2015年07月

2015年07月24日

お陰様でまた1つ歳をとりました。
もう喜ぶ年齢でもありませんが無病息災、何事もなく1年過ごせたことには感謝です。

ところで『お誕生日割引』ってありますよね?(いきなり何を・・・)
最近けっこう多いです。例えば今年、私の所へは

①お誕生日月に1点・5割引で買えます(某洋服屋)
②お誕生日月に1回・何点でも5割引きで洗います(某クリーニング屋)

とうい葉書が来ました。
どちらも行きつけの店で、会員登録しているから来るんです。
もちろん有難く利用させて頂きましたが、毎年この手のクーポンを貰うたび一瞬思います。「冬に生まれたかったなぁ」と・・・

だって、夏物って安いんですもん!!(爆)
洋服にしても夏物は生地が薄いから値も安い。だから半額にされてもそんなにお得じゃない。逆に冬物のセーターやコートを半額にしてもらえたら超・嬉しいと思うんです(^∀^)
クリーニングもそう。そもそも夏物ってほとんどクリーニングに出す必要がない(家で洗える)。でもダウンコートとかブーツを半額で洗ってもらえたらものすごーくお得だと思うんです(^∀^)

と、1つ歳を重ねても相変わらず貧乏臭い私
でも、主婦の皆さんならお分かり頂けるのではないでしょうか( -д-)ノ

尚、三十路も後半を迎えいよいよ“リミット”間近となったワタクシ。
半額どころではありません。今なら誕生日割引で絶賛特売中!!

・・・そろそろ自虐もキツくなってきました。
誰かもらってください。




                         お後がよろしいようで。





BlogPaint【写真】
何はともあれ今年も立派な誕生日ケーキを頂きました。ありがとうございます。




shizutamarakugo at 20:00コメント(8)トラックバック(0) 

2015年07月23日

もうすぐお誕生日のワタクシ。
「何が食べたい?」の問いにすかさず答えました。
「お鮨!!!」( ´∀`)つ

そこで勝田台の静かな寿司屋、『鮨 五とう』へ・・・
名前通り五島列島出身のご主人が握っているお店です。
前回一度だけ行った時には満席でだいぶ待たされたため、今回は事前予約。食べている間に次々と人が入り19時前には満席となりました。やはり予約は必須。地元で人気のお寿司屋さんです。

ちなみに今回は全て「お任せ」にしました。
どんな物がどんな順番で出てくるか楽しみですね

24















①佇まいが素敵な「鮨 五とう」さん。
②まずはお刺身と生クラゲのポン酢和えが・・・出だしはサッパリということですね。

51















③お次は茶碗蒸し。大好物なのでテンション上がる。
④「大紋羽太(だいもんはた)のカブト煮」・・・これがメインですね。食べごたえ満点。それにしても羽太という魚は初めて聞いた。長崎の方の魚なのでしょうか。それとも関東では別の名前があるのでしょうか?

23















⑤天ぷら。サックサク。
⑥帆立バター。箸休め的な感じか。

78















⑦⑧そして遂に真打ち登場!!(^∀^) この時点でかなりお腹一杯だったけどカニ汁と一緒にペロリ完食。


このバランスが流石ですね。考え尽くされいます。
魚は基本、五島列島からの直送だそうで、本当に美味しい。そして安い。この料理+ビール1・日本酒1で一人7,500円でした。コスパいいなぁ。お洒落なイタリアンやフレンチのような派手さはないけれど、寡黙な主人のいる店で、静かに肴をつまみ飲むのも、なかなかオツなもの

私にはなによりのBirthdayディナーです。
どうもご馳走様でございました。



                       お後がよろしいようで。








shizutamarakugo at 19:00コメント(2)トラックバック(0) 

2015年07月21日

3連休中日は大和田落語会。
今回は橘ノ円満さん・桂宮治さんの、芸協2人会でした

1


円満さんはお馴染みですね。大和田に5回出てます。
来年真打ち昇進が決まったそうで流石の安定っぷり。
宮治さんの人気をネタりつつ貫禄の「蒟蒻問答」「死神」。
(ロウソクの火をつけようとしたけどつかなかった。おかしいなぁ。あ、お隣の国で作ったんだ! というサゲは初めてでした。時勢を取り入れてますね~。)

そして宮治さん。私にとっては “念願叶って” だったんです。実はずっと「誰を呼んで欲しい?」と聞かれる度に「宮治さん」と答えていたのですよ(まぁだから呼んで下さったという訳じゃないですが・・・)。
でも宮治さんは毎週日曜日にNHKラジオの番組を持たれていたため来ることが出来ず、番組が終わった今、ようやく出演してくださったのでした(⌒-⌒)
宮治さんと言えば大変な伝説の持ち主。なにせニツ目になったその年に「NHK新人演芸大賞 落語部門 大賞」を受賞。翌年「にっかん飛切落語会 最優秀賞」受賞、翌年「前橋若手落語家選手権 優勝」、同年「国立演芸場 花形演芸大賞 銀賞」受賞  ・・・等々、入門7年とは到底思えないご経歴。そんな “今が旬”の宮治さんを大和田で聞く、という夢がやっと叶いました   芸協ネタで自虐したり、他の演目のキャラクターを混ぜ込んだり、宮治さんらしいフレキシブルで勢いある高座。間近で存分に堪能させて頂きました。ありがとうございます。


それにしてもお2人はよく似ていらっしゃる。
顔付けが決まった時から “なんか被る・・・” と思ってましたが、同時に見ると本当に似てらっしゃいますね(円満さんもマクラで仰ってました。よく間違えられるそうです)。丸さといいヘアスタイルといい親子・兄弟のよう。己も丸さには自信がある私、出来たらお2人の間に挟まれ写真を撮ってみたかったです(笑)



                 
                     お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2015年07月19日

携帯電話の機種変更を目論んでいるワタクシ。
昨日は新宿の「ビックロ」におりました( ´∀`)つ

一番興味があるのは【ガラホ】だけど、「せっかく換えるならスマホにしなよ」という周囲の皆様のアドバイスも“しごくもっともだ” と理解している私(頑なだけど人の意見は聞くタイプです。色んな意見を聞いた上で自己判断するのがベスト)。一応スマホの説明も聞いてから決めようと売り場のお姉さんに声をかけました。
※ちなみにiPhoneの一番新しいのって6でしたっけ? という質問から入ったのはここだけの話(笑)

今はこういうのの説明もタブレットなんですね。
店員が1人1台タブレットを持ちササッと料金プランやら何やら提示してゆく姿に時代を感じます。ガラケーとスマホの違い、データは移せるのか、月々の料金はいくらなのか・・・等、なにぶん初めてなので原始人的質問を繰り返す私。最後に何気なく「本体っていくらなの?」と尋ね、表示された金額を見た瞬間、我が目を疑いました。そこに表示された金額は

96,120円 (※64GB)


えぇぇぇぇぇぇぇ!?!?Σ( ̄ロ ̄|||)
一桁間違えてないか???

二度見しましたがやっぱり96,120円です。
「す、スマホってこんなにするんですか?」思わず声が震える私に
「そうなんですよ。スマホってこれくらいするんですよ。最近また高くなってるんです。まぁもうちょっと安いのもありますけどね。iPhoneはこの値段なんです。」 店員さん、苦笑い。

携帯電話と言うと【本体0円】のイメージが強い私(古っ)。
流石にスマホはタダだとは思ってませんでしたが、まさか10万もするとは想像だにしていなかったので、心底仰天しました。だって、みんな持ってるんですもん・・・

「みんな持っている物=誰でも買える値段」
という常識は、もはや通用しないのでしょうか。

みんな富豪か??
なんで新しいのが出る度にホイホイ換えられるのか??
ってか、高校生も持ってるよね なんで買えるのか??

頭の中が疑問で一杯。
私がガラケー握り締めニコニコしている間に、時代はえらく変化していたようです。

・・・もちろんさほど興味が無い物に10万を出す私ではありません。
結局契約しませんでした。と言うか機種変更自体せず。あまりの衝撃にすっかり戦意喪失し、すごすご帰宅したのでした。




                     お後がよろしいようで。





12















【追伸】
満身創痍で帰宅した後、急遽ホームパーティーにお招き頂き参加しました。私の誕生日が近いということで前祝にシャンパンまで空けて頂き本当に感謝です。お陰様で“戦傷”が癒えました(笑)












shizutamarakugo at 12:00コメント(12)トラックバック(0) 

2015年07月18日

生まれて初めて外国人の同僚が出来ました( -д-)ノ

今まで「外国人のワーホリスタッフ」を扱うことはあっても同じ社内で同僚として仕事するのは初めてなのでちょっとビックリです。ちなみに男の子と女の子1名ずつ。男の子は中国人で、国籍も中国(大学からこちらにいる)。女の子はフィリピン人とのハーフで国籍は日本(しかしタガログ語&英語はペラペラ)・・・だそうです

すごいですねぇ。
他にも日本人が2人入社しトータル4名の増員となりましたが、みんな若いのに優秀で驚きます。

しかし悩むのは言葉。
ハーフの子は日本生まれ・日本育ちなのでいいのですが、中国人の子はネイティブではありません。「日本語検定1級」を持っていても母国語とは違いますからねぇ・・・。普通の会話は日本人レベルなのでつい外国人だということを忘れペラペラ話しかけてしまいますが、入社2日目「年金手帳と雇用保険喪失証明書と前職の源泉徴収票持って来て」と言ったら一瞬フリーズされました(汗)
そりゃそうだよな。反省です  あくまで日常会話は可能でもビジネスは別。ほぼ新卒なのでそこら辺を考えてあげなくてはいけません。

中国語とタガログ語。
吹けば飛ぶような当社にも国際化の波は来ます。
エキゾチックなハーフ女子の顔を見て、“ウチもインターナショナルになったもんだ” シミジミ感じ入るワタクシでした。



                       お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 21:00コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ