんとか完食。もちろん下のお蕎麦も食べました。我孫子に来て3か月、ようやくミッションを果たした気分ですv( ̄∇ ̄)v

驚くべきはこのボリュームで540円ということ。
全国立ち食いそば党の皆様、是非、我孫子まで。


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 11:00コメント(6) 

2017年12月13日

「両刀使いですね

大谷翔平選手の話題になった時、後輩女子が言いました。
お、惜しい・・・ヾ(´ω`=´ω`)ノ

正しくは【二刀流】ですね。
大ウケしながら指摘したところ、「えっ(左手と右手)両方で打てるんですかぁ?」無邪気に聞かれました

“私より野球音痴がいたか”・・・と内心喜色満面(笑)。
しかし気持ちはわかる。私、以前から【二刀流】という呼び方に違和感を覚えておりました。

【二刀流】って本来、両方の手で別々の武器を持って戦うことですよね? 銃で言うなら二丁拳銃。だから野球選手で言うならばバットを2本持って打つイメージがあります。
そのように思っていたところ、作家の高野秀行さんがこのようなツイートをされていました。

最近、頻繁に「二刀流」という言葉を見聞きするけど、前からひじょうに違和感がある。まるで大谷選手がバット2本もって打席に入るような気がして。ちがう仕事を2つ同時にやるならむしろ「二足のわらじ」では?

・・・流石は作家です。そして我が大学の大先輩(゚∀゚)アヒャヒャ
【二足のわらじ】、正にそれが正解です。私は違和感を覚えただけで代替案までは考えていなかったけど、やはり文筆業は違いますね。ピンポイントに言いたかったことを表現して頂き胸がスッとしました。

違う仕事を2つ同時にやるならそれは【二足のわらじ】
メディアの皆さん、今後はこう言いませんか???

「大谷、二足のわらじでメジャーに挑む!!!」

・・・う~ん、恰好悪いか(笑)。



 お後がよろしいようで。










shizutamarakugo at 12:00コメント(2) 

2017年12月12日

大和田落語会じゃありませんよー柏ですよー(笑)。
「私もちょいちょい伺います」宣言から早1ヶ月、早速有言実行 今月も大和田落語会・伊藤会長ご夫妻と一緒に拝見することが出来ました。新たな定番となりつつあります(*'-'*)

E536A1B8-8474-4673-A0B8-38D24E32E7BAF47661CD-AE4D-4F50-9428-90EC745C4E49











今回の演者は古今亭菊之丞師匠。大和田でもお馴染みですね。開口一番で登場の前座さんを見て一瞬ギョッ・・・高校生に見えた  プロフィールによると23歳。菊之丞師匠がお弟子さんを取られたこと自体知りませんでしたが、まさか女の子とは・・・意外です。しかしこのまめ菊さん、よく通る声でなんというかすごく “噺家っぽい”。とても入門したてと思えない。もしかして落研出身か!? と思っていたら菊之丞師匠より「駒澤大学の落研出身w」。やっぱりねぇ。納得です。どうりでこなれた感じがあった訳だ。と言うか、表情から仕草から菊之丞師匠に超似てる~と思ったのは私だけか? やはり師匠へのリスペクトからそうなるんでしょうか。ま、あくまで私の感想ですが。菊之丞師匠を超える名人になるか!? 要注目です

菊之丞師匠の一席目は『七段目』。生のお三味線も入り最高(やはりこの噺は生演奏あってこそですネ)。色んな方の七段目を聴きましたけど菊様が一番。余裕って言うんでしょうか。他の方でたまに感じる必死さやドタバタさを感じません。とても心地良く聴くことが出来ました。
二席目は冬の定番『二番煎じ』。これまた先月の大和田落語会で馬生師匠のを聴きましたが全然違う(どちらが良いという訳ではないですよ)。私の大好きな宗助さんのキャラも立っていたし(笑)、楽しかった~。落語初心者の夫も “聴き比べ” が出来た事により感じ取るものがあったらしく「演じる人によってだいぶ違うもんなんだね」と感想を述べていました。さぁコチラの世界へ仲間入りです( ̄ー ̄)ニヤリッ


それにしてもすごいお客さんの量だったなぁ
軽く100人は超えていたと思います。途中で追加の椅子まで出していました。北柏というマニアックな場所でこの集客力は素晴らしい。主催者の皆様の誠実さが結果となって表れているのでしょう。
尚、大和田落語会にインスパイアされ始まったこの「柏落語会」ですが、なんと今度は柏落語会にインスパイアされ新たな会が始まったそうです その名も「大多喜落語会」。よく分かりませんが私も2度ほど伺ってる養老渓谷の近くだと思います。人から人へ派生する地域寄席・・・いいですね。こうして文化・伝統って受け継がれてゆくのでしょう。




  お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 10:54コメント(8) 

2017年12月10日

2日目は強羅公園に。
実は旅行の数日前、たまたま天気予報の中継が強羅公園だったんです。依田さんが「ここでは今、紅葉と寒桜が同時に見られます!」と言ってました(笑)。それで急遽行先に追加

895C7F4D-DEE4-43A5-AD9E-25BA9C1F77BA2FECC107-2D09-4537-8C30-4E4FB7D300ED











本当だ~桜咲いてる(・∀・)つ
紅葉と桜のコラボレーションを見るのは初めてでした

C5FAD473-BB2D-4CA3-B5E6-0BC164959179A52816ED-B8F7-45AE-8F6C-84E6B98ACAEB











それにしても紅葉見事。今が盛りです。箱根って12月1日でも見れるんですネ。ちょっと遅いかなぁと思っていたのでラッキーでした。あ、秋の薔薇もまだ咲いてましたよ


「紅葉が見たい」というお義父さんの希望もコンプリート出来たのではないでしょうか(*'-'*) 1つ、親孝行です。



 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 

2017年12月08日

今回の旅行では保養所に泊まりました。
夫の会社の保養所が箱根にあるんですよ。料金も格安。

私からすると「保養所がある」なんて羨ましくてしょうがありません。そんなシッカリした会社に勤めたことがないからです でも実際持っている会社に勤めているとそうでもないらしく、利用者は少ないそう。GWや年末年始は満室になるが普段はそうでもない・・・とのこと。マジかよと思いましたがマジでした(汗)。なんと、客、私たちだけ(o^∇^o) つまり1つの建物が丸々貸切状態ということ  贅沢ですねぇ・・・

4A3ECE6B-ED96-4975-929C-67346781F6845CB89D2B-8F05-4186-BCEF-36AE8F4DE2F1











①②思ったより立派な施設。企業の保養所って初めて入るけど普通の旅館と同じくらい綺麗なんですね。

F3055A05-2F7B-4618-B657-CA36BF2EC2CD6A5B384B-6ADE-4F91-9ED3-86D5F9BC4521











③食堂も貸切。隅の方で3人小さくなって食べるw
④飲み物はセルフサービスの自己申告制。なんと瓶ビール大1本・340円でした。市価で販売とのこと。調子に乗って義父と2人、3本空ける

7C8E727A-95C9-46B2-87A9-A1EC2EF027A3CF0DCDA9-0D13-46AC-819D-B7FA1252586A











⑤夕飯は旅館ほど豪華じゃないけど美味しい和食。量的にも丁度いい。
⑥シェフからサプライズ。「他にお客様がいないから特別に」と、松茸ご飯を出してくれました!!

3D99A9CB-DD16-4025-AB5F-13D82F8E1BDB251ED587-CF51-47D5-A8B7-BFE2348EF558











⑦⑧麻雀ルームやカラオケルーム、卓球台までありました。夫と2人で卓球対決( ̄ー ̄)ニヤリッ

A7E5EC94-EC8A-436F-8ECC-741D607529516523835E-5966-4066-9761-A1BCD37504A3











⑨⑩温泉もモチロン貸切!! 入り放題・写真撮り放題。夫も女風呂に入りました(笑)。


いや~贅沢でしたね。
お風呂大好き人間としては温泉貸切が何より嬉しかった
ちなみに宿泊料は4人部屋使用で「1部屋・1万円」。つまり2人で泊まっても4人で泊まっても1万円なんです。今回は3人だったので1人あたり3300円くらいで泊まれたことになる。「福利厚生」ってホント有難いですね。

 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(2) 

2017年12月06日

先週、新潟で独り暮らしする義父を連れ箱根に行ってきました 
「紅葉が見たい」というご要望を受けての3人旅です(*゚▽゚*)


4117A24D-48B3-4261-9ACE-E7CEF8DF3FD77341E1F5-2642-4D34-AAA3-DA0D85383F30











車で向かいまず立ち寄ったのは沼津。
沼津港でランチしました。高校時代を沼津市内で過ごした私にはただひたすら懐かしかった(涙)。そして干物は美味しかったです。

お次は念願の「天城越え」。
実は私、静岡県民でありながら行ったことがなかったのですよ 一度あの歌で有名な「浄蓮の滝」などを見てみたいと思っていたので夫にリクエストしました~。
もちろん車の中でのBGMは石川さゆり『天城越え』です( ̄ー ̄)ニヤリッ

2AAA2E7F-669D-44FC-8C62-83BFFB92B2ABA18E2497-5948-491B-871B-9DD3696BEAF1











【写真左】やっぱり歌碑がある。そりゃそうですよね。
【写真右】これが「九十九折り~浄蓮の滝~」です!!(笑)

B677DDF3-75A9-4B11-9511-987FCEE3C537566FBA39-95F8-41F2-A7A7-B5A3D5F355C1











【写真左】いよいよ天城越え。これが「伊豆の踊子」も通った道です。未舗装の砂利道で風情たっぷり。
【写真右】イノシシも通ります。

08BA3BF7-F671-483E-9E18-E56339FDC8EFED79CC75-61DB-44A6-9165-05F157C6FAD6











【写真左・右】これが「伊豆の踊子」に登場するトンネルだ!! 明治38年開通。小説「伊豆の踊子」では主人公の「私」がここで旅芸人一行と巡り合います。

6DE4292E-180E-4A2B-ACC4-DF16D7EF59B74A56A99B-D0EF-4FBA-9F25-C795C3465C3A











【写真左・右】トンネルの脇には旧道も残されています。トンネルが出来る前はここを歩いて峠越えしたのでしょう。「あなたと~越えたい~天城~越え~」はこの事かと思われます。


・・・それにしても改めて思ったのは「天城越えって名曲だ」そして「石川さゆりの歌唱力すげぇです。
車の中で何度も聴きました。メロディもいいし何より歌詞が強烈ですね。なにせ出だしが “隠しきれない移り香が~” ですからね(笑)。そして “誰かに盗られるくらいならいっそ殺していいですか~” ですからね(汗)。殺すですよ、殺す。女の情念って言うんですかね。この曲を歌い上げられるのは石川さゆりだけでしょう。改めて昭和の名曲に酔いしれるのでした。


 お後がよろしいようで。









shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 

2017年12月04日

「人って変わるもんですねぇ(((( ;゚д゚)))」
私の笑顔を見て女の子が言いました。


6B522290-7FC5-4803-8C21-883CE97C5A01020F09E3-D5D4-4F92-9128-1706254EE073











・・・実は昨日、古巣(元・勤務先)の女の子3人がウチへ遊びに来てくれたんですよ。よくぞまぁ我孫子くんだりまで 有難いことですネ。
まずは近所のお洒落カフェでランチ。その後ウチに移動し饅頭やらラスクやらを食べながら大騒ぎ。やはり「女3人で姦しい(かしましい) 」とは本当だ(笑)。ペチャクチャペチャクチャ話が尽きず、暗くなるまでお喋りしてました。

話題はもっぱら会社のこと。
私が辞めて早4か月、会社も増々成長し、様々な体制の変更があったようです。なかなか大変そうですが無責任・無関係な立場になってみるとひたすら面白い(←鬼)。もちろん人間関係だけは良好な職場ゆえ相変わらず皆それなりに楽しく働いている模様で安心しました。「誰々が胃腸炎で5キロ痩せた」だとか「誰々がプロポーズ寸前で彼女にフラれた」だとか、懐かしい面々の噂話、大いに楽しませて頂きましたよ

あとはやっぱり結婚バナシですね。
3人とも30歳近い独身で結婚に憧れるお年頃。色々と聞かれましたわ~( -д-)ノ
終盤、1人が私に聞きました。
「毎日楽しいですか?」
そして、「楽しいわよ
満面の笑みで答えた私の顔をまじまじと見て放たれた言葉が冒頭のセリフですwww

・・・私、現役時代はそんなに引きつった表情だったろうか!?
はい、引きつってましたね(笑)。
常に時間に追われ会社では笑っていなかった気がします。
退職し自分でも気付かぬうちに表情が緩和されたのですね(ついでに体型も緩みましたが・・・

今は「人生の休日」。
また結婚式が終わったあたりで外に出ようと思っていますし、そのうち介護だとか災害だとか様々な問題も発生することでしょう。“引きつりカムバック” の日も来ると思います(苦笑)。でもそれまでは色々楽しみたいな~。キラキラ輝く女の子たちと接し、そのように感じました。


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 18:38コメント(6) 

2017年12月02日

今回の帰省でもプチ同窓会をやりました
「チーム6年5組」のみんなですヾ(=^▽^=)ノ

DF664456-E84A-4705-A79B-5D9B8DBEAFFF6229FCC3-93FA-4D9B-AF97-D1BEE46CF403











①②今回の会場は串揚げ屋。富士宮焼きそば&黒はんぺんの串揚げというなんとも地元っぽいつまみで盛り上がる。


思えば前回の帰省ではAちゃんの電撃結婚を祝ったものです。G先生の還暦祝いもやりましたね。
http://rakugo-rakugo.doorblog.jp/archives/9559391.html
そして今回は私。「おめでた続きだ」と皆、喜んでくれました


958D5AAD-180E-407E-A31F-C6E5DA54B46F
プレゼントも沢山
可愛いエプロン・箸・猫の置物・・・1人1人個性が表れていて面白い(笑)。

2E617400-52F7-4637-845C-0AFD5C4D63BE

中でも素晴らしかったのはこれ。
G先生が趣味のクロスステッチで作ってくださいました。
ちゃんと私達の入籍日が入ってる
その技の細かさに感動。不器用な私には一生できないプレゼントです。まだ現役で教師を続けているG先生、仕事を終えた後、夜なべ仕事で仕上げて下さったそう。本当にありがたいですね(涙)。

41F4AD45-FD4E-41C3-B749-E1596E11FB93
尚、Aちゃんは先日イタリアへ新婚旅行に行ったそうでそのお土産もくれました。物凄く美味しいチョコレート。私もハワイに行ったら張り切ってお土産買ってきまーすヾ(=^▽^=)ノ


  お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(10) 

2017年11月30日

88FE7224-3483-4F6F-A95D-2A7CF2D9DAE1
実家から登山靴を持ち帰りました。
実はこれ、今から21年前、アメリカで購入した物なんですよ

海外には【サマーキャンプ】という制度があるのをご存知でしょうか。
特にアメリカでは夏の子供の過ごし方として定番なんです。なにせあちらの夏休みは長いですからねぇ。ずっと家にいられたらお母さん地獄です だからキャンプに預け、自分が救わると同時に、子供に様々な体験をさせるのです。
私も留学中の夏休み、ブチ込まれました(※邪魔にされた訳ではなく留学生全員が元々カリキュラムとして組まれていた)。この登山口はその際購入した物。確かホストファザーから「足元だけはちゃんとしろ」とアドバイスを受け、何百ドルも出して買ったブランド品です

【海外におけるサマーキャンプ】http://www.jawellness.com/whatisamericacamp.htm

短期型と長期型、2種類あるようですが、私は長期型でした。メリーランド州の山奥に1ヶ月半いましたね( -д-)ノ
その間バンガローのあるキャンプ場を拠点とし、そこから週の半分くらいはバックパックを背負って遠征に出かけました。カヌーやらロッククライミングやら川下りやら超ワイルドなアクティビティを経験しましたよ(もちろんその間はテント暮らし)。シャワーを浴びられるのなんて週に一度か二度でした。トイレもそこら辺。用を足して顔を上げたら野生の鹿が目の前にいた、なんて事もありました。今じゃ考えられませんね。10代だったからこそ出来た事です。今やれと言われたら1万ドル積まれても断る!! まぁ大変だったけど語学力もついたし結果的には得難い経験となりましたが(苦笑)


登山靴を見てそんな思い出が一気に蘇った私。
それにしても母はよく21年間も保存してくれていたものです。しかも抜群の保存状態で・・・

夫に見せたら「これならどの大抵の山に登れるよ!」と褒められました。
まさか長い年月を経て、登山好きの男性と結婚し、再び役に立つ日が来ようとは・・・人生ってわからないものですね。


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 

2017年11月28日

11月の3連休で里帰りをしてきました(ちょっと遅くなりましたが今更アップ)。
結婚後初の帰省・・・「里帰り」という言葉を使うことにちょっぴり喜びを感じます(●´ω`●)

E9D635E2-9E56-47CC-AFB4-A88941D2274E

で、いきなりですが「さくら棒」って知ってますか???(笑)
この吊るされた謎のピンク棒、何を想像するでしょうか。
ツイッターに載せたところ「お餅ですか?」と聞いて下さった方もいらっしゃいましたが、違います♪

【静岡名物「さくら棒」】http://miteco.jp/gourmet/9913/


答えは麩菓子。
一般的に麩菓子って茶色く・短いらしいですね。
私にとってはこの長いピンクが標準でした。数年前ご当地グルメを紹介する番組で “静岡名物” と知り驚いたものです。マジか。静岡の子供は大体これを祭りで買い、竹刀のように持ち、チャンバラごっこをした経験があると思います(笑)。

BlogPaint

身長152センチの母に持たせたらこんな感じ。1メートル弱くらいですかねぇ。食べごたえあるように思いますが麩菓子なのでふわふわ軽くカロリーも低いです(多分)。懐かしく頂きました。


1DDB2CA4-5487-45C8-9E26-B7E05F3C834A87A52AE7-F706-45F3-8026-51F15BDC0CCC











尚、これを買ったのは富士山本宮浅間大社のお祭り。毎年11月3・4・5日に行われます。
【富士宮祭り】http://akimiya.com/
5月3・4・5日の「流鏑馬祭り」と並び富士宮の2大イベント! 子供の頃は夜眠れないくらい楽しみでした(*'-'*) 大人になった今も祭り好き女ゆえ行きたかったのですが、なにぶん月初のため、とても行ける状況ではなく・・・ 仕事を辞めた今、ようやく十数年ぶりに行くことが出来ました。

661EC0ED-4702-48BA-AA1E-AB34DB3FFC672A20D1DF-BAC8-43A4-99A4-BC6FF9828E89













これぞ我が故郷です。




 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 20:00コメント(4) 

2017年11月26日

11月8・9・10日と珍しく高熱で寝込んだ私・・・
夫に病院へ連れて行ってもらったところ病名(?)は「咽頭炎」でした。熱だけじゃなく喉の痛みや吐き気もひどくて大変でしたわ~。点滴を打ってもらい、3日間抗生物質を飲んでなんとか回復しました

で、今回。
11月23日、ヤクルトスワローズファン感謝DAYの帰り道で猛烈な吐き気に見舞われました。帰ってからは大変でしたわ~(後はご想像にお任せします)。水を飲んでも吐く。とにかく気分が悪い。翌日24日に朝イチで病院に駆け込んだところ、今度は「胃腸炎」でした。球場で食べた物が悪かったんだろう、と・・・。今回も薬すら飲むことがままならかったため問答無用で点滴。丸2日苦しみようやく治りました

しかしこの私が月に2度も点滴を受けようとは(((( ;゚д゚)))

信じられません。前職で働いていた時は11年間病欠などほぼしたことがありませんでした。体調を崩すことも年に一度あるかないか。例え熱が39℃あっても出勤していました。体調不良でちょいちょい休む若者を見ては「体調管理がなってない(怒)」と内心苦々しく思っておりました。

そんな私が月に2度も寝込むなんて・・・
夫にすっかり『虚弱体質』扱いされて不本意でしたわ~
「よく倒れないね」と周囲に心配されながらも人一番元気で出勤する、それが私だったのに・・・

やはりこれも「気の緩み」なのでしょうか。
生活が変わると体質も変わるのか??
休んで良い環境になると人は体に「休んでも良いよ信号」が送られるのでしょうか('д` ;)

なにはともあれ乾燥の季節。
私は今回ただの胃腸炎でしたが、ノロウィルスなんかだと大変です。一族郎党倒れることになる(汗)。
インフルエンザも地味に流行り始めました。
皆様もどうぞお気を付けください。


 お後がよろしいようで。



【追伸】
神宮球場ないし出店の皆様の名誉のために申しますと、全く同じ物を食べた夫は平気でした。だから食中毒ではありません。やはり私の身体が弱っていたのでしょう。弱っているところに何かしら合わないものを摂取してしまい消化しきれなかったのだと思います。ひとえに私の不徳の致すところです。悪しからず。


shizutamarakugo at 22:00コメント(8) 
猫ムスメ