2020年08月07日

「梨」と「足」

もうすぐ2歳になる息子。

発達のゆっくりな子なのでまだ一言も喋りません。でもこちらの言うことは結構理解しているみたいで、色や物の名前にも興味を持ち、図鑑を指さしては「あ!あ!」と〝これはなぁに?〟アピールをしてきます。忙しい時とか結構相手するのが大変だけどお陰でだいぶ覚えましたよ(^_^;)

最近では私が「赤」と言えば赤い玩具を指さすし「お目々」と言えば自分の目を触ります 理解する単語も日に日に増えてゆき〝子供の吸収力ってすげぇな〟とママは感心しきり。

さてそんな息子ですが、どうしても混同してしまう単語が・・・それは「梨」「足」!!(笑)
何故かやたらと梨の絵が気になるようで図鑑をしょっちゅう指さすんですけど、私が「な・し」と答える度に足をピョーンって突き出すんですヾ(=^▽^=)ノ  め、めっちゃ可愛い・・・(←親馬鹿)

「なし」と「あし」、確かに似ているけどそんな間違えることですかねぇ。もしや私の滑舌が悪いのか!? なんにせよ子供の脳って面白いものです。

E4A3C857-D1F0-4953-8C26-D75EE6B8E0D5


①「梨」
48220EE6-03B7-4A55-BD7F-04532070F63E

②それは「あ・し」!!!(笑)


・・・しかしこの満面の笑みを見るとわざとやってんのかなって気もしますね
もしかしたらママは息子におちょくられているのかもしれません(悲)


 お後がよろしいようで。







 

shizutamarakugo at 08:00コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ