2013年04月

2013年04月22日

冷たい雨が降りしきる中、大和田落語会に行ってきました。
今年に入ってから皆勤賞ですv( ̄∇ ̄)v

前回は円楽党の若手真打3人が顔を揃え、とても賑やかでした。打ち上げも盛り上がったなぁ(遠い目)・・
あれから1ヶ月、今回は立川流のベテラン真打、立川龍志師匠&立川ぜん馬師匠です   ・・・し、渋い(笑)
あまりの渋さに身悶えます。このギャップがたまりません。流石は大和田落語会、粋すぎる采配です。

お2人とも初めて拝見する師匠方でしたが、事前にプロフィールをチェックしていて気付いたのは、誕生日が5日違いだということ!! 
龍志師匠が昭和23年9月17生まれ・ぜん馬師匠が昭和23年9月22日生まれの、共に64歳。後で龍志師匠に伺ったところ入門はぜん馬師匠の方が数か月だけ早く「兄さん」だそうですが、「入門からずっと一緒にやってきた」と、しみじみ話されていました。5日違いで墨田と世田谷に生まれたお2人が、同じ立川談志に弟子入りし、ウン十年後、大和田の地にいようとは(笑)   不思議なものですねぇ。落語とは関係ナシに感動してしまうのでした
(そしてウチの母と同い歳であることに気付き、愕然www)

1流石は現在の立川流を背負って立つベテランのお2人。4席ともキチッとした正統派の古典を堪能させて頂きました。特にぜん馬師匠の「浜野矩随」には感動  恐らく落語歴ウン十年の先輩の皆様方にも充分満足が行く内容だったのではないでしょうか。

打ち上げにもお2人揃って残って下さり、感謝です。気さくに話し相手をして頂き有難うございました。


次回は再び橘家円太郎師匠と金原亭馬治さんのお2人♪
ちょうど1年前の5月と同じ顔付ですネ。とても好きな組み合わせ(と言っては失礼ですが)コンビネーションだったので、また拝見できて嬉しいです   来月は晴れるといいな(^_^)ニコニコ



                   お後がよろしいようで。




1【業務連絡】私が「5月に見に行く」と言っていた会はコレです。
http://yume-kukan.in/2013/05/24-1.html

喬太郎・市馬・花録という、都内なら瞬殺な顔付ですが、船橋だからという理由だけでまだ1階席も空いてます。ご興味が有れば電話してみてください。
・・・以上、分かる人にしか分からない業務連絡でした(笑)

shizutamarakugo at 19:03コメント(5)トラックバック(0) 

2013年04月21日

先日「ビブリア古書堂の事件帖3」を読んでいたら『探求書』にまつわるエピソードが出てきました。探求書とは “この本を探して欲しい” という依頼で、古書店では珍しくない仕事だそう。確かに絶版本や稀少本を見つけるのは素人にとって難しいこと。プロに頼めばネットワークで探してくれそうな気がしますね  ちなみにこのエピソードでの『探求本』は、依頼人が小さな頃に実家で読んでいた 
【タヌキとワニと犬が出てくる絵本みたいなの】というザックリ過ぎるヒントしかない書でございました(笑) 

もちろんそこはビブリア古書堂店主・栞子さん。その他諸々の細かな手がかりを引き出し最終的には本を用意できるのですが、このエピソードを読んでいて思いました。「これ、ワタシも有る・・・」Σ(´д`;)

実はワタシもこの依頼人と同じく、ずっと気に留めていた本が有るのです(探していたという積極的な感じではなく、あくまで気に留めていた程度)。それは・・・【ガムとチョコが出てくる絵本みたいなもの】。
これまたザックリです 人のこと言えやしない・・・( -д-)ノ
そして実はこれも実家にあった本なんです。小さな頃、何度も読んだような・・・でも内容すら覚えていない。ガムとチョコが擬人化されていて(確か目鼻も付いてる)、なにやら冒険するようなそんな話だったと思う

沢山読んだ絵本の中で何故これだけがそれほど気になっているかというと、主人公がガムとチョコだから!! チョコも確かM&M’sみたいな可愛いヤツじゃなく、ノッペリとした板チョコでした めっちゃシュールじゃないですか?? 何故にガムとチョコ!?(爆)
ずっと忘れていたのに、大学へ入った頃だったかな、ふと思ったんです。「あの本は一体なんだったのだろうか。ガムと板チョコが何をしたというのだろうか」 (´-д-;`) 

当時既にインターネットが広まり始めた頃だったので、私も大きく分厚いノートパソコンで検索しましたよ。「ガム 板チョコ 絵本」って・・・でも、何もヒットしませんでした  それ以来気になりつつも “あれは幻だったかも・・・”  とか思ってたんです。ガムと板チョコが主役の本なんて有るワケないし。きっと小さい頃に見た夢か何かを現実と履き違えているに違いない。そう思って諦めていたのですが、今回「ビブリア古書堂」を読んだことがキッカケで、再度調べてみました。思えばあれから十数年。もしかしたら何か新しい情報が出ているかもしれない

そして「ガム 板チョコ 絵本」と入力しEnterキーを押したところ・・・
あ、あった~( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
あろうことか一番上に
【子供の頃に読んだ「ガムと板チョコ」という絵本を探しています。題名があっているかどうか自身がありません。どなたか何かご存じでしたらアドバイスください】 というYahoo!知恵袋の質問が出てきたのです

・・・す、すごい。それこそ幻じゃないかと思いました。日本には同じ疑問を持っている人っているもんなんですね。あんなマイナー(多分)な絵本を探している人が他にもいようとは・・・ビックリです。質問の日付を見ると2010年。そりゃ私が大学生の時にヒットしないワケだ

ここまで来るのに随分長い年月がかかってしまいましたが、お陰様で私の記憶は幻じゃなかったということが判明しました。そして本の題名が「がむといたちょこ」であることも判明しました。あとはこれをどうやって手に入れるか、です。神保町の絵本専門の古本屋に行って、それこそ『探求本』の依頼でもしてみようかな?? それとも自分で気長に探して歩こうかな?? なにはともあれ、1つ楽しみが増えた感じです


・・・以上、栞子さんならぬ猫ムスメめの、本にまつわる事件帖でございました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ





                お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 12:30コメント(6)トラックバック(0) 

2013年04月19日

有給取得宣言をした今月ですが、順調に休んでおります('▽'*)ニパッ♪

第一弾は先週の水曜日・・・ららぽーとへお買い物
第二弾は今週の水曜日・・・家でゆっくり村上春樹を完読

そして今日!!!
今日は元々休みの予定をしていなかったのですが、昨日の段階で「なんかワタシ休めそう?」と感じたんです。で、急遽午前中だけ有給申請しました(いきなりでしたが社長に言ったら理由も聞かず“イイヨ!”だったw)

大体私が半休取るのは「落語会に行くため」午後早退することが多く、なかなか午前中だけ休むってありません。だからちょっと手持ち無沙汰でしたが、せっかくなんで地元で美味しいランチを食べてから行くことにしました(笑) 

1浦安と言えば魚介。近所の海鮮料理屋さんで『貝の五種かき揚げ御膳ランチ』です。これで1100円 お得ですわぁ。そして流石にお腹一杯ですぅ

あまりの満腹っぷりに戦意喪失しましたが、そのまま東西線へ・・・相変わらず混んでましたが流石にかろうじて座れ、読書しながら行くことが出来ました。あの満員電車を回避できるだけ、午前半休はイイもんですネ。クセになりそですv( ̄∇ ̄)v

有給第4弾は来週取得予定。
休める時には休む。それがモットーでございます



                    お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:02コメント(6)トラックバック(0) 

2013年04月18日

富士宮では『ミルい』という言葉をよく使います。
例えば「このタケノコはミルくて美味しいわ~」といった感じ

意味はそうですね、“柔らかくて瑞々しい” でしょうか。
辞書に載ってるワケじゃないので正確なところは知りませんが、我が家ではそのように使っていました。念のため同級生にメールで確認したら「言う言う!」と元気な返事が返ってきたので、少なくともウチだけじゃないはずです(笑) 
富士宮ないし静岡の方言なのだと思います(^_^)ニコニコ

富士宮生まれ・富士宮育ちの母&祖母も、旬の野菜や山菜を調理すると必ず「ミルくて旨いねぇ」と目を細めていました。そんな姿を見て育った私にも「ミルい」は生鮮品に対する最上級の誉め言葉の1つとして刷り込まれており、他に同義語が見付からないせいもあってか?? 故郷を離れて十年以上経つ今も、青々とした新鮮そうな野菜を見ると “お、ミルくて美味しそうだ” と内心つぶやいてしまいます(●´ω`●)


・・・昨日、スーパーで “ミルそう” なアスパラガスを見かけました。
美味しいですよね、アスパラガス。今が旬です♪
何故か千葉県産とチリ産が並べて売られており、値段に3倍の開きがありましたが、千葉県産は見るからにミルそう(←ダジャレになってしまったw)   そしてチリ産は見るからに固そう  
貧乏人ですが、迷わず千葉県産を購入です( -д-)ノ

13玉ねぎ











アスパラガスはベーコン・エリンギと一緒にバターで炒めて塩コショウで味付け。ついでにミルそうな新玉葱も購入したので、ザックリ4つ切りにし鶏肉と一緒に煮ました

アスパラガスも新玉葱も本ッ当にミルくて美味しかったです!!!
ご飯が止まりません(笑)
やはり食事は旬のものに限りますね(⌒-⌒)

もうすぐ実家から、ミルいタケノコと蕗が送られてくるでしょう。
みるみるミルい季節になりました。




                    お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:24コメント(7)トラックバック(0) 

2013年04月16日

1
借りました
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。長ッ(笑)
貸してくれたのは当社専務。発売初日に買い、ソッコーで読んだそうです。早ッ(笑)

専務は読書が割と好きで、特に村上春樹ファン。前作の『1Q84』も実は専務から借りて読んだんですよね~私(←絶対買わないw)  
だから今回も “専務に借りて読もっと” と勝手に決めていたワタクシですが、まさかこんなに早く貸してくれるとは・・・(注:貸してくださいと頼んだ訳ではありません)。1Q84は奥さんとか色んな人に貸した後、私の元へ回ってきましたが、その時2日くらいで読破し返却した私を見て「コイツは速読」と判断したのではないしょうか  今回は真っ先に私に貸してくれました(゚∀゚)アヒャヒャ

しかしあの発売初日の騒ぎは「?」でしたね。
本を夜中から並んで買うとか意味わかりません。
本屋が夜中から開けるワケじゃないのに・・・数量限定なワケでもないのに・・・。iPhone同様、完璧 “お祭り” です  「いぇーい!」とカメラに向かってピースする集団を見て「この人達きっと普段本なんか読まないだろうな・・・」と思ったのは私だけでないハズ

そもそもこれだけ騒ぎになってる本、探しゃ誰か持ってるだろ。
ちょっと待てば借りられますよ。本を買うこと自体に喜びを感じる人・コレクター・熱烈なファンならともかく、そうでもない人がほとんどだと思う( -д-)ノ

ま、何はともあれ本が売れるのは良いことです。
私は “借りて読んで良かったら買う” という慎重派なんで、その分どうぞホイホイ消費してください(笑) 

果報は寝て待てならぬ春樹は寝て待て。
思惑通りに事が運んだ今、さていつ読み始めようかと、楽しみでなりません。



                     お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 21:31コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ