2015年02月

2015年02月27日

東京かわら版の3月号が届きました

3

こりゃ永久保存版っすな( ̄∠  ̄ )ノ

新真打10人がズラリと並ぶ表紙、格好良すぎる。
しかもその中には我らが馬治さん&馬吉さん(改メ馬玉師匠)。


12














10人それぞれのインタビューも載っていて、これまた興味深い。
皆個性がよく出ています。
周りの人間を大切にする馬治さん(大和田落語会の席亭・司法書士の先生など具体的に書いているのは馬治さんだけ)、師匠大好きな馬吉さん(2ページの大半を師匠との出会いや芸への憧れで埋め尽くしている)・・・・・・もちろんどちらも違って共にイイ。互いに兄弟弟子である相手への感謝(?)を綴っているところも素敵です


こりゃ本当に永久保存版だな。
保存用にもう1冊欲しい。
でも東京かわら版ってどこに売ってんだろう?
(※いつも定期購読で届くのでワカラナイ)。

どこかの本屋で見つけたら即GETですv( ̄∇ ̄)v




                          お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:00コメント(8)トラックバック(0) 

2015年02月25日

ミキハウスが従業員に1人最大50万円の臨時ボーナスをあげるそうですね。50万・・・う、羨ましい・・・ただひたすら羨ましい・・・(((( ;゚д゚)))
しかも正社員だけでなくパートにまであげるというから大したものです。

しかし「羨ましい」と思う反面、「でも元ガネは爆買かよ」という複雑さは感じます。これ、多くの日本人が抱いている感情ではないでしょうか。
【爆買(ばくがい)この春節ですっかり単語として定着しましたが、いやスゴかったですね 季節的に地方の観光地を回っている営業マン達が「どこに行っても中国人だらけだった」と言ってました。都内もそうだったし、ニュースを見てもスゴイですね。札束片手に何もかもを買い漁っています。その購買意欲やすさまじく、彼らの通った後にはペンペン草一本残らないといった感じです。今の日本人には絶対出来ない買い方。こりゃ小売店は「中国人サマサマだな」と納得です

しかし「お金を使ってくれて有難い」と思う反面、やはり目に付くのはマナーの悪さ。どこへ行っても大きな声で喋りまくり、割り込むし、品物は荒らすし、店員の注意も聞かず、けっこう酷いみたいですね。観光地ではトイレの使い方などでもトラブルになっているようです。ただ、一昔前の日本人が世界から同じ目で見られていたことも事実(汗)。海外で首からカメラぶら下げブランド品を買い漁り、内心バカにされていたのはご存知の通り( -д-)ノ( -д-)ノ( -д-)ノ
「金と品性」これは必ずしも結び付かないのでしょうか。ま、「成金」かそうでないかによると思うんですが・・・急にカネを持つとロクなことにはならない。そういうことでしょうか。

なにはともあれここまで来るとチャイナ・マネーは無視できません。
ウチの会社も中国と取引ありますしね(゚∀゚)アヒャヒャ
お陰で臨時ボーナスが出るほど潤っている小売店もあることですし、有難い事です。

それにしても50万は羨ましい(←またソコかよwww)
きっと、普段ヘイトスピーチを繰り返しているような人も50万やると言われたら受け取るんでしょうね(笑) 私もモチロン受け取ります(笑)  人間そんなものです。
でも、出来ることなら「元ガネ」はジャパン・マネーであって欲しいですネ。




                            お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:00コメント(2)トラックバック(0) 

2015年02月24日

先日たまたまテレビをつけたら「NHKみんなのうた」をやっていました。
懐かしいですね なにやらヒヨコが明るくピヨピヨ歌っています。
お化粧しながらなんの気なしに聴いていたら、その明るい曲調からは想像できない壮絶な内容にグイグイ引き込まれました。そして最後、不覚にも涙しました(;´Д`)


むかし雨の日、死にかけたヒヨコが人間の男性に助けられる。ヒヨコは彼に恋をし、叶わぬ恋の辛さから家出をする。そしてニワトリになるのを諦め人間の女性になる(驚!!!)
苦労の末なんとか彼に再会した彼女(元ヒヨコ)は無事恋人となり、結婚する。「あれから50年、子供も巣立ち、また2人だけになりましたね。ピヨヨ~ピヨヨ~そうです私はあの時アナタに助けられたヒヨコです~♪」  
・・・と来たもんだ

な、なんちゅうカミングアウト・・・ピヨヨ~言われましても・・・(; ̄Д ̄)
唖然としながら固まっていたら、なんとオチが待っていました。
突然曲調が暗いものへと変わり、
「今の話は全部ウソです。ヒヨコが人間になる訳ない。」

えっウソなの!?!? いきなり素に戻るの!?!?
ちょっとビックリして画面を見たら、おばあさんが(入院中と思われる)旦那のベッドに突っ伏し、そこで歌は終了しました(泣)


う、う~ん・・・なんとも言えません。人によって解釈が分かれそう。
私は普通に【死の淵にある夫へ50年間の感謝を歌った歌】だと思ったんですが。
でもおじいさんが入院中というのも正しいかどうか分からないし(家のベッドかもしれない)、結局のところ本当におばあさんは元ヒヨコだったのか、だとしたら何故最後は冗談のような形で終わらせたのか、そもそも元ヒヨコでないならどうしてこんな作り話をしたのか???

なんにせよ、やけに後を引く曲。
Twitterでつぶやいたところフォロワーさんが『ピヨの恩返し』という歌だと教えてくれました。今大変話題になっているそうです。
聴いた後、涙が止まりません。




 
                         お後がよろしいようで。





一応YouTubuはありました。
ただ、アニメーションじゃないのが残念。
やはり実際「NHKみんなのうた」を見ないと味わい深さは伝わらないと思います。機会があったら是非録画してみてください♪

















shizutamarakugo at 19:43コメント(4)トラックバック(0) 

2015年02月22日

2月22日は「猫の日」
それを記念し、渋谷ヒカリエでこの様なイベントが開かれています。

【フェリシモ猫部 リアルショップ】
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000012759.html


㈱フェリシモは元々衣料雑貨を売る通販の会社。
しかしある時からやたらと猫グッズを売り始め『猫部』まで設立。
その独特のデザインには私も前々から注目していました(猫耳パーカーとか猫かぶりマスクとかぶっ飛んでます)。しかし猫ブームの昨今、可愛い商品はすぐ売り切れてしまうんですよね  
「ニャシュマロ」などは瞬殺で、涙を飲んだものです


そんな猫部の商品がリアル店舗で見れるなんて、激アツ過ぎる!!!
もちろん全ての商品があるワケではなく、むしろごく一部ですが、それでも猫に囲まれるのは究極の癒やし。緩むこと請け合いのお財布の紐をキュッと締め直し、渋谷ヒカリエへ向かったのでした~(゚∀゚)アヒャヒャ

12














しかし結果は “心配する必要ナシ”でした。
人が一杯でどれを買おうか迷うほど見る事が出来なかったんです・・・
そして、お目当ての商品はどれも全て完売でした(「にゃんそうこう」が買えなかったのは本当に残念

3

でもまぁ猫好きの知人の誕生日プレゼントに「猫ドーナツ型クッション」を買えたから良しとしましょう(^∀^)

ニャンニャニャンです(←意味不明)笑




                 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 12:00コメント(6)トラックバック(0) 

2015年02月18日


12














ディープな店でした・・・

勝田台の『ひみつきち』
怪獣映画・特撮・音楽で成り立つ飲み屋と言うか食堂と言うか・・・う~ん、一口では言い表せないディープ・スポット( -д-)ノ

店主の木村金太さんは “その道” では知られる人物だそうです。
なにせNHKハイビジョンの特集番組(怪獣王がテーマ)にも専門家として呼ばれるくらいですからねぇ。実際ゴジラ映画にも出演されているし。ついこの間はなんと、ゴジラの特技監督さんまで店に訪れたそう!! 千葉の片隅にこんな方がいらっしゃるなんて、面白いものですね。

私も最近、人の影響でゴジラを見始めています。しかしまだまだ初心者。とても語れるレベルにありません。
でもここはゴジラだけでなく様々な昭和アイテムがるので楽しかったです(^∀^) ウルトラマンのフジ隊員の色紙なんかもありましたよ~。私よりチョイ上の年代にはたまらないだろうなぁ。正に「ナウなヤングは全員集合!」って感じです(笑)

53














【写真左・右】
店内は懐かしのレコードジャケットやポスターで一杯。井上陽水ってこんな髪モフモフだったんですねw それと、レコードがこんなに小さいとは思いませんでした。子供の頃おばあちゃんの家で見たことがあり、もっと大きなイメージだったんですが、入ってる曲数(長さ?)で違うんですね。これはいわゆるシングル版だよと言われ「へぇー」でした

74














【写真左】
おつまみセット。アルミのプレートが給食っぽい(^∀^) ちなみにこの店の料理はとても本格的で、野菜は金太さん自身が畑で育てたもの。そして名物の燻製は畑の小屋で手ずからお作りになったものだそう!! どれも本当に美味しかった(個人的にはピーナッツの燻製に感動)。とても変わったコンセプトの店ではあるけれど料理がキチンとしている・・・これ人気のポイントだと思います。
【写真右】
今回一番嬉しかったのはお土産に小山酒造の「丸眞正宗」を頂いたこと。しかも特製升付きで!! ちなみにこの小山酒造は金太さんの故郷・東京都北区の酒造会社で、なんと23区内唯一の酒蔵だそうです



・・・金太さん、いや司令官、還暦おめでとうございます。
(言い忘れてましたが還暦祝いのライブに行ってきたんですw)
どうぞ知る人ぞ知る勝田台のディープ・スポットとしてこれからも元気に司令発信してください



                
                     お後がよろしいようで。





※写真・記事は全て掲載許可を得ています。





shizutamarakugo at 19:00コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ