2017年02月12日

2017年02月12日

久々に “大和田以外の落語” です(^∀^)
国立演芸場へ馬生一門を観に行って参りました。
何故定席寄席を好まない私がよりによって国立かと言うと、落語をほぼ観たことがないという方に「行きたい」と言われたから。最初は文楽or狂言という案もありましたが、諸々考慮した結果、やはり落語になりました。馬生一門なら初心者でも楽しめますしね

IMG_1083IMG_1094











①国立劇場は今年で開場50周年とのこと。やはり風格がありますネ。
②青空と白梅がとても綺麗でした。

IMG_1079IMG_1080











③④落語をやるのは国立劇場の反対側にある国立演芸場。こちらはこぢんまりしていて可愛い。

IMG_1092BlogPaint











⑤本日の演目。
⑥大好きな馬治師匠とパチリ 師匠、相変わらずカツラが似合いすぎです(笑)

2月・中席の目玉はなんと言っても鹿芝居。今年で15年目というから驚きです!! 今年の元ネタは「らくだ」。
馬生師匠の半次、正雀師匠の屑屋、馬玉師匠のおばあさん・・・どの方もハマり過ぎて大笑い(笑)。しかし今回の立役者はなんと言っても馬久さん(らくだ死体)でしょう。上背のある馬久さんが演じるダラッとした死体は超リアルかつ愉快。力の抜き方とかすごいと思います。役者に転向してもやってゆけるのではないでしょうか

いやぁ流石は馬生一門。
落語あり・獅子舞あり・鹿芝居ありの舞台はバラエティーに富んでいて、3時間があっという間でした。本当に皆さん芸達者ですネ。落語ほぼ初心者の連れも楽しんで頂けた模様。「噺家さんの凄さがわかった」「今後は車の中で落語を聴きます」とおっしゃってくださいました。我がチョイスに狂いなしv( ̄∇ ̄)vドヤッ
・・・啓蒙活動成功ですね


  お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(13)トラックバック(0) 
猫ムスメ