2010年05月

2010年05月24日

今、ある読書感想文がネット上で話題になっているようです。
開成中学の3年生の少年が、横山 泰行著「のび太という生き方」を読んで書いた感想文(*'-'*) 
開成中学校の公式HPに掲載されたことから世間に広まり、とても中3が書いた内容だとは思えない、と話題になっているそうです


全文はこちら→  http://www.zushi-kaisei.ac.jp/activity/study/inconnu2005/nobita.html


私も仕事中に集中して(!)読みましたが、切り口の斬新さといい文章のうまさといい、本当に中学生とは思えないな、と感心してしまいました。のび太=勝ち組・・・という捉え方がいいですね。
最後のまとめの段落『ダメなやつの代名詞であるのび太から人生について学んだことは癪ではあるが・・・』以降が、また巧い(⌒-⌒)

私も昔から作文や感想文が得意な方で、大学時代はバイトで高校生の小論文の添削などもやっておりました。なのでどうしても技巧的な点に重きを置き見てしまうのですが、この読書感想文は、
・自分を例に挙げ、登場人物と比較し同化させる
・登場人物から何を学んだかを主とする
・現代における社会問題的要素も取り交ぜる
・起承転結がシッカリしている
という、読書感想文を書く上での基本的要素を全て踏襲しています。一言で言うならば、お手本的作品です。

子供の読書離れが叫ばれる昨今ですが、今でもこういう文章を書ける生徒がいるんだなぁ・・・と、内容とは別に(もちろん内容も素晴らしいけれど)嬉しくなってしまったのでした



                      お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:34コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月23日

ハァ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突然長い長いタメ息で失礼しますが、私は今、ものすごい脱力感に襲われています。それは、池波正太郎著「鬼平犯科帳」全24巻の再読が終わってしまったからです。
この“再読”というのがミソ。思えばうら若き乙女だった高校2年生の春、ふとしたキッカケで池波正太郎の世界を知ってから早十ウン年・・・その間、何度読み直したか知れません。
鬼平だけじゃなく、「剣客商売」シリーズ・「藤枝梅安」シリーズ(いわゆる池波正太郎3大シリーズ)もそうです。
何度読んでも、どれだけストーリーがわかっていても、それでも数年に一度必ず読み直したい本。それが池波正太郎作品です。噺家さんの中にも、柳家さん福師匠を始め池波ファンが沢山いらっしゃいますが、何がそうさせるのか? 何がそんなに魅力なのか?? それは読んだ方にしかわかりません。興味のある方は読んでください

話が横道にそれましたが、冒頭のタメ息・・・いつもそうなんですよ。池波さんの本を読み終わった後はいつもタメ息が出ます。それは、その世界に浸り過ぎてしまうから。鬼平が歩く江戸の町から心が戻ってきません。そして、暫くは他の作家の本など読む気が起きないのです

「じゃあ読まなきゃいいじゃないか」と思われるでしょうが、そこが私のような活字中毒者の悲しいところ。常に本が無いと、不安で不安でたまらないのです。私の場合はそうですねぇ、手元にだいたい5冊は “まだ読んでない本” がないと、それこそ手が震えます(苦笑)
だからタメ息をつきながらも、図書館に行くんです。次は何を読めばいいのか・・・と頭を抱えながら    思えば因果な体質ですな。

     というわけで、行って参ります(≧ヘ≦) ムゥ

100522_2319~0001

《追伸》ちなみに私のお気に入りの密偵は、馬蕗の利平です。
← これに一瞬で反応し同意してくださるメンズがいたら、私は身も心も捧げます(笑)


      
        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 15:10コメント(2)トラックバック(0) 

2010年05月22日

「酔った勢いとは言えやしないさ」
そんなマクラで甚語楼師匠が独演会の開催を発表したのが2月28日。だいぶ先の話じゃんと思っていましたが、光陰矢のごとしですね 真打になられて4年、もちろん他人様が主催の独演会は数限りなくされている、人気者の師匠ですが、ご自分で開催されるのは意外や意外、初めてだそう なにせ自分プロデュース・自分出演ですから、“どういう会にしよう”とか“席は埋まるだろうか” とか、不安要素は沢山だったようです  が!お席は予約の段階で全て完売(^∀^)

100522_2142~0001柳家ほたる 『初天神』
柳家甚語楼 『子ほめ』
柳家甚語楼 『不動坊火焔』
   ~仲入り~
柳家右太楼 『黄金の大黒』
柳家甚語楼 『佃祭』

初めての独り会ということで、ネタ全部が甚語楼師匠にとって “初めて繋がり” という拘りよう(・∀・)つ


●子ほめ・・・入門された際、初めて権太楼師匠に教わったネタ
●不動坊火焔・・・学生時代に見て、落語を初めて面白いと思ったネタ
●佃祭・・・権太楼師匠に弟子入りしようと決めたネタ

・・・どうです? なんか良くないですか(´∀`*)
ネタの選択は元より、いつもはやらないクスグリを入れたり、師匠の気合の入れようが伝わってきて、なんだか途中ちょっぴりジーンと来ちゃいました  

いちファンに過ぎない私がこんなに感慨深かったわけですから、師匠ご本人はこの大盛況にどれだけ安堵したことでしょう。
             良かったネ、師匠!!

今頃ほたるさんや右太楼さん達と浴びるように呑んでることでしょうが、私も自宅で佃祭の余韻に浸りながら晩酌させていただきます(笑)
またそのうち一緒に呑んでくださいネ~


                       お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 22:22コメント(3)トラックバック(0) 

2010年05月20日

朝、私はいつもお化粧しながらパソコンで一晩分のTwitterを確認し、人のつぶやきを読みながらテレビをザッピングします
つまり、色んな事を並行して行うのでどれも集中してはいません。テキトーです。でも、朝の時間なんてそんなモンかな、と思っております

そんな感じなので見たのも途中からだし内容も把握していませんが、ふと合わせた先のNHKで面白いワードが耳に飛び込んできました 

イギリス・・・「フーリガン飲み」  タイ・・・「公認ドブロク飲み」
ロシア・・・「ソビエト連邦崩壊飲み」 中国・・・「乾杯(かんぺい)飲み」

流れから推測するに、最近日本でもアルコール依存症が増えたので気を付けましょう♪ という内容の特集だったようです。そして、近年アルコール消費量が急増した国を取り上げ、その理由を分析し勝手に名前を付けたのが、上記の内容らしい(・∀・) 
知らなかったのですがタイは数年前、自家製ドブロクが政府に公認されたらしいですネ。そりゃあ酒量も増えるだろうよ! と、笑いながら見てました。それに、ソビエト連邦崩壊飲みってなんだよ(笑) なんだかその国特有のお国柄みたいなのが出ていて面白いです。

そして、お化粧しながら考えてました
「日本の飲み方って、なに飲みなんだろう」(≧ヘ≦) ムゥ

私はどうしても “お酒=つきあい酒” のイメージがあるので、普通に「のみにゅけーしょん飲み」とか「潤滑油飲み」とかしか浮かばなかったのですが・・・もっといい言葉、ありますかね


                       お後がよろしいようで。





shizutamarakugo at 20:15コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月19日

GWに働きまくった代休が溜まっているので、半休とってみました。今日は特に用事があるわけではないので、ブラブラお買い物です  
普段あまり買い物とかしないし、買うとしてもアウトレットに行ってまとめ買いしてしまうようなオバサンですが、たまにデパートなんぞウロついてみると楽しいですね。今年の “流行” がよく見えてきます

ちなみに流行って、追うべきだと思いますか、追わないべきだと思いますか?? 日本人は流行に流され過ぎで皆同じ格好をしている・・・なんて批判をよく耳にしますが、私は “ある程度追う” ことも大事だと思っています。流行りすたりに興味を無くし、四六時中おなじような格好で満足するようになること・・・それを「歳をとった」と言うんだと思います(゚∀゚)アヒャヒャ  だからなにもファッション誌から抜け出したような服装をしろと言うわけではありませんが、ある程度 “把握” くらいはしておいた方がいいんじゃないかと思うんですよね

例えば若い子が「ゆったりめのチュニックにトレンカのレギンスを合わせてぇ~」なんて話をしていたとします。その時、チュニックってなんだ?? トレンカってなんだ?? ・・・とか思うのは悲しくないですか( ̄ー ̄)ニヤリッ ←わからなかったアナタは要注意♪♪

100519_1332~0001ちなみにチュニックもレギンスも一昨年あたりからの流行ですが、今年のキーワードはズバリ、「マキシ丈のワンピ」のようです。別にどこかで聞いたわけじゃありませんが、街ゆく女性を見ているとよ~くわかります マキシム丈というのは長い丈のこと。くるぶしくらいまであるフンワリめのワンピにチビGを合わせるようなファッションが流行ってるみたいですね。そんなワケで、私も一着買ってみました。

ま、こんなところでしょう お値段しめて16800円也。たまにはいいじゃないですか、こういう若ぶったファッションも('▽'*)ニパッ♪

                     お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 18:30コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ