2015年10月

2015年10月31日

前の記事ではご心配をおかけしました。
昨日は無事、仕事復帰。2日分の仕事を片付けましたが熱も上がらず「治った!」と確信していたのですが・・・今朝また急に体調が悪化。再び朝イチで病院へ駆け込むという羽目になったのでした(なんとか症状は治まったので大丈夫です)  いやいや調子に乗るもんじゃないですね。歳を考えなきゃ。反省しきりなワタクシでした( -д-)ノ


・・・と病気自慢ばかりしていても景気が悪いので最近見つけた面白いネタを1つ Twitterでこのような記事が出回っていました。

【3点セットを身につけて、はじめての落語を聞きに行こう!】
http://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/32604/

タイトルからして若い女性向けのお洒落記事だろうなぁ。
どうせ膝掛け持ってけだのお茶持ってけだの言うのだろう。そんな軽い気持ちで読み進めたワタクシ、のけぞりました。

尿もれパットかいヾ(=^▽^=)ノ

「落語→笑う→尿もれる→吸水セーフティ♪」という無理矢理感がたまりません。この記事はどこを向いているのでしょうか? OurAgeって高齢者向けのメディアなのか? 

談春師匠もビックリでしょう。まさか自分の後に尿もれが来ようとは・・・


   お後がよろしいようで。




【追伸】
私が落語会(特に長いやつ)へ行く時の3点セットはこれですね。
①大判ストール。膝掛けにもなるし身体にも巻けるやつ。
②チョコレート。仲入りの時に甘い物が食べたくなるから。
③靴用カイロ(冬に限る)。とにかく足先が冷えるので・・・

幸いまだ、尿もれパッドは必要ございません。

shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2015年10月29日

いやぁ~えらい目に合いました

週明けからなんか調子悪いなぁと思ってたんですが、昨晩ついに発熱。40℃近い熱を出し、朝まで下がらずウンウン呻ってました。そしてノドも真っ赤で水すら飲めません。

流石の私も今日は欠勤しましたよ
月末で超・忙しいんですがフラフラでそんなことも言ってられず・・・
なんとかタクシーを呼び、朝イチで耳鼻咽喉科に行きました。

念の為インフルエンザの検査もしてもらいましたが陰性でまずは一安心。やはりノドの炎症が高熱の原因とのことで、抗生物質等を点滴してもらいました。

やはり点滴って効きますね。あと“病院の薬”は効く。
昨日あれだけ市販の解熱剤を飲んでも下がらなかったのに、ものの3~4時間で平熱に戻り、感動しました。
今、「フラつかない喜び」に浸ってます(笑)

それにしても今はノド風邪が大変流行っているようです(会社でも前の席の同僚がかかっていたのでうつされたんだと思う・・・)。耳鼻咽喉科も待合室は患者で一杯でした。なにせ乾燥してますからね。そして寒暖差がひどい
丈夫で滅多に風邪を引かず、会社を病欠したのは多分4~5年ぶりという私がここまでなった訳ですから、その威力は察せられるでしょう。

皆様もどうぞ体調を崩されませんようお気を付けください( -д-)ノ





       お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:00コメント(6)トラックバック(0) 

2015年10月27日

秋になるとかかる演目。それは『目黒の秋刀魚』ですね。
初めて秋刀魚を食べた殿様が「秋刀魚は目黒に限る」というアレです。有名なので落語を聴かない人も知っていることでしょう。

さて天高く猫肥ゆる秋w
わたくし猫ムスメめは目黒ならぬ葛西で秋刀魚をご馳走になってきました。「なぎさ寄席」でお世話になっているなぎさニュータウンの「なぎさサンマ祭り」です。

BlogPaint3027















会場は団地の自治会室前。
網の上で次々と秋刀魚が焼かれてゆきます。
なぎさの皆さん、毎年やってるそうで慣れたもの(笑)。
セットから火加減・焼き加減まで、プロ級です
早く焼きたいのは山々だけど火を強くしすぎると外側だけ黒くなっちゃうそうですネ。そうして絶妙な火加減でゆっくり焼かれた秋刀魚はふっくら中まで火が通り絶品でした(⌒-⌒)
焼き秋刀魚だけでなく「なめろう」「刺し身」「カルパッチョ風」など、正に秋刀魚尽くし。秋の風物詩をたっぷり堪能させて頂きました。なぎさの皆さん、本当に有難うございます。

3023


最後に・・・
ベタだけどう~ん一応言っときますかねぇ。収まり悪いんで
「やっぱり秋刀魚は葛西に限る!!」 (爆)



  お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 

2015年10月25日

3021


休みの日までこんな書を読まねばならぬ悲しさよ・・・(ノд・。) グスン

しかも知れば知るほどトラブルの予感しかしない。

どうなることやらニッポンの未来。




     お後がよろしいようで。









shizutamarakugo at 10:00コメント(4)トラックバック(0) 

2015年10月24日

10月22日。
年に一度の健康診断を終えた私はいそいそと上野広小路へ向かいました。馬治師匠が鈴本で主任(トリ)を務められるからです(⌒-⌒)

鈴本演芸場・下席
【馬治:22日・23日・25日・26日・30日、馬玉:21日・24日・27日・28日・29日】

落語を聴かない人もいますので念のため申し上げると、「トリ」とは寄席の最後に出る人の事。基本、真打しか出来ません。多くのお客様はトリ目当てで行きますので誰がトリを務めるかは集客数に直結します。正に責任重大。噺家さんにとっても大変な重圧ではないでしょうか
真打になってまだ7ヶ月の馬治師匠・馬玉師匠がトリに任命されるとは、やはり人気・実力あってのことでしょう。馬生一門の面目躍如です(^_^)ニコニコ

29592962















【平成27年10月22日 鈴本演芸場10月下席・夜の部】
●初音家左吉「子ほめ」 ●翁家社中(太神楽) ●金原亭馬生「安兵衛狐」 ●五街道雲助「身投げ屋」 ●ニックス(漫才) ●三遊亭歌奴「掛取り」 ●柳家小さん「親子酒」  ~仲入り~ ●ダーク広和(奇術) ●古今亭菊丸「鰻屋」 ●柳家小菊(粋曲) ●金原亭馬治「景清」


馬治師匠、人生初のトリ(正真正銘初日)を拝見できたこと、一生の自慢です。「景清」良かったですよ~。年老いた母親の心情が切なく、泣けました。よく出来た映画を観た後のような余韻でしたね。エンディングロールが終わった後も帰れない・・・みたいな。

・・・お陰様で健康診断の衝撃(体重)は忘れましたv( ̄∇ ̄)v


     
   お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 12:00コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ