2011年08月

2011年08月25日

110825_0807~0001つい図書館で発見し、手に取ってしまいました。
私の好きな覆面作家、鯨統一郎さんの著書「富士山大噴火」。

富士山の麓で生まれ育ち、今も家族はそこにいる私としてはスルーできないタイトルです(≧ヘ≦) ムゥ  実際、東日本大震災以降、富士山は火山活動が活発化していると聞きますし・・・
身につまされて一気読みしました


●東京でM7.6、震度6弱の直下型地震が起き、それが起因となって富士山が噴火する(東海地震でないのがポイント)

●300年分のエネルギーが蓄積されていた富士山の爆発はすさまじく、宝永の大噴火を遥かに超える規模となる。

●地震そのものので死者は出ないものの、富士山が爆発することによって31,082名の死者、2,167名の行方不明者が出る。

●死因・・・火山弾(主に山中湖周辺・箱根・芦ノ湖周辺)・溶岩(主に沼津市・三島市・富士市など。)・火砕流(忍野村全滅)・焼死(火山弾直撃で石油タンクが爆発し、大火災)・餓死(交通が麻痺し食料品の配給が滞り、1ヶ月以上食べ物が手に入らず多くの高齢者が餓死)

●津波まで起きる。溶岩が駿河湾に流れ込み、8メートルの津波が起きる。渋滞により逃げ遅れた多くの人々が飲みこまれ死亡(主に静岡県静岡市安部川)。東日本大震災を彷彿させる・・・


この小説は2004年に上梓されたものですが、震災時の人々の行動(買い占めや流言・パニック)・津波被害・交通、物流の麻痺など、予言的とも言える部分があります。

私はかの有名な「日本沈没」をまだ読んでいませんが、恐らくそれよりはドラマ性重視の小説かと思います。カメラマンの男性とジャーナリストの女性(カップル)を主人公に据え、彼らの動きを軸にストーリーが進みます。また、地震予知・噴火予知は可能か否かもテーマとなっており、小説としての良し悪しは別として、いわゆるパニック小説とはどこか一味違った作品だと思います。

さっそく私は実家の母に読ませるべくAmazonで実家宛てにポチッとしました( -д-)ノ  
少なくとも富士山が噴火したらこういうことが起きるかもしれないという参考にはなるでしょう。いつもは全く本など読まない母ですが、頑張って最後まで読破してくれることを祈ります。



shizutamarakugo at 19:59コメント(8)トラックバック(0) 

2011年08月24日

110818_0747~0001ここ最近、昼に会社の空き机でモソモソと怪しげなパスタをすする私の姿が目撃されます( -д-)ノ
食べているのはオルビスが出しているダイエット食品、『おこめパスタ』 http://www.orbis.co.jp/Small/6202060/
パスタながら発芽玄米でできており、低カロリー。腹もちも良いという、いわゆる“一食置きかえダイエット”です  ダイエット食品だけどけっこう味がしっかりしていて美味しいのですよ。

あれだけ食べログを書いていて何がダイエットかと言われそうですが、『食べ過ぎた次の日にはコレでカロリーコントロール♪』みたいな健康食品会社の自己欺瞞的思考に、思い切り乗っている訳です(笑)

本当は食べ過ぎた時点でアウト。いくら翌日減らしたところで痩せはしないし、実際順調に増量しているワタクシなのですが・・・(●´ω`●)  
美味しい物とお酒は私の生きる糧ゆえ・・・。“毎日食べ過ぎるよりはマシじゃない” と自己弁護しつつ、せっせと「おこめパスタ」を食べています

話は変わりますが、このオルビス化粧品は私が学生時代に2年程アルバイトをしていた会社です。注文をしようとフリーダイヤルに電話すると私が美声で「オルビスでございます」と出たわけです(笑)

オルビスは例え1点でも送料無料だし、無添加・ノーオイルを基本とした人に優しい会社です。アルバイトの教育も驚くほどしっかりしていました。働いていた愛社精神で言うわけではありませんが、かなりハイクオリティーな企業です。戸越銀座に通っていたあの日々が、少し懐かしく思い出されます。

           
                 お後がよろしいようで。

 

 

 

 



shizutamarakugo at 20:02コメント(4)トラックバック(0) 

2011年08月22日

昨日、大和田落語会に行ってきました。
ただし今回は番外編、「暑気払いの会」でございます(^∀^)

場所も丸花亭でなく、船橋の割烹旅館「玉川」さん。
市役所や消防署がある街中に、突如現るレトロな建物。
大正10年創業。なんとこの「桔梗の間」で太宰治が小説を書いたそうです。しかも昔はここで婚礼もやっていたそう。当時の貸し衣装が館内そこかしこに飾られており、風情に拍車をかけていました。http://www.tamagawa-go.jp/front/bin/home.phtml

123












≪暑気払いの会 式次第≫
第一部 16時~17時  「金原亭馬吉独演会」
          (温泉タイム)
第ニ部 18時30分~21時30分 「暑気払い豪華大宴会」
第三部 21時30分~翌朝   「温泉&語りあかしタイム」


ご覧の通り、落語あり温泉ありご馳走ありの、たまらない内容
こういう “THE・日本人” 的なイベント、大好きです(笑) 
温泉も天然ラジウム温泉で、熱々でしたがお肌サラッサラになりました。こんなご近所に天然温泉が湧き出ていたなんて、驚き
料理も流石は割烹旅館。一品一品がどれも細かく繊細で見目麗しく、上品なお味がしました。特大舟盛りの盛り方もハンパありません(笑) 

456












私は残念ながら諸事情により「日帰りコース」で帰宅しましたが、多くの皆さんが勢い止まらず「お泊まりコース」で残っておりました
あれからどうなったんだろう・・・ 「宿屋の仇討」みたいな事態になっていないといいですが(貸切だから大丈夫か)笑。

次回9月、丸花亭にて様々な伝説を聞くことが出来るでしょう。楽しみです。最高の暑気払いが出来ました。最初から最後まで全力で盛り上げてくださった馬吉さん、席亭さん、理事の皆さん、ありがとうございました(*'-'*)


                   お後がよろしいようで。

 

 



shizutamarakugo at 19:24コメント(4)トラックバック(0) 

2011年08月19日

大雨降りしきった今日、会社帰りに美容院へ寄ってきました・・・
本当は日延べしたいところですが他に暇がないし、予約もしてしまっているので仕方ありません(≧ヘ≦) ムゥ
とりあえず今日はカットだけだったのでサクッと20時過ぎに終了。本来ならばここ(恵比寿)から日比谷線の茅場町経由で帰るところですが、ふと高田馬場にドンキホーテがオープンしたことを思い出しました。そこで、急きょ高田馬場経由での帰宅に変更。久しぶりに下車してみました。 ・・・雨の中、何やってるんだワタシ(´-д-;`)

それにしても、高田馬場は目まぐるしく変化する街の1つです。
私が大学を卒業してから早8年が経ちますが、シンボル的なBIGBOXはリニューアルしてオッシャレーになり、駅構内にはSoupStockができ、駅前には「おかしのまちおか」までできました(笑) 
そして今回のドンキホーテ開店です。早大生&早大OBに軽く震撼が走りました。まさかあの地味~な駅前にドドーンとドンキができようとは(●´ω`●)  感動すら覚えます。

中身はまぁ普通のドンキですがね
やはり場所柄、当然ですが食品や日用品の割合が多い気がします。
夜の20時以降と言えば学生にとって活動ピークの時間(笑)
悪天候なのに、西武線や東西線沿いに住んでいそうな学生達で賑わっていました。歌舞伎町店の客層に比べたら可愛いモンですw

学生時代の私の三本柱と言えば「清龍」「えぞ菊」「王将」でしたが(爆)
・・・あの頃、こんなに何でも揃う店があったら便利だったろうなぁと思いつつ、マッコリと赤ワインをレジカゴに入れるのでした( -д-)ノ

110819_2046~0001
        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 22:57コメント(6)トラックバック(0) 

2011年08月18日

私の実家は長年、犬を飼っています
と、誰かに言うと、犬好き(自称)は目をキラキラさせて聞きます。
「え~いいな~何犬~??」

そして私が超シンプルに「雑種だよ」と答えると、みんな取り繕うような笑顔でこう言うのです。
「あ、ミックスなんだ~。ミックスの方が頭いいし長生きなんだよね~。」

なんかモヤモヤしませんか??
私はしまくりです。モヤモヤ~モヤモヤ~(´・ω・`)

っつーか何が『ミックス』だよ
私が雑種だって言ってんだから雑種でいいんだよ
雑種には雑種の誇りがある(多分)
勝手にキレイな言葉で誤魔化すんじゃねーよ


・・・私は猫が好きですが、犬にはあまり興味がありません(決して嫌いではありません)。基本的に “小さき者” 全般に非常な愛情を感じますが、犬だけはどうも一歩引いて見てしまいます。

恐らくその原因はひとつ、犬好き(自称)にあると思います。

犬は知能が高いからかもしれませんが、やけに擬人化しようとしますよね。「うちの子が・・・」と、とろけそうな顔で話されても私は「はぁ…」しか言えません。服を着せたり美容院に連れて行ったりするのもそう  可愛いなぁとは思うし否定もしませんが、犬に何万もする服を買う余裕があるなら、その分 “里親探し” の団体にでも寄付してあげたらどうかと思ってしまうのです・・・

しかも犬好きな人は、犬が好きなことを確信犯的に全面に出しますよね。犬好きをアピ-ルしている人って、とりあえずそう言っとけば間違いないと思って言ってませんか?? 犬が好きと言っておけば良い人に思われるし仲間もできる。「うちに犬がいるから見に来ないかい?」なんて女の子を誘うキッカケにもなる(笑) 

そういう「キャラとしての犬好き」は全体の6割を占めます(猫ムスメ比)
そしてそういった方達は服も美容院も、そして犬種すらブランドにこだわります。先の「ミックス発言」も正にそれ!!! 犬は犬、命あるものに変わりはないのですが、小汚い犬には興味ないんですね・・・

ちなみに我が家は、18年飼っていた猫のタマも、現在17歳の犬のハッピーも、雑種です。どちらも捨てられ死にそうなところを保護したバリバリの雑種ですが、とても性格が良く長生きしてくれました。

たまに下町の路地あたりで、デレーンと伸びているマヌケ面の犬猫を見ると嬉しくなります(笑)  これぞ日本の風景(o^∇^o)ノ

彼らは「ミックス」ではありません。「雑種」です。
でも、それなりに幸せそうに生きています。



※今日書いたことは全て「キャラとしての犬好き(真の犬好きではない)」人に関して書いたものです。けっして犬派様全般を否定している訳ではありませんので、どうか犬を飼っている皆さん、気を悪くされないようにお願い致します。本文にも書きましたが、私も犬は他の小動物同様、可愛いと思います。



shizutamarakugo at 19:37コメント(10)トラックバック(0) 
猫ムスメ