2014年07月

2014年07月22日

祝・150回

記念すべき区切りの回であると共に、数日前、嬉しいニュースも飛び込んできました。2015年3月、我らが金原亭馬治さんの真打昇進が発表されたのです(*゚∀゚)っ
馬治さんは大和田落語会(丸花亭)が「Home」ですので、皆さんの喜びはひとしお。ニコニコ顔で喜びを分かち合いました~ 
馬治さん、本当におめでとうございます。

さてさて、お祭り気分のまま迎えた第150回は特別企画!!!
『菊之丞独演会&寄席文字の世界』です。
菊様は大和田でもお馴染みですね。前回2012年3月に演じてくださった「百川」は今でも記憶に残っています。そしてもうお1人は橘右橘(たちばなうきつ)さん。なんと鈴本演芸場の寄席看板も担当されている書家の方だそう。すごいですねー。

6

菊之丞師匠の『親子酒』・『居残り佐平次』は流石の一言。どちらもよくかかる演目ですが、こんなに面白いのは初めてでした。やはり一味違います。個人的には “羊羹の上に塩辛” がツボでしたね(笑)。こういうおかみさんのキャラが出た『親子酒』は初めてだった気がします 
斜め後ろに毎日新聞の記者の方がいたので気になって反応をチラ見していましたが、けっこう身を乗り出しウケてましたよ。仕事で来た記者をも魅了する(?)菊之丞師匠、流石です(゚∀゚)アヒャヒャ

7

そしていよいよ右橘師匠による寄席文字の世界。
右橘師匠、ナニゲにいつも見ている丸花亭の文字を書いた方だったのですね~  知らなかった・・・ そう言われてまじまじと見たらちゃんと橘右橘の印が押してありました。ボケッとしてちゃいけませんね(汗)
本来ならここであれこれ感想を書くところですが、寄席文字の名人芸については何を書いてもしょうがない。「百聞は一見にしかず」。写真でご覧頂きましょう(師匠には横着にもTwitterのメッセージで掲載許可を取らせて頂きました。快くOKして下さり有難うございます
BlogPaint4














5140720_1722~02














寄席文字は “客が集まるよう縁起をかついで字が詰まり加減になっている” のが特徴だそうですよφ(.. ) 
尚、右橘師匠は『寄席文字』『勘亭流』『江戸文字』の3つを自在に書き分ける名人です。この3書体の違いについては打ち上げの席で師匠ご本人に色々教えてもらいました。が、長くなるので割愛します(笑)
しかし3つの文字を見比べることが出来る素晴らしいサイトがありましたので、どうぞこちらをご覧ください(※上の「江戸文字筆法講座」というタブをクリックすると見ることが出来ます)。
【橘右橘応援団】http://kuma3kuma3.com/ukitsu/ukituFrameset.htm


寄席文字という一般の人はまず見る機会のない芸能、こんな間近で拝見することが出来、光栄でした。記念すべき150回目にふさわしい企画。貴重な体験ありがとうございました(*'-'*)





                           お後がよろしいようで。








148














912














こちらも恒例、素晴らしい御馳走とお酒の数々



shizutamarakugo at 19:30コメント(12)トラックバック(0) 

2014年07月20日

BlogPaint


猫ムスメ、渾身の大作( ̄ー ̄)ニヤリッ

2時間かかりました・・・





                     お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 11:10コメント(4)トラックバック(0) 

2014年07月19日

お気に入りの傘が壊れました
8本ある中骨のうち1本が外れてしまい、しっかり開き切らなくなったんです。゜゜(´□`。)°゜。

BlogPaintBlogPaint














お気に入りではあるけどもう6~7年使っているし、満員電車で柄もひん曲げられたことだし、限界ね・・・・・・そう思い一瞬捨てようとしましたが、その瞬間、私の中の「モッタイナイお化け」が囁きました。「直せばまだ使えるよ」と( ̄ー ̄)ニヤリッ

確かに金具は無くなっているけど糸の様な物があれば接続できます。捨てるのはまだ早い。物持ちが良いことで知られる私の名がすたる とばかりに裁縫箱をゴソゴソ。黒い裁縫糸を引っ張りだし、せっせと修繕に励みました(本当は釣り糸が欲しいところだったけど流石のウチもそれは無い。まずは裁縫糸で応急処置です)。

BlogPaint
1人で骨を押さえつつ糸を巻かなくてはならないので若干苦労しましたが、10分くらいで完了! 試したら問題なく開閉できました♪ 
今度100円ショップで釣り糸を買ってきて補強すれば当分持つでしょう。モッタイナイお化けもご満悦です(笑)。

しかし直しながら思いました。“今、傘を修理して使う人ってあんまりいないんじゃないかな” と・・・・・・
今ってみんなビニール傘ですよね。すれ違う人すれ違う人みんなビニール傘です  それを見る度「あぁ勿体無い」と思う私。だってすごいお洒落してる人も傘はビニールなんですもん それだけで一気にレベルダウン。どれだけ高級な洋服をまとっていても台無しです。「お洒落は足元から」って言いますが、頭上も大事ですよ( -д-)ノ( -д-)ノ

ちなみに私は家にビニール傘が1本も有りません。買わないからです。雨が降りそうな日は折り畳み傘を持って行くし、会社には「置き傘」をしてあります(※これは唯一大昔、旅先の京都で雨に降られ買ったビニ傘)。雨が降ったからと言っていちいち傘を買う人が信じられません。勿体無い。お金の無駄だし、資源の無駄。玄関がビニール傘で溢れ返っている人=だらしがない人だと思っています   
みんな「いい傘を買ってもどうせ置き忘れるから・・・」と言いますが、それはどうでもいい傘だから忘れるんですよ。キチンと何千円なり何万円なりのお金を出して買ったお気に入りの傘なら忘れません。私もかつて置き傘(前述のビニール傘)を差して帰り、飲み屋に入って忘れたことはありますが、“ちゃんとした傘” は一度も失くしたことがありません。今回修理したヒョウ柄の傘も、6~7年は使っています(^_^)ニコニコ

台風の後など、街に散乱したビニール傘の残骸を見ると悲しい気持ちになります。傘はいつから「使い捨て」になったのでしょうか。鬱陶しい梅雨時、傘がお洒落だと少しだけ気分が晴れるんですがね 
さぁみんなで「傘の花」を咲かせましょう(*'-'*)


 
                        お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 20:00コメント(6)トラックバック(0) 

2014年07月17日

1日だけの夏休み・第2弾を取りました
今回向かった先は東京駅構内「ふなっしーランド0号店」!!
ふなっしー初のオフィシャルショップなのです(*´∇`*)

1

平日の朝11時頃でしたが、“梨友” で溢れんばかり(ふなっしーはファンを梨友と呼びますw) 入り口では大きなふなっしーがお出迎え。みんな一緒に写真を撮っています。
奥には千葉ロッテマリンズのとコラボ商品と共にに、ふなっしー直筆(笑)のサインボールが・・・
24
















当然のことながら店内は右を見てもふなっしー・左を見てもふなっしー。押し寄せる黄色と水色の色彩群・・・正に「ひゃっほー!」の世界です。
それでは早速トチ狂ったワタクシの購入した戦利品をご覧ください。


69














①手鏡・・・ポーチに入るサイズであることを確認し購入。持ち歩きます。
②ワッペン・・・水に濡らしてアイロンで付けられるやつ。何に付けようか。

107














③巾着袋(小)・・・これも飴か何か入れて持ち歩きます。
④ネームステッカー・・今回一番のお気に入り。1回300円で作れました。本名じゃなく猫ムスメで作るところがミソ。携帯電話やパソコンに貼ろうと思います。


尚、この後、私は美容院に行きました。年に3度の縮毛矯正です。
そして髪をアイロンで伸ばしてもらいながら美容師さんに「今ふなっしーランドに寄ってきたんですよぉ」と事細かく話をしたところ、再び衝撃の一言を言われました。
 「なんかあの弁護士みたいだね(笑)」

・・・お、同じでしょうか( ̄▽ ̄;)!!ガーン






                        お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2014年07月15日

公開終了間近の『ポリス・ストーリー レジェンド』を観て来ました

60過ぎたらもうアクションはやらない♪ と言っていたジャッキー・チェンがつい我慢できずに作ってしまったという作品(ウワサ)笑。
1954年生まれのジャッキーは今年正に還暦!! すごいですね。

ちなみに私がカンフー映画を観るのは先日DVDで見た『プロジェクトA』に継ぎ2作目。調べたところ『プロジェクトA』公開時(1984年)ジャッキー30歳。そして今回は60歳。一気に飛んだものです(゚∀゚)アヒャヒャ

しかし歳をとったジャッキーはとても格好良かった
衰えという言葉を知りませんね。むしろ若い頃より精悍で格好良く思えました(役柄の影響もあると思いますが・・・)。
私、カンフー映画と言うとプロジェクトAや有名な酔拳みたいにコメディ要素が強いと思っていたのですが、そうでないのもあるんですね。
『ポリス・ストーリー レジェンド』はガッツリ重く、シリアスな内容でした。テーマは“同族愛”。妹の死の真相を解き明かすため命がけで復讐を図る兄・仲間と、娘を守るためこれまた命がけで戦うジャッキー。
最後の、ジャッキーが自分に銃口突きつけるシーンでは不覚にも涙が出そうになりましたわ まさかカンフー映画に泣かされようとは・・・
アクションもいわゆる古典的イメージである「アチョーッ」って感じじゃなく(笑)、もうちょっとこうハリウッドっぽいアクションでした。プロジェクトAの様な軽快さはないけど、これはこれで格好いいし、まぁジャッキーの歳も影響してるんでしょうね( -д-)ノ

人生2本目のカンフー映画、大いに楽しませてい頂きました(*´∇`*)


shizutamarakugo at 19:30コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ