2014年02月

2014年02月28日

鏑木連著「思い出探偵」を読んでいたら、集団就職にまつわる話が出てきました。東北から夜行列車で上京した少年が、苦労に苦労を重ね、成功者となります。そして引退し、会社を息子に譲ったのを機に “恩人” 探しを依頼する・・・そんな話でした。物語の要となるのは一軒のジャズ喫茶。そして「ああ上野駅」という曲です。



「ああ上野駅」

作詩  関口義明  作曲 荒井英一
昭和39年 

1 どこかに故郷の香りをのせて 
  入る列車のなつかしさ
  上野は俺らの心の駅だ 
  くじけちゃならない人生が
  あの日ここから始まった

2 就職列車にゆられて着いた 
  遠いあの夜を思い出す
  上野は俺らの心の駅だ 
  配達帰りの自転車を
  とめて聞いてる国なまり

3 ホームの時計を見つめていたら 
  母の笑顔になってきた
  上野は俺らの心の駅だ 
  お店の仕事は辛いけど
  胸にゃでっかい夢がある


・・・いいですねぇ。こんなにいい歌だったのですね(T_T)
特に3番の歌詞(ホームの時計が母の笑顔に見えるという部分)がたまりません。この時代を何も知らない昭和50年代生まれの私が何故か号泣です

YouTubeを聴き、しんみりしながら読んでいたら、主人公(思い出探偵)がこう言いました。
『実は、この曲には途中にセリフが入るんだ。何度か耳にしただけだから完全には覚えていないけど、こんな内容だった。自分が東京に出てきてしまって野良仕事がきつくなっただろう。休みが取れて帰ったら、母ちゃんの肩をいやだというぐらいに叩いてやるよって、おおよそそんな内容だ。このセリフを聞いた時にね、理屈抜きに、参ったよ。だってそうだろう、彼らは家のために上京して、働くことを余儀なくされたんだ。中には昔で言う口減らしだと認識して、夜行列車に乗った子供もいる。なのに自分が抜けたことによる負担を心配する。それどころか自分がいなくなって大変な分、肩を叩いてあげたいって言うんだ。昭和三十年代とは、そんな時代だったんだと思うと、胸が詰まるよ。ああ上野駅の歌詞に出てくる主人公は、感謝の気持ちを持っているんだ。』

・・・ハッとしました。
聞き手の青年(私と同年代)がこれを聞いて述懐するように、今の時代は「感謝の気持ちよりも不平不満で充満して」います。
折りしも先日、名古屋駅前の歩道に車で突っ込んだ若者が「動機は1つではない。家庭や社会に不満があった。」と供述していると聞きました。なんだかそんな事件ばかりですよね最近・・・
口減らしに出されながらも親の肩を叩いてあげたいと言う15歳。警察幹部の息子に生まれ仕送りで生活しながも親を憎み無差別殺人に走った30歳。

だからどうだと教訓めいたことを言うつもりはありません。
ただただ「時代だな・・・」と呟くのみです。

shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2014年02月26日

1

「煮てほしい」。
はいそうですかと素直に煮たところ、本当に美味しかったです。
煮ると煮汁がじゅわっと染み込みやわらかくなる商品とか。

・・・それにしても「煮てほしい」って(爆)






shizutamarakugo at 21:00コメント(4)トラックバック(0) 

2014年02月24日

人生初、「美登利寿司」さんに行ってきました
「梅丘の美登利寿司」と言えば、寿司好きの中で知らない人はいないことでしょう。行列ができることでも有名ですね。身近にもファンが多く、前から気になってはいたのですが、どの支店も有り得ないほど並ぶと聞いていたのでなかなか行くことが出来ずにいました
しかし何か美味しいモノが食べたいなぁと思う今日この頃(牡蠣フライ食べたばかりなのにw)・・・たまたま池袋に用事もあったので、ついでとばかりに行って参りました( ´∀`)つ

私が行ったのは「梅丘の美登利 回し寿司 活 池袋西武店」でした。
調べると土日祝の開店時間は10時半・・・しかし開店後に行っても絶対入れないと聞いていたので、朝ご飯を食べず気合で10時(デパートの開店直後!)に行きました。  ・・・が、既に50人程の行列
鬼気迫るものがあります。これ、入れるのかな??(汗)

・・・なんとか第一陣で入れました。良かった
流石に2人なのでテーブルは無理だったけどカウンターの隅の方に座れせて頂きました。座った瞬間、皆、オニのように注文を始めます

123











456












①カニ汁 ②しらす軍艦 ③炙り3点盛り ④沖イカの漬けにぎり ⑤岩ノリ軍艦 ④サンマにぎり

以上、私が食べたのもの全てです。計6皿・11貫  
お、お腹一杯・・・私も衰えたなぁ。若い頃は多分10皿くらいイケたハズなんだが(←食べ過ぎwww)  美登利寿司さんは評判通りどれもネタが大きく新鮮!! こりゃ行列ができるワケだなと納得でした

しかし上のラインナップを見てつくづく思うのは、私のセンスの無さ
大トロやウニやイクラといった「王道ネタ」には全く興味がないようです(と言うかウニ・イクラは食べられない)。
別に値段を気にして注文したワケじゃないですよ~。むしろせっかく人気店に来たのだから遠慮せず好きなものを食べようと意気込んで入りました。それに美登利さんは一番高い皿で525円だから高いと言っても知れてますしネ。でも、好きなものを好きなだけ食べた結果がコレ
私の分だけだとお会計も1000円くらいだったと思う。

つくづく私は「安上がりにできてる女」なんだな~と実感したのでした( ̄▽ ̄;)!!ガーン


                      お後がよろしいようで。




8
←混み合っていたのでサッサと食べ終え11時過ぎに店を出たら、行列は目算120人程に増えてました  デパートのレストランフロアなので周りには他の店もあるし、並ぶ場所に限りがあるのでカオス状態。他の方のブログを見ると大体90分待ちが基本(?)のようです。やはり行くなら“開店30分前”をオススメします。



shizutamarakugo at 19:30コメント(4)トラックバック(0) 

2014年02月22日

牡蠣が好きでなりません。
一番好きなのはやっぱり生牡蠣。
殻に乗った新鮮な生牡蠣に大根おろしをのせレモンをかけ・・・酢醤油なんかもいい・・・ツルッと口に入れれば・・・・・・う~ん、想像だけで三合呑める(←何のセリフだ?)笑。
次に好きなのは牡蠣フライ。牡蠣グラタン・牡蠣飯なんかもいいですね。とにかく何でも好き!!( ´∀`)つ

でも、牡蠣って高いんですよね。今は「オイスターバー」があちこちに有るけど、どこもお高いです 私の夢は生牡蠣を死ぬほど食べることw でも生牡蠣は特に高いので、まずは死ぬほど牡蠣フライが食べられる「牡蠣フライ・ビュッフェ」にチャレンジしてきましたv( ̄∇ ̄)v


5
店は銀座コリドー通りにあるオイスターバー『Ostreaさん。
夜は普通のお洒落なレストランですが、ランチに牡蠣フライ食べ放題をやることで有名なんです。たまに銀座で買い物していて前を通りかかりますが、いつ見てもすごい行列  入れたモンじゃありません。でも一度はトイラしたいなと思っていたので、今回は11時半の開店前に行ってみました(それでも10人くらい並んでたよ・・・)

人気の秘訣はなんと言ってもその安さ。
1000円でメインディッシュ(パスタやご飯)を1つ頼むと、ビュッフェが付いてくるんです。ビュッフェの中身は牡蠣フライ・サラダ・プチデザート・ドリンクまで様々。こりゃマダム達が群がるワケだ  
ちなみに牡蠣って=食中毒のイメージありますよね( -д-)ノ  私もヘタな店じゃ絶対食べません。特に安い店はメッチャ警戒します。でもここなら安心。なにせオイスターバーがやっているビュッフェですから。“客寄せ”のため安く提供しているランチビュッフェでも、変なモノを出したら商売が出来なくなるでしょ。そう判断し行ってみました

34














【左】ビュッフェ・ブースはこんな感じ。あらかた食べ尽くされた後の写真ですいません。なにぶん食べ物が補充された瞬間次々と人が並び無くなってしまうもので・・・
【右】山盛りに盛られた牡蠣フライもあっという間に無くなる。みんなお皿にてんこ盛り、10個・20個単位で取って行きます ちなみに食べ放題用の牡蠣は一口サイズの小さなものです(産地・種類は不明)。

21














【左】私がメインディッシュに選んだのは「牡蠣とルッコラのフェデリーニ」。正に牡蠣尽くしです 麺の量が選べると言われたので、あくまで牡蠣フライの記録に挑戦したかった私は「小盛り」にしてもらいました。元々メインのサイズはどれもそれほど大きくありません(ビュッフェを念頭に置いている感じ)。小盛りにしたら普通のパスタ屋さんのパスタの半分くらいでした。丁度良いです。
【右】ビュッフェも牡蠣フライに集中するため、他はサラダ程度に・・・さぁ、いくつ食べられるか!?


・・・結果は14個でした。一口サイズなので10個までは余裕です(その後はちょっと頑張った)。揚げたてなので衣がサクサク、油もしつこくなく、とても美味しい牡蠣フライでした。流石はオイスターバーの牡蠣料理。女性でも20個・30個が当たり前と聞きましたが、さもありなんです。私もデザートのパンナコッタを我慢すれば20個はイケたと思いますが、まぁそこはワタクシゆえ、甘い物は無視できない訳で(笑)。

それにしてもよく食べた。
良質の牡蠣フライを“死ぬほど”食べ満足した(ハズ)の私。
しかし店を出て何故か思ったのは「あ~生牡蠣食べたい」
でした(爆)




                       お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:00コメント(4)トラックバック(0) 

2014年02月20日

久しぶりの平日休みGet
雪マークも消えたため(流石は究極の晴れ女w)、新宿伊勢丹の猫イベントに行ってきました。

その名も『Cat's ISSUE』
愛猫家のアーティスト達が集まり、猫をテーマとしたオリジナル作品を展示・販売するという、愛好きにはたまらないイベントですヾ(=^▽^=)ノ  開催期間は2月19日~2月24日(もちろん猫の日を挟む)  
週末はかなりの混雑が予想されるため、なんとか早いうちに行っておきたいものだと勇んで振替休日を取得したのでした♪

23














【左】ド迫力のエントランス
【右】よく見ると下が“猫用出入り口”風になってます!!

54














【左】猫をモチーフにしたブローチ・バッグ・靴・ピアス・・・とにかくニャンコだらけ。猫好きのアーティストってこんなにも多いんですね!!
【右】個人的に一番惹かれた「猫耳付きハット」(笑)。買いそうになる自分との戦いでした。流石に三十路でコレはヤバイだろうと自制しましたが・・・


本当に右を向いても左を向いてもニャンコだらけ。
猫レーダー麻痺状態です(笑)。
ただ、どれもアーティストの手作りで一点物(もしくは数量限定)・・・人気の商品は売り切れてしまってました。日によっても展示する商品が違うそうなので、本当に“巡り合わせ”。実際、各アーティストのサイトで見で可愛いなと思った商品はほとんど無かったです。とりあえず猫グッズに囲まれたら満足、くらいの気持ちで行った方がいいかもしれませんネ。ちなみに私は坂本美雨さんのツイートで見た猫ネックレスが一番のお目当てでしたが、欲しかったデザインは既に売れてしまったようで有りませんでした。まぁ買えるとは思っていなかったけど、残念です

b20657f297c111e39534125f71deab39_5[1]
←【写真】
買えなくて悔しかったので写真だけ。
あ~欲しかったなぁ・・・






お目当ての猫ちゃんグッズに出会えなかったのと、平日なのに人がすごくて辟易したのとで何も買わず退散しましたが、それでも癒されました。みんな猫、好き過ぎ!!(笑)  どの作品にもクリエーターさん達の「猫愛」が存分に感じられ微笑ましかったです

・・・また可愛い作品、沢山作ってくださいね~(^_^)ニコニコ





                        お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:23コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ