2017年07月

2017年07月15日

あっと言う間に1年の半分が終わりました
ここのところ公私共に忙しくあまり本を読む暇がありません。冊数は少ないですが、まぁそんな時もある! 一応「6月に読んだ本」アップしておきたいと思いますφ(.. )

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□

【星5つ☆☆☆☆☆】
●「恋のゴンドラ」東野圭吾 ●「一九戯作者」野口卓 ●「さらば愛しき魔法使い」東川篤哉 ●「それは秘密の」乃南アサ 

【星4つ☆☆☆☆】
●「増山超能力事務所」誉田哲也 ●「御徒の女」中島要 ●「小説浅草案内」半村良 ●「ほんとうの花を見せにきた」桜庭一樹 ●「文人悪食」嵐山光三郎 ●「男尊女子」酒井順子   



今月の一冊は嵐山光三郎『文人悪食』。
明治の文人には悪食(普通には食べない物を食べる・偏食・いかもの食い)が多かった・・・というエッセイです。

泉鏡花は病的な潔癖症で大根おろしも煮て食べた。谷崎潤一郎は鰻や天ぷらなど、こってりした食事を愉しんだ。中原中也は酒を食らって狂暴になり、誰彼構わず絡んでいた。芥川龍之介は「羊羹の文字は毛が生えているようだ」と字づらから羊羹を嫌った。太宰治は鮭缶に味の素を山ほどふりかけて食べた。林芙美子は鰻飯を食べすぎて死んだ。与謝野晶子は寝酒にコップ酒をあおるのが好きだった。夏目漱石は食への執着がすさまじく臨終の際「何か喰いたい」訴え、葡萄酒一匙を口にし、亡くなった。

・・・どれも “うわ~” です(笑)。
特に「森鴎外はご飯に饅頭を乗せ、煎茶をかけて食べるのが好きだった。」は衝撃でしたね。アンコonご飯ってどういうことだろう(; ̄Д ̄)

やはり天才と変人は紙一重なのだろうか???
そんな感想を抱く一冊です。



  お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 11:45コメント(5) 

2017年07月12日

先日、人生二度目のプロ野球観戦をしたワタクシ。
今度は「草野球観戦」に行ってきました! しかも茨城まで!
最近 “読めない” と評判(?)の私の行動・・・またまた意外性アリではないでしょうか

今回は某・企業の草野球チームvs某・地域の“元野球少年”チームというゆる~い戦い。平均年齢は40前後でしょうか 皆おじさんながら少年野球のコーチをやっている方なども複数いらっしゃるらしく、想像以上にお上手でした。
しかしそこは草野球。本当は公式戦(地元トーナメント)だったのですが、双方人数・主力メンバーが揃わず急遽「練習試合にしよ!」(笑)。いきなり変更。ゆ、ゆるすぎる・・・(*゚▽゚*)  また来月、日を改めやり直すそうです

IMG_3601


そしてこの日は暑かった・・・35℃近くあったのではないでしょうか。
やる方も命がけ、観る方も命がけ 結局、あまりの暑さに皆消耗が激しく「これで終わろ!」8回で試合終了(笑)。ゆ、ゆるすぎる・・・(*゚∀゚)っ

IMG_3597IMG_3600











尚、フェンスの外でおとなしく観戦していたワタクシですが、「死んでしまう」と皆さんに心配され、屋根のあるベンチに入れて頂きました。命拾い~。しかしベンチで朦朧としながら思いましたよ、

東京オリンピックってダイジョブなのか!?!?!?

確か私の誕生日(7/24)が開会式
ということは8月の試合がメインになるでしょう。
この暑さはヤバイぞ。今から対策を考えないとマズイことになる気が致します・・・


 お後がよろしいようで。



IMG_3585【追伸】
茨城方面へ行ったついでに「筑波山」に登ってきました。ロープーウェイを降り10分くらいで頂上に着いてしまう! 「日本で一番楽に登れる百名山」らしい。しかし見晴らしは最高。最近「山」はすっかり私の定番となりましたね


shizutamarakugo at 20:00コメント(4) 

2017年07月09日

会社の女の子たちと “ジンギスカン食べ放題” に挑んできました
何故いきなりジンギスカンかというと1人が札幌出身だから。「美味しいラム肉をたらふく食べたい」と前から言っていたので『だるま 神田店』に連れて行きました。2~3年前できたばかりの神田バル横丁に入る人気店です。

IMG_3562IMG_3561











私達が頼んだのは「生ラム・ジンギスカン食べ放題+飲み放題120分(3,980円)」コース。“この歳で肉食べ放題もいかがなものか” と思いましたが、いや案外食べれましたね(笑)。ラム肉ってヘルシーなんです。鉄分やビタミンB群が豊富で、脂肪分も吸収されにくいとか・・・「ダイエット中にもいいらしいぜ♪」と言いながらみんなモリモリ食べましたわ( ̄ー ̄)ニヤリッ いや、20代・女子達の食欲は心強いばかりです

IMG_3583BlogPaint













ラム肉って変な店で食べると臭みがあってしょうがないけどこの店は大丈夫。流石は人気店。すごく食べ易かったです。これで3,980円は安いんじゃないかな? ジンギスカンに餓えている道民の皆様、いかがでしょうか


 お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 19:00コメント(8) 

2017年07月06日

【平成29年7月2日】
いよいよやってきました、友人Aちゃんの結婚式( ´∀`)つ
月初の忙しい最中ではありましたが幼友達のおめでた事。喜び勇んで静岡市まで馳せ参じましたわ(もちろん日帰り

IMG_3493BlogPaint











①中世ヨーロッパをイメージした結婚式場。本当に荘厳で素敵。
②花嫁姿を見た瞬間、感動で滂沱の涙(T_T)

BlogPaintBlogPaint











③④ここのスイーツは全て辻口シェフ監修。ウェディングケーキも美味しかった。

IMG_3557BlogPaint











⑤⑥なんと私、ブーケを頂いてしまいました!! こ、これは・・・(ワクワク)

BlogPaint

⑥披露宴のドレスもキレイだった(一番左が私)。ちなみに制服を見ておわかりの方もいらっしゃるかと思いますが新郎は割と専門的な職業。来賓達の肩書が皆2時間ドラマみたいで面白かったです(笑)。


知り合ってすぐ交際を始め4回目のデートでプロポーズされたというAちゃん・・・眩しすぎる
しかも旦那さんは年下。正にアラフォーの星!!!(笑) 私も「あやかりたい蚊帳吊りたい」といったところですネ。しかしこれで「チーム6年5組」のメンバーのうち、独身は私だけに 皆から「波に乗れ!」「奇跡を起こせ!」散々けしかけられるのでした。

私が近日中に “6年5組の奇跡” を起こせる日は来るのでしょか。
乞うご期待(?)です( ̄ー ̄)ニヤリッ



 お後がよろしいようで。





shizutamarakugo at 21:00コメント(10) 

2017年07月04日

【平成29年6月18日(日)】
さて、3日目はいよいよ旅の最終目的地「黒部ダム」へ( ´∀`)つ 
いわゆる「立山黒部アルペンルート」を辿ります 
立山黒部アルペンルートは立山駅から扇沢駅を結ぶ山岳観光ルート。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあるため、マイカーの乗り入れは出来ません。バスやケーブルカーをひたすら乗り継ぐのです。私達は立山駅から出発→黒部ダムで引き返す・・・という道を選びました。

IMG_3322
【乗り物1】
朝10時、立山駅出発。美女平までケーブルカー7分。中国人の団体に巻き込まれ満員電車状態
【乗り物2】
美女平から室堂まで50分、路線バス。この23キロは景色が非常に美しく、ブナの原生林や称名滝・野生の猿・・・などを見ることが出来ました。ちなみにこの室堂がアルペンルートの最高峰地点、標高2450メートル! “日本で一番高い駅” だそうです(⌒-⌒) また、室堂と言えば「雪の大谷」が有名ですね。500メートル続く雪の壁です。私達が行ったのはシーズン最後の方でしたが、それでも溶けずに数メートルありました。雪国に住まない限り、自分の背丈より高い雪の壁を見ることってありません。良い経験をしました。
IMG_3387IMG_3388











IMG_3389IMG_3390












【乗り物3】
室堂から大観峰まで10分、トロリーバス。トロリーバスとは道路上空に張られた架線からとった電力で動くバス、とのこと。

【乗り物4】
大観峰から黒部平まで7分、ロープーウェイ。ここからグングン標高が下がり、高いのか低いのかわからなくなってくる(笑)。しかし景色は抜群です。
IMG_3329IMG_3330












【乗り物5】
さぁいよいよ最後だ。黒部平から黒部湖まで5分、ケーブルカー。


IMG_3331IMG_3333











到着!!!! いやぁ遠かった
しかし黒部湖の広大な水面を眺めると達成感に包まれます。

ここまで来て、そして堰堤の上を歩いて思うのは、ただ一言 
“よくこんな所に作ったな” 
そりゃ7年かかった訳です。と言うかよく7年でできた。
ひたすら山を切り開き、血と汗を流し、建設したのでしょう。労災による殉職者は171人だと言います。

IMG_3339IMG_3346











IMG_3338IMG_3340












名物「黒部ダムカレー」を食べながら、その壮絶さに思いを馳せるのでした。



 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 21:30コメント(4) 
猫ムスメ