2017年10月13日

【10月8日(日)】
夫と2人、谷川岳に行ってきました。時は正に紅葉シーズン! 標高約2000メートルの山頂で紅葉を眺めることが出来たらさぞ綺麗だろうなぁ。心洗われるだろう。そう思い「山ガール・ファッション」まで買い揃えて向かったのですが・・・結果的には時間が足りずギブアップ。頂上に至ることが出来ませんでした 理由は

混み過ぎ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

いやね、紅葉シーズン只中の三連休中日をナメてましたよ。特に前の日(土)が雨だったので凄まじかったらしい。ロープーウェイの会社の方が「ここ数年ないくらいの混みよう」と引きつった顔をされていました。夫も何度か登っているけど「こんな混むのは初めて。谷川岳に何が起きたのか?」呆れておりました。

水上到着まで約4時間。
そして駐車場に車を停めるのに2時間待ち

ディズニーランドかっΣ( ̄ロ ̄|||)

もうね、ようやく車を停めロープウェイに乗り、「天神平」へ到着した時点でグッタリでしたわ しかしまぁ景色は素晴らしかったです。紅葉も頂上付近は色付き始めておりました

9BD6A16F-B7F4-454D-B806-1C088BA61DED6B2354BE-53F3-42B8-84E3-66C464755ED0











①私のナンチャッテ山ガール・ファッション。キュロット+タイツはテッパンです♪
②これが有名なツインピークス。「トマノ耳」「オキノ耳」、2つの頂上があります。

F8FA13E5-F7E8-4648-AAA8-46741892B8FCB90778B2-F1DD-4318-91E0-08DE5162EE33















③天神平と山頂の中間くらい。紅葉が美しい(写真だと上手く写ってませんがけっこう黄色いです)。
④ナナカマドも秋を感じさせますね。

E63E9242-DBC5-4349-9180-CD29D580EF8DC76D76B8-1B8A-4CDA-8AA2-796B02F46A86











⑤ここでタイムオーバー。下山の時間も考えると無理は禁物です。大人しく帰ろうとするも、まさかの下山渋滞 なかなか前に進めません。
⑥ようやく天神平に戻ったら、今度はロープウェイ待ちが凄まじく、結局1時間並びました


いやぁ疲れました。
実際、登山・下山していたのは2時間くらいなんですが・・・人で疲れました。そしてやはり、頂上を前に下山せねばなかなかったのはとても悔しかったです。夫と2人、今度は平日に来ようねと誓いました。


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 

2017年10月11日

【10月10日(火)】
用事があって池袋に行ったら駅前が大変なことになっていました。西口に小池百合子氏、東口に小泉進次郎氏が来ていたのです(※共に応援演説)。
“東がコイズミ 西コイケ~♪” 状態。

そう、この日は衆議院選挙公示の日だったんですね
お2人とも「第一声」とやらを池袋にしたそうで報道陣も色めきだっておりました。普段SNSでは極力政治ネタに触れないようにしている私も思わずツイッターで実況中継しちゃいましたわ

DA3728E2-2D43-4DB4-BEE8-9A4900A0E246CBE21BFA-00B2-489A-A49A-9514FAAE09BB











【左】西コイケ♪
【右】東コイズミ♪

小池百合子氏の演説は10時から、小泉進次郎氏は12時から。
私が通りかかった時点で残念ながら小池氏は終わっており、小泉氏だけ拝聴することが出来ました。写真もなんとかズームで撮影。顔わかるでしょう???

小泉氏の演説を聞き私は大変感心しました。
とても聞き易く、そして分かりやすい。聴衆の耳を惹きつける話し方でありプロット構成だったと思います。
私はこういった政治家の演説自体マトモに聴くのが初めてだったので他との比較はわかりません。しかし抜群に上手い方では・・・という印象を受けました。見かけも爽やかだしこりゃ人気がある訳ですね(実際追っかけファンみたいなマダムたちがすごかった) 小泉進次郎氏は落語がお好きで話し方も参考にしていると聞きます。この達者さが落語から来ているものならば、熊さん八っつぁんもビックリですね(笑)


4F9C14F3-B9A4-4D0C-A4AE-2EDE8BF437CF
余談ですが、私が池袋に行った理由は「遺失物の受け取り」でした。夫が神宮球場周辺で財布を失くし、拾った誰かが池袋警察署に届けて下さったのです(流石は日本、心から感謝)。
全くもう・・・日頃からそこら辺に出して置くな言うてるに プンプンなワタクシ。以後気を付けて頂きたいものです。


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(6) 

2017年10月09日

夫の職場の方たちが「結婚祝い食事会」を開いて下さいました。場所はつくば市内のイタリアンレストラン。ナポリピザがとても美味しい店でした

参加者は夫と私を除き14人。
最初「一緒にお昼を食べてるメンバー(=同じ仕事をしている人)4~5人で」というお話だったのですが、幹事さんが念のため部署の人たちにも募集をかけたところこれだけの方が集まってくれたとか。貴重な金曜の夜に有難いことですね。ちなみに14人中13人は男性でした(笑)。男ばかりの職場とは聞いてましたが本当らしい。やはり理系のエンジニア職って今も男性中心なんですね(*・ω・)ノ

思ったより大人数で緊張しましたが親切にして頂き楽しかった。
職場結婚でもない限り妻が夫の職場に接することってなかなか出来ません。だから“ちゃんと仕事をしているだろうか”“どんな雰囲気の職場だろうか”“人間関係は良好だろうか” ・・・少々心配にはなります。自分も会社勤めの辛さは人一倍わかっているので猶更 ですのでこうして複数の方に一度きにお会いきるのは良い機会となりました。まぁ仕事をしていれば色々あると思いますが少なくともこの14人には嫌われてはいないと捉えて良いでしょう(笑)。どうぞ引き続き仲良く頂ければと思います。

ちなみに夫の職場は数年に一度「職場見学会」のようなものがあるらしいです。家族を会社に入れてOKな日。基本子供にお父さんの仕事っぷりを見せるのが目的なのでしょうが、そこはなんでも見てみたい私。その時は是非ノコノコ行かせて頂こうかと思っております(*'-'*)


 お後がよろしいようで。


E0F32A13-FDBE-4482-8D58-44F185711017【おまけ画像】
食事をご馳走して頂いたばかりか立派な花束とワインまでプレゼントして頂きました。本当に有難うございます


shizutamarakugo at 18:31コメント(4) 

2017年10月06日

引っ越してから初の定席寄席でした。
家からどうやって行くんだ!? と思いましたが常磐線一本で行けることが判明。鈴本ってJR上野駅からも案外近いんですね(今までは上野広小路駅で降りてました)。10分くらいテクテクテクテク・・・夜風が気持ち良かったです やはり今後も私が定席へ行くのは鈴本限定になるでしょう( -д-)ノ

DB47010D-5342-470A-87CF-2D555168879C
【10月3日 鈴本演芸場・夜の部】
●古今亭志ん好「万病円」 ●春風亭一之輔「代書屋」 ●ペペ桜井(ギター漫談) ●春風亭正朝「紙入れ」 ●室井琴調「宇喜多秀家 八丈島物語」 ~仲入り~ ●ホンキートンク(漫才) ●春風亭百栄「寿司屋水滸伝」 ●翁家勝丸(太神楽) ●金原亭馬治「唐茄子屋政談」



主婦業をこなしてから行ったので途中から( ̄ー ̄)ニヤリッ
しかし丁度良く楽しめました。客席には見慣れたお顔がチラホラ・・・

当然私も馬治師匠目当てで行った訳ですが、今回、意外にも講談に聞き惚れました。琴調先生の「八丈島物語」です。広島の藩主、福島正則が江戸へ献上酒を運ぶ途中、八丈島に立ち寄るところから物語は始まります。そこで髪の毛伸び放題の現地人(?)に出会う。しかしそれは関ケ原の戦いの後、八丈島に流された宇喜多秀家だった・・・そんなお噺。広島の酒を前に美しい浜辺で涙を流す秀家。目に浮かぶようでした。その名調子に聞き惚れるワタクシ。たまには講談も良いものです。定席寄席ってこういう“発見”があるから面白いですネ。


 お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 12:00コメント(6) 

2017年10月04日

引越してから初の週末、夫と那珂湊港へ行ってきました。
魚を食べにね(^_^)ニコニコ
行きは道が空いており1時間半で到着するも、帰りは3時間。つまり美味しい魚を食べるためだけに往復4時間半!・・・よく運転してくれました

DBBD875C-B6B3-4A04-9CD8-3B9DEEB02ECAF00D203D-EE6B-442E-8797-798929A0CABD











まずは「ひたち海浜公園」でお散歩。キバナコスモスが見頃でした。やたら大きなススキも直立。

452F8C7C-D3CF-4011-8138-98A26C8B5E297C2D124D-8C23-4467-B2F8-B3C2BBA2A76F











12時頃、那珂湊港へ移動。
私知らなかったんですが那珂湊は水タコが有名なんですね。市場に沢山並んでいました。丸ごとのタコを調理する自信がないので買いませんでしたが、きっと美味しいのでしょう。そのうちトライしたいです。

8D182125-041E-45C2-9D09-A4153BB30F6F95F82347-0CA1-4452-BE6B-BA8C745FEBE2











市場って知らない魚も豊富で面白いですね。その地方独特の呼び方なんかもあるのでしょう。しかしこの『サガボー』という魚は申し訳ないが蛇みたいで気持ち悪かった・・・ 青森の方には馴染みなのでしょうか? ちなみに夫は北海道の花咲蟹を「一度食べてみたかった」と購入

5568F3CC-1265-4EA5-82EF-BCE6C69E66E49C6D3200-33FA-452A-BB5B-9D0978DCBD48











市場を冷やかした後はいよいよランチ!
美味しそうな店がズラリ並んで迷います。ウロウロした結果一番行列の長かった『海鮮丸』をチョイス。

DA64386F-BB1F-4D9B-8D6A-8D800A21157664644853-D833-461D-967A-40F457FD84B2











30分ほど並び入店。
炙り丼、美味しかったぁ・・・とろけます。往復4時間半かける価値あり

01D2A57E-6180-413C-880C-90E979B3E24FA9CE34F2-80A0-4650-AFC4-9021D04F1560











翌日、夫が買ってきた花咲蟹を分解・調理してくれました。ものすごく硬くて「手が痛い(泣)」とグッタリ。しかし頑張って身を全部出してくれました。そして半分はそのままボイルで、半分は釜飯に入れいただく♪ どちらも味が濃くて最高でした。昼から豪華な食卓です(^_^)ニコニコ

尚、グッタリした夫の感想は「やっぱり蟹は家で食べるもんじゃない。店で食べるもんだ。」でした(笑)



 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(6) 

2017年10月02日

再びマニアックな場所での落語会でした。
そう、団地の管理棟( ´∀`)つ
http://rakugo-rakugo.doorblog.jp/archives/8300960.html

お馴染み葛西の「なぎさニュータウン」にて、こちらに居住されている噺家・柳家さん八師匠の独演会。私が参加するのは3度目でした しかも今回は特別。「柳家さん八 高座50周年記念落語会」だから!!! 師匠、おめでとうございますヾ(=^▽^=)ノ

ちなみに今回は今までにないお客さんの多さ。後で聞いたらなんと200人超えていたそう 団地の住人だけでなく、かなり遠方から駆け付けた方もいらっしゃったようです。葛西駅からバスに乗らないと来れない場所なのに・・・すごいですね(・∀・)

6726214D-B039-444C-86CD-592B323F26D3
【平成29年10月1日 なぎさ寄席】
柳家 小多け 「黄金の大黒」
柳家 さん八 「風呂敷」
 ~仲入り~
柳家 小菊  (粋曲)
柳家 さん八 「宿屋の富」


柳家小多けさんは来年3月から『小もん』に名を変え二ツ目に昇進だそう。おめでとうございます!!
さん八師匠は大和田での「短命」に続き今回も「風呂敷」という夫婦の噺♪ しかも今回は間男モノ。旦那さんと聴いていた私、ドキドキ? しましたわ~(笑)。まぁそれはさておき、師匠演じるヤキモチ焼きの亭主がとても可愛い。所帯を持つと落語の聴き方・捉え方も若干違ってくるものなんでしょうかねぇ。

A49870CD-3B5C-4C92-BBCE-A618F7CC4141
終演後は団地内の中華料理屋で師匠を囲み懇親会 主催者の方々にも親切にして頂き楽しいひと時でした。団地の自治会でこのような文化イベントを運営されるなぎさニュータウンは素晴らしいですね。頭が下がります。

ところで私、葛西(浦安のお隣)に来るのは久しぶりだった気が・・・
実際は1週間ぶりくらいなんですがねw
随分経ったような気が致します。
こうして“故郷は遠くなりけり”なのでしょう


 お後がよろしいようで。




19683BFB-EE61-4B24-A952-B2D83D82464E06FFED1A-5544-4504-A166-F8127D0BF0FF











【オマケ画像】
帰りは東西線の葛西駅ではなく武蔵野線の葛西臨海公園駅から帰ってみました。ホームから見える観覧者が大きくてド迫力。

shizutamarakugo at 12:00コメント(7) 

2017年10月01日

旦那さんに連れられ手賀沼まで行ってきました。
自転車の練習をしに・・・ね( ̄ー ̄)ニヤリッ

IMG_4462IMG_4461











手賀沼沿いは『手賀沼自然ふれあい緑道』という遊歩道になっています。

IMG_4459IMG_4464











ものすご~く風光明媚! 
そして道幅も広く、左側が自転車用・右側がジョギング用と分かれていてとても安全。旦那さんが “初心者でもここならば” と閃いただけのことはあります 

IMG_4480IMG_4492











驚くべきは、普通に白鳥がいることです
すぐ近所に名門の『山階鳥類研究所』があるからでしょうか(結婚前の紀宮様がお勤めになられていたことで有名)。悠々と泳いでいます。子供たちが「あっ白鳥だ!」と取り囲んでも逃げない( -д-)ノ 長閑で良い風景ですねぇ。

秋風に吹かれながら走るサイクリング・コースは最高でした。
安全だし、走りやすい。お陰様でだいぶ真っ直ぐ進めるようになりました(笑)。
自転車保険にも入りましたので、公道デビューします







shizutamarakugo at 11:37コメント(6) 

2017年09月29日

千葉県我孫子市ともなると生活の「足」が必要です(我孫子市の皆さん田舎扱いして申し訳ない)。
今まで徒歩メインでやってきたワタクシですが、主婦としての職務を果たすべく「車両」を購入しました! さぁこれらはこの愛車で我孫子市内をブイブイ言わせますわよ~v( ̄∇ ̄)v

BlogPaint


「軽車両」でね!!!!!!(爆)

い、いやねぇ・・・私、車の運転が出来ないのですよ・・・
免許はあるけど完全なるペーパードライバー。
24歳の時取得して以来ほぼ一度も運転していません
「ペーパードライバー向けの教習に行ってみてはどうか」というご意見も頂きましたが、どうしても新生活と同時にそのようなアクションを起こす勇気が湧きませんでした だから “とりあえず” 自転車を購入。また落ち着いたらチャレンジも検討しようと思ってます。

尚、この自転車はパナソニック製の電動アシスト付きでして、8万円ちょっとでした。高いなぁと思いましたが便利ですね! ほとんど漕がなくても動く。これなら我孫子市内をブイブイ言わせられるでしょう(笑)

ちなみに自転車を運転するのも約25年振りの私
フラフラフラフラ危なっかしくてしょうがない。このままだと我孫子市の交通をパニックに陥れかねない( ̄▽ ̄;)!!ガーン
しばらくは鬼教官(←旦那さんw)とレッスンの日々です。


 お後がよろしいようで。

  



shizutamarakugo at 12:00コメント(8) 

2017年09月27日

夫はベランダで様々な植物を育てています。
サツマイモやスダチといった実用的なものばかりでなく、ハイビスカスや西洋朝顔など、乙女な一面も(笑)。毎朝嬉々として水やりをしています。いや本当に私よりよっぽど女子力高いですわ~(゚∀゚)アヒャヒャ

もうすぐ収穫されるであろうサツマイモも楽しみですが、個人的に一番嬉しいのは大葉!! 私は「スムージー女子」だからです。グリーンスムージーが流行ってから早5~6年。未だ続けている人は何割いるか!? 恐らく大体のご家庭でミキサーがホコリをかぶっているのではないでしょうか(笑)。しかし意外と根気強い私は続けています。しかも毎日ね・・・。365日中、340日くらいは飲んでるんじゃないかな。どれだけ忙しくとも朝、出がけにスムーズを作り飲む。これが私の健康維持法でした。

そのグリーンスムージーに大葉は最適なんですよ。
バナナやリンゴといったフルーツ・小松菜やホウレン草といった野菜に一枚加えるだけでスッキリ爽やかな味わいになります(これ本当なんにもでも合う)。今までもちょいちょいスーパーで買ってましたが結構高いので、“摘み放題@ベランダ” は嬉しい限り あと半月くらいでシーズン終わってしまいますが、最後まで使い倒します(o^∇^o)ノ

BlogPaint5DBEC2D4-848B-4473-8F56-DF0A906E2B5D












①西洋朝顔・・・学校で育てるような普通の朝顔とは違うみたいですね。9月の今も毎日10輪くらい咲きます。しかも朝だけじゃなく昼間も夕方も咲いてます。
②サツマイモ・・・天麩羅にしてやるから待ってろ

BlogPaintBlogPaint











③大葉・・・だいぶ実になってる。葉の収穫期間はあとちょっと。
④すだち・・・可愛い実が沢山付いてます♪

B6D84AC2-4600-4B51-8681-00C7219F62D5B9CD38F1-7032-4B07-A398-66679BFBD028











⑤大葉入りグリーンスムージ。消費すべく4枚投入。
⑥こんな感じに♪


ところで今、ベランダで植物を栽培する人のことを「ベランダー」と言うらしいですね。ドラマ「植物男子ベランダー」から来ているとか
「スムージー女子」と「ベランダー男子」・・・なかなか良い組み合わせではないでしょうか


 お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 12:00コメント(6) 

2017年09月25日

9月23日(土)、無事引っ越しを終えました。
よりによってピンポイントに雨でしたがね( -д-)ノ 
夫が頑張って自分の車を運転し、運んでくれましたよ。まぁ大体の荷物は前もって宅配便などを上手く使い移してあったので大した作業じゃないと高をくくっていたのですが・・・甘かった 2往復分ありました。しかもこの日は何故か道がめっちゃ混んでいて、いつもなら片道1時間で着くところ、倍の2時間!つまり2往復=8時間かかった訳で、お互い段々無口になりましたね 結局搬入含め全て終わったのは21時。ヘトヘトになりましたわ~。
しかしまぁなんとか終了。11年お世話になった浦安とも完全におさらばです。後は私がひたすら片付けるのみ! 数日かかると思いますが頑張ります(汗)


・・・今朝(月)は初めて夫を送り出す朝。
朝起き、あちらがシャワーを浴びてる間に朝ご飯を用意し、一緒に食べ、いってらっしゃ~いと送り出しました。その時点で7時半。そこから私はひとり静かな家の中で洋服の整理などしていたのですが、ふと思いました。

「ここまで来たか」と。

上京し、大学を出、働き、働き、働き、あっという間のウン十年でした。結婚までも紆余曲折。色んな人と知り合い上手く行ったり行かなかったり。平坦な道ではなかったけれどなんとか貰い手が付きました。そして我孫子市という読み方も知らなかったような街のマンションで、ひとり静かに梱包を解いているのです。人生って面白いですネ。

故郷にいた18年を「first stage」、上京してからの20年を「second stage」とするならば、これからの日々は「third Stage」でしょうか。実り多きステージになるよう願っています。


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:47コメント(8) 

2017年09月22日

さて、微妙に途切れていた「猫・結婚記念シリーズ」。
どれをシリーズに入れるべきかすらよくわからないまま放置しておりましたが、やはり書くべきは『仕事』ですね。皆様ご存知のように私はとてもハードな労働をしていました。“よく辞められたなぁ” と思われていることでしょう。当然スッタモンダ有りましたよ ですので最後は「いかにして仕事を辞めたか」をご報告し、最終回にさせて頂きたいと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

11年勤めた会社を辞めたのは8月4日
退社の意向を社長に伝えたのは6月20日頃。つまり、約1ヶ月半で引継ぎをし、退社に至った訳です。

これを話すとみんな言いますね、「よく辞められたね! 会社大丈夫なの?」と・・・。特に私の今までの働きっぷりを知っている人は驚きますね。なにせ唯一の経理担当として創業4年目から働いてきました。ごく最近までは経理だけでなく総務・事務など全て担ってきたため、私でなければわからないことが山ほどあります。また、仕事量もすさまじく、12連勤はザラでした。始発で出勤し終電間際で帰宅するなんて日もちょいちょい有りました。そこら辺をよくご存知の皆さんでしたらまず思うでしょう、「そんな人間が辞めて大丈夫なのか」「よく辞めさせてくれたな」と・・・・・・結論から言います。

『全然ダイジョウブじゃない』(爆)
『でも知ったこっちゃない』(笑)


①主戦力がいなくなり大変だろうけど、それは今まで私に何もかも任せていた会社が悪い。再三訴えていたにも関わらず人員補充など適切な処置をしなかった会社の責任。私が身体壊してたらどうしたんだ!
②労働基準法では「退社の意向を告げれば理由に関わらず2週間後に辞める権利」が保障されている。会社に引き留める権利はない。だから1ヶ月半残ってあげるだけ、有難いと思え!

・・・以上が私の考えです(もちろん口には出していません)。
実は結婚が決まる前からまた社内で色々ありまして、ほとほと愛想が尽きていました。端的に言うなら“中間管理職の辛さ” でしょうか。上からも文句を言われ、下からも文句を言われ、これまでの努力や頑張りを全て無視され、「辞めたさMAX」状態 かなり思い悩むことが多く落ち込んでいた時、交際途中だった旦那さんが言ってくれました。「もう辞めてウチにくる??」と・・・。まだ正式なプロポーズではありませんでしたが、それを聞きどれだけ救われたことか。「私には逃げる先があるんだな。」涙が出るほど嬉しかった。

尚、私は無責任な人間ではありません。
当たり前ですが必要最低限の引継ぎはしました。完璧なマニュアルも残しました(それを作成するため連日早朝出勤しました)。退社した今もちょいちょい社長から電話・メールで質問を受けますが、嫌な顔ひとつせず対応しています。
また、あくまで退社理由は「結婚」。不平や不満は一切言っていません。だから完全なる円満退社です。ちゃんと送別会をやってもらい、皆の前で挨拶し、花束を貰って退社しました。当社初の寿退社です(笑)

そんな訳で「大人の対応」をした私。
気持ち良く会社を辞め、今は新生活の支度が出来ています。
色々あった11年・・・大変でしたがよくぞこんな女を使ってくれたと社長には感謝しています。どうもお世話になりました。


  お後がよろしいようで。




IMG_3926BlogPaint
















shizutamarakugo at 12:00コメント(14) 

2017年09月20日

お馴染み『三ぶちゃん』へ、引っ越しのご挨拶に行ってきました。もちろん挨拶だけで済むはずもなくシッカリ飲ませて頂きましたがね(笑)。しかも1人で行って静かに飲むつもりだったのが、聞きつけた友人(退職した会社の後輩女子・マグロ好き)に「あたしも行きたい♪」と言われ、結局宴会(●´ω`●) まぁそれはそれで賑やかな楽しい別れとなりました

IMG_4619IMG_4620











①三ぶちゃんと言えばこれ。鮪の希少部位もこれが最後・・・
②名物・もつ煮もこれが・・・

思えば三ぶちゃんは女子会やデート、噺家さんとの飲み会など、様々な場面で使わせて頂きました。“ここへ連れて行けば間違いない!” という得難い店でした。ご夫婦とも私のことを猫ちゃん・猫ちゃんと呼び親切にしてくださったので、“今生の別れ” と言う訳ではありませんが、やはり寂しい気持ちです

三ぶちゃん以外にも大好きな店が多い私。
先日はもう1つのお馴染み『スーリア』さんにもご挨拶に行きました。『Un樹』のシュークリームも食べ収めしましたよ!! まるでお礼参りです(笑)。
11年暮らした浦安にいるのもあと3日。
なかなか感慨深いものがありますね


 お後がよろしいようで。



BlogPaint【オマケ画像】
カメラを向けられると常に「変顔」をする後輩女子。これまた得難い存在です(゚∀゚)アヒャヒャ




shizutamarakugo at 12:00コメント(9) 

2017年09月18日

台風18号が接近する中、お馴染み大和田落語会でした。
通い慣れた大和田の地ですが、今回は特別 
名字が変わって初めての参加、そして夫と2人での参加だったから(* ̄∇ ̄*)エヘヘ 常連の皆さんに次々おめでとうと声をかけて頂きとても嬉しかったです

IMG_4592
今回はなんと言ってもさん八師匠の『短命』でしょう。

大店の伊勢屋の養子が、来る者来る者たて続けに一年ももたずに死ぬ。今度のだんなが三人目。おかみさんは三十三の年増だが、めっぽう器量もよく、どの養子とも夫婦仲よろしく、その上、店は番頭がちゃんと切り盛りしていて、なんの心配もないという、けっこうなご身分だというのに・・・

“美人と結婚すると早死にする” そんな一種のお色気噺ですネ。
新婚の私達、ドキドキしながら聴きましたわ~(笑)。
そしてもちろん打ち上げで「この人は短命だ!!」アピールして回ったことは、言うまでもありません

尚、“大和田落語会の日はやけに台風に当たることが多いなぁ” と感じていた私ですが、なんとさん八師匠、前回(2013年9月)ご出演時も台風だったとか! リアル「嵐を呼ぶ男」! お次は9月以外の月でオファーを・・・と、そんなネタでも大いに盛り上がる大和田落語会なのでした。

 
 
 お後がよろしいようで。




IMG_4595BlogPaint











IMG_4594IMG_4603











【写真】打ち上げ風景。今回も美酒・美食の数々有難うございました。写真は撮り損ねましたが「きのこ汁」が感動的な旨さでした。口福です(涙)。



shizutamarakugo at 22:32コメント(6) 

2017年09月15日

友人Cちゃん(久々登場!)が岩手から土産を送ってくれました。彼女はお父さんが岩手出身で、法事のため数日あちらに行っていたのです。
「われもの注意」と書いてあったので何だろう? 箱を開けたらこんな可愛いにゃんこが鎮座してました

IMG_4329

南部鉄器です。有名ですよネ。
丈夫で実用性が高い鉄器は最近、海外でも人気だと聞きます。

IMG_4330
ズッシリ丈夫そうな蚊遣り猫。
お新居のベランダで使わせてもらおうと思います


 


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 21:00コメント(4) 

2017年09月14日

入籍やら引っ越しの準備やらでバタバタしている間にもう9月中盤。遅くなりましたが『8月に読んだ本』アップしたいと思います

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□

【星5つ☆☆☆☆☆】
●「婚活探偵」大門剛明 ●「ニャンニャンそろじー」有川浩等 ●「秋山善吉工務店」中山七里 ●「濱地健三郎の霊なる事件簿」有栖川有栖 

【星4つ☆☆☆☆】
●「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象 ●「ショートショートの宝箱」光文社文庫編集部 ●「ジュリエットの悲鳴」有栖川有栖 

【星3つ☆☆☆】
●「西郷星」岡本綺堂 ●「ご破算で願いましては」梶よう子 ●「恋愛仮免中」奥田英朗 



_SX340_BO1,204,203,200_[1]
今月の一冊は大門剛明『婚活探偵』 。
元・刑事の腕利き探偵(41歳)が主人公。一見ハードボイルドだが実は婚活中・・・という設定(笑)。まぁ他愛もない内容ですが私も一応婚活経験者ですので “あ~あるあるwww” の連続でした 異性とは上手く行かないのに同性の婚活仲間ばかりできてしまったり、気に入ってもらえたと思った相手に断られ落ち込んだり・・・どれも経験済です( -д-)ノ  

《アドバイザーのまどかは婚活をダイエットに例えていた。努力して継続してもなかなか体重は減らない。しかし一気に落ちる時期がある。婚活も同じで、継続が必要。そしてある時、何かのきっかけで一気に二人の距離が縮まるそうだ》 ~探偵・黒崎~
《婚活は正直、我欲が露骨に現れるものです。人を値踏みして、切り捨てて、演技して、妥協して・・・だんだんと正常な感覚、人としての温かみがなくなっていく方もいます。》 ~アドバイザー・まどか~
《私も少し前までは一生独身でいようと決意していたのに、今は心が揺れている。少し前まではそのことが情けなかった。でも今は私、思うんです。それって恥ずかしいことなんかじゃない。幸せの形は1つじゃないって。婚活をしている人はみんな、本当の幸せを求める探偵なんだって。(中略)ええ、婚活探偵。》 ~アドバイザー・まどか~


どれも “ウンウン” ですよ。
婚活中の方々にお勧めの一冊です


 お後がよろしいようで。




IMG_4320【追伸】最後に何気なく著者紹介欄を読んで驚きました。
《自身も婚活をし、この作品の主人公・竜司並みに苦戦したが、連載終了後に出会った女性と晴れて結婚が決まった》 ・・・人気作家も婚活なんてするんだ   



shizutamarakugo at 17:28コメント(6) 
猫ムスメ