2010年10月

2010年10月23日


101022_2041~0001101022_2152~0001












正しい金曜日の光景 @かんだ炭小屋 
http://r.gnavi.co.jp/g840501/


大学時代の友人と久しぶりに会食。
最近専門職に就き、少し考え方が合理的になった友に、お互い齢をとったなと感じる(良い意味で)

ちなみにここは食べ物も底々美味しいし、なによりお酒の種類が多く、しかも安いことで有名な店。
芋焼酎・麦焼酎は数あれど、「栗焼酎」というのを初めて飲んだ。
兵庫県の「古丹波」というお酒(写真右)。ロックがお勧めと言われ飲んでみたところ、思ったより栗の風味はないが、ほんのり甘く口当たりが良い女性向けなお酒だった。調子に乗ってガブ飲みすると危険な感じ。
アルコールに弱い友は一口飲んだだけで喉が焼けるようだと言っていた。

・・・旨い肴を食べ珍しい酒を飲み旧友と語る。
これぞ正しい金曜日の過ごし方ではなかろうか。


                
                  お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 02:02コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月21日

今週はここ最近にしては珍しく、仕事が落ち着いています。
いつもこんな定時で上がれればいいのに・・・と思いつつ向かった先は、築地市場  しかし、新鮮な海産物を求めて行ったわけではなく、新鮮な落語を求めての訪問でした(⌒∇⌒)

101021_1952~0001『築地海宝館寄席』@海宝館総本店

金原亭 馬治  「素人義太夫」
金原亭 馬吉  「鮑のし」

計2席という短かな落語会・・・。場所がお寿司屋さんということもありますが、落語というより、その後の打上げ(と、それに髄する利益)がメインという気が致しました 「木戸1000円」「木戸+打上げセット5千円」という料金設定にもそれが表れています。

会場はお寿司屋さんの2階の座敷で、30人~40人も入れば一杯でしょう。一応、高座と金屏風はあるものの、背後にはイチローがビールを薦めるポスターなど貼ってあり、気になります(苦笑) そして、驚きの、“出囃子ナシ”  こんな落語会は初めてでした・・・
高座の途中にも隣の部屋からはオーダーを取る威勢の良い掛け声・客の歓声が響いてきて、なんとも落ち着かない。演者さんも可哀相だなぁと思ってしまいました(余計なお世話か)

なにはともあれ、馬治さん・馬吉さんのお2人が揃ったのを見るのは本当に久しぶり  馬生一門は落語における私の原点なので、「水戸黄門」のような馬生師匠・馬治さん・馬吉さんのお3人が揃った姿も、是非また近いうちに見たくなりました(^_^)ニコニコ

打ち上げはパスしたものの、同い年の馬吉さんファンの女性とも久々にお会いでき、ガールズトークに花が咲いたり、楽しかった(笑)
ライトアップされた築地本願寺を横目に、2人で帰路についたのでした。楽しい時間をありがとうございました。

・・・ちなみに明日は大学時代の友人と飲みに行く予定
『遊べるうちに遊んでおけ』が、私のモットーでございます( ´∀`)つ


                      お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 22:32コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月19日

100930_0932~0001常日頃からブログのネタを求め、キョロキョロキョロキョロ、アンテナを張っている私
西に野良猫あれば撮影にでかけ、東に旨い店あれば食べに行きます(ただ食べたいだけという意見あり)

そんな、いわゆる“こうばしいネタ”を見逃さない私ですが、久々に会心の一撃と出会うことが出来ました。
    『納豆 飲食禁止』
ブロガーとして涙が出た瞬間です。

ちなみにコレ、トイレの中です。トイレの中。もう一度言いますが、トイレの中です(*・ω・)ノ 
場所はいつも通勤で利用している大手町駅の、サンケイビル2階。女子トイレの個室の中に貼ってありました

まず第一に、トイレの中で物を食べる奴がいるのか!?
確かに最近、人間関係に疲れたOLなどが昼休みくらい一人になりたいと、トイレの中でパンを齧ったりすると、テレビで見たことがあります。でも、まさか本当にいようとは・・・

そして、言うまでもなく、何故に納豆!!!(笑)
選ぶに事欠いてトイレで納豆を食べる奴がいたのか・・・
しかも、こんな張り紙を臨時で張り加えてあるくらいだから、よほどの人数がやったのでしょう(もしくは同じ人物が何度も繰り返したか)

そして何より、何故、納豆に限って禁止したのかが非常に気になります。敗因は、ネバネバの容器か、はたまた臭いか!?(笑)
なんだかビル管理会社の怒りが手に取るように感じられ、非常に面白です。いや、気の毒です・・・

数々の悲喜劇を生んできた「張り紙案件」ですが、間違いなくこれはMyベスト・オブ・張り紙の上位に食い込みます。これを越える珍・張り紙が年内に出るか出ないか?? あと2ヶ月のお楽しみ


                   お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 23:30コメント(4)トラックバック(0) 

2010年10月18日

101018_0753~0001101017_2036~0001












何度も記しているように、私は音楽に全く興味が無い。
家でも聴かないし、車でも聴かない。
これは今に始まったことではなく、若い頃からそうだった。
不思議なほど、どんな音楽を聴いてもいいナと思うことが無かったんだよね・・・
でもこれは音楽をやっている人が悪いのではなく、私にいわゆる “聴く耳” というのが備わっていないからだと思う。
良し悪しのわからぬ無粋な人間で、申し訳ない( -д-)ノ

そんな私が昨晩、とある音楽イベントに行ってきた。
知り合いの方が主催している「up」というイベントで、今回がなんと25回目とのこと。継続は力、すごいですね
ちなみに私が生で音楽を聴くのは、高校1年生の時、カレシの友達(自称ミュージシャンに買わされたチケットで行った、ライブハウス以来であるw


【出演者】1.Sea Moon  2.長谷川ケン 3.Lady Soul 4.ヤマザキヤマト

私には音楽の “ジャンル” というのもよく分からないけど、4組がそれぞれ違ったカラーを持っており、面白かったと思う。シットリとしたバラードあり、ノリノリあり、民族楽器あり、で、飽きることが無かった。しかも友人と2人で座った席は、最前列のド真ん中 楽器の振動まで伝わってきて、正に「生」といった感じだった。

ちなみに私は、やかましい場所が大嫌いだ。静かに本を読んでいるのが一番好きな人間ゆえ、ロックなんてもってのほか。苦痛でしかない。
でも、そんな私が一番好きだと思ったのは、意外にも一番ノリノリで迫力ある演奏をしてくれた「Lady Soul」さんだった(写真右)。
ボーカルの女性の声もパワフルで素敵だし、バンドの皆さんの演奏もすごいと思った(上手い下手は分らないので、あえて言いません)。
本来ならばやかましいと感じてしまう部類の音楽だったけど、逆にパワーをもらえた気がする。聴いてみないとわかんないもんですネ

落語も音楽も「生」が一番。
食わず嫌いは禁物である。

そう思える一夜だった。
ありがとう。



shizutamarakugo at 20:51コメント(2)トラックバック(0) 

2010年10月16日

晴れの土曜、久しぶりに横浜にぎわい座まで遠征してきた。
というか、落語自体が久しぶり。数えたら、実に3週間ぶりだった

正直まだ体調も気持ちも万全ではないけれど、今日は特別。
私が以前からお世話になっている、江戸紙切りの桃川健さんが主催者の会だからだ。何ヶ月も前からチラシを戴いていたこともあり、気持ちを奮い立たせて家を出た。

101016_1537~0001
よしおチャン   奇術
青空羽歩蛇九  漫才
あいあいず    パフォーマンス
金原亭駒ん奈  落語「道具屋」
    ~仲入り~
    お楽しみ抽選会
仙若 花仙    江戸太神楽
桃川 健      江戸紙切り
金原亭馬治    落語「お見立て」



結果は、やっぱり行って良かったなと思えました。
まぁ前半はさておき(笑)、後半はとてもエキサイティングなプログラム。
太神楽の若い女性も上手だし、桃川さんの紙切り芸は言うまでもなく目を見張る鮮やかさ そして馬治さん!! 落語自体が久しぶりな上に、迫力ある馬治さんの高座を聴いて、リハビリどころか身体中に落語が染み渡りました(*´∇`*)

チャリティーということで、入り口には募金箱。僭越ながら私も幾ばくか入れさせて頂き、ちょっとだけ良いことをした気分にもなれました。大変意義のある会だと思います。

馬生ハマ寄席のように、どうぞ第8回・9回・10回と続けてください。
私もヒョコヒョコ伺います(^_^)ニコニコ



shizutamarakugo at 20:16コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ