2009年12月

2009年12月31日

さぁ、いよいよ2009年最後の1日となりました
昨日まで仕事だ不景気だと騒いていたのに、田舎に来た途端、正月モードに入った私です。
・・・と言っても、うちの家族はいつもと変わらないんですよね~。今朝も父は畑・母はパート・姉は近所で彼氏と同棲中なので家には寄り付かず、私が起きても誰もいません。
でも、午前中ワタクシがゴロゴロ留守番している間に3人ものお客さんが訪ねてきてくれました(・∀・)つ  
一人目は母の友達。大根(父が育てたやつをあげたらしい)のお礼に手作りの栗キントンを持ってきてくれました。2人目は近所のオジサン。お餅を搗いたとのことで、自家製の大福餅を持ってきてくれました。そして3人目。年越し蕎麦(母が打ったやつをあげたらしい)のお礼に、これまた手作りの黒豆&ロールケーキを持ってきてくれました。
もはや物々交換の世界ですな(笑)。外出から戻ってくると玄関前に芋の山が置いてある・・・とか、笠地蔵みたいな日常です。やはり都会では有り得ない、田舎ならではの繋がりですネ。

そんなこんなで今年もあと数時間となりましたが、皆様、本年中は大変お世話になりました。手探りで始めたこのブログも、宣伝や登録一切していないにも関わらず徐々にアクセス数が増え、今では自分で驚くほどの方々が読んでくださっています。有難い限りです。
ふつつかものですが、来年もひとつ御贔屓にお願い致します
それでは来年一年が皆様にとって幸多き一年でありますよう・・・

                           良いお年を!!!

091231_1406~0004<写真>年越し蕎麦を打つ我が老母。蕎麦打ちは彼女の生きがいで、年々“打ってくれ”という依頼も増えているようです(もちろん無償で)。今年も「お母さん人気でこんなに頼まれちゃったよぉ」と迷惑そうに、でも満面の笑みで依頼者リストを見せてくれました♪ 10件以上あったな・・・



shizutamarakugo at 20:48コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月30日

ふるさとに着きました。いや~ものすごい混雑でしたよ、東京駅も新幹線も・・・  指定席予約してあったから良かったものの自由席なら立ち乗り状態でした。

091230_1952~0001さて、姉が新富士駅まで迎えに来てくれました。以前このブログ上で『姉』というタイトルでネタにさせて頂いた、あの姉です  新富士駅に着いたと言ってもここからが遠い(車で更に30分くらい)!時間が時間だったのでまずは腹ごしらえです。
姉お勧めの「チャイナカフェ」というお店で海鮮チャーハンと海老マヨをオーダー。う~ん、旨い  田舎とてあなどれないなと思った瞬間でした。

ちなみに2人で食事するといつも姉がお会計してくれます。今回もチャッカリご馳走になってしまいました(*´Д`*)
ブログでネタにさせてもらったり、ご飯たべさせてもらったり、すまない姉ちゃん・・・・・これからは姉ちゃんじゃなくお姉様と呼ばせて頂きましょう(絶対ウソ)

                          お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 22:32コメント(0)トラックバック(0) 

年内最後の会社に来ています。私1人でボケーッと・・・(T_T)

実は毎年当社は12/30が仕事納めなので、みんなも通常通り来る予定だったんですヨ。それがここ3日くらいでふと気付いてしまったんです
     『なんか、いつもの年末より静かじゃねーか』
・・・そうです、不景気なんです。うちは観光業界がお客様なので、不況の波が直撃し、今年は仕事が激減してしまいました。そして去年の今日はまだ電話がジャンジャン鳴って“かきいれどき”の様相を呈していたのに、今はパターッと静まり返っているんです

そこで社長が決断しました、「無駄にいてもしょうがない、休みにしちまえ」と。ちなみにここがうちの社長のいい所です。けっして意地や慣例に縛られず、社員の幸せを考えてくれる人。確かに仕事が無くて仕事納めを1日早めるなんて屈辱ですが、無いもんはしょうがないですからね! そんな訳で皆は今頃、家族団欒を過ごしていることでしょう
私は経理とういう職種柄、金融機関との兼ね合いがあるのでどうしても休めませんでしたが、それでもお昼には帰ります
そして夜、田舎に帰ります。田舎には年老いた両親と年老いた犬が一匹、待っていますからネ

聞けば今日は帰省ピーク日とのこと。飛行機やら車やらで帰る方もいらっしゃるかと思いますが、どうぞ皆さんお気を付けて(o^∇^o)ノ   
良い旅に致しましょう♪

                       お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:30コメント(3)トラックバック(0) 

2009年12月29日

少し前の話になりますが、先日の「里山寄席」に翁家和助(おきなやわすけさんがゲスト出演されていました。和助さんは太神楽の芸人さんです。傘回しをしたりする方ですが、詳しくはHPを・・・
 http://www.daikagura.org/wasuke.html
打ち上げで隣に座り2人ダラダラお喋りしていたのですが、ふと、大変うまいことを仰いました。

和助『それでキミは、一体なんでそんなに落語が好きになったの?』
 『実は生まれて初めて落語を聴いたのが馬治さんの高座でして、それでまぁ、すごい面白いしカッコいいなぁと・・・(照)』
和助『あぁ、アレだね。ヒヨコが卵から孵った時、初めて見た相手を親だと思い追いかける・・・』     
 『すり込みですね!!』            
和助『そうそう、すり込み ピヨピヨついて行くんだね(笑)』 

・・・そうなんです、すり込みなんです。ようやく自分の行動に名前が付きました(⌒-⌒) やはり何事も、最初が肝心。どんなに人気の食材でも、最初の一口を食べたお店が最悪だったら二度と食べないですよね? それと一緒です。最初に聴いた高座が素晴らしかったからこそ、私は落語を愛することが出来ました。心から“有難う”です

今年は馬治さんがご縁で、金原亭一門の落語会は我ながら本当によく行かせて頂きました。そして迎え来る2010年・・・私の目標は “ちょっとピヨピヨを止めること” です(^_^)ニコニコ   
少々思うところあり、そう考えました。今後は偏ることなく色んな噺家さんの落語を聴き、自分のを鍛えたいと思います。そして自分の目と耳で、いろいろ判断してゆければなぁ思っております。もちろん瞼の親も応援を続けますが、ま、ちょっとした冒険心ってやつですね。
目指せ親離れ、目指せ脱ピヨピヨ(*´∇`*)

                       お後がよろしいようで

0001
大和田落語会の写真を戴きました。左右にいらっしゃるオジサマ2人は、なんと金原亭馬治さんの後援会『馬印の会』を主催されている方々です! 奇跡の3ショット


shizutamarakugo at 19:58コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月28日

091227_1355~0001091227_1922~0001











今年も、大手町のオフィス街に“お飾り屋さん”が出現しました。正式な名称は知りませんが、勝手にお飾り屋さんと呼ばせて頂きましょう 毎年だいたい最後の1週目に入るとどこからともなく現れ、路上に屋台のような仮店舗を作るんですね(写真左)。しかも一軒じゃなく、3ブロックに一軒くらいの割合で(お互い無関係っぽい)
いいですね、お飾り 殺風景なオフィス街に赤と白のコントラストが大変映えます。そして、忙しさに心を忘れたビジネスマンに「郷へ帰れよ」と伝えてくれるのです。
・・・なーんてカッコ良く言ってみましたが、毎年気になってしょうがないんです。『あなた達、どこから来るんですか?そして、誰なんですか?』
・・・誰か教えてください 私の観察によると、何故かどれもオジサン2人組なんですね~。そして椅子に腰掛けオチャケか何か飲んでる(笑) みんな人の良さそうなオジサンなので、お祭りのテキヤさんとは違う感じ。かと言って、しめ飾りを作っている農家の方なのかなぁと思いましたがそういう職人ぽい感じもしない・・・なんか非常に“自由”な感じが謎なんですよね。しかも何故こんなオフィス街のド真ん中にこぞって広げるのかという根本的な疑問含め、長年の謎でございます( -д-)ノ

謎なのでジーッと観ていたらオジサンと目が合ったので、いっそ聞いてみようかなと近寄りました。でもなんとな~く聞きづらく、結局小さなお飾りを1つ買って終わりました(写真右)。でも、弾みで買ったとはいえ赤い鯛がチョー可愛い かなり気に入りました。交通安全と書いてあるので父の車にでも飾ってあげましょう(私は運転ができません)。
ちなみにコレ、値段聞いてビックリしたんですが150円だったんです。新たに “こんなに利が薄くて商売になるのか” という疑問まで生まれ、ますます謎は深まるのでした・・・

                      お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:22コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ