2013年02月

2013年02月20日

昨晩の火事は衝撃的でした。
創業130年、空襲にも震災にも耐え神田の誇りとなっていた歴史的建造物が、火を吹き燃えているのです・・・

あの時間、私はもう神田にいませんでした。が、たまたま見たツイッターで炎に包まれる「やぶそば」の画像を発見し愕然としました。ま、まさか・・・やぶそばという名の蕎麦屋は他にもあるのでどこかの間違いかと思いましたが、本当にあの「神田やぶそば」でした
そこからはもう必死です。なんとか消えてくれと願いながらツイッター・フェイスブックを開き、色んな人が(画像付きで)投稿している実況中継を追いかけましたが、炎は大きくなるばかり。素人目にも“無理”なことが分かります。こうなったらせめて他の建造物には燃え移らないで欲しい・・・。なにぶん神田須田町は街全体が文化遺産のようなものですから、そう願った人は大勢いたハズです。やぶそばのすぐご近所だけでも「竹むら」や「ぼたん」がありますからね。全て燃えてしまったらどれだけの文化的損失となることでしょう。

それと共に私がずっと考えていたのは『あの梅は無事だろうか』ということでした。「神田やぶそば」は門を入ってすぐ右手に立派な梅の木があり、店のシンボルのような形になっていたんです。塀の外側からも見えるので、私も通りかかるたび「まだ3分咲きだな」「ようやく5分咲き」「遂に8分咲きだわ」と楽しみに見ていたんです。最後に通ったのは先週だったと思いますが、約8分咲きで、あの立派な建物と融合し正に「日本の美」を体現していました。

060304yabusoba_zenkei_for_blog_031[1]TKY201302190377[1]






【左】ネットで拾ってきた画像なので少しわかりづらいと思いますが、在りし日のやぶそば。門を入ってすぐ右(藪蕎麦という看板の上)に出ているのが梅の木です。
【左】燃えるやぶそば。この写真だと咲いている梅が見えるかもしれません。

あの梅は無事だろうか。気になり出したら止まらず、今日の昼休み、確認しに行ってきました。


130220_1345~0003←ぶ、無事でした。゜゜(´□`。)°゜。
しかも塀や建物の外側は燃えていません。煙と炎がすごかったのでほぼ全焼かと思いましたが、燃えたのは内側中心のようです。ただしグルッと回って見たという人によると、裏の住宅と隣のビルがひどいことになっているそう(私は野次馬の数がすごかったので遠くから梅を撮影するだけに留め、近付きませんでした)。


よくあの炎で無事だった・・・
野次馬と報道陣に囲まれる梅の木を見て私の胸に浮かんだのは、「奇跡の一本松」でした。あの松の木が復興の象徴となったように、この梅の木もやぶそば再建の希望となるのでしょうか。

経営者は火災直後から「必ず再建する」と宣言しているそうです。
しかし創業時からの「かえし(つゆのもと)」焼けてしまったそうだし、近隣にも被害を出してしまっていますから、なかなかすぐの復活は難しいことでしょう。なによりあの建物がありません。

しかし幸いなことに「竹むら」や「ぼたん」「伊勢源」「まつや」等々、他の歴史的建造物は無事でした。一時は須田町全体が煙に包まれているとの報道もあったので危惧していましたが、正に不幸中の幸いです。
歩いているとまるで映画の舞台に立っているような気持ちになる神田須田町・・・この地にまた「藪蕎麦」の看板が立つことを願っています。



shizutamarakugo at 19:56コメント(6)トラックバック(0) 

2013年02月18日

今月も無事、大和田落語会に行くことが出来ました。

今回の演者は桂小文治師匠と橘ノ圓満さん。芸協のお2人です。
圓満さんは昨年7月にもご出演され、「にゅう」という珍しいネタを聴かせてくださった事がとても印象に残っています(*'-'*)  あれからもう半年以上経っちゃったんですねぇ あの頃はまだ文治師匠も平治で、襲名披露のお話しされてたな~とか、アレコレ思い出しちゃいました。
一方の小文治師匠は初めて拝見する師匠。でも大和田落語会は過去4回出られていて、特に1回目は2001年の発会式の際の出演者だったとのこと。理事の皆様や当時を知るお客様からしたら「あれからもう12年」かもしれませんね。

130217_1726~0001初めて拝見する小文治師匠でしたが、湯屋番で大好き になりました。あんなに笑った湯屋番は初めて♪ 湯屋の客になってあの若旦那の1人芝居on番台を見たかったです(笑)

前回は演者も若く・客層も若く(有り得ない平均年齢w)ワイワイした感じでしたが、今回は打って変わって落ち着いていましたね。お2人共シッカリ聴かせてくださる実力派の演者さんで楽しかったです。

残念だったのは今回、諸事情により打ち上げに出られなかったこと   痛恨の極みです。
また来月、よろしくお願い致しま~す(ペコリ)



                       お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 21:25コメント(6)トラックバック(0) 

2013年02月17日

昨晩は久しぶりに家でノンビリできたので、ネイルアートに取り組んでみました。乾かす時間も入れると1~2時間はかかるので、ホント暇な時しか出来ません

今回施したのは「にゃんこネイル」
猫ムスメの名に恥じないデザインです(笑)
グリーン系のネイルカラーをベースに底々うまく出来た(自己採点70点)のですが、乾かしている間、更に暇なので携帯でパシャパシャ写真を撮っていて、ある事に気付きました。それは、写真が加工出来るという事実です。

何度もネタにしていますが、私はこの携帯電話を使い始めて丸6年。今や7年目に突入しました。そんなに使っていて写真の加工ひとつ知らなかったとは・・・Σ(´д`;)  己のアナログっぷりにただただ呆れるばかりです。これじゃスマホにしたところで使いこなせるワケないですよね・・・更に機種変更への欲求が薄れるのでした

130216_2148~0001130216_2148~0001-0001130216_2148~0001-0001-0001











①普通に撮るとこんか感じが・・・
②文字を入れるとこんな感じ(猫ひろしかっ)
③そしてフレームを付けるとこんな感じに!!!

いいですねぇ
ちなみにコレは「衝撃の画像」というタイトルのフレームでしたが、他にも「ローズ」とか「ハート」とか色々ありました。あと白黒にしたりボカしたり、画像自体の加工も出来るみたいですね。へぇすごーいと、興味津々にアレコレ試す私・・・“昭和かよッ”というツッコミが聞こえてきそうですねw
まぁ何はともあれデコると手の肉付きが誤魔化せる気がする(爆)
前々からネイルアートの撮りかたには苦心していたので、しばらくコレで行ってみようかと思います( ´∀`)つ

・・・ところで豹柄やら猫柄やらあらゆるネイルアートをやっている私。
よく「そのまま会社に行くのか??」と聞かれますが、ハイ、行きますよ
いくら内勤とは言え、緑の爪したOLを黙認してくれる会社って(笑)
なかなか無いですよね。感謝しています。
ネイルアートは大切な私の趣味の1つ。休めないと文句言いながらも私が気分良く働き続ける所以の1つでございます  ありがとう。




                      お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 13:11コメント(6)トラックバック(0) 

2013年02月15日

昨日、池袋で仙台銘菓「萩の月」を購入する僥倖に恵まれました

私が通っている眼科医のすぐ近くに宮城のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」があり、そこで売ってたんです。でもアンテナショップだからといって常設で販売しているワケではありません。今まで何度か覗いて無かったのでお店の人に聞いてみたら、

『販売元がなるべく地元に来てくれた人に売りたいという意向で県外には出したがらないんです。ここで入荷するのもイベント時だけです』

・・・というお答えでした。
ま、いつでもどこでも買えるようなら地域名産の意味がないですから、正しいと言えば正しいスタンスですよね(●´ω`●)
とりあえずわざわざイベント開催日を調べて行ってまで買うほどの情熱はないので “眼科に行ったら覗く” という感じでしたが、昨日は運良くイベントに当たり、買うことが出来たんです~(o^∇^o)ノウレシーッ

130214_1801~0001130215_0850~0002











まずは1つ147円のバラ売りを自分用に3つ購入
冷蔵庫に「萩の月」が眠っている幸せを噛み締めております(笑)
そして会社用に箱買い。以前社長がお客さんから貰って会社に持って来た際、みんな「これウマイんすよね~!」と言いながら取り合いになっていたので、食べたかろうと思い買ってやりましたw  
今朝「1人1つ」と書いて冷蔵庫に入れておいたら帰りにはあらかた無くなってましたよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

いや~それにしても「萩の月」ってなんでこんなに美味しいんでしょうかねぇ(しみじみ・・・)
「赤福」や「白い恋人」等、美味しいお土産は幾らでもありますが、「萩の月」は群を抜いています。貰って嬉しい度MAXではないでしょうか

似たようなルックスで我が静岡に「こっこ」というお菓子がありますが、残念ながら足元にも及びません(笑) 
※ちなみに「萩の月」がカステラ+カスタードクリームなのに対し「こっこ」は蒸しケーキ+ミルククリームなので、比較するものアレかもしれませんね。

それにしてもワタシ最近、東北づいてますよね
これも津軽百年食堂効果でしょうか(笑)
今まで東北は岩手・福島しか行ったことがありませんが、本当に美味しい物が沢山あります。
復興支援などという上目線なことは言いません。ただ単に美味しい物を食べ美味しいお酒が飲みた~い!!!!! 
・・・本気で一度『東北一周の旅』に行こうかしらと野望が芽生えるワタクシでした



                      お後がよろしいようで。




images[3]←静岡銘産の「こっこ」。静岡県民ならこれを見た瞬間、条件反射的に
【タマゴかな? ケーキかな? こっここっこーひよこっこー♪】というCMソングと共に身体が動き出します(笑)





shizutamarakugo at 20:29コメント(6)トラックバック(0) 

2013年02月14日

Happy『ふんどしの日』!!!!
ではなく、Happy Varentine!!!!(笑)

130214_0648~0001今年も義理チョコの入った紙袋を抱え満員電車に乗る日がやって来ました。「止め時がわかならい」と呟き続けて早7年、今年もなんとなく言い出せないまま義理チョコを購入したワタクシです 貰う側(会社の男性陣)も私から義理丸出しのチョコ渡されても嬉しくもなんともないだろうし、お返しも面倒だろうと分かってはいるのですが・・・お互い遠慮し「バレンタイン廃止宣言」が出せずおります ま、これも日本ならではの潤滑油と捉えましょう♪


130214_0736~0001それにしても年々社員数が増え、それと共に義理チョコ選びが難しくなっている現実・・・いかに「単価」を下げるかが課題です(爆) とは言ってもあまり小さいのはセコくて嫌。女性なら安いチョコを沢山貰うより高級チョコを1粒貰う方が嬉しいですが、男性は逆だと聞いたことがあります。だからいかに安くて量が入っている(でも底々美味しいメーカーの)商品を選ぶかに神経を使うんです。ちなみに今年はメリーズチョコで12粒入ったヤツを買いました

全員に大箱1つというのはケチくさくて嫌なのでなかなか気を遣いますが、ま、なんだかんだ言って嫌いじゃないんですよねw  私は人に何かあげたり世話を焼いたりするのが好きなタイプなので、プレゼント選びは文句言いながらも楽しんでいるようです( ´_ゝ`)ノ

バレンタイン悲喜こもごも、今宵は色んなドラマが生まれることでしょう。
尚、ワタクシ今日は久しぶりに午後半休を取ってお出かけしました。
でも大切な誰かにチョコを渡しに行ったワケではありません。
花粉症が始まったので眼科に行ったんです。

チョコより黄色いアイツの行方が気になる・・・。
そんな三十路の2月14日でございます(*´∇`*)



                       お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 19:48コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ