2011年02月

2011年02月22日

110218_1754~0001110218_1429~0001110218_1431~0001











駄菓子といえば、さくら大根です(写真・左)
身体に悪そうなピンク色した大根・・・酸っぱさと甘さが共存し、小さな頃から大好物でした。
しかし「駄菓子といえばさくら大根よね」というセリフに「何それ??」と返される率が、東京ではかなり高いです。

先日たくさんの反響を頂いた味噌ピーナッツ同様、地域差が大きいのでしょうね。駄菓子の場合、地域差と同時に年代差もかなり出る気が致します。

ちなみに昭和54年生まれ・富士宮市出身のワタクシにとって、懐かしの駄菓子はと問われると・・・・・・どれも甲乙つけがたいです。が、
『さくら大根』『ヨーグル』『共親もち』『うまい棒』『お好み焼きせんべい』『よっちゃんいか』『チョコバット』『ビッグカツ』『酢イカ』『キャベツ太郎』『ビックリマンチョコ』『すもも』『水あめ』『都こんぶ』

などが、すぐに浮かびます。
私は幼稚園の時から姉と一緒に、公文式に通っていました。片道2キロほどある田舎道は子供の足には辛く嫌な習い事でしたが、帰りに姉と100円ずつお金をもらって駄菓子屋さんに寄り道してOKなのが楽しくて、通っていました。
今でもあの帰路にあった「なかみせ」という名の駄菓子屋さん・優しい店主のおじいさんが目に浮かびます。

ちなみに写真の駄菓子群ですが、南砂にある「スナモ」というショッピングモール内で買いました。今や駄菓子は通学路の路地裏ではなくモールのテナントで買う時代のようです。しかもご覧のように袋売りが基本で、バラ売りをしていない商品が多かったです。1個10円や20円の商品を売ったことろで手間がかかるだけなのは分かりますが・・・100円玉にぎりしめ、アレコレ迷ったあの頃が少し懐かしかったりもします。


                           お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:09コメント(2)トラックバック(0) 

2011年02月21日

今度こそ行ってきました、ディズニーランド( ´∀`)つ
計画していた先週金曜日、よりによって東京が1日中雪だったというレアな経験を経ての、再チャレンジでした 
今日を逃すと次、休みが一致し行けるのが5月になってしまうので、祈る気持ちで天気予報を見続けたものです。その甲斐あってか『曇りのち雪』の予報が『曇り』に!! 反れてくれた低気圧よ、ありがとう

 *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆-

【今日の戦果】

ミッキーのフィルハーマジック(110分待ち)→ビッグサンダーマウンテン(ファストパス利用につき10分程度待ち)→ジャングルクルーズ(20分待ち)→ホーンテッドマンション(ファストパス利用につき10分程度待ち)→イッツアスモールワールド(10分待ち)→プーさんのハニーハント(90分待ち)→キャプテンEO50分待ち)→カリブの海賊(10分待ち)


ちなみにファストパスの発券が
13時過ぎには全て終了してしまったという混雑ぶり

お陰で狙っていたモンスターズインク(80分待ち)・バズライトイヤー(80分待ち)は取得することが出来ず、時間の都合もあり諦めざるを得ませんでした。

でも、新アトラクションの「ミッキーのフィルハーマジック」を観ることが出来ただけで、課題はクリア、合格点かと思います


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

ところでウチからディズニーランド、バスで30分弱、運賃は230円でした(笑)
そんな恵まれた場所に住み始めて丸4年経つも、キチンと1日いるのは意外にも初めて(アフター6パスポートでなら2回行ってます)。
田舎に住んでいる頃は高速バスでせっせと通ったものなのに、不思議ですね。

・・・まぁ考えてみれば私、富士宮市で生まれ育ちながら富士山登ったこと一度も無いんですがね( ̄ー ̄)ニヤリッ


869











ハニーハント74














shizutamarakugo at 19:37コメント(6)トラックバック(0) 

2011年02月19日

2年半ぶりに、髪を染めました。
ずいぶん経っているからって、不精なわけではありませんよ

母も姉も祖母も叔母も全ての女系が天然パーマという救いようのない遺伝子を持って生まれてきた私・・・
物心ついた時から、その人生は『ハネ』との戦いでした(´-д-;`)

だから美容室へは小まめに通っています。
が、そのほとんどが『縮毛矯正』で終わっちゃうんですね。
そしてこの縮毛矯正が高い&時間かかる 
美容室にもよると思いますが、私が学生時代から通っている所は、カット&縮毛矯正で、ウン万円かかるのです。時間は早くて3時間。

だから、どうしてもカラーリングまで食指が伸びないんですよね。
傷むから縮毛矯正と同じ日には出来ないし、勿論それなりにお金もかかります

そんな訳で、いけないと思いつつ2年半もの間、私の髪は黒いままでした。でも、今日はカットもしてもらいたかったし、頑張って染めに行ってきたのです。  ・・・だって、春ですもの(o^∇^o)ノ

2年半ぶりに毛色が軽やかとなり、気分も軽やか♪♪
勢いに任せ、瞬間的にプロフィール写真など変えてみました(笑)
すぐ戻すので、期間限定です(←そんな大したモノではないw)

ちなみに本日のお代は、カラーリング+カットで13125円也
春と共に、お財布の中身も温かくなって欲しいものです(爆)


                     お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:49コメント(6)トラックバック(0) 

2011年02月18日

私の上司に、OLみたいな人がいます(もちろん男です)。
どれくらいOLみたいかというと、趣味がアユルヴェーダと食べ歩き…というくらいOLちっくです。ちなみにタイ旅行の土産はレモングラスの石鹸でした。あらゆる趣味・趣向がOLと同化していて、たまに「ぷっ」ってなります。

そんな上司ですからランチにもこだわりを持っていて、いつもわざわざ(神田から)大手町や丸の内に歩いて行っては、お洒落なカフェとかでOLに混じって食べているそうです。
そしてある日、私を手招きして、とあるフレンチレストランのHPを見せてくれました。「超・オススメ」だそうです。

内神田にある「ビストロ マルサンヌ」。前菜+主菜+パン+コーヒーで、1200円とのこと。私が愛してやまない「ビストロ石川亭」に内容も価格も似ていますが、上司が言うことなので間違いはないと思われます。
せっかくなので、行ってみることにしました(と、義理固いことを言っておいて、実は弁当を忘れたから・という理由だったりします)

110216_1258~0001110216_1307~0001110216_1252~0001

 











【写真左】前菜はキッシュロレーヌをチョイス。卵のフワフワ感が活きていて、石川亭のこんがりキッシュとまた違った美味しさです。
【写真中央】メインは肉と魚の2種類だけですが、私はガッツリ肉食をチョイス。今日は豚肩ロースのグリエでした。厚みが2センチくらいある大きさながら、ナイフがスッと通る柔らさです。

なにより嬉しかったのは、つけあわせの野菜がどれもビックリするくらい美味しいこと。恐らく軽く火を通してあるだけのシンプルな調理ですが、ゴボウも人参も蓮根もほんわりした甘さで、素材本来の味とはこういったものなのか~と思いました。それと、店で焼いているパンも本格的。おかわりして3つも食べちゃいました。

ビストロ石川亭と、ビストロマルサンヌ・・・・・・
とてもよく似ている2つのフレンチ料理店。
どちらを本命のカノジョ(?)にするか、軍配は未だ上がりません。
また弁当を忘れたら双方試してみたいと思います。


                      お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 18:53コメント(2)トラックバック(0) 

2011年02月16日

110215_1850~0001久しぶりに、本を買いました。
毎日1~2時間の “風呂読” を欠かさない私(・◇・)ゞ
お陰で昨年は年間168冊の書を読破しましたが、意外や意外、ここ数年、ほとんど買ってないんですネ
理由は簡単、『図書館の近くに引っ越したから』です(爆) 以前は全て買っていたため、月平均2万円程度の書籍代がかかっていました(学生時代もそれくらい払ってました)

しかし今は、徒歩3分の距離に図書館があります。厳密に言うと図書館ではなく『公民館に併設されている図書館の分館』で、蔵書も乏しいです。しかしそこは21世紀、ITの時代(?) ネットで中央図書館から取り寄せをし、最寄りの分館で受け取ることができるんですよネ

お陰様で今の私が本を買うのは、次の2パターンだけ。
【1】どうしてもすぐ読みたいけど人気があって予約待ちがすごい
【2】あまりに素晴らしい出来なので、購入し手元に置いておきたい

今回の文藝春秋は、どちらかと言うとパターン1に当てはまりますネ。
芥川賞受賞の2作が収録されていて860円というのは画期的ですし。

本読みの中には、こう言う人もいます。
「本当に本を愛しているなら買って手元に置くべきだ」
また、作家さんの中にも、こう言う人がいます。
「図書館は物書きの利益を侵害するから自分の本は置かせない」

・・・どちらも狭量だなぁと思います。
私は借りた本で “冒険” をし、気に入ったらその作者さんを追いかける派。もちろん出来が素晴らしければ購入し、手元に置きます。
買って欲しけりゃ内容で勝負しろって感じですね(出た、上目線w)

本の海にプカプカ浮いている私。
溺れそうになりながらも、日々、運命の一冊を探し泳ぎ続けるのです。




                     お後がよろしいようで。

 

 

 

 

 



shizutamarakugo at 20:01コメント(17)トラックバック(0) 
猫ムスメ