2013年10月15日

2013年10月15日

10月13日(日)、3連休最終日。
『佐倉の秋祭り』に行って参りました(・∀・)

佐倉は江戸時代、土井利勝によって佐倉城が築かれて以来城下町として栄えた町です。『佐倉の秋祭り』はその佐倉藩の総鎮守となった「麻賀多神社」を母体とし、五穀豊穣に感謝する秋祭りとして古くから伝えられてきました。明治時代にはその祭禮の華やかさから「佐倉新町江戸勝り」と表現されたそうですよ! 現在は麻賀多神社以外に愛宕神社・神明神社・八幡神社が加わり4社合同で盛大に行われています

ちなみに私が行った10月13日は祭りの最終日。
到着したのが祭りのクライマックスである「麻賀多神社神輿宮入り」間近だったため、人出もマックスΣ(´д`;) 朝8時の地下鉄東西線を連想させました(←祭りほど混む東西線もすごいw)   
身動き取れるとか取れないとかそういうレベルではない。狭~い城下町の道にギッシリ人がいてそこを神輿が通る訳ですから、こりゃ毎年ケガ人が出てるだろうなと思わされる凄さでした。

112
















写真を撮るのも一苦労でしたが、なんとかこれだけ・・・

23















①百年以上前に造られた山車人形。これはレプリカだそうです。本物は市の指定文化財なため、別途展示されています。
②ちゃんと山車に乗っている人形はこれしか見なかった(多分こちらもレプリカでしょう)。後は普通に人が乗って踊ったり傘を回したりしていましたw

116















③佐倉名物(?)山車の擦れ違い。
④擦れ違う際はお互い上で“踊り合戦”のようになっています。

108















⑤神輿を出発させる際の神聖な儀式。
⑥いざ出発。「明神祭り!さらば久しい!」と唱えながら担がれて行きます。


人が多すぎて良い写真は撮れなかったけれど、佐倉囃子と合わせて繰り出される「えっさの こらさの えっさっさ!!!」という掛け声は腹に響きました。女衆による先導の舞も粋で良い。提灯の灯りが幻想的で、脈々と続く歴史の重みを感じさせました。

奇しくも今、佐倉は佐倉城が築かれ土井利勝が城主になってから400年目という節目の年を迎えています(正確には1611年着工)。完成まで7年かかったことにあやかり平成29年までを『佐倉・城下町400年記念』として様々なイベント・活動を行っているそうです。ゆるキャラの「カムロちゃん」もなかなか可愛いですよ(八千代市の“やっち”には敵わないが)笑。
そんな節目の年に伝統の祭りを見ることが出来たのは、幸せな体験だったと思います(^_^)ニコニコ




                    お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 19:00コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ