2010年08月

2010年08月24日

20100824051603田舎の母が、御歳62歳にして人生初の富士登山に挑戦したそうです。夜から9時間かけてゆっくり登り、無事ご来光を拝めたとのことで、今朝こんな写真を送ってきました。綺麗ですね

私は登ったことがないのでよく分かりませんが、富士山も山は山です。毎年滑落死する人も出ているので、実はものすごく心配していました
よくある「気軽に登山して遭難する中高年」みたいな・・・( -д-)ノ

ところで話は変わりますが、私はここ数年、自分が本当に歳をとったなと実感する事があります。それは、『親のことが心配で心配でたまらないようになった』という事です。

今回の富士登山にしてもそうですし、例えば両親が日帰りバスツアーに行くと聞けば、運転手が過労で居眠り運転し事故らないだろうかと心配になります(一時期そういう事故が多発していたので)。また、誰かが倒れたという話を聞けば、心臓の悪い父が畑で一人倒れても誰も気付かないから助からないよなぁ・・・とか余計な心配をしています
そして誕生日。両親が誕生日を迎えると、“あぁまた一歩、死に近付いてしまったんだな” と、恐怖のようなものすら感じるのです。

もちろん若い頃はこんなこと一切ありませんでした。親は元気で生きていて当然の存在だったし、なにより自分のことで目一杯でした。
でも、段々と周囲が歳をとり、自分が歳をとり、親が歳をとってきました。身内でも病を得る人が連発し、もうみんな若くないんだな~と実感してきたのだと思います。最近、妙に両親の健康・無事が心配でならないのです(T_T)

まぁ親からしてみれば、「心配なのはこっちだよ」ということになるでしょう。なにしろ30過ぎた娘が2人とも独身なわけですから(汗)。でも、輪廻は巡ります。親はいつか老い、子の面倒になるのです。立場が逆転するのだから、ずっと子の心配をしてきた親が子に心配されるようになるのも当然です。これは太古の昔から繰り返されてきた、人類の自然の営みなのでしょう。

なんだか脈絡のない文章になりましたが、とにかく富士山から無事帰ってきて良かったです(結局そこか

shizutamarakugo at 20:17コメント(4)トラックバック(0) 

2010年08月23日

映画でも落語でもそうですが、鑑賞するのにもマナーというものがあります。自分だけでなく、他のお客さんもいるからです。堅苦しいことは言いませんが、他人に不快感を与える行為だけはしてはいけません。

噺家さんがよくマクラでネタにする話があります。それは、浅草演芸場です。浅草は何故か他の寄席に比べ、客質が悪いんですね おばさん率が高いのもありますが、最前列でバリバリ煎餅を食べたり、大勢で高座の途中にドタドタ駆け込んではデカイ尻で真ん中の良い席に突進したりします(私も何度も尻アタックの被害に合ってます)。だから噺家さんにとっては浅草=客が恐ろしい・・・という認識になっています。

私は浅草以外であまりヒドイ目に合ったことはありませんが、一昨日の馬生ハマ寄席@横浜にぎわい座は、本当に「金返せ」と思いました。それくらい客質が悪かった。

まず、私の2列後ろ(最後列から2列目)に夫婦で座っていた65歳くらいのオヤジ・・・高座の途中で携帯電話が鳴りました。電源はお切りくださいと再三アナウンスもしていますし、もう人として基本的なマナーです。でもまぁ鳴っちゃったもんはしょうがないし、たまにそういう人、います。でも、そのオヤジに限ってはレベルが違いました。なんと、その場で携帯に出たんですよ!!! 悪びれもせず、堂々と・・・そして1分間ほど小声で話し続けました。その間、同伴の奥さんも知らん顔 
ちなみにそのオヤジはその後も靴を脱ぎ前の席の背もたれにドッカリと両足を乗せて落語を聴いていました・・・。一回死んで来い。

そして2階の桟敷席にいたオバサン軍団。どうやら団体客だったらしいですが、高座の途中もペチャクチャペチャクチャひっきりなしに喋り通しなんです。特に三宅美子さんの素晴らしいハープ演奏の最中にオバサン達の喋り声が響き渡り、せっかくのヒーリングミュージックをブチ壊しにしていました。そして、それだけではありません。あろうことが、高座の最中に携帯で写真まで撮り出したんですよ(怒)。パシャッパシャッというシャッター音が落語に混じり続け、これもせっかくの話芸を台無しにしていました。もちろん写真撮影は厳禁行為で、事前にアナウンスも流れています。・・・全員揃って地獄に落ちろ。

他にも色々ありましたが、1つだけ共通点があります。それは、“全て団塊以上” ということです。「今時の若いモンは・・・」というのは年輩者の常套句ですが、私は言いたい。「今時の年寄りは・・・」
・・・歳と共に恥も外聞もかなぐり捨てられるというのはわかります。長く生きてきた自信と、先が長くないから何してもいいやという傲慢でしょうね。自分が一番、他の人なんか構ってられないやって感じですかね。

でも、もう少し周りを見ましょう。あなたの振る舞いにより、あなたの夫(妻)や子供達までもが間接的に恥をかいているのですよ。
そんなことしていると、死んでもリュックに詰められ“消えた高齢者”になっちゃいますよ( ´∀`)つ


                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:37コメント(6)トラックバック(0) 

2010年08月22日

実は昨日、馬生ハマ寄席の懇親会をパスし、向かった土地がありました。千葉県八千代市という所です。あの大和田落語会の丸花亭さんがある、八千代市ですよ(^_^)ニコニコ  丸花さんの隣駅である勝田台駅というマニアックな場所に用事があり、下車致しました 

すると、人人人・・・・・・浴衣ギャルが目立ちます。
なんだろうと思い訪問先の知人の方に聞いたところ、たまたま年に一度の夏祭り「八千代ふるさと親子祭り」の日だったんですね。恐るべしヒキの強さ。花火大会もやるということなので、しばらく時間調整し、観て帰ることに致しました(´∀`*)

100821_1916~0001100821_1910~0003100821_1912~0001











露店はどれも露店商ではなく地元の商店街の方がやっているとのこと。そのため、良心的な価格で美味しそうな物をたくさん売っていました。はにかむ女の子たちの姿に、幼かった頃の自分が重なります。

100821_2032~0004100821_2032~0002100821_2031~0001











そして花火! 花火! 花火!
「たーまやー」ではなく「たーがやー」と言いたくなる瞬間です
(←落語ファンにしかわからぬマニアック発言)
くだらん冗談はさておき、本当に綺麗としか言えません。うっとりです。
花火もそうだし、幸せそうにはしゃぐ子供やカップルを見ているとこちらまでニコニコとした心持になります。お祭りっていいですね(*'-'*)

思えば働き詰めだった今年の夏。
ロクに花火も観ていませんでした
だからなんとなく、夏の締めくくりが出来たような気が致します。
遅くまでお付き合い頂きありがとうございました。


                          お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 12:24コメント(0)トラックバック(0) 
年に4回行われている馬生ハマ寄席も、今回が記念すべき第10回 横浜にぎわい座にて毎回たくさんのお客さんを集める馬生師匠、流石ですネ。私も第6回・7回・8回に続き4回目の参加です。

100821_1257~0001桃川 健   江戸紙切り
金原亭 駒ん奈 「紀州」
金原亭 馬治  「不精床」
馬治・馬吉   茶番
三宅 美子  ハープ演奏
    ~仲入り~
金原亭 馬吉 「手紙無筆」
古今亭 志ん丸 「えんぎかつぎの旦那さん」
金原亭 馬生 「井戸の茶碗」


にぎわい座は飲食自由なので、稲荷弁当を買いモソモソ食べながら観賞 久しぶりに聴く馬生師匠の「井戸の茶碗」、そしてゲスト出演された三宅美子氏のハープ生演奏。どれも素晴らしく内容の濃い2時間半でした

ところで、この場をお借りしお祝いを申し上げたいことが・・・
実は、私が落語を聴くキッカケを作ってくださった大恩ある噺家さんである金原亭馬治さんが、来週ご入籍をされるそうです。昨日、大和田落語会の理事さんの集まりで発表されたようで私もまた聞きし、大変喜ばしく感じました。
本当におめでとうございます。同年代だけに大変感慨深いです

・・・うーん、私もがんばらなくっちゃ( -д-)ノ

shizutamarakugo at 01:57コメント(4)トラックバック(0) 

2010年08月18日

昨日、ゲゲゲ展へ行く前に知人とランチをしました。
たまたま銀座で働いている人なので、声をかけたら抜けてきて下さることになったのです(^_^)ニコニコ

“銀座でランチ”という、珍しくOL的な私の行動・・・
向かった先はマロニエゲート10Fの有名なタイ料理店「JIM THOMPSON'S(ジムトンムソンズ)」さん。つい先日、アド街っく天国でも取り上げられた名店です  http://r.gnavi.co.jp/p365301/

100817_1127~0001100817_1135~0001100817_1151~0001











ここは、昼のランチビュッフェが有名。平日は90分・1500円、土日は70分・1700円で食べ放題です。
サラダや肉類・スープなどトータル7種類くらいの料理がズラッと並んでおり、好きにチョイスできます。種類は一般的なバイキングに比べ多くないものの、味はどれもシッカリとしていて美味しい! ヘルシーなタイ料理らしく野菜中心で、色も鮮やかです (写真左)

そして、嬉しいのがメインディッシュを選べること。日替わり含め10種類の料理(ご飯もの・麺類)から選べます。昨日はグリーンカレーやトムヤムヌードルがありましたが、私はサッパリとタイ風シーフードヌードルにしました。麺が独特のタイ麺で美味しかったです  (写真真ん中)

もちろんデザートも食べ放題。私的にはこちらがお目当てに近い・・・
プチケーキの盛り合わせ・ナタデココなどが並びます。デザートは別腹ゆえ当然全種類制覇しましたが、秀逸なのは「タピオカwithココナッツミルク」  元々タピオカが大好物でタピオカジュースの露店を見かけると必ず買ってしまう私。上にかけるココナッツミルクもキチンと手作りの味がし、おかわりまでしちゃいました。 (写真右)

なんという幸せ。やはり人間、おいしい物を食べている時が一番幸せです。体重なんて、なんのその(現実逃避)。
ちなみにこのお店、並木通り沿いにあるマロニエゲートというビルの10Fにあります。予約すれば窓際の席を取ってくれ、見事な眺め。銀座を一望できます。夜は夜景も素晴らしいようですよ
 
こういう店をデートに選んだら、きっとポイント高いですよ(ボソッ)  



shizutamarakugo at 19:24コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ