2015年09月

2015年09月29日

先々週のアド街は「葛西」でした。
隣町に住む人間としては大変嬉しかったです
その「葛西」で7位にランクインしたのは「地下鉄博物館」
そう言えば行ったことないなぁ。鳥繁で焼き鳥食べるついでに行ってみるか♪ ・・・と、フラリお出かけしたのでした(。・ω・)ノ゙

image%3A2451image%3A2448















入り口は有人改札機。久しぶりですね、こうして穴を開けてもらうの。
入るとすぐ丸の内線の赤い車両。本当に真っ赤。昭和29年の丸ノ内線開業時より登場した「300形」という車両だそうです。

image%3A2450image%3A2453















隣は銀座線。なんと日本における地下鉄第1号車両だそう(昭和2年開業!!!)
ちゃんと「浅草⇔上野」が右から左の書き方になってますね

image%3A2456image%3A2463















「うえの」は「うへの」。
車内にはリアルな家族連れの人形が。両親も子供も一張羅っぽい着物を着ています。昔のモダンな一家ってこんな感じだったんでしょうね

興味深かったのは吊り革。
握りにストラップがなく、使われない時にはコイルのバネの力で車体の外側を向いて跳ね上がるようになっているタイプ。「リコ式」と言うそうです。握ってみたら安定感があり、とても掴まりやすかった

image%3A2459image%3A2452















禁止事項は今も共通していますね
ターンスタイルんも自動改札機もどこか懐かしい。小さな子どもが何度もグルグルしてました(笑)


ゆっくり周ってちょうど1時間。
広すぎないところがいい。
隣町に住み始めて早9年・・・・・・意外と「初めて~」なディープスポットでございました(^_^)ニコニコ



                お後がよろしいようで。









shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2015年09月27日

「木下(きのした)駅ってどこよ」「きのしたじゃなく木下(きおろし)です」

うん、読めない!!!ヾ(=^▽^=)ノ
という場所での落語会でした。馬治師匠、凱旋公演です。

image%3A2496image%3A2495















【平成27年9月26日 金原亭馬治真打昇進御披露目興行】
 金原亭 駒松 「子ほめ」
 桂 三木男 「猿後家」
 ロケット団  漫才
 金原亭 馬生 「厩火事」
    ~仲入り~
 翁家社中  太神楽
 金原亭 馬治 「お見立て」


キャパ500の会場がギッシリ・・・恐らく400人は入っていたんじゃないでしょうか(まぁそのうち30名程は大和田落語会関係者でしたが)笑。すごいですね。なにせ印西、都会ではないし、交通の便も悪い。よくこれだけ埋まったものだと正直驚きました。流石は馬治師匠ですね。千葉ニュータウンが生んだ真打。いかに周囲に愛され・期待されているかが分かります(⌒-⌒)


馬生師匠・ゲスト・弟弟子・そしてお客様・・・
皆が主役:馬治のために団結し盛り上げる! そんないい雰囲気の会でした。感想は多々あれど個人的な想いを1つだけ
再三書いている通り、私が落語を聴き始めたキッカケは馬治師匠です。ちょど6年前の9月、浦安市中央公民館で行われた「市民講座」に講師として来られた馬治師匠(当時は馬治さん)を観たのが全ての始まりでした。そしてその時の演目が『お見立て』だったのですよ(●´ω`●)  
今もハッキリと覚えています。

あの日、初めて聴いた落語。
鮮烈な記憶として残っている演目を「師匠」となった同じ方の、昇進披露興行で聴く・・・・・これは本当に感慨深いです。
“一周回って帰って来た” そんな言葉が浮かびました。そしてまだ(落語ファンとして)初々しかったあの頃を思い出し、ふと、衿を正すのでした。



    

   お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(6)トラックバック(0) 

2015年09月25日

秋のお彼岸、九十九里まで墓参りに行ってきました。
帰りは成田山に寄り道。
久しぶりに「川豊」の鰻重が食べたかったからです(⌒-⌒)

image%3A2403image%3A2405















しかし行ってビックリ。
なんと混雑の余り、“整理券制”になっていたのです。長年通っているけどこんなの初めて・・・やはりシルバーウィークが原因なのでしょうね ちなみに私達が着いた時点で200番。貰った札は330番。聞いたら「90分はかかる」と言われたので、参道をウロウロすることにしました。


参道もすごい人。歩くことすらままなりません。しかもこの日は真夏日。もう嫌だ~どっか入りたい~と駄々を捏ね始めた私に、連れが言いました。「あっ、犬だ・・・(ボソッ)」

image%3A2407
本当に犬です。しかしグッタリです(笑)
ピクリとも動きません。生きているのか心配になります(゚∀゚)アヒャヒャ
この子はゴンタ・15才。「ピーナツのきむら」さんの看板犬で、普段は店先にいるけどこの日は暑くて中に入っていたようです。「もうおじいちゃんだから動かないんですよ」と目を細めるご主人がとても優しそう。本当に可愛がってるんだなというのがよく分かりました。こうして老後も愛されるペットは幸せですね  最近捨てられた犬・猫の里親を探すサイトなど見ていて、人間の身勝手なエゴで捨てられた老犬も沢山見たので、なんだかジンワリしていまいました(最近やたら涙もろい、歳だなぁ)。

image%3A2437
ちなみにゴンタをナデたいあまり欲しくもない味噌ピーナッツを買ってしまった私。これぞ正に客を呼ぶ「看板犬」ですね!!!(笑)




                 お後がよろしいようで。







image%3A2408「川豊」の鰻重も無事GETしました。
結局2時間10分待ちでしたよ
アホかっと思いますがそれだけの価値はあります。
私が日本一旨いと思っている鰻、それが川豊です。

shizutamarakugo at 22:33コメント(2)トラックバック(0) 

2015年09月23日

遅くなりました( -д-)ノ
シルバーウィーク最終日、早朝から仕事に励んでいる猫ムスメです
いやいや、4日間の休みはあっと言う間でしたねぇ・・・と感慨に浸っているとまた時間が無くなるので、手早く更新致します。


image%3A2388

今回は若いニツ目の2人会。
お2人ともスリムでシュッとされています(^_^)ニコニコ

【古今亭駒次】
大好きな駒次さん 相変わらず端正です。鉄道落語をやってくれるといいなぁと思っていたら『公園のひかり号』が始まり大感激。実はこれ、私が過去唯一ネットで音源を購入した落語なんです(どうしてもテツの知人に聴かせたくて)。ハートフルな展開になる後半ではやっぱり涙。知っていてもジーンとしますね。名作中の名作だと思っています。
『ビール売りの女』は以前「赤坂寄席」で聴いたけど、だいぶサゲが変わったような・・・以前はサイボーグ対決になるラストだったと思うけど気のせいか? とりあえず聴いていると “おのののか” が浮かびますね(もちろんマキですよ♪)

【台所鬼〆(だいろこど・おにしめ)
初見です。一応フリガナを振っておきましたが変わった名前ですね。先代・小さん師匠お気に入りの名前で、誰か付けろと言われ続けたけどみんな断ったため、自分が引き受けた時には大変喜ばれたと
しかし打ち上げで聞いたら来年の真打ち昇進が決まっていて、今度は台所おさん】になるそう(笑)。これまた変わった名前ですね。「台所でお産しそうですね」と失礼なツッコミをしたら「芸が産まれるのです」と返され流石だと思いました。あ、肝心の落語も素晴らしかったですよ~。『大工調べ』の啖呵に聞き惚れました(^∀^)

image%3A2392image%3A2396















image%3A2395image%3A2400















数ヶ月ぶりに打ち上げも参加
変わらぬ美酒・美食の数々、ありがとうございました。
尚、念のため申し上げると「お煮しめ」は有りませんでした。





                  お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:06コメント(6)トラックバック(0) 

2015年09月20日

一通の封筒を前にしばし佇んでます。
答えるべきか答えぬべきか・・・

BlogPaint


そう、「国勢調査」。
ご多分に漏れず、我が家もポストに突っ込まれてました。封もせず、はみ出した状態で!!!Σヾ( ̄0 ̄;ノ

後からだいぶ問題になっていることを知りましたが、見た時にはホントびっくりしましたわ~ 大丈夫かよ。誰でも持っていけるじゃないか・・・と。なにせ中にIDとパスワードが書かれてますからねぇ。それをこんな無防備な状態で置き去りにするなんていい加減すぎる

実際サイトを開いてみたらパスワードを変更しないと終了できないことが分かりました。でもやっぱり心配。なにせ勤務先の名前から自宅電話番号まで答えますから・・・女の単身世帯としては非常な躊躇いを感じます。

社会保険庁の「サイバー攻撃」問題以来、私達には【個人情報=漏れる】というイメージが固定されました。もっと言うならば【国の管理する個人情報=漏れる】です( -д-)ノ
“えっ知らない人から来たYahoo!メール開いちゃうの!?” “えっロックかけてなかったの!?” ・・・民間企業では有り得ない杜撰さに皆唖然としたものです。そんな中で行われた初のインターネットによる国勢調査。回答率はいかがなものでしょうか???

封筒には「答えないと罰せられる」と書いてあります。
でもまぁ実際は有り得ないでしょう。と言うか無回答の人を絞り込み追求するだけの能力・余力があると思えない

私は普段コンプライアンス重視な人間です。横断歩道も絶対赤では渡りません(例え車が一台も来なくても)。だから答えたい気持ちで一杯。放置するには心が痛みます。それでもなんかイヤ(T_T)  
回答リミット当日を迎えた今、まだグジグジ悩んでいます。




                    お後がよろしいようで。


【追伸】
シルバーウィーク中は更新が不定期になるやもしれません。悪しからずご了承ください♪

shizutamarakugo at 12:00コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ