2016年10月18日

前の前の記事『潰されないで』ですが、事情により取り下げさせて頂きました。コメント頂いた皆さん、申し訳ございません(一応お返事までは書いてあったのですが・・・)

1つわかって頂きたいのは、私は誰かに対し苦言を呈した訳ではないということです。色んなご意見をくださる皆様、ひとえに私の身を案じてくださってのことだと重々承知しており、心から感謝しています。
しかし「わかりきったこと」「正しいに決まっていること」が現実問題どうにも出来ない自分がいて・・・ついそのジレンマから心情を吐露してしまいました。心配してくださっている方々に対し(結果的には)後ろ足で砂をかけるようなことをしてしまい申し訳ございませんでした。

今の時代に働き続けるのは容易なことではありません。
辞めても転職先は無いし、転職してもまた同じ環境だったりする。でも、それでもみんな精一杯働いてるんですよね。

とある方に言われた「仕事があるだけ幸せ」は正しいと思います。確かにその通り。だからなるべく仕事の愚痴は書かないように致します。
もう少し楽しい話題が書ける状況になりたいなぁ(苦笑)。

そんな訳でこれに懲りずどうぞ今後も沢山のコメント・ご意見をください。お待ちしています。


 お後がよろいしようで。




※この記事に対してはコメント欄を設けません。ご理解頂けると幸いです。

















shizutamarakugo at 19:00トラックバック(0) 

2016年10月16日

穏やかな秋の土曜。
友人Yちゃんに会いました(⌒-⌒)
彼女は現在、第2子出産間際
4月にご懐妊の報告を受けてからもう半年も経つんだな・・・ホントあっという間でした。
久しぶりに会ったYちゃん、(当たり前だけど)お腹おっきい!1人目の時よりだいぶ大きい気がします。聞いたらやはり「大きくなるのも早かった」と言ってました。今度は男の子というのもあるのかな? 人体の神秘ですネ。でも大変順調だそうで、1人目の時より気持ちにも余裕がありそうでした。ランチを一緒に食べたのですが、彼女のリクエストにより鰻 浦安駅前で約50年続く老舗『朝川』さんにお連れしました。

image%3A4590image%3A4594















妊婦のYちゃんを見てお尻に敷くブランケットを出してくれたバイトの子、ナイス(昔ながらの木の椅子で硬い)。女将さんも親切で、「上が女の子で下が男の子だとラクですよ~」とか色々経験談を話してくださいました。とても温かなお店。またYちゃんが無事出産を済ませたら一緒に来たいです

腹ごしらえした後は第1子ハナちゃん(仮名)のお相手を務めさせて頂きました(笑)。やはり2人目を妊娠して一番大変なことは、“1人目の世話”だそうです そりゃそうですよね。なにせ子供は容赦ないですからね。お腹が大きくても飛びついてきたりしてきて冷や冷やするそう。だから少しでもパワーを発散できればと猫小母さん、身体を張って遊ばせて頂きました( -д-)ノ

今月末には出産に向け静岡へ帰るというYちゃん母子。
お腹の大きな彼女に会うのはこれが最後になるでしょう。
無事に元気な赤子を産んでおくれ。
祈るような気持ちで見送るのでした。



  お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 11:23コメント(6)トラックバック(0) 

2016年10月11日

『探偵はBARにいる』という映画をご存知でしょうか?
2011年、大泉洋主演で上映されけっこうヒットしました。
この映画の原作となった小説、東直己著「ススキノ探偵シリーズ」は私が数年前ドハマリし、全巻読破した作品です 
舞台はススキノ。BAR「ケラーオオハタ」に棲息する便利屋<俺>が様々な事件に巻き込まれるハードボイルド・ストーリーです。ヤクザ・娼婦・ヒモ・道警、出てくる奴がみんなクズで面白い。華やかな世界の裏ある、汚い部分がよく描かれた名作です。

さて、そんなワタクシですがBARというものには行ったことがありませんでした(・∀・) そしてものすご~く憧れてました。一度、静かなBARでアンニュイにカクテルグラスなんぞ傾けてみたい!!(笑)
すると先日、そんな夢が叶ったのです(Yおねえさま、本当に有難うございます

image%3A4558

おぉ、この雰囲気( ・Д・)

image%3A4563
「いぶし銀」という言葉がピッタリなマスター。このシェイカーを振る音が憧れだった・・・

image%3A4562image%3A4570















なんかよくわからないけどフルーティなやつ・・・という私のアホな注文に応えてくださったカクテル。左が柿、右が巨峰。



正に「ケラーオオハタ」だ。
ここで寡黙に飲んでいたら、私にも依頼が舞い込むでしょうか。



 お後がよろしいようで。










shizutamarakugo at 21:00コメント(12)トラックバック(0) 

2016年10月09日

無事12連勤終了。翌日(土)は第25回・里山寄席でした。
いや~疲れ果てた身体でよく行ったな自分。印西市まで( ̄∠  ̄ )ノ

image%3A4551
桃月庵ひしもち 「子ほめ」
金原亭馬治 「大山詣り」
伊藤夢葉  マジック
 ~仲入り~
金原亭馬治 「唐茄子屋政談」










久しぶりに拝見した馬治師匠、坊主頭になっていて驚きました。噺家さんが髪を剃ると言えばやはり “しくじり系” なのかなぁ(*´ェ`*)  皆がそう思う中、特にマクラ等で触れることもなく始まった一席目は『大山詣り』。乱暴者の熊五郎が喧嘩して坊主にされるお噺です(笑)。「当時は髷がとても大切だったからそれを剃れば大抵のことは許された」のくだりがシュールすぎてジワジワ来ました。やっぱわざとこの演目にしたのかなぁ・・・と思っていたらやはりそうだった模様(最後にチラッと仰ってました)。流石ですネ ネタ出しされていた二席目の『唐茄子屋政談』も良かったです。若旦那の情けなさ、おじさんのもどかしさ、大家の因業さなどがよく出ていました。秋には文化庁芸術祭にも参加されるという馬治師匠。正に馬肥ゆる秋、芸が肥える一方ですね(*'-'*)


image%3A4554image%3A4557















終演後は大和田落語会の皆さんと一緒に丸花亭へ移動。私「連勤が明けたら丸花亭で飲むんだ」とうわごとのように言っていたので夢が叶いました(笑) 有難うございます。
ちなみ明日はまた出勤 溜まった事務作業をこなさなくてはなりません。貴重な休みである今日はゆっくり家で過ごさせて頂きます(とりあえず宅急便を2件受け取らなくては・・・)



 お後がよろしいようで。






shizutamarakugo at 12:00コメント(10)トラックバック(0) 

2016年10月08日

無事12連勤を終えました( -д-)ノ
今まで主戦力だった事務の女の子(私が2年かけて育てた子)が営業部に異動し、初めての月末・月初ということで・・・地獄の様相でしたわ♪ ボロ切れのようになったところで「9月に読んだ本」行ってみたいと思います


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●

【星5つ☆☆☆☆☆】
●「泣き童子」宮部みゆき ●「街の灯」北村薫 ●「玻璃の天」北村薫 

【星4つ☆☆☆☆】
●「ヒポクラテスの誓い」中山七里 ●「時代小説ザ・ベスト2016」藤原緋沙子他 ●「手跡指南所 薫風堂」野口卓 ●「イナカ川柳」TVBros ●「ツバキ文具店」小川糸 

【星3つ☆☆☆】
●「たまちゃんのおつかい便」森沢明夫 ●「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり」ジェーン・スー ●「バベル九朔」万城目学 ●「崇徳院を追いかけて」鯨 統一郎


今月のテーマは【華麗なるセレブの世界】( ´∀`)つ
セレブと言っても昭和初期の、ですがね
北村薫の “ベッキーさんシリーズ” は良家の娘・英子と、そのお抱え運転手・別宮みつこ(通称ベッキーさん)が主人公。この2人が様々な謎を解く短編ミステリーです。ミステリーとしてはベタな部分もあるけれど、何より惹かれたのは女子学習院の世界(*´ -`)(´- `*) あの時代の学習院ですからね! ガチに「憧れのおねえさま」に手紙書いちゃう世界な訳ですよ!!(笑)
ちなみに一作目の時点で英子は14歳。しかしこの年齢にして既に“婚約者の決まっている同級生” がいたり、宮様(天皇家)がいらっしゃる学年を「○○様の学年」と名前で呼ぶとか、友達同士でも華族・士族で区別があるとか、「お姫(ひい)様」の暮らしが面白くてなりません。

このベッキーさんシリーズですが、「街の灯」「波瑠の天」「鷺と雪」の3冊で成り立っています。最終巻の「鷺と雪」は第141回の直木賞を受賞しました。・・・って、知らなかった  1冊目の「街の灯」を読んだ時点で私、なんでこんな面白い小説をノーマークだったんだ!? と自分を叱りながら図書館に走りましたわ。ソッコーで2冊目・3冊目Getです(ちなみにまだ2冊目までしか読んでませんがだいぶ戦争の香りが色濃くなってきました。このままおひいさまの華麗なる暮らしでは終わらなそうです。ま、それだからこその直木賞なのでしょう)。

こうした良質の小説にバッタリと出会える。
だから「本読み」は止められませんね。


 
お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(4)トラックバック(0) 

2016年10月05日

image%3A4454


なんというインパクトある画像でしょう。
これ、何かわかりますか???

いなり寿司の皮です。
【皮】と呼ぶのが正しいのかどうか分かりませんが・・・とにかく油揚げの部分ですよ( -д-)ノ

これは神田志乃多寿司の、いなり作成風景です。
アド街っク天国「神田淡路町」で3位にランクインしてました。
なんと、2,000枚の油揚げを一気に煮込むそうです!!!

たまらないでしょうねぇ、この現場にいたら・・・
ものすごくいい匂いがしそうです(; ̄Д ̄)
米ナシの状態で煮たての皮を食べたら無限にイケてしまいそう。

「この鍋に手を突っ込んで食べたい」
そう思ったのは私だけでしょうか。

  

 お後がよろしいようで。






shizutamarakugo at 20:30コメント(12)トラックバック(0) 

2016年10月03日

保険会社から、2通の書面が来ました。
1通は【更新のしおり】、もう1通は【無事故給付金のしおり】です。どちらも記入するための用紙があり、返信用封筒がついています。

BlogPaintBlogPaint















しかしよく読むと、
【更新】は書類を返送しなくて良い。更新したくない場合だけ「更新不要・変更連絡通知」に記入し、返送してくれ。返送が無い場合は「自動更新」となる・・・と書いてあります。そして
【無事故給付金】は欲しければ返送しろ。返送が無い場合は払わない・・と書いてあります。

ちょっと笑ってしまいました。
もちろん「(笑)」じゃなく「(苦笑)」の方です。

合理的と言うかなんと言うか・・・
ハッキリしてますねぇ( -д-)ノ( -д-)ノ( -д-)ノ



 お後がよろしようで。




shizutamarakugo at 20:30コメント(12)トラックバック(0) 

2016年10月02日

萬世橋のたもとに肉の万世・秋葉原本店があります。
10階建てのビル全てが万世絡みのレストラン・・・大したものですね
前から気になっていたのですが、敷居が高くて入れませんでした。特に3Fから上は無理ですね(階を上がるほどにステーキだのしゃぶしゃぶだの高級になってゆく)笑

image%3A4531image%3A4539














しかし今日はお昼休みに秋葉原へ行く用事があったため、こいつ(画像下)に釣られ、1階のラーメン屋に入ってみました。ってか「肉の万世」はラーメン屋もやってるのか!!  肉屋の排骨(パーコー)麺って超・美味しそう

image%3A4537


奥に長い店内、14時過ぎなのに超・満席。大変な人気です。やはり万世ブランドなんでしょうね。

image%3A4534
注文して10分程で出てきた排骨麺は意外なほどアッサリでした。ちょっとスープが薄すぎるくらい・・・でも美味しかったです。メインの排骨は流石肉屋!! 歯ごたえがあり、味もシッカリしていました。こりゃ混むのもわかるなぁ。

ちなみに私がお昼休みにテクテク秋葉原まで行った理由は、「浴室の電球を買うため」でしたw 切れてから3~4日経つんですがずっと連勤で帰るのも遅いため、買いに行く暇が無いんですよ  しばらく暗いまま入浴してましたがあまりに侘びしいので諦めてお昼休みを潰しました(近くに電気屋さん、無いんです)。
いくら徒歩圏内とは言え、天下の秋葉原へ電球1買いに行くのは・・・私くらいじゃないでしょうか(笑)



 お後がよろしいようで。






shizutamarakugo at 20:20コメント(12)トラックバック(0) 

2016年09月30日

お昼へ行こうとエレベーターを待っていたら、突然背後から社長が現れました。そして
「○○ちゃん、今日でちょうど10年だね!」 
と言いました。

ビックリした~  忘れてた~

そうだ私、10年前の10月1日に入社したんだ!!!
確かに先日 “もうすぐ10年だな” と思った気はしますが、あまりの忙しさにすっかり抜け落ちておりました(u_u)  って言うか社長よく覚えてたなwww  若干ビビリながら「よく覚えてましたねー」と言ったところ、「去年くらいから気付いてたんだ♪」 ・・・メッチャ得意顔(笑)

まぁ創業自体まだ14年だし、私が一番の古株で、もちろん「10年越え」も初めてですからね・・・経営者的には特別な想いがあったのかもしれません。夜、みんなの前で発表してくれましたわ~^_^;

ちなみに丁度10年の今日も私は4時に起き、5時の始発で出勤してました。そして明日も明後日も仕事です。この会社にいる限り私に安息の時は訪れないことでしょう。いつまで持つかこの体力( -д-)ノ  
しかしいる限り、やるしかないんですよね。これから10年後どうなっているのかわかりませんが、とりあえず今は出来る限り精一杯働くしかないのです。

尚、社長はサプライズで10万円くれました お祝い金だそうです。
これも皆の前で発表されたため、どよめきが起きました(笑)。
若い社員達にとって良い励みになったのではと思います。
ますます発展する弊社、今後「10年選手」が続出しそうですネ。


 お後がよろしいようで。




 

shizutamarakugo at 23:00コメント(10)トラックバック(0) 

2016年09月27日

会社に「マッサージルーム」ができました。
ま、ただマッサージチェアを置いてパーテーションで仕切っただけですがね(爆)。でも肩こりさんには有難い福利厚生です。

image%3A4313image%3A4309















これは決算の時、社長が儲かったお金で買ってくれました。お値段14万円。それが高いのか安いのか知りませんが、温泉旅館に置いてあるようなやつです。基本的な機能は備えていますヨ。

image%3A4311BlogPaint















椅子に身体を預け、リラックスして上を見上げると、神様がいらっしゃる・・・なんとも言えません(笑)

1人・1日15分。予約も可(゚∀゚)アヒャヒャ
ちゃんと除菌用にクリーナーも買いました。
物珍しさもありみんな我先にと使っています。
「リラックス効果で仕事の効率もアップ♪」といきたいものですね


 お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:30コメント(13)トラックバック(0) 

2016年09月25日

プライベートで大きな変化がありました。
大人の事情であまり詳しくは書けないのですが、思っていた以上にダメージが大きく一昨日の夜から調子を悪くしていました。コメントのお返事が遅くなり、ご心配をおかけしてしまって申し訳ありません。

しかしどんな時でも手を差し伸べてくださる方がいる。
それはとても幸せなことです。
人間、独りでいるとロクなことは考えません。悪い方向に・悪い方向に物事をイメージします。いらんことまで考え、想像し、最悪、間違った結論まで出してしまう。だからどんな形でもいい。辛い時こそ身体を動かし、出来れば人と接する。それが大切なのです。

昨日も調子が悪く家を出られる状態ではありませんでしたが、なんとか薬を飲み朝から外出しました(家に独りでいるとドツボにはまりそうだったので)。そして有り難いことに夜は事情を知る方が「おでんパーティー」を開いてくださいました。それまで丸1日何も食べていなかったけれど、大鍋一杯のおでん、美味しい日本酒、そして温かな皆さんに囲まれ、気分が一新されました。
もし調子が悪いからと家で臥せっていたら今もこの記事は書けていなかったことでしょう。本当に感謝感謝です

尚、有り難いことに明日からまた12連勤が始まります。いつもなら有り難いどころか地獄だ鬼だと騒ぐところですが、今回ばかりは有り難い。だって否が応にも“考える”時間が無くなりますからね。仕事に追われバタバタしているうちに日々が過ぎ、少しずつダメージも癒えることでしょう。人間、そんなものです。

という訳で人生いろいろあるけれど仕切り直してひと踏ん張り。
ニューボーン猫ムスメとして(笑)、今後も邁進致します。


 お後がよろしいようで。



【追伸】なにやら奥歯に物の挟まったような記事ですいません。
景気の良い話でもないのでこの記事に限りコメント欄は設けません。どうぞ軽く読み飛ばしてくださいまし~(^_^)ニコニコ








shizutamarakugo at 22:00 

2016年09月23日

【猫のつくお酒はないか?】
そんな記事を書いたところ、静岡の友人がすぐにメールをくれました。

「藤枝に “にゃんかっぷ” があるよ!!!」
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/1509083 

yjimage[2]yjimage[1]













こ、これはv( ̄∇ ̄)v

ポチッ・・・(衝動的に注文するの巻www)



 お後がよろしいようで。








shizutamarakugo at 19:00コメント(8)トラックバック(0) 

2016年09月20日

先日帰省した際、地元の酒屋さんに行きました。
退任する専務のために『磯自慢』の大吟醸を購入したかったからです(このお店は古くから続く老舗なので稀少な地酒も入荷できるらしい)。

首尾よくGETし、店内をブラブラしていた私。
せっかくなのでもう1本くらい買って落語会へでも差し入れようかしら~とご主人に聞きました。「オススメは???」
・・・一番嫌な客ですね(笑)。ザックリすぎる。しかも無知丸出し。

しかし苦笑いしながらもご主人、「これなんかいかがでしょ? けっこうこれ目当てに来られる方もいらっしゃいますよ。」一本の瓶を差し出しました。見ると名前が【亜麻猫】、しかもラベルには猫の絵!!(^∀^)
ご主人、私が猫ムスメだと知っているな(←そんな訳ない)。とにかくソッコーで買いましたよ、720mlを2本!!
新政酒造の亜麻猫(あまねこ)ですね。酒を飲むくせに知識はゼロの私でも聞いたことがある これなら良かろうと、早速前回の大和田に持って行かせて頂きました~(^_^)ニコニコ

image%3A4348

ところで猫といえば近所の居酒屋に、【山ねこ】という焼酎が置いてあります。飲んだことないけどやっぱ気になる・・・それと以前、【水曜日のネコ】というビールをもらいました
masaruya_m0188001[1]img-siyu011[1]











日本酒・焼酎・ビール・・・もしやアルコール界でもニャンコは人気なのか!? 他にも「猫」のつくお酒をご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてください(^_^)ニコニコ


 お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:00コメント(12)トラックバック(0) 

2016年09月19日

朝晩だいぶ涼しくなって参りましたね。夏の終わり・・・
そんな9月第3日曜日は大和田落語会でした
気温は低くとも大和田はアツイ!!(笑) 
なにせ我らが馬生師匠ですからねぇ( ̄ー ̄)ニヤリッ

12















①小駒さんによる一番太鼓。
②本日の演目。

今回は馬生師匠の芸に惚れる2時間でした。今更なんだよって感じですがね。いやでも、今までより、何かを越えた(気がする)。『目黒の秋刀魚』なんてこの時期イヤってほどかかる演目ですからね。何度聴いたことか。筋だってさほど変わらない。でも、師匠だと違うんだな~。なんていうかこう、“聴かせる”んですね。知らず知らずのうちに引き込まれてしまう(上手く言えなくてすいません)。
『品川心中』だってそうですよ。私フルバージョンを通しで聴いたの初めてかも。なにせ内容が内容ですからねぇ。並の技量では演ろうとすら思わないはず。しかしそこは馬生師匠、たっぷり1時間かけ客席を魅了。途中、空気清浄機がピーピー鳴るというハプニングに見舞われるもそれすらネタの一部にしてしまう力量。これが【芸】というものなんだな・・・久しぶりにそう感じさせられる会でした。

ちなみに前座の小駒さんはなんと先代馬生の孫だそう。つまり祖父→先代馬生・大叔父→志ん朝・曾祖父→志ん生というスーパーサラブレット! 流石血筋・・・と言われるのは本人イヤでしょうが、既に大物の貫禄でした。とても入門3年と思えない聴き易さ。大きな声でニコニコと、馬生一門らしい前座です(*'-'*)

72















打ち上げでは一門恒例の謎かけ大会。
お題を出した人には「馬生おかき」が頂けるとのことで私もつい張り切っちゃいました。デッカイ声で「ハイ!」…手を挙げてすいません(←おばさん丸出し)。お陰様で指名して頂けましたが、なんのお題を出したかは・・・恥ずかしいので秘密です(笑)

尚、来月は柳家小里ん独演会。
シブすぎるラインナップに涙が止まりません。



 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 11:00コメント(8)トラックバック(0) 

2016年09月17日

5月に一挙15名の増員をした弊社( -д-)ノ
今日はそのうちの1人を連れ、お馴染み、浦安の『三ぶちゃん』で飲んできました。http://www.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/364.html
入社してからずっと “連れてってくださ~い” オネダリされていたのですが、私が忙しすぎて退社時間が合わず・・・4か月目にしてようやく実現できたのです

ちなみにナゼ神田ではなく「三ぶちゃん」かと言うと、彼女も浦安に住んでいるから!!
浦安って案外ひとり暮らしする子が多いんですよね(以前にも1名いました)。ちなみ彼女はシェアハウスに住んでいるそうで、“浦安にもそんなシャレたもんがあるのか” ・・・おばさん感心しきりです(笑)

21















【左】名物のもつ煮で乾杯。
【右】鮪2点盛り。脳天刺しとホホ肉をチョイス♪


体育会系で元気が良い彼女。
今日もガッハガッハ笑いながらよく喋り・よく食べ・よく飲んでいました。若いって素晴らしいですね。女性ながらに営業職ですが、性格的に向いていると思うので今後活躍してくれることでしょう。普段会社の人間とは仕事以外で飲まない主義の私ですが、ま、たまにはいいですね。日頃目上の皆様にお世話になっているので、その分、下の者の世話もしなくちゃあいけません。世の中そうして回っているのです。

しかしまぁ、去る者あれば来る者あり。
仕事をしているといろんなことがあるものです。
変わりゆく会社の中で自分はどこまで自分を保つのか?
ま、また追々考えましょう(←酔っ払い)笑




 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 00:06コメント(10)トラックバック(0) 
猫ムスメ