2014年04月

2014年04月20日

サンリオに、『キキとララ』というキャラクターがいます。
正式名称は「リトルツインスターズ」・・・双子なんですね

私が子供だった1980年台はサンリオの全盛期。
富士宮にさえサンリオ・ショップがありました(今考えると信じられない
子供にとっては夢のような店で、友達とバスに乗っては通ったものです(もちろん目一杯のお洒落をして)笑。ちなみにそこで売っている『いちご新聞』を持っていると学校で人気者になれました( ̄∠  ̄ )ノ

今30代の女子が “好きだったサンリオ・キャラ” について語ったら3時間は酒が飲めるでしょう(笑)。みんな1つはお気に入りのキャラの文房具を持っていたものです。ちなみに私が一番好きだったのは『みんなのたぁ坊』でした。天真爛漫なたぁ坊が気に入ったのでしょうか。筆箱を長いこと愛用していた記憶があります。しかしこのたぁ坊、「口を開けているは知的障害者差別だ」と横槍が入り、発売中止になってしまいました(その後ファンからの根強い要望により口を小さくする形で復活)。子供心に「くだらねぇなぁ」と思ったものです

そして次に好きだったのが、この『キキとララ』!!!!!
ようやく本題に戻りました(笑)。
キキララは下敷きを使っていた記憶があります。ピンクと水色の淡い色使いは今見てもいいですね。サンリオの中でもデザイン的に優れたキャラクターだと思います。【生まれたところ:ゆめ星雲のおもいやり星】【家族:発明家のおとうさま星・詩人で絵かきのおかあさま星】・・・という設定も正統派ですなv( ̄∇ ̄)v

この『キキとララ』、何故か最近リバイバル・ブームが起きているようです。何故だろう。優しい淡色が、当時子供だった世代(今:疲れた大人)に必要とされたのでしょうか・・・相次いで専門ショップがオープンし、期間限定でパンケーキ屋までできました そこら辺でもやたらグッズを見かけます。しかし“可愛いなぁ”と思いつつ今更身の回りをサンリオ・キャラで飾る気はない私。至って冷静に見つめておりましたが、ネイルシールだけは見逃せませんでした(((( ;゚д゚)))

6

か~わ~い~い~.。゚+.(・∀・)゚+.゚
即・購入

5

早速気合を入れて施しました。
キキとララが淡色なので、ベースのネイルも薄めのピンクで・・・
なかなか上手く出来たと思います(^_^)ニコニコ

当時下敷きの上にいたキャラが、今は爪の上に・・・
めっきり時の流れを感じるのでした


 
                    お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 11:00コメント(8)トラックバック(0) 

2014年04月18日

実家の母から荷物が届きました。
中身は筍・玉ねぎ・じゃがいもといった旬の食材に加え、何故か「銀座コージーコーナー」の焼き菓子詰め合わせ&「イオン」の商品券

11














脈絡無さすぎですが、これ全て貰い物なんですね(・∀・)
ウチの実家はやけに貰い物が多い。
と言うか田舎で長年生活を営んでいる家庭はみんなそうでしょう。どこかへ行けば必ずお互い土産を買うし、祝儀不祝儀も欠かさない。人と人との繋がりが密なんですね。
ちなみ実家近辺では今年、入学祝いや出産祝いが多く、出費が嵩むのはもちろんのことお返しに色々貰って困る・・・と言ってました(お返しってだいたい商品券とか菓子折りなんですよね)  
年寄りはお菓子なんか食べないしイオンも行かないので、「持て余してしまう」と言います。そして全て私に回ってくる 素晴らしき我が家の物流システムです(笑)。

私としては大変有り難い。
商品券はモチロン自分がソッコーで使うし、お菓子系は会社へ持って行けば5分で捌けます(食べ盛り? の男子が沢山いるので・・・w)   ウチの親もそれを知っているので大箱入りの食べ物が手に入ると私に「これ会社に持ってき~」と送ってきます。つい先日も桐箱に入ったカステラ3本を送ってきました。その前はハワイのマカデミアチョコだったか・・・・・・満員電車で会社に運ぶのはチト大変ですが、みんな大喜びで食べてくれるので私としても持って行き甲斐があります

「お裾分けのお裾分け」。
なんという無駄の無さでしょうか。
商品券にしろお菓子にしろ、一番必要としている人の手に渡っていますネ(゚∀゚)アヒャヒャ

まぁ母も「困る困る」と言いながら、私に荷物を送りたいのでしょう。
必ず何か手作りのお惣菜(肉じゃがとか漬物とか)が一緒に入っています。“お裾分け” を口実とした一種の“仕送り”じゃないかな。
私もそれくらいは想像できる年齢になりました。だから毎回必ず「荷物届いたよ~お芋美味しかったよ~」とメールをしています

もうすぐ母の日。
今度は私が何かを送る番ですね(^_^)ニコニコ



                     お後がよろしいようで。



【案山子】
♪元気でいるか 街には慣れたか 友達できたか 寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

・・・いい曲ですね。
4月から進学・就職で一人暮らしを始めた皆さんもそろそろ新しい環境に慣れる頃でしょう。これからどんどん楽しくなると思いますが遠くで待つ親の気持ちも忘れてはいけません。たまには連絡をしましょう(自戒)。












shizutamarakugo at 20:14コメント(4)トラックバック(0) 

2014年04月16日

有給休暇を取り「タイガー」へ行って来た私
普段は忙しいけど休める時には休みます。そしてウチの会社はそれを認める会社です(と言うかむしろ推奨してくれます)。
しかし世の中そういう職場ばかりではないようで、気になるニュースを目にしました。

【担任、息子の入学式へ・・・県立高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00010005-saitama-l11

なんかもう、“とほほ・・・”という感情しか芽生えないですね
イマドキこんな事で騒いでんのか。こんな奴らが「教育者」なのか。こんな奴らが「親」なのか。もぅ子供が可愛そうになってくるレベルです。自分が「人」を扱う仕事に就いているだけに余計 “あちゃー” と思ってしまいました(T_T)

この短いニュースを読むだけで色んな「間違い」を読む取ることが出来ます。ちなみにここで言う「間違い」とはあくまで法律に抵触するレベルの間違いです(実際抵触するかしないかはケースバイケースだと思うので分かりません)。感情的な間違いについてはツッコむとキリが無いので省略しますが・・・

【間違い1】
有給休暇は権利であり、拒むことは出来ない。
労働者から届け出があった場合、雇用主には「時季変更権」しか与えられていません。そしてこのケースの場合、時季変更権は行使できません。この教員が休んでも入学式は執り行えるからです。もちろん後からとやかく言うことも出来ません。

【間違い2】
理由を書かせてはいけない。
息子の入学式出席を理由に・・・とありますが、有給は権利であり、取得理由が問われるものではありません。申請を出された際、理由を聞くくらいはいいでしょうが強要をしてはいけません。これは過去に判例も出ているようです。ちなみにウチの会社は「有給取得届け出書」申請ではなく届け!)に理由を書く欄がありません。最初あったけど、上司の意見で廃止にしました。

【間違い3】
理由をバラしてはいけない。
この一件で一番愚かな人間は、校長です。何故「欠席の理由」をバラすのか!? 言わなきゃいいものを何故言うのか。埼玉で校長やってりゃ馬鹿なモンスターピアレンツは散々相手にしているだろ。炎上するって分からなかったのか(汗)。そもそも有給の理由は個人情報。いかなる場合もバラしていいものではありません。


・・・まぁザックリ挙げるとこんな所ですね。
他にも「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と「困惑」してしまう保護者とか、「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。」と「憤慨」してしまう県議とか、 ねじ込まれて「異例の注意」をしてしまう教育長とか、甲乙つけがたい馬鹿キャラがウヨウヨ隠れているこのニュース( -д-)ノ

しかし一番思ったのは “教員ってどんだけブラックなんだwwwwww” でした。こりゃ鬱病での休職・自殺が続出するハズです

こんな奴らに育てられた子供が大人になり、社会に出、上司になり、親となる。そりゃ日本の夜明けは遠いハズだ。
そう震え上がるワタクシでした(((( ;゚д゚)))






shizutamarakugo at 19:00コメント(8)トラックバック(0) 

2014年04月15日

有給を取り、南船橋の『ららぽーとTOKYO-BAY』に行ってきました。
わざわざ休んでまで平日行った理由は『フライング タイガー コペンハーゲン』です(●´ω`●)

フライング タイガー コペンハーゲン(通称タイガー)は北欧の雑貨屋さん その北欧らしいポップなデザインが人気で世界中に店舗を増やしています。日本には一昨年大阪に “アジア初店舗” がオープンし、売れすぎて閉店になったことで有名になりました(((( ;゚д゚)))

その後、表参道に関東初店舗がオープン。そして今年3月14日、ららぽーとTOKYO-BAYに国内3店舗目ができたのです!!! 
アメリカ村→表参道の次が南船橋ってウケますよねwww 
何故そこを突く、みたいなwww 
しかしこのニュースを聞いた時、私、“イケる・・・” と思いました。
だって南船橋ですもん!!!(笑)
  どれだけ人気の店でも人は南船橋まで行きません。しかしまぁ土日は流石に混むだろう・・・そう考え、仕事も落ち着いた先週、有給を取り行ってきたのでした

2

・・・予想通り並ぶことなくスムーズに入店。これが私の買った戦利品。

上から「マトリョーシカ柄のお皿2枚(1枚200円)」「ハート柄のまな板(200円)」「マトリョーシカ型のジュエリーボックス(300円)」「パンティ型のポーチ(200円)笑」「手鏡(100円)」

どれも本当に可愛いです。そして安い。最初「北欧の百円ショップ」という売り込みでしたが、日本では全て100円では売っていません。でも概ね100円~800円の価格帯です。これなら遠慮なくドシドシ買えますネ。店内は予想以上に広く品揃えが豊富で全部欲しくなってしまいますが、私は身の回り全てを “カワイイ” で埋め尽くすタイプではないので、実用性を考えるとこんなもの( -д-)ノ  
しかし雑貨が大好きで文房具からアメニティまで全て揃えたい! という人にとっては天国ではないでしょうか

ちなみにレジで店員さんに聞いたところ、土日も若干並ぶことはあるけど整理券を配るまでは行っていないそうです。流石は南船橋(笑)。

「雑貨女子」の皆様、穴場ですわよ~( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \





                          お後がよろしいようで。


【追伸】
一昨日あの記事をアップした後、浦安魚市場のHPに怒涛の更新がなされました(笑)。とっくに終わった3月のイベント情報から、5月の定休日案内までwww  アーカイブは早くも4月まで作られていました(´▽`)  3月のイベント情報が出現したところを見ると、何かのエラーで更新が反映されていなかっただけなのかもしれませんネ。何はともあれ気付いて頂け良かったです♪




























shizutamarakugo at 19:00コメント(4)トラックバック(0) 

2014年04月13日

1
久しぶりに朝「浦安魚市場」に行ってきました。
なんだかんだで1年ぶりくらいでしょうか・・・
行く時は行くんだけど行かない時は行かない。
そんなところです( -д-)ノ

しかし約1年ぶりの魚市場、一歩入った瞬間なんとなく違和感を感じました。どことなく今までと違うんです。うーんと思いながらグルグル回っていて、気付きました。なんか活気が無いんです(((( ;゚д゚)))
日曜日の朝7時過ぎという一番混む時間帯なのに、人が少ない(今までに比べて)。今までその時間に行くと朝市で混み合い団塊世代に通路を塞がれてしまうのが常だったのですが、今日は普通にスイスイ通れました

そしてもう1つ、やけにスカスカ(((( ;゚д゚)))
撤退した店舗が数軒あり、“歯っ欠け”状態になってました。浦安魚市場は場外市場じゃなく場内市場。とても小さな建物内に僅か数十軒の店舗が軒を連ねる小規模市場なので、2~3軒抜けただけですごい “廃れた感” があるんですよ

自分自身1年ぶりに行っておいてナンなのですが、ちょっと心配になってしまいました。大丈夫だろうか。増税の影響か?? 昨年のこの時期は「60周年記念」で盛り上がっていただけに、地元民として不安を覚えました。

まぁ店舗が撤退するのは個人の事情があるからしょうがない。
でも、公式ホームページの更新が2月16日で止まっているのはイタダケナイ!!! (久しぶりに行こうと思ってイベント情報をチェックしようとしたら何も載ってなくてビックリ)。もう4月13日なんですけど定休日情報すら3月で止まってる それまではちゃんと月別アーカイブとかも作ってたのに、いきなりどうしちゃったの!?
それと、メルマガも一応来るには来るけど内容がスッカスカで、メルマガというよりただの「メール」です(これもここ数ヶ月気になってた)。
IT担当が辞めてしまったのでしょうか?? だとしたら早く別の人にお願いした方がいいと思うんだ・・・
ITだけじゃなく、他の部分もネ。もう少し市場全体で盛り上げる工夫をした方がいいと思います。


魚市場は漁師町として栄えた浦安市の誇り。
地域を担(にな)っているのだから、もう少し頑張ってください。
浦安を愛する者として、愛すればこそ、そうお願いしたい気持ちで一杯です。



                          お後がよろしいようで。




23














【左】ブツブツ言いながら結局今日は江戸前の蜆だけ購入。沢山詰めてもらって300円でした。他にも同じくアサリやワカメ・生海苔が美味しそうでした。昔は浦安でも採れてたんですよね。
【右】こういう光景は市場ならでは。失くして欲しくないものですね。





shizutamarakugo at 20:30コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ