2014年12月

2014年12月22日

2ヶ月ぶりの大和田落語会でした
忙しさに負け大好きな場所に行くことが出来ないのは情けない限りです。

さてそんな久しぶりの大和田は少し変わった趣向でした。
【まねき猫と小痴楽・昇々の会】
そう、落語ではなく、江戸家まねき猫師匠の「動物ものまね」がメインだったのです
イメージ的には大御所の姐さんが弟分2人を従えて来た感じ(笑)

1


【江戸家まねき猫】
まずは昇々さん・小痴楽さんを1人ずつ呼んでのオープニングトーク。やけに仕切りが良い・・・と思ったらラジオでご自分の番組を持っており既に放送回数が50回を超えているとのこと。納得です。アドリブに慣れている感じがすごい。動物ものまねの大家でありながらトークのプロでもあるんだなと実感。「姐さん」の貫禄抜群でした。

【春風亭昇々】
長い。マクラで終わるかと思った。師匠である昇太さんの話からお母様の話まで被せる被せる(特にお母様の話が長かった)。このペースだと落語は軽めで終わるなと思ったらまさかの『お見立て』。始まった瞬間、客席が“えっ”という空気になりました。どちらかもう少し軽くても良かったんじゃないかな。

【江戸家まねき猫】
まずはご自身の芸歴から。8歳の時に出されたレコードの歌声を披露。
お次は「動物ものまね」について説明。まねき猫師匠は江戸家猫八ファミリーの一員で、四代目・猫八の妹さんなのですが、江戸時代には動物ものまねの芸人が沢山いて、『猫八』というのはその総称だった(猫の鳴き声を8通りの声色で演じ分けられることからそう呼ばれた)というウンチク。大変勉強になりました。猫八ってそういう意味だったんですね。『猫』だけに長年気になってましたがようやく謎が解けました。
そしていよいよものまね。「河童の鳴き声」という “それはものまねですか(笑)” をストーリー仕立てにして演じる見事さよ。もっとジックリ拝見したかった。本当に惚れ惚れ。

【柳亭小痴楽】
モジャモジャ頭でいかにもヤンチャな若者という感じ。クラスにいたなぁこういう男子。でもなんかイイ。勉強は本当に苦手そうだけどこういう人がいわゆる「天才型」なのかもしれないと思いました。ある特定の分野で抜きん出た能力を発揮するタイプですね。いかにも新作をやりそうなルックスで繰り出す古典落語は勢いがあり気持ち良い。若さ溢れるキラッキラな一席でした。芸協の中では夢吉さんに次ぎ注目(自分メモ)。



・・・今回、体調がイマイチだったため打ち上げは不参加。
まねき猫師匠に「猫耳」の事を伺えなかったのが残念でなりません 
でもこういう季節柄ですから仕方ないですね。またそのうち機会があるでしょう。その時は「私も猫です」と自己紹介させて頂きたいと思ってます(^_^)ニコニコ



       
                  お後がよろしいようで。







shizutamarakugo at 19:00コメント(12)トラックバック(0) 

2014年12月21日

今朝テレビを見ていたら【東京駅構内ナビ】アプリが販売されると言っていました。しかもJR東日本から

いや~ビックリしました。
大丈夫なのでしょうか???
これはスマートフォン専用アプリです。
つまりあれだけ人でごった返した東京駅構内を、JR自らが「スマホ見ながら歩け」と言っている。信じられません。

私は利用者数が非常に多い大手町駅を使っているので、『歩きスマホ族』の恐怖は身に染みて理解しています。彼らはどれだけ混雑していてもスマホを見ます(見ずにはいられない病気なのでしょう)。そして真っ直ぐ突進してくる。唯一できる防御策は “自分がよける” 事のみ。怪我をしたくなければこちらが注意してよけるしかありません。

他の駅でもヤバイに、東京駅ですよ東京駅。何がマズイて、キャリーケースです。ここ数年キャリーケースよる事故が増えてますよね。ターミナル駅には必ず注意喚起するポスターが貼られています。私も毎回帰省で東京駅を利用しますが本当に怖いです。何度も足を引っ掛けられ転びかけたし、痛い思いは数限りなくしています。
そんな『凶器』を持った人達が、スマホ見ながら歩いたら・・・・・・考えるだけでも恐ろしい。゜(´Д`)゜。 絶対ケガ人が出ますよ。

尚、東京メトロの駅には必ず「構内での歩きスマホはおやめください」と啓蒙ポスターが貼ってあります。アナウンスもしつこいくらい流してます。それなのに、JRは「推奨」するのか!? 事故が起きたら責任取れるのか!? って言うか誰も反対しなかったのか!? 
“これでもう迷わない!”とはしゃぐ姿に違和感がぬぐえません

一応JRは公式ホームページで【スマートフォンをご利用しながらの歩行は、大変危険です。 周りの方のご迷惑や事故を防ぐために行わないようにお願いします。 駅構内ナビをご利用の際は一旦立ち止まって周りに注意してご利用いただきますようお願い申し上げます。】と書いているそうですけど、誰が守るか(爆)
こういう便利なアプリがある以上、みんな歩きながらガンガン使いますよ。そんかことわかってるでしょ。キレイ事は止めてください。


・・・大きな事故が起きないよう願います。






                      お後がよろしいようで。





shizutamarakugo at 12:30コメント(8)トラックバック(0) 

2014年12月20日

ダイソーのネイルがすごいです。
とても百円と思えません。
ネットで話題になっていたので買ってみたら本当に使えました。

【ダイソーの宇宙マニキュアがめっちゃ使える!!】http://matome.naver.jp/odai/2140910839923402701

1

私が使ったのも記事で紹介されている「ラピスラズリ」。
ガラケー撮影なんでちょっと色の出方、違いますがね
でも本当に深みのある色で発色も良いです。
クリスマスの夜空をイメージし、トナカイ飛ばしてみました
100円でこんなの作っちゃうなんですごいな~(((( ;゚д゚)))

これは使える。もっと欲しい。
でも残念ながら私が行ったダイソー(鈴本演芸場前)ではラピスラズリ以外売り切れでした。どの店舗でも軒並み完売だそうです。ネットの力って偉大ですね。

とりあえず「ビリジアン」が欲しい!!!
ダイソーを見かける度、チェックする日々が続きそうです( -д-)ノ



                お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:30コメント(4)トラックバック(0) 

2014年12月19日

父が東京に来ましたΣ(゚д゚;)

と言っても私に会いに来たんじゃありません
腰が悪く歩くのもしんどい父、あらゆる病院に行ったけれど治らず、ある人から「目白に名医がいる」と聞きつけ “ダメ元だ” とやってきたのですよ(汗)
病院の予約が15時だそうで「その前にお昼食べたいんだけど神田にイイ店ない?」と聞いてきたので(素直に “付き合って” と言わないところが父www)、あぁ一緒に食べたいんだなぁと思い「ランチくら奢ってあげるよ!」と誘ってやりました( ̄ー ̄)ニヤリッ

仕事を抜け出し13時に神田駅で待ち合わせ。
それにしても親と東京で待ち合わせるってヘンな気分ですね。初めての経験です。改札前に佇む父は襟付きシャツ、ベスト、黒のコート、スラックス。流石にネクタイはしていないけど一応 “ちゃんとした格好” です。田舎にいる時は上下ユニクロ状態ですが、若者と違い、あの年代の人ってどこか行くとなるとカジュアルには来ないんですよね。
改札前に佇む父を見て思いました。「リアル東京物語かっ」。

もちろん父は笠智衆さんには程遠いですがね。お腹出てるし♪
でも、不安げな表情で私を待つ姿がどこかシンクロ。
脳内にホルンのBGMが流れましたわ~(笑)
ま、小津ファンには怒られるでしょうがね

ちなみに私が連れて行ったのは神田駅前の『野らぼー』さん。
本当は『神田まつや』か『きくかわ』に連れて行ってあげたかったけど、なにぶん歩行困難だからしょうがない。そして、時間が無い!!!
うどんで申し訳ないけどココの讃岐うどんは本当に美味しく(もちろんセルフじゃないよ)、天麩羅も本格的なので、父も喜んでくれました。温かいうどんでポッカポカ。エッチラオッチラ元気に(?)目白へ去ってゆきました。

1

考えてみれば父と2人きりでご飯食べるのも初めてだったなぁ。必ず母がいる。いつもペラペラ1人で喋りまくる母がいないので若干間が持たなかったけど、貴重な経験でした。きっと両親が去り、自分も老いた時、思い出すのはこういう光景なんでしょうね。



                   お後がよろしいようで。




【追伸】
珍しくこんな時間にブログをアップしていますが、これから噺家の某・師匠&落語仲間の方達と忘年会です。美味しいものを沢山食べて“年忘れ”してきますね~.。゚+.(・∀・)゚+.゚




shizutamarakugo at 18:10コメント(6)トラックバック(0) 

2014年12月16日

私には深刻な病があります。
放っておくと命に関わる深刻な病・・・
それは『暮れになると寄席にこもりたくなる病』ヾ(=^▽^=)ノ

はい、不謹慎なネタで失礼しました~。
でもホント暮れになると行きたくなるんですよね(普段定席は嫌いなのに)
そんなことしてる場合か!! とツッコミつつ行ってしまう。あの「非・現実感」がイイんですね。365日いつも変わらぬ空気が流れる場所。忙しい時こそ籠(こも)りたくなる何かがそこにはあります。思えば昨年12月、小里ん師匠の素晴らしい顔芸『にらみ返し』を聴いた(見た?)のも鈴本演芸場・中席・昼の部でした。
さぁ今年はどんなトリネタを聴かせてくださるかしら( ´∀`)つ

1
【平成26年12月13日(土)鈴本演芸場・中席・昼の部】
古今亭始「のめる」・古今亭菊太楼「湯屋番」・柳亭燕治「時そば」・ロケット団(漫才)・三遊亭歌武蔵「支度部屋外伝」・柳亭市馬「高砂や」・柳家紫文(三味線漫談)・柳家はん治「鯛」・仲入り・江戸家猫八(ものまね)・古今亭菊志ん「がまの油」・三遊亭歌之介「笑いが一番」・ホームラン(漫才)・柳家小里ん「にらみ返し」


・・・って、また「にらみ返し」か~い( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ
笑いました。定席寄席は行き慣れないのでよく分かりませんが、10日間毎日同じネタということはまず無いでしょう。ある程度は変えると思います。その中でピンポイントに2年連続おんなじネタに当たるとは!!(笑)
まぁ「にらみ返し」は“掛取り”の噺で、暮れにはピッタリですからね。12月限定ということで被るのは仕方のないことですが・・・高座開始20秒くらいで“あっこれ「にらみ返し」だ”と気付き苦笑いしてしまいました。
でもやっぱり面白かったです。何度見ても面白い!! 小里ん師匠の顔芸!! あのニラミをされたらどんなツワモノでも一目散ですわ~(゚∀゚)アヒャヒャ
すっかりクセになってしまいました。小里ん師匠のにらみ返しを聴かないと年を越せない身体になってしまったらどうしてくれよう(笑)

午後16時30分、昼の部終演。
苦手なエアコンとディープなニラミでポーッとしながら外に出ると、そこは師走の夕暮れ。多くの人が背中を丸めせわしなく道を行き交います。そうか、これが現実か。我に返るワタクシ。

寄席は夢の玉手箱。現実を忘れる4時間です。





                       お後がよろしいようで。





















shizutamarakugo at 19:30コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ