2012年03月

2012年03月22日

昨日3月21日、ついに高知市で桜(ソメイヨシノ)が開花しました  
いよいよ桜前線北上開始です(*´∇`*)
東京では3月25~31日が開花予想日だそうですね。今年は寒かったのに以外と早いな~というのが感想です。咲き始めれば早いもの、4月になれば関東もあっという間に桜色に染まることでしょう。今から楽しみでなりません(*'-'*)

ところで『メトロガイド』というフリーペーパーがあるのを御存じでしょうか。東京メトロの全駅に積み上げられている、アレです。普段はあまり貰わないのですが、4月号は「花見特集」だったのでお勧めスポットはどこかしらと一部貰って帰りました。そしてジックリと読み進め、ギョッとしました。東京メトロ関連の新聞なのに、いきなり『静岡県富士宮市』という故郷の地名が目に飛び込んできたからです。しかも、『狩宿(かりやど)の下馬(げばざくらというメッチャお馴染の名前まで・・・

120322_0951~0001120322_0952~0001120322_0953~0001











正体は『これが日本五大桜だ!』という特集記事でした。
そ、そんなの有ったんだ・・・ そもそも五大桜なんてものが定められていることすら知りませんでした。なんでも大正11年、国によって天然記念物に指定されたそうです。北から「三春滝桜(福島)」「石戸蒲ザクラ(埼玉)」「山高神代桜(山梨)」「狩宿の下馬桜(静岡)」「根尾谷淡墨桜(岐阜)」がその5つ

・・・って言うかあの桜、そんなにご大層な桜だったのぉ∑( ̄ロ ̄|||)

あまりに身近に有り過ぎて知りませんでした。
思えば狩宿(地名)は祖父母の家から比較的近かったため、よく連れ立って桜祭りに行ったものです。元気だった祖母と最後に出かけた思い出も狩宿の桜祭りでした。あれは私が中学生の頃だったでしょうか。帰りに中華料理屋さんで酢豚を食べたことまで覚えています(笑)

もちろん当時から
『狩宿というのは源頼朝が巻狩り(狩り場を大勢で取り囲み射止める狩猟方法)で訪れた由緒ある土地である。下馬桜というのは頼朝が馬を止めて繋いだことから名付けられた』
という基本知識は教わっていました。教わるというより地元の常識といった感じ   巻狩についても皆様は「?」かもしれませんが、富士宮では『富士の巻狩りまつり』が毎年行われていて、姉が装束で出たりもしていたのでそんな珍しいものだとは感じていませんでした( -д-)ノ


・・・いやいや、思わぬところで故郷のトリビアに触れたものです
祖父に続き祖母が亡くなってからもう14年が経ちました。あれから下馬桜を見る機会には恵まれず、狩宿にも行っていません。なんだか久しぶりに訪れてみたくなりました。祖母も空の上から満開の下馬桜を楽しみにしているのかもしれません(*'-'*)








shizutamarakugo at 20:10コメント(6)トラックバック(0) 

2012年03月21日

120320_0825~0001お彼岸の昨日は九十九里までお墓参りに行ってきました。そしてその帰りにちょっとした寄り道を・・・佐倉の『国立歴史民族博物館』です 理由は招待券を貰ったから(爆) 昨年、大和田落語会のお楽しみ抽選会で何故かココのチケットが当たったため、有難~く行って参りました。佐倉は古くから印旛沼を中心に栄えた歴史ある町。江戸時代には佐倉城も築かれ、堀田家が統治しました。今も城下町の風情が残り『時代祭り』も有名です。



120320_1410~0001120320_1426~0001120320_1437~0002











初めて行く歴史民俗博物館はとてつもなく広かった
失礼ながら佐倉の郷土史を通り一遍に紹介する“資料館”的なショボさを想像していたのですが、とんでもない! よく見ると頭に「国立」が付いています。第1展示室~第6展示室と、進むにつれ人類の歴史が分かるような壮大な創りになっていました。こりゃ失礼しましたね(●´ω`●)
しかも面白いのは、館内での写真撮影を推奨していること。
普通こういった博物館や美術館は撮影厳禁かと思いますが、むしろ「撮影禁止」と書いてある物以外はどんどん撮って楽しんでくださいというようなことが書いてありました。なんてブロガーに優しいんでしょう(笑)
お陰様で『高床式住居(イノシシ付き)とか『土地ごとの埴輪』とかマニアックな写真が沢山撮れました ちなみに群馬や栃木の埴輪は精密でカッコイイけど、千葉の埴輪はテキトーです(笑) 土地柄でしょうか

120320_1607~0003120320_1607~0002











落語絡みの資料もありました。『懐溜諸屑(ふところにたまるもろくず)』です。馬生の名前があったので思わずガン見しました。説明文によると、入船扇蔵が長年収集してきた様々な刷物などを柳屋秀岱が帳面に貼り付けたものだそです。きっと勉強家の噺家さんなんかはこういうのもご存じなんでしょうネ♪♪


・・・ところで “何かが足りない” と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、そう、グルメです(笑) 私が佐倉くんだりまで行って旨い物を食べずに帰る訳がありません(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ツイッターにて「歴博の近くに美味しい店はありませんか?」と聞いてみたところ、多くの佐倉市民が情報をお寄せくださいました。そしてそのほとんどが、『幸(サチ)』という名の定食屋さんでした   

120320_1332~0001120320_1336~0001

 

 

 

 

 

 

外観は昔ながらの古びた定食屋ですが、中に入ると人でギッチリ。
私達が行ったのは13時半でしたが満席で少し待たされました。
そして中に入るとマラソンのQちゃんやギャル曽根、はるな愛、内田裕也(←何故?)といった面々の写真が沢山飾られています。地元では知らない人がいない名店なのだそうです

左が私の頼んだ「かんぱちの刺身定食1000円」、右がツレの頼んだ「A定食1500円」ですv( ̄∇ ̄)v
写真だと縮尺が分かりづらいかと思いますが、どちらもすごいボリューム!! かんぱちの刺身も厚いのが10切れくらい乗っていたし、海老フライに至っては私の拳2つ分の長さがありました  ご飯もおかわり自由。そりゃ写真の中のギャル曽根が満面の笑みなワケだわ(笑)  もちろん量だけじゃなく刺身の鮮度やフライの揚げ方などもバッチリで、美味しく完食させて頂きました。く、苦しい・・・・・・


歴史にグルメに佐倉を堪能した一日。
今度もう少し時間があったら城下町も歩いてみたいです。
ご親切に色々教えてくださった佐倉市民の皆さん、ありがとうございました~(^_^)ニコニコ



shizutamarakugo at 19:58コメント(4)トラックバック(0) 

2012年03月19日

今朝は久しぶりに強烈な頭痛に見舞われました。肩・首コリが原因です(長い付き合いなんで分かります
頭痛を抱え満員の東西線に乗るのは辛かったけれど、なんとか出勤。朝イチで行きつけの「神田西口治療院」に電話し鍼(ハリ)の予約をしました。もう整体ではダメなレベルに達していたからです(T_T)

実はここ最近、割と調子が良かったんですよ。もちろんコリはあるけれど頭痛にまでは発展していませんでした。調子が良かった理由は幾つか考えられます。

「踏み台昇降」
②フォロワーさんから教わった肩グルグル体操
③歯を食いしばらないように意識する「TCH」
④ピップマグネループw

特に自分では①が大きいと思っております。
後日改めて記事にしようと考えていますが、最近、踏み台を買って「踏み台昇降」を始めました。まぁ “早く帰った日限定” という緩い縛りでやっているので効果が出るのかどうか分かりませんが、全く運動しないよりはマシだと捉え、続けてみることにしました。この踏み台昇降、もちろん当初は「ダイエット」「運動不足解消」が目的でした。でも思わぬ副産物が・・・

“どうせやるなら二の腕も引き締めよう” というさもしい根性でダンベル振り回しながら昇降していたら、肩が楽になったんです。恐らくうまい具合に肩&背中の筋肉が動いているのでしょう。コリというのは筋肉が固まって起きるようですから、やはり動かすのが一番なんですよね。そう実感しました。ま、私くらいのコリ性になると動かした程度では完治しませんが、それでも我慢できなくなって鍼へ駆け込む回数は減ったように思います。

そして今日久しぶりに頭痛に襲われたのは、それをサボッたから(多分)。ここ一週間くらいお出かけする機会が多く帰りが遅かったので、踏み台昇降を休んでたんですね。そしたらなんだか身体が重くなり、肩がしんどいなと感じ、そして今朝モロに頭痛に繋がりました


・・・とまぁこれはあくまで私が “多分そうだろう” と感じているだけで、本当のところはよく分かりません。調子が良かったのはたまたまだったかもしれないし、悪くなったのも3連チャンの落語で疲れたからとかそんなくだらん理由かもしれませんwww  なにせ肩コリはハッキリした原因や画期的な治療法が未だ分かっていない現代病ですからね

とりあえず適度に動き、姿勢良く暮らす。
それでもしんどくなったらすぐ整体に行く。そしてそれでも耐えられなくなったら鍼に駆け込む。
・・・これがここ最近の私の、肩コリとの付き合い方です( -д-)ノ

 





shizutamarakugo at 20:19コメント(8)トラックバック(0) 

2012年03月18日

怒涛の落語3連チャン、最終日( ´∀`)つ
トリはお馴染み大和田落語会でございました

いつも実力派の若手や「こんな人気者をこんな間近で・・・」の感動に満ち溢れた大和田落語会ですが、今回の顔付けはまた一段とすごかった。若手真打のホープ・古今亭菊之丞師匠と、今最も勢いのある二つ目・春風亭一之輔さんです!!! 流石この顔付けだけあってかなり早い段階でチケット完売となっておりました(^∀^)

特に一之輔さんは言うまでもなく今一番『旬』な人でございます。
ご存知のように21人抜きという伝説的なスピードで真打昇進が発表されたのが昨年9月15日。
そこから半年、恐らくご本人もエッ~って感じの日々だったと思いますが、いよいよ昇進披露興行が始まります。そう、明々後日(3月21日)から・・・    ←Σ( ̄ロ ̄|||)

50日間に渡る披露興行の開始3日前という素人が考えても殺人的に忙しそうな(そして精神的にもキテそうな)タイミングでの高座・・・
なんだかもう、関係ないこっちまでお祭り気分です(笑)
しかも毎回お客さんからの日本酒の差し入れがハンパない大和田落語会ですが、今日はなんと菊之丞師匠御自らがレアな銘酒を3本も(しかも一升瓶で!)抱えて来てくださったとのこと  
もちろん一之輔さんの昇進を祝う意味合いでのことだったと思いますが、あの細く小柄な菊之丞師匠が3升の酒を背負う姿を想像したらけっこうツボでゲラゲラ笑ってしまいました。

120318_1729~0001春風亭 一之輔 「長屋の花見」
古今亭 菊之丞 「百川」
    ~仲入り~
古今亭 菊之丞 「浮世床」
春風亭 一之輔 「子は鎹」

いやいや、4席ともグイグイ引き込まれる素晴らしい高座でした。特にこんなに笑えてしんみりする「子は鎹」は初めてで、そりゃ一之輔さん、21人抜くよ・・・とリアルに実感するのでした



120318_1734~0001そして17時半頃、恒例の集合写真を撮っていた大和田落語会一同ですが、突然「チャンチャカチャラリラ♪」というお馴染みの音楽が・・・そう、本日の「笑点」は新真打披露口上だったのです!! もちろん我らが一之輔さんもご出演。左の写真は、“自分が出るテレビを恥ずかしそうに見守る一之輔さんの後ろ姿”という一生に一度のレアショットです ちなみに結局、ご自分が登場する直前に「見てられない」と呟き楽屋に逃亡してました(笑)



このようにおめでたムード満載で大盛り上がりの第124回大和田落語会でしたが、残念ながら私、諸事情により打ち上げに参加することが出来ませんでした(泣) 菊之丞師匠の銘酒が飲めなかったこと、悔やまれてなりません

しかし今、家でこのブログを書きながらもう一度、録画しておいた「笑点」で一之輔さんの口上を聞いています(●´ω`●)
先程まで目の前にいらっしゃった方の晴れ姿。芸協の新真打とは比べ物にならない気の利いた口上(なんだあの芸協はw) 
・・・何度見ても、しみじみ良いものですね


一之輔さんはまだ34歳。
ご本人が「二つ目の時から見ていたんだぞと将来自慢して頂ける噺家になりたい」と仰っていましたが、冗談抜きで今後「名人」と呼ばれる人になってゆくのでしょう。
同年代として、そして同じ千葉県民として応援します♪
そしてそんな「未来の名人」の二つ目→真打という絶妙な狭間での高座を拝見できたこと、大和田落語会に感謝致します(^_^)ニコニコ



                 お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 21:15コメント(11)トラックバック(0) 

2012年03月17日

いやいや、忙しい一日でした( -д-)ノ

朝から宅急便の受け取り→マンションの消防点検立ち会い→図書館。
午後は買い物&ランチのため銀座→恵比寿の美容院。

美容院で縮毛矯正を終えた時には既に暗くなっていました。
朝から雨の中あちこち移動したせいで足元はビチャビチャ、寒くてたまらなかったけれどラストミッションである赤坂のバー『them-akasaka』 さんへGo( ´_ゝ`)ノ


田舎者のワタクシ、赤坂なんて洒落た街へ行くのは初めてでしたよ
でもTwitterでお世話になっている古田さんプロデュースの落語会「them落語会」にお誘い頂いていたため怖々下車w
ちなみにこの古田さん、お会いするのは初めてでしたが、似顔絵サイトの存在を教えてくださった恩人です(笑) その時だけ期間限定で無料で描いてもらうことが出来、本当に助かりました。お陰さまでブログもTwitterもmixiもこのアイコンでやらせて頂いてます

120317_1805~0001演者は立川流の二つ目、立川平林さん。2年程前に「きぼーる寄席」で拝見したことがあります。その時は確か名古屋弁で『金明竹』をされてましたが、今回は『平林』『がまの油』『田能久』の3席でした。『平林』は自らの名前にちなみ、談志師匠から一番最初に教えてもらった落語なんだそうです
古田さんとは前座時代からの付き合いだそうで、古田さんの依頼じゃなければこんなやりにくい場所での仕事は断る、とハッキリ仰ってました(笑)

ところで平林さんが登場した瞬間驚いたのは、あまりに変貌を遂げたそのルックスでした。2年前と比べ、まず太った。そして髪型が・・・
2年前は短髪で初々しく爽やかな好青年といったイメージでしたが、今は中途半端に伸びた髪をサイドに分けキッチリと固め(恐らく朝セットに30分はかかっていると思う)、なんだか田舎のホストみたいになってました。  ・・・と、思わず頭に釘付けになっていたら衝撃の一言。
      「実は最近ホストに憧れてまして」 

うわぁ当たっちゃったよ!!(爆)
なんでもガチで本気でホストになりたく、求人情報を見ているそうです。
ある募集を見たら年齢35歳までって書いてあったから自分若く見えるしギリギリ大丈夫♪ と真顔で仰ってましたがいやそういう問題では・・・
なんだかツッコミどころ満載でボーッとしてしまいました(笑)


しかしそんな夢うつつの私を別にし落語会はつつがなく終了。
事情により打ち上げは参加できませんでしたが、帰り際、少し古田さんとお話をしました。そして古田さんと出身大学が一緒であることが判明。先輩か後輩かは存じませんが、出身校が同じというのは妙な同朋意識が芽生えるものです。また落語カフェ辺りでお会いしましょうと言って別れました。

結局、帰宅したのは21時半過ぎ・・・
雨はまだ降り続いています。
こんな悪天候の中よく動き回った自分。よくやった自分♪
そう自分を褒めつつお風呂でゆっくり温まり明日の落語3日目に備えたいと思います(*'-'*)



             お後がよろしいようで。








shizutamarakugo at 22:58コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ