2011年12月

2011年12月17日

実家に帰るといつもする事の1つは本漁りです

それも本棚などという洒落た物ではなく、衣装ケースからゴソゴソと・・・
実は大学生時代に買いまくった大量の本を、透明の衣装ケースに入れて倉庫(=実家w)へ送りつけ、そのまま放置してあるのですよ
もちろん全て送ると母が「」なので大部分は高田馬場のブックオフに売りました。でもどうしても取っておきたい作品だけ選り分けケースに詰めたら、それでもLサイズ2箱に・・・ 
本当は今住んでいる浦安のマンションに置きたいのですが、狭くて置けません。だから涙を飲んで倉庫(=実家w)に保存し、帰省した時ゴソゴソ漁っては読み返しています。

池波正太郎の「剣客商売」「鬼平犯科帳」「仕掛人藤枝梅安」・柴田錬三郎の「眠狂四郎」・笹沢左保の「木枯らし紋次郎」・平岩弓枝の「御宿かわせみ」 ・・・等々、時代小説のシリーズ物は全てこの中です(´▽`)

流石に何年も経つと “こんなの買ってたんだ~” 的な発見もあり感慨深く掘り返しておりますが、今回発掘したのは『What's Michael』(ホワッツマイケル)でした  ・・・うわ~懐かしいv( ̄∇ ̄)v

そう、猫漫画の元祖、小林まことの名作です。
野良猫だったり家猫だったり猫世界の容疑者だったり(笑)、色んな設定でのマイケルが主役のショートストーリー。何か失敗をした時に踊り出す格好が可愛らしく、踊る猫漫画として人気が出ました。私も小さな頃、祖母の家で従兄弟が持っていたのを借りて読み、一気にハマった記憶があります。そして大学生になってから単行本を古本屋で見かけ、懐かしさの余りセット買いしたのだと思います(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

image[2]image[8]image[4]





数年ぶりに読んだマイケルはやっぱり超・可愛かった・・・
マイケルだけじゃなく、しまいには奥さんのポッポや子供のミニケルまで踊り出すし(笑) 天敵のブス猫・ニャジラも可愛い!!! 
思わず夜が更けるのも忘れて8巻全部一気読みしてしまいました


もちろん実家での滞在時間は短くスケジュールが詰まっているため、読む時間は限られてしまいます。それでも少しずつ蔵書を読み返してゆくのは楽しい作業です。当時の思い出がフラッシュバックしたりもします(酸っぱい思い出がある本は見ないフリします)笑。
実家の本箱、それは私にとって玉手箱のような存在なのかもしれません。



                           お後がよろしいようで。








shizutamarakugo at 11:49コメント(8)トラックバック(0) 

2011年12月15日

赤穂浪士が討ち入りを果たした昨晩ですが、私は曳舟へ討ち入りでした(笑)  ま、落語聴きに行っただけなんですがねwww

久しぶりに柳家麟太郎さんの勉強会に参加してきました
麟太郎さんの地元・曳舟で月1回開かれているこの会ですが、調べたら私、前回行ったの5月でした・・・も、申し訳ないです(TДT)

今回の演目は『お神酒徳利』という、私が初めて聴くネタでした。
麟太郎さんも久しぶりにかけるそうで、来週の師匠との会で演るため練習目的で・・・との前置きがありました。出だしから忘れてしまい、途中も思い出し思い出ししながらの一席でしたが、本当に “おさらい会” といった感じで面白かった(笑)   これはこれでアリです
木戸賃も申し訳程度の500円だし(酔っ払いの乱入防止でお金を取っているけど本当はタダでも良いそう)、やはり1人で稽古するのと人前で演るのは全く違うそうですから、こういう場って噺家さんにとっては大切なのかもしれませんネ(^_^)ニコニコ

ちなみにこの『お神酒徳利』は、【煤払い】が1つのキーワードでした。
昔は煤払い(大掃除)って12月13日に行われる行事だったのですね!!
里で正月を過ごす従業員の往復にかかる日数を考慮した上で13日としていたそうですが、今はそういった風習もなくなりました。
前回(5月)の『千両みかん』では夏の到来を感じたし、落語を聴いていると季節感を感じることが多いです(●´ω`●)

夕べは平日ですが珍しく打ち上げも参加させて頂きました♪
麟太郎さん&いつもお世話になっている落友さんに帰省土産の「富士宮焼きそばカップ麺」を進呈! 喜んでもらえたカシラ(´∀`)

久々にホンワカした雰囲気の落語会&打ち上げで気分もゆるり。
たまにはいいもんですネ。癒しの夜を有難うございました~



                        お後がよろしいようで。



111214_2015~0001会場になっている曳舟の居酒屋「岩金」さんは、ナニゲに有名なお店のようです。昨日も会を終えて下(店舗部分)に降りたら狭い店内が超・満席で驚きました。水曜日なのに・・・w
←確かにハムカツは大変おいしゅうございました

p://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13083715/



shizutamarakugo at 20:29コメント(4)トラックバック(0) 

2011年12月14日

今日は12月14日。
そう、かの有名な赤穂浪士が吉良邸に討ち入りした日でございます
正確には「12月14日深夜」なので「12月15日未明」になるのかもしれませんが、まぁ一般的には今日が討ち入り記念日で通ってますね♪♪

忠義や自己犠牲・・・日本人の大好きな要素が盛り沢山!! 
いつの時代も愛され続ける「忠臣蔵」ですが、私は忠臣蔵というと、亡き立川談志師匠の言葉を思い出してしまいます。

『でもね赤穂藩には家来が300人近くいたんだ。総数の中から47人しか敵討ちに行かなかった。残りの253人は逃げちゃったんだ。逃げた奴らはどんなに悪く言われたか考えてごらん。落語はね、この逃げちゃった奴等が主人公なんだ』 ・・・そして家元はここで有名な『業(ごう)の肯定』を語ります。理性ではどうにもならない人間の心の働きが業。駄目な奴を認め、業を肯定するのが落語なのだ、と。

確か「現代落語論」か「赤めだか」でこの文章を読んだと思いますが、忘れられません。なんとも家元らしいお考えですネ(*'-'*)

・・・とまぁ、よく知りもしないクセに語ってしまいましたが、「忠臣蔵論」「家元論」はもっとディープな方々に譲るとして(笑)
私が言いたいのは、最中です も・な・か  ←(゚∇゚ ;)エッ!?

新橋に「新正堂」という一軒の和菓子屋があります。
何を隠そうこの新正堂、浅野内匠頭が切腹して果てた田村右京太夫屋敷の跡地にあるのです  詳しくはお店HPの「歴史探訪」を読んでください。http://www.shinshodoh.co.jp/index.htm

sepuku1[1]この「切腹最中」が美味しいのなんの・・・( -д-)ノ
実は私も新橋に事務所を構える顧問税理士から “ミスしたお詫びの品” として戴いたのが最初だったのですが、思わず「ウム、許してしんぜよう」と唸ってしまう旨さでした(笑)

ネーミングとビュジュアルのインパクトで奇を衒(てら)っている感もありますが、そんな必要全くなし。甘さ控え目の餡子・シットリした皮・モチモチの求肥(ぎゅうひ)・・・どれを取っても文句なしの逸品です

あ~食べたい。
討ち入り記念日だし、会社帰りに買いに行こうかしら♪♪ と思いましたが今晩は落語会じゃん(笑)  週末になったら新橋へ行き、赤穂浪士の健闘を偲びたいと思います(*'-'*)



                           お後がよろしいようで。

 



shizutamarakugo at 15:28コメント(15)トラックバック(0) 

2011年12月13日

6実家に帰ると楽しみの1つは、犬の散歩です。“犬を散歩させる” というよりは“犬に散歩に付き合って頂く” といった感じですが(笑) 17歳の老犬と共に急な山道をゼーゼーゼーゼー登っております 

そして山を散歩していると目に付くのがゴミ捨て禁止の看板・・・50メートル間隔位で木に括り付けてあります これだけ設置するというのはそれだけ不法投棄が多いという事なんですね

本当に酷いです。
もぅ、そこら中ゴミだらけです。
スーパー・コンビニの白い袋が一番多いですが、電子レンジやテレビ・パソコンといった大物もかなり捨ててあります。そして一番「Σ(゚д゚;)」なのは!! 私が歩く1時間くらいのルートで2台放置してありました。

しかもどのゴミも散歩していて普通に見える訳で、隠す気すら感じられないのが腹立たしい(≧ヘ≦) ムゥ  悪いと思っているなら、もっと山の奥深くに捨てるはず・・・。きっと “捨てる瞬間さえ見つからなければいいや” という軽い気持ちでポイポイ投げているのでしょうね

私が子供の頃にはこんな事なかったのになぁ。
それこそ野山を駆け巡って遊んでましたが、こんな危ないゴミ、有りませんでした。そりゃ空き缶の1つや2つは有ったと思いますが、家電や車なんかは絶対に捨ててありませんでした。そもそもそんな物を捨てたら有害物質が流れ出すし、子供が触って怪我をするではないか

台風15号の去った後にも、散らかった傘の残骸を見て思ったものです。    ・・・『どうなっちゃうんだ日本人(´-д-;`)』
自分の飛ばした傘が他人に刺さって怪我させたらどうしようとか、街が汚れるとか、そういう考えは一切ナシ。自分さえ良ければ、自分さえ無事ならばそれでいい。なんでもかんでも「面倒臭い」「関係ない」。そんな輩がここ数年とても増えている気がします。

山はゴミ捨て場じゃない。
大の大人にそんな教育をせねばならない国になったのでしょうか、日本は・・・(なんか年寄り臭いボヤキですいませんw)



shizutamarakugo at 19:46コメント(8)トラックバック(0) 

2011年12月12日

帰省する前の晩、ポストに日本郵便の不在通知が入っていました。

差出人の欄を見ると『落語協会』・・・・・・ん???∑(=゚ω゚=;)

 

しかも内容は『小包』になっています。

でも私、何も頼んだ覚えはありません

年鑑か何かかと思いましたがそれなら東京かわら版から来るはずだし、そもそも注文していません。なんだろう?? もしやまた知らない間に懸賞でも当たってしまったか!?

 

激しく気になりましたが私は翌日から帰省・・・

なんだろ~なんだろう~と気にしつつ田舎でノンベンダラリ~と過ごしておりました( -д-)ノ

 

111211_1955~0001
そして昨日

浦安に帰って来たので早速1921時の便で再配達を依頼。

無事、受け取ることができました。届いた物はコレです

なにやら細長い筒のような物体・・・。むむっ、筒状爆弾か長ドスか(笑)

 






111212_2008~0001ハイ、正体はコチラでした~

落語協会の2012年度カレンダーです(・∀・)つ

 

もちろん私、注文していないのですが、某・師匠からのプレゼントでした。

「いつも有難うございます」とご丁寧に一筆添えてくださっておりようやく事情が判明。4日間のモヤモヤが晴れましたわ~。師匠、普通に自分の名前で送ってくれればいいのに(笑)  

 

それにしても可愛いカレンダーです

1本1300円で販売しているそうですが、今まで私、落語は好きだけど落語協会のカレンダーを買おうとまでは思わない半端ファンだったので初めて見ました(まぁコアな落語ファンの皆様はきっと買うというより贔屓の芸人さんから貰っているのでしょうねw)
3ヶ月ずつ4枚のカレンダーですが、木久扇師匠のイラストあり、正楽師匠の切り絵ありで江戸情緒満点。早速、味気の無いマンションの壁に掛けさせて頂いたら意外なほどシックリ来ました。1年間ニコニコして過ごせそうです(^_^)ニコニコ

 

・・・師匠、本当に有難うございましたーヾ(=^▽^=)ノ

 



shizutamarakugo at 20:30コメント(12)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ