2014年09月21日

2014年09月21日

日帰りで静岡県富士市に行ってきました。
「里帰り出産」した友人Yちゃん&赤ちゃんに会うためです
(産後1ヶ月は実家にいるらしい)

手土産に「虎屋」の羊羹を携え新富士駅到着。
駅までは友人M子が車で迎えに来てくれました。
M子も高校時代からの友人。
私・Yちゃん・M子は東京進学&就職組だったので、よくつるんだものです。3人で八丈島やタイへ旅行に行ったりもしました。仲良し3人組というヤツですな。しかしそんなトリオも今は昔。私以外の2人は結婚し母となり、M子に至っては富士宮に戻ってしまいました(中学の同級生と結婚したため)。だから3人揃うのは恐らく4~5年ぶり!! さながら同窓会のようでしたわヾ(=^▽^=)ノ

62











①生後10日くらい(Yちゃん撮影)。私の贈ったおむつケーキとほぼ同じ身長♪
②生後24日(昨日・猫ムスメ撮影)。だいぶ大きくなり、敷いてあるバスタオルから頭がハミ出そう♪


14時くらいに伺ったところ、ちょどお昼寝タイム。爆睡してました(笑)
赤ちゃんは手も足もとても小さく、でも全身で生きていて、「生命の塊(かたまり)」のような存在でした。夢でも見ているのでしょうか。寝ていても笑ったり顔をしかめたり表情が豊かです。また急にピクンと動いたり足をピョコンと突き出してみたり、見ていて飽きません。夜中でも3時間おきに起きて授乳しなくてはならないのでホント大変・・・とYちゃんやつれていましたが、それでも我が子を見る目はとても優しく、幸せそうでした。

おメメ開けた姿を見れなかったのは残念でしたが、お陰で愛らしい寝姿を眺めながら心置きなく女3人、2時間ゆっくりお喋り(起きているとグズッてそうもいきませんからね)。YちゃんとM子が口々に語る妊娠・出産話は面白可笑しく、また心に染みました。みんな大変な思いをしながら母になるのですね。世界中の「母」に感謝です。
尚、今回の収穫は赤ちゃんだけでなく、Yちゃんのお父上・お母上にもお会いすることが出来たこと。高校時代散々お世話になったので、これまたキャーキャー大騒ぎでした(笑)

ちなみにYちゃんのお宅には、百歳近いご高齢のお祖母様もいます。
お祖母様・ご両親・Yちゃん・赤ちゃん・・・1つの家に四世代揃う。
今や珍しい家族の光景に、【家】としての確かさを感じるのでした。




                    お後がよろしいようで。




5【おまけ画像】
超どうでもいい話ですが、富士市は流石、銀行のカラーコーンまで富士山でしたw  
フジロックでは電気グルーヴのピエール瀧(静岡県出身)がこのカラーコーンを頭にかぶり「富士山! 富士山!」と叫んだそうです。 
・・・ホントどうでもいい話でしたね すいません。






shizutamarakugo at 10:30コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ