2016年08月

2016年08月23日

静岡に「のっぽパン」というパンがあります。
横断バッグ味付けがんもと並び、静岡県民が “他県にはないの!?” ・・・仰天するアイテムBEST3の1つです(笑)

静岡の子供はのっぽパンを食べて大きくなると言っても過言ではありません。キッチンには必ず1~2本ののっぽパンがあり、「お母さんお腹空いたー!」「のっぽパンでも食べときな。ただし夕飯食べれなくなるから半分ね!」という会話が日々繰り広げられます( ̄ー ̄)ニヤリッ

そんなのっぽパンですが、時代の流れでしょうか、一時、製造中止となりました。スーパーからもコンビニからも姿を消し、帰省した際、寂しい思いをしたものです。
しかしそこはソウルフード。ファンからの熱烈な要望に応え別会社が事業を引き継ぎ。そして製造を再開したのです。今や静岡市内には専門店まであるそうですよ  しかし、どこでも手に入る訳ではありません。そこら辺の小さなスーパーには無いと思います。私もここ数年は食べていませんでした。ところが今回、帰省ついでにたまたま立ち寄った富士駅の売店にて発見したのですヾ(=^▽^=)ノ

image%3A4223image%3A4224















もちろんソッコーで買いました。定番のクリームとチョコです。

image%3A4241

キリンの絵が懐かしい(涙)。
長さ34センチ。平たく言えば単なる長いコッペパンです。でも旨い。素朴で優しい味がするのです

ニコニコしながら持ち帰った私を見て、母が言いました。
「(亡くなった)おばあちゃんが好物だったよ。よく食べてたっけ。」

・・・時代を超えて愛される、それが「のっぽパン」なのです。



 お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:00コメント(10)トラックバック(0) 

2016年08月21日

前の記事ですが、iPadから書きました♪
考えてみると、買ってから帰省するのは初めてです(厳密に言うと仕事の件で “家族会議” しに一度、日帰り帰省してるんですが…それは別としてw)

やはり便利なものですね。
今までガラケーしかなく帰省中はネットと遮断されていました。なんでも「検索」する癖がついている現代人としては例え2~3日でも不便を覚えたものです   でもiPadがあれば大丈夫。この安心感はとても大きいですね。

・・・と書いている今は戻りの新幹線の中。
あっと言う間の2泊3日でした。父はよく喋り・よく食べ・よく飲むので、まぁ大丈夫でしょう。身体は衰えたものの心はしっかりしているのでまだまだボケないと思います。これから安静にして手が動くようになったら秋の種を蒔きたい、と息巻いておりました。

夕べは恒例のプチ同窓会も開いて頂きましたよ。
今回は男女あわせ7人も集まってくれました(*'-'*)
毎度有難い限りです。

そんなこんなで慌しく過ぎたプチ帰省。
キャリーケース一杯のお惣菜(母制作)を持ったワタクシ…
これから向かう先は、会社です(爆)



 お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 11:00コメント(6)トラックバック(0) 

2016年08月20日

実は昨日から実家に帰っております。
2泊3日のプチ帰省。いつもなら繁忙期の8月になんぞ帰らないのですが、今回はちょっと理由がありまして

父がボケそうなんです

・・・なんて言ったら本人怒りますネ。
おりゃボケんぞコラーッという叫びが下から聞こえてきそうです(笑)

でもですね、心配なんですよ。
元々腰が悪く歩くのが困難だった父。それでも車に乗れば移動できるので、なんとか畑に行き、農作業は続けておりました(腰を伸ばすのは痛いけど曲げたままだと大丈夫なので逆に運転や農作業は可能なんだそう)。心配だけどまだ畑という生き甲斐があれば大丈夫、元気でいてくれる。そう思っていたのですが・・・

1ヶ月程前から手を痛くし、ハンドルを握れなくなってしまったのです。運転できないから畑にも行けない。何も出来ない。車社会の田舎において「ハンドルを握れない」は致命的です。手で何かを握ることが出来ないため運転どころか日常生活にも差し障ります。母にズボンを履かせてもらっている姿は軽く衝撃でした(T_T) しかも運動不足が祟ってか❔ 初期の糖尿病という診断まで頂いてしまいました😢

ここ最近父は日なが一日テレビでオリンピックを見、甲子園を見、昼寝し、グダグダ過ごしているそう。猛烈に心配です。だって父は人一倍アクティブな人だから・・・
とにかくジッとしているのが嫌いで、現役時代からほとんど家にいませんでした。休みの日も釣りに行ったり、今より規模が小さかった畑の世話をしに行ったり、外で動きまわっていました。とにかく「何もしないでいる」のが嫌いなんですね。私も確実に血を受け継いでおり、同じタイプなので、気持ちがイタイほどわかります。きっと嫌なはず。家でジッとしてるなんて

今まで忙しかった人間がいきなり暇になるとキケンです。ボケる
そんな訳で私は様子を見に帰省したのでした

尚、手は治る見込みがないそうです。
医者には「加齢による関節痛のようなものだから治療法はない」と言われ、痛み止めを貰って終わったそう。とにかく使わず安静にしているしかないようです。

そろそろ周りからも【介護】という言葉が聞こえてくるようになりました。
自分の事だけ考えていれば良かった時代は、もう終わったのかもしれませんね。


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(6)トラックバック(0) 

2016年08月17日

まだ事務所移転前のお話です(バタバタが続きアップの機会を逃しました・・・)
image%3A3142
当時バイトに来ていた友人Cちゃんが、こんな本を勧めてきました。
『ランチパスポート』神田・秋葉原版です
ランチパスポートという制度自体は知っていたけど、神田にもあろうとは・・・。しかもVo.5なのでかなり前からある模様・・・。いやはや、自分ひとりだと決まった店しか行かないので、こういう流行りに気付かないものです( -д-)ノ  早速私も一冊買いましたわ~。

image%3A3143image%3A3123















まず1軒目は『魯香酒楼』でニラレバ定食。定価730円がランチパスポート提示で500円。しかもチャーハンや麻婆豆腐・デザートはビュッフェ式で食べ放題なのです  これで500円(税込)なんて、申し訳ないくらい・・・

image%3A3144image%3A3145















2日目は『創家』でイタリアン。ピザ・パスタ・リゾットから1つ選べます。私はピザをチョイス。定価700円がランチパスポート提示で500円。サラダ・デザート・ドリンクまで付いてこの値段とは・・・これまた申し訳ないくらい・・・

たった2日間でこの充実っぷり。
結局Cちゃんがいる間に7~8軒は行きましたわ
他にも徒歩圏内だけで20軒くらい載ってました。
本さえ買えば誰でも使えます。ちなみに本の値段は約1,000円。4~5回行けば元が取れますね。いい買い物を致しました。



 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 20:30コメント(8)トラックバック(0) 

2016年08月14日

世間様はお盆真っ只中ですね。
盆暮れ正月カンケーない職業のワタクシはいつも通り、というかいつもより忙しい毎日を過ごしております( -д-)ノ

そんな中、唯一の楽しみは【柳家小里ん独演会】
大和田落語会でお世話になっている小里ん師匠、鈴本のトリは何度か行ってますが、【独演会】は初めて。一度ジックリ聴いてみたいと思っていたので休日出勤をスッ飛ばし(笑)、伺いました(●´ω`●)

image%3A4176image%3A4177















中野小劇場は定員110名。椅子の配列がいい。窮屈な思いをせず見れる良い会場だと思います。オフィス10さんの仕切りもいいですね。整理番号付きのチケットを販売しその順番に入場させるというやり方は好きです。早く行って並ばず済むので忙しい人間には助かります

小里ん師匠は『船徳』と『子別れ』。どちらもたっぷり。
特に素晴らしかったのは『子別れ』でした。なんと50分かけてのフルバージョン! 通常は後半の“夫婦別れした後”のみかと思いますが(子は鎹)、流石は独演会。ご隠居の葬儀に行って吉原に3日居続け・・・というすったもんだからキッチリ。がんもどきの汁には笑いました。サゲの「(鰻屋だから)また裂かれちゃいけねぇ」も初めてだったので思わず「お~なるほど~」呟いちゃいましたわぁ(゚∀゚)アヒャヒャ

12:30開演・14:30終了。
大和田落語会と違い真っ昼間ですが、そこは我ら大和田組。
ちゃんと「昼酒」を注入させて頂きました 最高ですね。
中野で2時間飲んだ後は電車で1時間半かけ大和田に移動。Yお姉さまと丸花亭で飲み直させて頂きました。

image%3A4181image%3A4183















①1軒目の居酒屋・・・料理はチェーン店レベルでしたが器だけ何故か洒落てました。日本酒も升ではなくこんな感じで。
②丸花亭・・・お通しの枝豆ひとつとってもさっきの店とは全然違いニコニコ(こちらはだだちゃ豆♪)。やっぱ丸花亭に限る。


尚、10月の大和田落語会は小里ん師匠と顔付が決まっております!! どうぞ皆様お越しくださいませ~。


 お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 13:00コメント(14)トラックバック(0) 
猫ムスメ