2020年01月

2020年01月31日

「クララが立った!」というセリフをご存知でしょうか。
あの有名な「アルプスの少女ハイジ」の名シーンですね。車椅子の少女クララがハイジを追いかけようと立ち上がる。そこで放たれる一言です(実際には「クララが立ってる!」だったりするのですが)
あまりに有名なため、今では思いがけない誰かが何かを成し遂げた時、ネタとして「クララが立った!」という言い回しがされるようです。


さて前置きが長くなりましがた私、つい先日、リアル「クララが立った!」を経験しました(笑) 。息子が立ったんですよ、手を離して・・・
今までも掴まり立ちは上手だったんですがふと見たらパッと手を離し自力で立っていてビックリしました。しかもちゃんと両手を広げバランス取りながら立っています。そして得意そうに私の方をチラ見します(●´ω`●)  可愛いので大げさに褒めていたら何度も何度も繰り返しやるようになりました(笑)。しかし長続きはせず基本2〜3秒。すぐペタっとお尻をついてしまいます。でも段々延びていて昨日は10秒くらい持ちこたえました。これが10秒・20秒となり、そのうち一歩踏み出すのでしょうか・・・

E4588A96-7077-4343-B372-A378CD4FA52F0FEC694C-047B-47F4-9ECC-CFBAF300D536











【写真左】掴まり立ちはかなり上手で1ヶ月くらい前から片手でするになった息子。これもかなり得意気な顔。
【写真右】そしてクララが立った! 感動の瞬間です。 



・・・これほど適切な「クララが立った!」は滅多にないんじゃないでしょうか(笑)。一生に一度ですねv( ̄∇ ̄)v  

誰が教えた訳じゃないのにちゃんと進化する。子供ってすごいですよね
とは言っても息子の場合、これから立っちが安定し歩くまで少し時間がかかるかもしれません。なにせ筋肉が弱い子なので・・・でもそのうち成し遂げるでしょう。母はドヤ顔を愛でつつゆっくり見守りたいと思っています。


 お後がよろしいようで。 




80F69E5A-F00C-4767-91EF-C965B367BD1C【オマケ画像】 
「こども発達センター」では今月から車の玩具を使い歩く練習をしています(写真の女性は理学療法士さん)。本人も 〝歩く〟という行為は理解しているらしく掴まればどんどん前に進みます。後は筋力なんでしょうね。頑張れ息子!! 

shizutamarakugo at 08:00コメント(4) 

2020年01月25日

【「耳をすませば」実写化決定】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000303-oric-ent


ジブリが誇る青春アニメの金字塔『耳をすませば』・・・
 何を隠そう(?)私が大好きな作品です。いや、好きというのは違うかもしれない。観る度にこう、胸をかきむしられるような気持ちになるんですね

まず主人公の月島雫。彼女は本が大好きな15歳の女の子です。そこに自分をリンクさせちゃうんですよ 中3という進路を決めなくてはならない大切な時期、小説家になりたい夢を持つ雫。夢と現実、誰もが経験したであろうジレンマに懊悩しつつせっせと猫が喋る小説なんぞ書いてしまう雫。そこに〝あの頃〟の自分が被るのです。ちなみにアニメが公開されたのは1995年、私は16歳でした。年齢的にも丁度どんぴしゃり。最初に観た時からこのアニメは私にとって何か特別なものとなりました。

印象的なのはやはりラストでしょう。
聖司が雫を自転車の後ろに乗せ坂道を駆け上がります。そして告白のシーン。


聖司「こっち」

雫「すごーい、朝もやでまるで海みたい。」

聖司「ここ、俺のヒミツの場所なんだ。もうじきだぞ。」

聖司「これを、雫に見せたかったんだ。」

聖司「おじいちゃんから、雫のこと聞いてさ。」

聖司「俺、何も応援しなかったから。自分のことばっかり考えてて…」

雫「ううん、聖司がいたからがんばれたの。」

雫「私、背伸びしてよかった。自分のこと、前より少し分かったから。」

雫「私、もっと勉強する。だから高校へも行こうって決めたの。」

聖司「雫、あのさ…」

聖司「俺… 今すぐってわけにはいかないけど。」

聖司「俺と結婚してくれないか?」

雫「えっ。」

聖司「俺。きっと一人前の、バイオリン作りになるから。そしたら…」

雫「うん。」

聖司「ほんとか!?」

雫「うれしい。そうなれたらいいなって思ってた。」

聖司「そうか。ヤッター!」

雫「待って。風、冷たい。」

聖司「雫。大好きだ!」



くぅぅぅ・・・青い! 青すぎる! 何が「聖司がいたからがんばれた」じゃ! 何が結婚じゃ! おまいら中3だぞ!(笑)
このシーンを観るたび尻がむず痒くなります。でもテレビでやるたび観てしまう。むしろこのシーンで「くぅぅぅ!」となるために観るようなものかもしれない(笑)。しかし「くぅぅぅ!」となった後に来る胸熱感。〝あの頃〟の自分を思い出し胸をかきむしられるような気持ちになるのです。

そんな作品の実写化・・・う〜む・・・って感じですよね
設定は10年後らしい。

「お互い、きっと夢を叶えよう」と誓い合ってから10年後、24歳になった雫が出版社で児童小説の編集者になっているという設定。小説家になる夢をあきらめ、本を売るために必死な毎日をおくっている。一方、夢を追い続けて海外で暮らす聖司との間には、いつの間にか距離が生まれてしまう。

なんか設定がベタすぎるんですけど 編集者、しかも児童書って・・・きっと髪振り乱して働く雫のシーンから始まるんだろうなぁ。それで疲れ果てて帰路につく雫のスマホに聖司からキラッキラな夢追いLINEが来て雫が溜息なんかついちゃうんだろうなぁ。と、そこまで想像できます(涙)。

でも観たい気持ちはある。
観たいような観たくないような・・・きっとそのような心境の「耳ファン」は世界中に沢山いることでしょう。さぁどうする???



  お後がよろしいようで。










 


shizutamarakugo at 08:00コメント(5) 

2020年01月19日

静岡滞在中、私が同級生達と遊んだりしている間、夫は義父を観光に連れて行きました。日本平あたりまでドライブしたそうです

そこで夫は息子へのお土産を買ってきました。
これです!

C205E8A2-9E3E-4B81-878F-1E394296BC37


可愛い〜(*'-'*) 
「富士山ボーロ」なんて初めて見ました。今はこんなのもあるんですね。静岡県民なのに知らなかった〜 ボーロは赤ちゃんが大好き。噛まなくても口の中で溶けるため、未だドロドロのベビーフードしか食べられない息子もこれだけは食べられます。夫もそれを知っているから買ってきたんでしょうね。 

早速おやつに食べさせようと開けてみたら1粒1粒に絵柄がプリントされていました♪ しかも何種類かあるんですよ。富士山+静岡の名産品がプリントされているんです 富士山に至っては赤富士まである細かさ(笑)

40CCE662-ED70-4749-9F97-F1423E7A1807

こういうのを見ると「日本人って芸が細かいな」って感心しますね。
ちなみに一般的なボーロよりやや小ぶりにできているので息子も食べやすいらしくパクパク食べていました。夫もそれを見て嬉しそう。細い目を更に細めて見ていました

これはお土産にピッタリだなぁ。
次見かけたらママ友への土産にGETしたいと思っています。



 お後がよろしいようで。
 




【訂正】前の記事で夫の旧携帯を「Galaxy」と書きましたが「Xperia」の間違いでした。お詫び・訂正致します。 

shizutamarakugo at 14:39コメント(2) 

2020年01月13日

ついに我が家からガラケーが無くなりました( -д-)ノ

ご存知の通り私は数年前にiPhone7を買いガラケーは廃棄したのですが、夫はまだ使ってたんですよ。ガラケーとスマホ(Xperia)の2台持ちでした。何故一本にしないかというと「Xperiaは格安ナントカの契約でキャリアメールが使えないから」だそう。それでメール・電話はガラケー、ネットはスマホ・・・という使い分けをしていました よくわからないですね

ところが今回、そのガラケーが遂に故障!!
11年使ったというから無理もないですね(“物持ちがいい” という点で一致している私たち夫婦)。これを機に流石の夫もガラケーを廃止、新しいスマホを購入し、一本化することにしました。

そして新しく買ったのは「pixel」とかいうスマホ。Googleが出してるそうです。値段を聞いたら約9万円でビックリしました スマホってiPhone以外でも高いんですね(←相変わらずこの程度の知識量)。なんで高校生も持っているのか未だ疑問です。

DE899D40-3447-44DE-B353-B1D4B71A20E1


左がXperia、右がpixel・・・デカイですねΣヾ( ̄0 ̄;ノ 
ジジイだから画面は大きい方がいいのでしょう(笑)。私なんぞは “手が痛くならないだろうか” と心配になりますが。ちなみに何故このpixelにしたかというと「カメラの画質が格段にいいから」とのこと。今まで写真なんてほとんど撮らない男でしたが息子誕生により目覚めたらしいです 
尚、これを機にキャリアメールは廃止。UQモバイルの契約をしそちらのアカウントを使うとのこと。時代ですなぁ・・・

ところで「pixel 9万円」に鼻血を出しそうになっていたら、私のiPhone7が変調をきたしました なんじゃそれ。カメラのボタンが上手く反応しないのです。押してもホーム画面に戻ってしまうという謎のエラーで電源を入り切りしても直りませんでした。こういのって連鎖するんでしょうか・・・

私が2代目スマホとしてiPhone11(?)を持つ日も近いかもしれません。
どう思いますか? まいるどさん(゚∀゚)アヒャヒャ



 お後がよろしいようで。

 

shizutamarakugo at 08:30コメント(0) 

2020年01月07日

だいぶ人見知りが治った息子ですが男の人は苦手みたいです 赤ちゃんって結構そうみたいですね。不思議なものです。

今回の帰省でも息子は私の父を警戒していました(笑)。会ってギャーッということはないのですが近付かれると私にしがみつきます。2人きりにされようものならギャン泣き。一度だけどうしても私が2階に行かねばならず家に父しかいなかったので「10分くらい見ててね」と頼み預けたところ、ものの1分で絶叫が聞こえてきました(1階から2階に聞こえたくらいなのでかなりの音量)。すぐ駆けつけたら真っ赤な顔で大泣きしながら駆け寄ってきました。父によると「なんにもしてないのに泣き出した(´;ω;`)」とのこと

一方、ばぁばは平気。
母も息子が可愛くてならずずっと抱っこしてましたが全く泣きません。それどころか進んで抱っこされに行ったりします。それを見て父、「いいなぁいいなぁ」を連発。「男ってだけでそんなに嫌わなくてもなぁ・・・」「なんでかなぁ・・・」本気で拗ねて(すねて)います。大人気ないですねぇ(゚∀゚)アヒャヒャ

1日目「じいじだぞ」→泣かれる→(´;ω;`)ショボーン
2日目「そろそろ慣れてもいいんじゃない?」→泣かれる→(´;ω;`)(´;ω;`)ショボーンショボーン
3日目「結局ダメだったか・・・」→やっぱり泣かれる→(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)ショボーンショボーンショボーン



こんな感じでした
いやぁ見てる分には面白かったですね(笑)。母もわざと見せつけたりしてました(笑)。
夫は「赤ちゃんてみんなそうみたいですよ」「僕でもたまに泣かれますもん」と一生懸命フォローしてましたが傷心の父には沁みてきません。最後まで「次会った時は大丈夫かなぁ」「じぃじのこと覚えててくれよぉ」と情けない顔でぶつぶつ言っていました(・∀・)つ

次に会うのは何ヶ月後か・・・
わからないけどちょっとくらいじぃじにもサービスしてあげて欲しいです(笑)


 お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 08:00コメント(2) 
猫ムスメ

猫ムスメ