2019年10月30日

赤ちゃんの股覗き(またのぞき)

息子、ハイハイを覚えた頃からこのようなポーズをよくします。本当に〝見るとやってる〟ってくらいよくやります

D9305EC4-9035-46E8-83E4-5D71BE63F36CD20E0A9D-C1F4-403D-9806-1B7D7BBDF9DF











スマホを向けるとこちらを向いてしまうので上手く撮れないのですが、いわゆる逆ブリッジ状態。「天橋立ポーズ」と言えばわかるでしょうか。お尻を上げ、脚の間から向こうをのぞくのです。

あまりにやるので何か意味があるのか!?  気になって子供発達センターの理学療法士さんに聞いたところ、

「特に意味はない。これくらいの赤ちゃんがよくやるポーズで “赤ちゃんの股覗き” という。昔の人は “赤ちゃんが股を覗くと次の子が生まれる” と言っていた」

・・・とのこと。次の子!!!(; ̄Д ̄)
面白いですねぇ。ジンクスというやつです。産めよ増やせよの時代、女性は次から次へと子を産むことが期待されていました。股覗きをするのは1歳前後。ちょうどその頃になれば次の子を妊娠してもいいんじゃない??? というタイミングもあるのでしょう。よくわかりませんがそんな所から生まれたジンクスという気が致します。

ちなみに今も私達の親世代はこのジンクスを知っているそうで、地元の友人が1人目を出産した後、なかなか2人目ができず悩んでいたのに、上の子が股覗きを始めた途端親戚連中が「次ももうすぐね!」と騒ぎ出してものすごく嫌だった・・・とボヤいていました 
こんな母親を苦しめるようなジンクスは令和の時代に死に絶えさせたいものですネ。


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 08:00コメント(2) 

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2019年10月30日 17:32
頭に血が下がっちゃいそうですが、見える風景や
その感覚が楽しくてしょうがないいのでしょう。
すごい足も腕もしっかりしていきているのを
感じます。
昔の当たり前が当たり前でなくなり、いろいろ
ついていけなくなっている実情を感じると、
時の流れを改めて実感させられますね。
2. Posted by 猫ムスメ   2019年10月31日 12:17
HyperChemさん

そうなんです。腕も足もすごくしっかりしてきました(^^) 掴まり立ちなんて堂に入ったものですよ〜。今まで足の親指だけで立ってしまっていましたが、最近は足の裏全体を床につけるようになりました。そして気が向けば3歩くらいつたい歩きします♪ 筋緊張低下なのでまだ歩くには時間がかかりそうですが、彼なりの進歩でしょう。

ちなみに話は変わりますが、今、内科の待合室にいます(>_<) ずっと息子が風邪気味だったのですが移されてしまったようで昨晩から39℃近い高熱。インフルエンザの疑いもあるということで今、検査の結果待ちです。熱でフラフラになりながらの育児はキツイですよ〜(泣)

皆さまもお気を付けて。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ