2011年04月

2011年04月22日

不謹慎を承知で言うならば、2011年上半期の流行語大賞は「自粛」でしょう。恐らく不謹慎すぎて選ばれないかとは思いますが、「自粛するのは自粛しよう」とか、ちょっと上手いことまでみんなが言っています( -д-)ノ    自粛するのが是が非かという議論はさておき、皆、よく意味を理解して使っているのでしょうか。自粛と言えばなんとなく自己犠牲っぽく聞こえがいいから、よく考えず乱用(というか便乗)しているのでは!? というケースに多々遭遇するのです

・・・私はauユーザーですが、いつも何かあると会社の近くにある「auショップ神田」を利用しています。
1年程前にそこで『auマイプレミアショップ会員になりませんか??』と勧められました。
なんでもauショップ神田を『マイプレミアショップ』に登録すると、毎月1回、来店するだけで粗品が貰えるというのです(その代わり月に数通だけ営業メールを受け取ってくださいね、という条件)。

どうせいつも通りかかるので、来店するだけで貰えるなら・・・と、登録し、毎月有難くタオルだのダウニーだのを頂戴していました。
が、今月だけメールが来ないんです・・・ (※いつも月初にプレゼントの引換券となるメールが届きます)

地震の影響かな?? と思い特に問い合わせもしませんでしたが、21日も経った昨日、意味の分からないメールが来たんです。それは・・・・・・
『今回ご来店プレゼントにつきましては誠に申し訳ございませんが自粛となりました。ご了承ください。(本文まま)』


・・・ん!?なんか日本語おかしくねーかΣヾ( ̄0 ̄;ノ
  お客さんへのサービスを『自粛』って(苦笑)

自粛って、例えば祭りを自粛するとかCMを自粛するとか、それこそ文字通り「自ら粛粛とする」ものなのでは

便乗値上げ同様、震災に乗っかりお客様へのサービスをカットしようというチャッカリ精神。ちょっと笑ってしまった出来事でした。誰かauのエライ人、読んでくれてないかな~ (←こんなブログ読むわけないw)



                           お後がよろしいようで









shizutamarakugo at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月20日

最近、電車内や職場で携帯電話が一斉に鳴り出す光景が、一般的となりました。そう、「緊急地震速報」です。
auショップの人に確認したら、あれはマナーモードでも鳴るらしいですネ。どうしても鳴ってほしくない場合は“サイレントモード”にしてください、と言っていました。
確かに満員電車の中で急に鳴ろうものなら縮み上がってしまいます が、命を守る大切なサイレンです。
何日か前にインターネット上で【緊急地震速報はマナー違反か否か】という議論が白熱したようですが、私は「否」と言いたい。命がかかっている訳ですから、煩いだのなんだの、言ってる場合ではありません。http://news.ameba.jp/20110417-139/ ←詳細はコチラ。

もう1つよく聞かれるのが、【緊急地震速報の音にビビらされるのが嫌なので自分はいきなり揺れられる方を選ぶ】というご意見です。でも、私的には有り得ません 準備できる事はしておきたいタイプなので、例え数秒でも揺れに備えて “身構え” したいと思うのです。

だから私、実は震災以来、お風呂に入る時もずっとラジオを付けているのですよ。一人で入浴している時にいきなり揺れられるのが一番恐ろしいからです(泣)
速報を聞き逃さないよう防水型ラジオをわざわざ入手し、浴室に設置しました。幸い以前のような長風呂を避けているためまだ入浴中に鳴られたことはありません。が、もし鳴ったらその瞬間飛び出し、服を着て、逃げる体勢に入る所存です(T_T)  ほんと、チキンですよね・・・

そんな警戒心強すぎの私ですが、何故か自分の携帯電話は緊急地震速報が鳴りません(゚∇゚ ;)エッ!?
特に設定を解除した記憶がないので、おかしいなぁと思っていました。
会社で何人かau携帯を使っている人いますが、みんな鳴っているからです。色々いじってみてもそれらしい設定に辿り着かないため、諦めてauショップに行ったらアッサリ言われました。「かなり前の機種なので、未対応です」  ※4年以上使用の化石携帯所持w

・・・ラジオを買う前に、まずはケータイ換えろというお話でした。



                     お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:28コメント(7)トラックバック(0) 

2011年04月19日

デジカメを持って行ったツレが、写真を送ってくれました
昨日お載せした写真(携帯で撮影)より大きく撮れていてキレイなので、再度お載せします。ウワサのオヤジパンダでございます(笑)

尚、デジカメ画像につきサイズがバラバラですがご了承ください。
いつも携帯の写真しか使わないので、サイズ調整がわかりませんキッパリ)  私のデジタル能力などそんなモノです(●´ω`●)

パン駄2パン駄4パン駄3











パンダ1象りくがめ







トラサイゴリラ






イグアナありくいカバ





shizutamarakugo at 20:07コメント(4)トラックバック(0) 

2011年04月18日

上野動物園に、パンダを見に行ってきました。
ミーハーとでもなんとでも言ってください( ̄‥ ̄)=3 フン

パンダと言えば真っ先に浮かぶのが、幼稚園のお遊戯会で踊った「パンダパン」という曲・・・・・・全身白タイツを履き「パンダパ~ン♪パンダパ~ン♪」と歌いながらクルクル回らされた忌まわしい記憶しか浮かばぬ私です

そんな私が恐らく生まれて初めてリアルパンダに会う機会に恵まれたワケで。日中国交問題や、ボッタクリとしか思えないレンタル料金(8千万円)はひとまず水に流しましょう

動物園リーリーシンシン











アルパカガラパゴズリクガメオヤジの背中











キリン象パンダパン












上段、真ん中がリーリー(雄)・右がシンシン(雌)です。
なんと言っても特筆すべきは、雄のリーリー  寝そべってすごい勢いで笹を食いまくる姿は正にオヤジでした(゚∇゚ ;)エッ!?  しかもなんか腹が薄汚れてたし(笑)
パンダってもっとジッとしてるんじゃないのか!? もっと愛くるしいんじゃないのか!? いいのかリーリー!?
・・・ものすごいデカイし、色んな意味で「パンダ」の概念をくつがえされるリーリーでした(でもムチャクチャ癒し系
ちなみに雌のリーリーは白さが際立つ美人さんでしたヨ(*'-'*)


上野動物園自体が初めてでしたが、600円という入場料は安すぎですね。想像以上に広いし、これで一日楽しめれば上出来です。

さて、気になる混雑具合ですが、日曜日の開園直後(9時40分頃)到着で、入場に10分・入り口からパンダ舎まで辿り着くのに15分待ちといったところでした。思ったより待たないでしょ??
ただし、お昼くらいに通りかかったらすごいことになってました(爆)
行くならば平日か朝イチをお薦めします

それと、上の写真は携帯で撮ったものなので非常に小さいですが、皆さんが思っている以上によく見えます!!!
警備員さんの奮闘により整列観賞が徹底されているため、本当によく見えました。特にお子さん連れは一番前で見せてもらえます。

お決まりのパンダ焼きもあるし、大満足の一日。
また暇ができたらリーリーのオヤジっぷりを見に行きたいと思っています。「パンダツアー」参加者募集中??(o^∇^o)ノ



shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2011年04月15日

とあるご縁で私は今、一軒家の掃除をしています。
千葉県奥地にあるこの一軒家、主の事情でほぼ廃墟状態・・・
控え目に言って、人が住める状態ではありません(´∀`*)

床には物が散乱し(それが幾重にも重なり)、全てどけると床が腐っていたり、見てはいけない物が出て来たりするのです
引き出しを開けるのなんて、恐怖ですよ!! 開けた瞬間ゴキブリやら何やらがウワーッと出てきますからv( ̄∇ ̄)v

そんな凄まじい状態の一軒家に手を入れキチンと住める状態にするワケですから、並大抵の苦労ではありません  しかも私の細腕(?)一本でです。忘れもしない震災の翌々日(3/13)から毎週毎週、週末の度に通って作業していますが現在のところまだ台所と浴室を片付けたのみで終わっております(T_T)
しかしまぁ継続は力なり。なんとか夏までには人が入れる家にしようと、有給取っては平日に通ったり、努力をしています

・・・そんなある日、押し入れの奥から懐かしい物を発見しました。
元祖ファミコンです!! な、懐かしい・・・

日本中に一大ブームを起こし、子供達の視力を悪くした、お母さんの敵です(笑) いわゆる「家庭用ゲーム機」の草分けですね。
あまり記憶が定かではありませんが、昭和54年生まれの私は小学校2年生か3年生の時にクリスマスプレゼントとして買ってもらったと思います。もちろん買ってもらうにも一悶着あり、「こんなの買ったら勉強しなくなる」という母を必死になって説得したものです。

ファミコン_あヾ懐かしのAボタン・Bボタン・・・
モチロン我が家も鉄の掟がありました。
『ゲームは一日30分!!!』

・・・セーブという機能すらないこの時代、お母さんそりゃ酷でしょう(笑)
しかしキッチンタイマーを持った母は法律でした。渋々2面辺りで断念し、翌日また最初からやり直したものです。

あれから早ウン十年、ゲームはどこまで進化したのでせう。



shizutamarakugo at 20:29コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ