2020年08月30日

DNAの不思議

7BF66FC2-E405-4F65-BCD8-3A4C7D2BF9FE59852362-22C9-4CEE-8EB2-7172BFA68E7A















【左】2歳の誕生日の私
【右】2歳の誕生日の息子 


瓜二つやんヾ(=^▽^=)ノ 
「あんたのアルバム見返したらソックリで笑った〜♪」とノリノリの母から左の写真が送られて来ました。た、確かに似てる・・・ DNAってすごいですね。

しかし息子の発達に悩む私が注目したのは顏以外の所。
私、1人で椅子に座ってスイカ食べてますよね!? しかも減り具合と腹回りの立派さからすると、かなりの食欲です。

一方息子は
●まだ椅子に座れません。ベルトをしてもダメ。座らせようとすると泣いて泣いてママにしがみつき、食事どころの騒ぎではありません。結局は私が抱っこして食べさせることになります。フィジカル的にも腰回りの筋肉が弱くて安定しないみたいです。
●もちろんスイカも食べられません。スイカどころか未だベビーフードのペースト以外を拒否し続けています。極度の偏食に加え「食道が細い」というフィジカルな問題もある模様。とにかく〝食べる〟という事が嫌らしく毎食泣き叫ぶので本当に苦労します。自分で食べ物を持つ・・・なんて夢のまた夢。2歳の頃のママのようにスイカを手に取り自分で食べる、などという日は永遠に来ない気が致します。


このように、外見はソックリだけど内面は全く似ていない息子。
誰に似たのやら・・・
DNAの不思議ですね。


  お後がよろしいようで。



【追伸】余談ですが母から送られた写真の中には2歳にしてサファリパークのサイに乗る私の姿も写っておりました。姉と2人だけで乗っていますが泣きもせず余裕の表情。強いものです。
うちの息子なら・・・きっと怖くて泣き叫びまず母子分離が出来ないでしょう。人一倍ビビリな子なので。まぁそこがまた可愛かったりもするのですが






 

shizutamarakugo at 08:00コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ