2018年02月22日

D779973E-B673-43CD-8C0B-48C9A63F22E7
雪の中に佇む小綺麗な宿・・・

06C25EC6-FCF2-4415-8BAB-0E20B60C4B00
源泉掛け流し雪見露天風呂 ・・・

03A31630-E1EF-4BA1-94F3-67934E7C9119

ん、なにやらテレビで見覚えのあるジャンプ台が・・・
(ヒント:長野オリンピック)

9D7C6A16-8B37-422D-A8CC-842C56566815
渡部暁斗選手らの故郷!!! 




1098F682-4995-4FBD-96A5-7657B50B8A9F
ハイ、正解は白馬村ですねヾ(=^▽^=)ノ
夫の「バースデー休暇」を利用して昨日から長野県に来ています。
地獄谷でサルを見て、野沢温泉でおやき食べて、ラフォーレ俱楽部白馬八方に泊まって温泉入って・・・

今現在は八方尾根スキー場
スキー好きの夫は滑りにでかけ、私は1人、暖かなレストハウスでココア飲みながらブログ書いたり本読んだりしてます! なんか家みたい!!(笑)

ちなみに私はスキー場というものに来るのは人生初めて もちろんスキー経験もありません。こんなに沢山の雪山初めて見ました〜。しかもレストハウスまでゴンドラで来たんですが、下を見下ろしたらカモシカがいてびっくりしました。普通にいるんだ(; ̄Д ̄)

昨日はサル・今日はカモシカ。
なかなか野趣あふれるバケーションですね♪


 お後がよろしいようで。
 

shizutamarakugo at 14:30コメント(4) 
9EF7D175-F3BB-4066-9ABD-6F93E7A5541F
雪道を1.6キロ歩き・・・

E866C07F-4E84-4A00-AE13-F548EBD6607A
ようやく温泉が・・・

3A0E9130-EB7E-4300-ACB2-9DD69B749329



おっ!!!  ムードあるこの背中・・・

F98BEAFA-4829-49C2-8BEF-BEDF59E20EF1

猿じゃ!!! 

CA9F824A-E947-472E-A629-B7CF835CFB16
猿のお尻って本当に赤いんだなぁ・・・ 

69935E3F-5967-4745-9CD9-9058A6C65C9C
見よ、この頭に手ぬぐいでも乗せてやりたくなるオヤジ感。 



94B27F91-5BDD-4CE0-9385-41EE9D826CBE86DA4581-777F-4D08-9D5B-1CA6506262A7











ハイ、正解は長野県・地獄谷温泉ですね(^∀^) 
あの有名なニホンザルの入浴シーンです。噂通り外国人観光客で溢れ返っておりました
外国ではあまり見られない光景なんですかねぇ。



 お後がよろしいようで。 

shizutamarakugo at 11:46コメント(2) 

2018年02月21日

夫の誕生日が近いためディナーに行ってきました。
我孫子らしからぬお洒落なお店です(笑)。

『ジュリエッタ』は2012年にオープンした本格イタリアン。
成田線・東成田駅から900メートルという車じゃなきゃ行けない場所にも関わらず予約殺到。特にランチタイムは1ヶ月前から一杯だそうです。私達は今回ディナータイムにしたためなんとか取れました。ちなみに夜は3,800円のコース料理のです

699F7CD7-D14B-4F9B-9192-3F8C6E3377421F5B2985-9C67-4C7B-A7B6-F78DED70B886











手賀沼を一望できる本当に素敵なお店。
料理は地元の食材をふんだんに使ったものでした。

74D21909-CDDD-49B4-8C5A-6A458EB03C36649397DB-FED0-4B54-99C3-5B2E999D8902











①前菜だけでこのボリューム。チーズがやたら美味しかった。
②パンも自家製。ハーブが練り込まれており独特の味わい。

CE63D32D-5BDD-4D48-94B2-2FF06FD08D1283E8ECB1-1675-49BA-AC5C-2103373128FC











③アサリと菜の花のパスタ。
④メインの肉料理。柏のナントカ豚らしい(笑)。写真は無いけどこの後、小さなデザートも付きました。


帰宅後、これまた地元のケーキ屋『アビニヨン』でオーダーしたケーキを♪ ちょっとフライングの誕生日だったけど喜んでもらえたかな
BlogPaintC3D6B0DF-0096-4CF1-9B57-881BB3585DBD












尚、今まで「10歳上の亭主」でしたが彼の誕生日到来により「11歳上の亭主」となります。び、微妙・・・( -д-)ノ  早く私の誕生日が来ないかな、ですね


 お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 12:00コメント(0) 

2018年02月19日

小平奈緒選手の金メダル獲得、素晴らしかったですね。
しかも1000メートルで銀・500メートルで金とはスゴイ・・・ 珍しくスポーツネタで感動していた私に夫が言いました。 「そう言えば昔もっとすごい選手がいたなぁ」と。なんでもスピードスケートで5種目全て金メダルを獲った人がいたとか(; ̄Д ̄) 調べたら本当にいました。1980年・レイクプラシッド大会でのことです。


【エリック・ハイデン】
エリック・ハイデン(Eric Arthur Heiden、1958年6月14日 - )はアメリカ合衆国のドイツ系アメリカ人スピードスケート選手、自転車競技選手、整形外科医
アメリカ合衆国ウィスコンシン州マディソン出身。

1980年に地元で行われたレークプラシッドオリンピックにおいて、男子スピードスケートで500m、1000m、1500m、5000m、10000mの5種目すべてで金メダルを獲得する快挙を達成した、「パーフェクト・ゴールドメダリスト」。スケート引退後はウィスコンシン大学医学部を卒業、現在は整形外科医。

正に全米の英雄となったハイデンであるが、五輪後にあっさりとスケート競技から引退し、大学の医学部に戻ることを表明。また、殺到したコマーシャル出演の話を全て断り、「自分の金メダルを金儲けには利用したくない」と述べた。

ところが翌1981年、妹のベスが、1980年の世界選手権・個人ロードレースで優勝を果たした影響を受け、セブンイレブンと契約を結んで、自転車競技のプロロードレース選手に転身。1985年、全米プロ自転車選手権ロードレース(現 フィラデルフィア・インターナショナル・チャンピオンシップ)の初代優勝者となった。

翌1986年、セブンイレブンチームとしても初参加となったツール・ド・フランスに、同チームの一員として参加。しかし、第18ステージで途中棄権した。なお、自転車競技選手としては1990年まで現役を続けた。



・・・スゲェー!!! の一言。
こんな選手がいたんですね(1980年て私は1歳なので記憶ありません
何がすごいってやっぱ「整形外科医」でしょう。金メダル5個獲った時は医大生だった模様。スポーツで頂点を目指しながら勉強もするなんて・・・スーパーマンか。そしてオリンピックの後サクッと引退し医大に戻るのもカッコイイ。そしてそしてその数年後、自転車競技の選手に転身しそこでも優勝してしまうのがミラクル過ぎる!!

こんなスーパーマンみたいな人がいたなんて知らなかった。
ある一定以上の年代の方には懐かしい名前なのでしょうか??

すっかり感心してしまった私。
エリック・ハイデン氏が今どのような生活をされているか気になる。やはり整形外科医として穏やかな日々を過ごされているのでしょうか。そうであってほしいなぁ・・・アメリカの有名人でドラックとかパリピとか変な方向に行く人が多いですからね(笑)。でもこの方なら大丈夫なんでしょう。きっと今もスーパーヒーローでいらっしゃることと思います。

と、話は逸れましたが・・・
小平選手、金・銀メダルおめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(2) 

2018年02月18日

先月「志村動物園」でやっていました。
日本一客が来ない動物園というものを( ̄▽ ̄;)!!ガーン
テレビごしにもそのヤバさが伝わる。ボロボロの看板・無人の入り口・荒れ果てた歩道・・・これはもう行くしかありません。ブロガーの宿命です。

E2ACE0C9-193C-43FA-B353-5E595A5C597D7B45135B-B4BB-4C10-A6D3-6817709C3BFF











●最寄りバス停から徒歩50分(もはや集客の意欲すらない)。
●年間500万円の赤字。
●6日連続・客ゼロ。
●従業員は80歳の園長+若者2人のみ。この3人で117匹の動物を世話している。

F403E4BC-174E-4817-AE06-04D2E80220B72986C683-6D04-4C4A-9DA3-2B939072246E











入り口。本当に無人。これ絶対タダで入ってる奴いるな・・・

E0EE60BB-5085-454E-A0AD-35E75B272A12
薄暗い急な石段を登り園内へ。
音質という言葉を超越したスピーカーからエンドレスに流れるテーマソング「み~んなみ~んな笑顔の~ゆ~らゆ~ら笑顔の~ゆ~とぴ~あ~ゆ~とぴ~あ~♪」が怖い 洗脳か?

6095AC50-D69A-4D11-A3D1-3915F455A552EC3CD507-564C-4F44-8E7E-4F56E5B72207











園内に入ると唐突に猫ハウス! 動物園なのに猫! 皆人懐っこく寄ってくる。餌目当てらしい。

45C0E616-A242-467D-A2D2-2154D7466FDC938F3D4F-1D41-44C8-8CC1-46E575D6D579











猫ハウスを過ぎると次は犬! 動物園なのに犬! しかもいたる所に沢山いる。リードをつけお散歩も出来るらしい。お子さん連れにお勧め。

C2A453A2-306D-49AB-A5B7-05AF1DAA07B79EEF03B0-1DD2-47A8-A633-1DC4CEB7EA71











犬の横にはウリ坊。フェンスに手をかけ餌をおねだりする姿が可愛い。ウリ坊も500円払えばお散歩に連れ出せる。

B48EFCC0-8337-4E9B-84C5-CC654DD100DD48B0BF75-3C33-415C-B0E2-EB1A7A543091











猫・犬・イノシシを見飽きると次は猿・兎シリーズ。ここは「異種同居」が基本。イノシシ+猿とかクジャク+兎とか他では見られないかも? ちなみにサラッと書いているがここまで見て回るのは大変 足場が悪く急な坂道。そこに「整備」という言葉は無い。

BE04DC62-3BFB-4FAC-B386-18A5E9C5FA7D5966E9ED-6A8A-4D8B-992C-FC3FC67CEBAF











突如現れる謎の超ロング滑り台。山の上から下まで降りられる。しかし朽ち果てた感がハンパなく子供ですら近寄らない。

BBA30D42-5460-4C8F-BED3-16812752F765794432C9-484C-4822-8CC2-C137B46894B2











動物園なのに全く関係ない様々な神様が祀られている。これまたカオス。

4C574A89-8E32-4977-B98A-1033792488446FF2FEB5-292F-493D-B320-EF85CD354CE8











年寄りにはツライ急な山道を15分ほど登るとそこは頂上。イノシシ牧場になっている。人の気配を察知し山の中からワラワラと寄ってくるイノシシ・・・餌をねだる勢いがすごくてちょっと怖い。


いやぁ想像以上でした。
何と言うかもう、言葉になりません。
一言で言うなら「ここは動物園ではない」トレッキングコースの途中にちょっと動物がいる、くらいに捉えた方が良いと思います。でも私は嫌いじゃないな。
動物は確かにショボイ。像やライオンはいません。犬とか猫とかイノシシとかそこら辺にいるようなものばかり。施設もショボく足場が悪い(子供だけの入場は危険につき禁止)。トイレも汚い。3人で動物の世話から清掃まで行っているため全く行き届いておりません。きっと今時の若い親は「不衛生!」「危ない!」などと言って行くのを止めることでしょう(T_T)

でもね、そこには愛があるのです。
その動物達のほとんどは人間に捨てられたり親を殺されたりした子たち。それを園長が保護してるんです。年間500万円の赤字を垂れ流し、家族に反対されながらも閉じない理由はただ1つ、「動物達が可哀そうだから」。根っからの動物好きなんですね。

しかしその園長も現在80歳。
広い園内を歩き回るだけでキツイでしょう。
園長引退と共にその歴史に幕を閉じるであろう『東筑波ユートピア』・・・
どこかの偉い誰かさん、援助の手を差し伸べては頂けないでしょうか?



  お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(8) 

2018年02月16日

冬の味覚と言えば鮟鱇(あんこう)ですね
昨年10月、茨城県の那珂湊港へ海鮮丼を食べに行った私達・・・
その際、鮟鱇の看板を見、「冬になったら大洗だ!」と話していました(※那珂湊と大洗は近いです)。

そしてようやく決行
2月の鮟鱇・・・一番旬ではないでしょうか(●´ω`●)
お邪魔したのは『磯料理 山水』さん。大洗で鮟鱇と言えばここ! 海を眺めながら極上の鮟鱇鍋が食べられる超・人気店。テレビや雑誌にも多数取り上げられているそうです。店先に吊るされた鮟鱇が期待を高める・・・

B76F1FF5-F0D9-4663-B2EC-9B5EE39A80D5A08F6D6A-CE54-452D-AB96-7FCD947F03B8












11時半に行ったところ既に超満員
1時間半待ってようやく入れました。この店は予約を受け付けていないため早い者勝ち。土日祝は11時の開店と同時に満席となるそうです。しかし頑張って待った甲斐あり通された席は絶景!! 本当に海が一望できます(*゚▽゚*)
CDE452D8-2076-421A-AED5-48E74F09FD51BD708194-A7D3-4D1B-B551-39D67C388DFA












席についた後も「鮟鱇鍋は提供に時間がかかる」と言われたためまずはカキフライでお腹をつなぐ。大ぶりの牡蠣が5つで1,000円。あぁ美味しい。
347934EA-24CE-419E-8CE5-D7C37415C278


更に30分待ちついに主役登場。お腹ペコペコ状態で出てきた鮟鱇鍋はめっちゃボリューミー 量がすごいとは聞いてましたが想像以上でした。今高騰している野菜、そして高級食材である鮟鱇が、惜しみなく盛られています。
3BDAF5F6-A535-4240-9CDC-2554CDB3BAE8



指示に従いまずは骨付きの部位と野菜を入れる(出汁を取る感じ)。
わさわさ食べ進め、野菜が減ったところで身を投入! う~ん旨い 皮も身もプルプルで最高です。わざわざ大洗まで来た甲斐があった、と感動(T_T)
鍋だけでかなり満腹になるも、出汁の良く出たスープを無駄にする私達ではない。別料金のライスを頼み、シメの雑炊まで楽しみました。ちなみにここのスープは味噌にあん肝を溶かし作っているそう! スープだけでグイグイ飲みたい旨さです
3357B62A-8C06-4C04-8ADD-9C125DD928B0


尚、鮟鱇鍋は1人前3,300円。
この量でこの価格は安いと思います。
これを見て鮟鱇が食べたくなった皆様・・・是非『山水』まで(*'-'*)


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 

2018年02月14日

FE954DC0-4224-45B2-A653-59CFD8361119
たまたま行った伊勢丹で発見。
箱も袋も猫デザインでたまらない (´▽`)
即購入し猫好きの方々に送らせて頂きました


↓↓↓尚、今夜の我が家の晩ご飯はコレ(笑)
  なんとな~くバレンタイン仕様です♪
716EE26F-AE80-4B0A-8CCD-198EACE40F8C




    HAPPY VALENTINEヾ(=^▽^=)ノ



shizutamarakugo at 21:46コメント(2) 

2018年02月12日

確定申告のシーズンですね(*'-'*)
個人事業主等の皆様におかれましては地獄のような季節ではないでしょうか

かく言う私も今年は初の確定申告でした。
去年の8月までは会社にお勤めしてましたからネ。年末調整してもらえ、今考えると非常に楽でした(私が経理担当でしたが書類を集めるだけであとは税理士に丸投げしてました♪)

さて、初めてなので色々調べたところ、申告には主に
①税務署へ行く
②申告書をPCで作成・印刷し、郵送する
③電子申請(e-Tax)

・・・の方法が有りますね。
国税庁的にはもちろんe-Tax押し。そりゃ税務署に殺到されて膨大な人手を割かれるよりWEBで完結してくれた方が助かりますからねぇ ホームページもe-Taxの説明ばかりだったし、毎年CMでもバンバン流しています。私もオニのように混雑した税務署へ行くのはイヤですから電子でやってしまおうと思いました。そして【e-Taxの流れ】を一読し、呆れてしまいました

6633304E-841B-4207-B0CD-6AA04E8DE6F190B670E5-9F31-4C5B-8A63-6863A92A2B9D















“マイナンバーカードを読み取るためのICカードリーダー” を買わなきゃいけないんですよΣ( ̄ロ ̄|||)
「家電量販店などでご購入できます」とサラリ書いてありますが、調べたら大体1000円~2000円でした。しかも「パソコンを買い替えたりバージョンアップすると非対応になる(また買い直さなくてはならない)」「以前にセットアップを行った人でも毎年セットアップをしなくてはならない」と書いてあります

一言で言うと「アホか」
なんでアナタ方の手間を省くためにそんなお金&時間使わにゃならないんだ。せめて貸し出ししろよ。って言うか “マイナンバーカードを読み取るため” って意味わからん。ここでもまたマイナンバー制度のせいで逆に複雑化しているのか・・・?

国のやる事ってなんでこんなに効率が悪いのだろう。
呆れ果てた私、もちろんe-Taxは諦め、郵送で送ることにしました。決してOA操作が得意でない人間ゆえ苦戦しましたがなんとか終了。あ~もう二度とやりたくない

・・・ま、最後にコレを見たらちょっとだけ機嫌が直りましたけどね( ̄ー ̄)ニヤリッ
 ※実際は自分が払い過ぎた分の税金を取り戻してるだけwww

2C85C945-BC9D-40FF-868E-02CA7CDEB51E




 お後がよろしいようで。







shizutamarakugo at 10:00コメント(4) 

2018年02月10日

実家の両親は軒先に「鳥小屋」を設置しています。
そしてリビングからガラス越しに「バードウォッチング」しております(笑)。
【自宅 de バードウオッチング】http://rakugo-rakugo.doorblog.jp/archives/9562657.html

その姿を見、
「流石は隠居老人」「The・暇人」とからかっていた私ですが、最近、親と同じ事をしている事実に気が付きました(((( ;゚д゚)))

夫がですね、ベランダに餌を置くのですよ

いつも来るスズメのつがいがおりまして・・・
プランターの土をつつくのですが、冬なので芽も虫もおりません(多分)。それを可愛そうに思ったのか、夫君、ある日、皿の上に生米を置いてやったんです。そしてそのうちコイン精米所から貰ってきた米糠まで置くようになりました。
A05B3E08-453A-4EF1-B764-07CDA1AD6336


するとスズメだけじゃなくヒヨドリと思われる鳥まで来るようになったんです。こうなると可愛いもんですね。私もついミカンなど設置してしまいましたよ(爆)。
B958210D-0267-4AC3-9086-86CBDD1CF978



しかし野鳥というのは警戒心が非常に強い。
リビングからベランダは丸見えなのですが、「あっ来た!」と少し近寄る素振りを見せるだけですぐ逃げてしまいます。だからもう気配殺してますよ(笑)。夫と2人で動かないようジッと固まりながら「可愛いねぇ」「よく食べてるねぇ」「今度はリンゴを置いてあげよう」などと囁き合ってます

The・暇人。
やはり人間も親と同じ“生態”になってくるんですかねぇ( -д-)ノ



 お後がよろしいようで。




CE958142-CAA6-44FC-A709-B0037234A7C7←なにぶん近寄れないので写真も撮れないんですが・・・ズームでかろうじて撮影。大きさ・色から、多分ヒヨドリと思われます。





shizutamarakugo at 12:00コメント(8) 

2018年02月08日

「おでんが食べたい・・・」
ここ1ヶ月程うわごとのように言っていたワタクシ、原因は日本橋『お多幸』に入れなかったことです(土曜日19時に行ったら大行列だった)。食べられなかったぶん未練は大きい・・・そこで今シーズン2度目のおでんを作りました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

9B5E3816-E581-47DE-890E-7279B9E9AF18

またル・クルーゼの鍋一杯作り大満足(センス皆無につき写真が全く美味しそうに見えずすいません。味は美味しかったです)泣。

しかしここで再燃するのが【おでんは主食かおかずか問題】
“目玉焼きに何をかけるのか” 同様、互いの信者が血で血を洗う永遠の争点かと思います。

ちなみに私は「おかず派」(ひぃ主食派の皆さん撃たないでぇ~)。
これは実家がおかず派だった影響が大きいと思います。うちの両親は田んぼをやっていたということもあり、米が大好き。だから何を食べるにも必ず白米が出てきました(例:やきそば・グラタン・シチュー)。それが当たり前だと思っていたので、「炭水化物の重ね食いかよwww」と馬鹿にされた時、そりゃもう驚いたものです。しかし育った環境は拭いきれず、基本、おでんは「鍋物の1つ」だと今も思っています。よ~く味の染み込んだ大根をご飯の上に乗せて御覧なさい。想像だけで3膳イケますよ~(゚∀゚)アヒャヒャ
ちなみに夫の家もおでんはおかずだったそう。米どころ新潟だからでしょうか? やはりどんなメニューにも必ず白米が出たそうです。あぁ結婚して良かった(笑)。いやマジでこういう一致って大事なんですよ( -д-)ノ

しかしここまで書いておいてナンですが、最近、おでんと一緒に白米を食べることがめっきり減りました。理由は「酒を飲むから」です(爆)。
そう考えると、【おでんはつまみ】ヾ(=^▽^=)ノ
そんな所に落ち着かせるのが、大人として妥当な締めなのかもしれません。


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(9) 

2018年02月06日

夫はスーパー理系人間です。
かたや私は潰しが利かないと有名な私立文系w
共に暮らし始め、「理系と文系の違い」を感じることがとても多い。
(とりあえず何かあると “それは論理的じゃない” とか “それは理屈に合わない” とか言われてスゲーむかつく!!!)笑

先日、あまりの寒さに石油ファンヒーターを買った我が家。いやぁ温かいですね~石油暖房! もう手放せません。しかし1つ難点が・・・そう、灯油を補充しなくてはならないのです(←当たり前)。
touyukan[1]
「ポリ容器から灯油タンクにポンプを使って移し入れる」という作業が結構面倒くさい。あまりやったことがなかった私はポンプを馬鹿みたいに押しながら必死で移し入れておりました。するとそんな私を見て夫が「手を放しても大丈夫だよ」とやり方を教えてくれました。こんな絵まで描いて・・・
(※右下のシーモンキーはまた別の話なので気にしないでください)笑

5153245E-A6A9-4AA1-99AB-9BFAB52B9F78

夫:「これを“サイフォンの原理”と言うんだよ。理科で習わなかった?」
私:「・・・・・・(原理という言葉に早くも拒絶反応)」

そう、【水は低い方に流れる】というアレですな。
http://tinkle.jp/Plone/kingyo/siphon
なんとなく聞いたことはあるけどこういう実践(?)で使う頭は無かった。

ちなみに新潟の実家で石油ストーブを使っていた夫は子供の頃、お父さんからこの「灯油注入」作業を教わり、「うちのポンプはすごい。魔法ではないか。」と思ったそうです(笑)。そして理科の授業でサイフォンの原理が出て来た際、「そうかアレはこういうことだったのか」と目から鱗が落ちる思いをしたそうです。こういう経験が子供を科学へと導くのでしょう。

しかし同じ経験を私がしたとしてもきっと「あぁ手を放していいのね」としか感じなかったと思います。何故それがそうなるのか、どうしてそれが起きるのか、全く気にならない

現象を過程として捉えるか、単なる結果としてだけ捉えるか・・・
それが「理系」と「文系」の違いだと思うのです。


  お後がよろしいようで。





F2CA9B40-CD29-4449-8DF7-33E2646D8F44【追伸】
そんな夫ですが図書館ではこんな本を借りてました。私なんてね、松本清張ですよ今読んでるの・・・。イヤですねぇ理系は・・・





shizutamarakugo at 12:00コメント(6) 

2018年02月04日

義母の命日が近いので夫と「お墓参り」に行ってきました。
しかし正確にはお墓じゃなく「納骨堂」。都内一等地の納骨堂に1人で眠っております。 

ちなみに納骨堂と言うと “ビルの中にコインロッカーみたいな箱がズラリ” をイメージする方が多いと思いますが、ウチのはそうじゃありません(笑)。ちゃんと屋外です。とても都内とは思えない緑豊かで閑静な場所に、こぢんまりと眠っております(このプレート1つが1人分のスペース)  

BlogPaint


義父母は新潟の人間なのでもちろん市内に先祖代々の墓があるんですよ。本来ならば「長男の嫁」である義母もそこに眠るのが自然なのですが、そこはまぁ色々あったようで・・・。結局、本人の生前の意思により、墓ではなく東京の納骨堂に入りました(夫が頑張って良い所を探し契約したそうです

今はこういう人が多いようですね。
様々な事情から『墓じまい』する人が増えていると聞きます。やはり子供の数が減り、生き方も多様化した時代、なかなか来てもらえない遠くの墓より近くの納骨堂に・・・。墓は管理も大変だからその方が子供達の迷惑にもならないし・・・。そんな考え方が一般化しているのでしょう。墓はもはや「お荷物」、そんな時代が来ているのだと思います。また、経済的な事情から墓が建てられない人も多いと聞きました。それによって無縁仏・散骨・検体希望も急増しているそうです
 
ちなみに私は帰省すると必ず墓参りに行く人間ですので、散骨や検体には抵抗を感じます。非科学的かもしれませんが墓や寺には “何か” があると思っています。しかし納骨堂に関しては全く悪いことだと思いません。要はどこに・どんな形で眠るかであり、キチンと埋葬されていればそこには “何か” が宿ると思っています。お参りにも行き易いですしネ。実際義母の納骨堂も都内なので大変行きやすく、私は夫と知り合ってからもう5〜6回行ってます♪  これが新潟ならそうもいかなかったでしょう。「他人様と眠るより息子の側に・・・」義母の願いは叶っていると思います(*'-'*)

団塊世代が次々と亡くなる今後、墓問題は増々深刻化することでしょう。
「死んだ後、人はどうなるのか?」  ある意味、原点的な問いですね。



 お後がよろしいようで。 

shizutamarakugo at 16:56コメント(2) 

2018年02月02日

ご近所でイチゴ狩りをしました。
いいですね~田舎に住むとそこら辺で苺も狩れる(笑)。

S農園は朝10時から。
しかし10時ピッタリに行ったところ駐車場満車。「第1部」の受付はもう終わった・・・とのことで、私達は名前を書き「第2部」の入場となりました(ちなみに第2部の入場は10時40分でした)。エアコンも無い小屋の中で40分待たされるのは辛かったですわ~ 我孫子ではイチゴ狩りが超人気アクティビティなのでしょうか( ̄▽ ̄;)!!ガーン

8A77D4E7-CB6C-4C55-B068-7A9F6E6BB88E95030FFB-DDE5-4DD3-A968-714DEBBDFEF8











S農園では『紅ほっぺ』と『章姫』の2種が作られています。
両方食べたけど意外と『章姫』の方が美味しかった。糖度が強くハズレがありませんでした。
と言うかデカイ!!! ここのイチゴは両品種ともやたらと大きい。子供のこぶしほどのイチゴがゴロゴロなっています。しかし大きいから大味、ということはなく、どれも本当に美味しかった。お子さんたちが「おっきいおっきい♪」と大はしゃぎしながら夢中でかぶりつく姿、とても可愛らしかったです(●´ω`●)

10787833-C590-4A38-8ACC-80DEDBD432603D62B2E0-FDF6-480B-BD59-968AC391E214












入場料は1700円。
ちょい高めですね。でも充分「元」は取れました。私は途中で数えるのを放棄しましたが夫は35個食べたそうです(繰り返しますが子供のこぶし大ですwww)

敷地内では野菜も直売されていました。
今高くてしょうがない葉物野菜が市場の半額程度で売られていて大興奮。小松菜やらホウレン草やらを買い込み大満足な主婦(私)なのでした


  お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 12:00コメント(2) 

2018年01月31日

友人Cちゃんに会うため埼玉まで行ってきました。
Cちゃん・・・懐かしいですね(笑)。
高校時代からの友人で私の仕事を手伝ってくれていた子。ほぼ毎日会っていたので一時はブログの常連出演者でしたね(゚∀゚)アヒャヒャ  私が退職してからは会っていませんでしたが「旦那を紹介しろ」と言われていたためボチボチ・・・と

FF9E247D-96B8-4E05-A632-DEB8F89EFA353C2B741B-D369-4D80-8DFA-A1FFE043C2DD











Cちゃんは現在、埼玉県某所でスナックを経営しています。
 旧友が「ママ」になるって想像もつきませんでしたが上手くやっている模様。駅前でご飯を食べた後、店にもちょっとお邪魔しましたが、それはもう立派な店構えでした。あんな閑散とした田舎でキチンと利益を出しているから大したものです。

BlogPaint
【写真】ママ(Cちゃん)とチーママ(私)笑。

尚、この機会にカミングアウトしますが、私、結婚し、あっという間に7キロ太ったんですよ(キャーみんな逃げないでぇ) 。身長158センチの私が7キロって相当ヤバイ。いやでもね、もうね、これはしょうがない。不可抗力というかなんというか・・・・・・言い訳満々に現れた私を一瞥したCちゃん。 

「w w w w w w w w」

ノーコメントでした( -д-)ノ( -д-)ノ( -д-)ノ


 お後がよろしいようで。 

shizutamarakugo at 12:00コメント(2) 

2018年01月29日

1月27日(土)22時。
正座してテレビの前に陣取った私(゚∀゚)アヒャヒャ
ハイ、先日取材に来ていた千葉テレビ様、キチンと大和田落語会を紹介してくださいました!!!

では千葉テレビが映らない方のために恒例のハイライトを(笑)。再び “テレビを写真で撮る” というアナログ手段ですので少々見難いかと思いますがご容赦ください。

CF1969E0-1532-45C1-86D6-B7E276BA96C6403B896D-5030-43CE-90C7-D729B51CA2DA











①まずは丸花のご紹介
②三遊亭めぐろさんによる一番太鼓

3CADEA99-C318-41DD-B3F7-93EB4B00F491A51C69BA-FDE5-41DC-8A2C-A9F7D37F5925











③席亭インタビュー
④受付シーン

75EBFA29-D200-4EA7-A29F-60D7A7D6160A469387F0-3177-41AE-B02C-DF043AE7805A











⑤天どん師匠ご紹介。確か前回のBSも天どんさんだったなぁ。
⑥めぐろさんご紹介。何故そこ? というフレーズがチョイスされていた。

75633ECF-1594-48D4-9C41-074C1CBDD9F1FB0BC537-E0DF-4D80-AF00-20333E458E8E











⑦小里ん師匠による獅子舞もご紹介
⑧ラストは伊藤会長インタビュー


私も所々チラ映りしています♪
しかし今回は悪目立ちし過ぎて言えやしない(泣)。
う~まさかあんな場面が撮られているとは。
ご迷惑をおかけしました・・・
しかしまぁ私以外は皆さん楽しそうな雰囲気が伝わり良い特集。次回から申し込みが殺到するのではないでしょうか??
増々発展する大和田落語会。
会長の仰った「200回」はすぐそこですね(*゚▽゚*)


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 
猫ムスメ

猫ムスメ