2020年08月

2020年08月30日

7BF66FC2-E405-4F65-BCD8-3A4C7D2BF9FE59852362-22C9-4CEE-8EB2-7172BFA68E7A















【左】2歳の誕生日の私
【右】2歳の誕生日の息子 


瓜二つやんヾ(=^▽^=)ノ 
「あんたのアルバム見返したらソックリで笑った〜♪」とノリノリの母から左の写真が送られて来ました。た、確かに似てる・・・ DNAってすごいですね。

しかし息子の発達に悩む私が注目したのは顏以外の所。
私、1人で椅子に座ってスイカ食べてますよね!? しかも減り具合と腹回りの立派さからすると、かなりの食欲です。

一方息子は
●まだ椅子に座れません。ベルトをしてもダメ。座らせようとすると泣いて泣いてママにしがみつき、食事どころの騒ぎではありません。結局は私が抱っこして食べさせることになります。フィジカル的にも腰回りの筋肉が弱くて安定しないみたいです。
●もちろんスイカも食べられません。スイカどころか未だベビーフードのペースト以外を拒否し続けています。極度の偏食に加え「食道が細い」というフィジカルな問題もある模様。とにかく〝食べる〟という事が嫌らしく毎食泣き叫ぶので本当に苦労します。自分で食べ物を持つ・・・なんて夢のまた夢。2歳の頃のママのようにスイカを手に取り自分で食べる、などという日は永遠に来ない気が致します。


このように、外見はソックリだけど内面は全く似ていない息子。
誰に似たのやら・・・
DNAの不思議ですね。


  お後がよろしいようで。



【追伸】余談ですが母から送られた写真の中には2歳にしてサファリパークのサイに乗る私の姿も写っておりました。姉と2人だけで乗っていますが泣きもせず余裕の表情。強いものです。
うちの息子なら・・・きっと怖くて泣き叫びまず母子分離が出来ないでしょう。人一倍ビビリな子なので。まぁそこがまた可愛かったりもするのですが






 

shizutamarakugo at 08:00コメント(0) 

2020年08月25日

1CFA134E-01E2-4842-99F0-F9064B03E8D973089A43-559C-4569-8B27-726052F1206A











息子、8月23日で2歳になりました。
ここまで応援・支えてくださった方々に感謝致します。

731日。
この子の親になってからの日数です。 
1日1日が怒濤のような日々でした。子供はうっかりするとすぐ死んでしまうものですからその命を守るのに必死。自分のことなんて二の次三の次。短いようで長いようで短いようで長い・・・そんな2年間でした。

10月からは週に一回「療育」に通います。
親も完全に付き添う療育なのでまた忙しくなることでしょう。慣れるまではヘトヘトになるんじゃないかな 普通の子に比べ出来ない事が多い我が子なので心配のタネは尽きません。毎日の世話に加え各種病院やら発達センター通い、そして不眠・・・
 
改めて考えると気が狂いそうですが何故か出来てしまうんですよね。それが「親」というものなのでしょう。いろいろありますがこの笑顔を糧に頑張ります!!!

BCE588B1-AC09-4E2E-8938-EF4CDC529C54214187D9-A9E5-4C92-A1C7-F802018F1FA1















お後がよろしいようで。 

shizutamarakugo at 08:00コメント(6) 

2020年08月22日

息子がやたらと目をこするため眼科に連れて行きました。9時診療開始のところ、9時50分に到着。ちなみにここが近隣で唯一の眼科です。

入った瞬間、目を疑いました。待合室が一杯(; ̄Д ̄)  そのほとんどが高齢者。数人いる若い人は座りきれず立っています。きっと席を譲ったのでしょう。驚くことに赤ちゃんを抱っこしたお母さんまで立っていました。 

AC59C6CD-0ADA-4982-88AD-C3A9A2C0F7CE

受付に行って二度ビックリ。90分待ち‼︎
「ディズニーランドかッ」思わず内心ツッコみましたよ 
9時50分から90分経つともうお昼&ねんねの時間になっています。きっと息子は保たずにグズリまくるでしょう。診療どころの騒ぎではありません。結局この日は諦めて帰りました(´;ω;`)

ちなみに私は内科と皮膚科でも同じ目に合ったことがあります。息子を診てもらいたくて午前中行ったけど高齢者が居過ぎてダメだった・・・というパターン。どの病院でも「特に午前中はいつもこのような状態なので朝イチか午後イチをお勧めします」と言われました。でもね、無理なんですよ。1歳児を育てながら時間通りに動くのは。子供にはタイムスケジュールというものがあります。例えはねんねの時間に無理矢理起こして連れて行っても眠くてグズリまくり診察は出来ないでしょう。朝イチ狙うのも無理。思うように支度など出来る訳がないのです。
 
年金生活をしている皆さんは暇なので(午前・午後とも)受付開始時間の1時間前とかから並ぶそうです。実際その列を見たことがあります。それはそれで権利だし否定するつもりはありません。でもね、もう少し考えて欲しいのです。子供を診て貰いたいけど診てもらえない親の気持ちを・・・

こういう事を言うと【子連れ様】と叩かれてしまうのしょうが、私は心から思います。
「ほんのわずかな時間でいいから乳幼児枠を作ってください」と。真夏の炎天下の中、並ぶ事なく受付が出来、さほど待たずに診察してもらえる時間です。弱者優先タイムとでも言うのでしょうか。一時期ありましたよね、スーパーでそんな時間が。医療従事者や妊婦が優先的に買い物して出来る時間です。 そんな時間が小児科以外の病院でも欲しいなと・・・

イチ母親からの願いでした。 



 お後がよろしいようで。 

shizutamarakugo at 08:00コメント(2) 

2020年08月18日

息子、2歳を目前に初めて〝リアル動物〟を見ました

図鑑やDVDではよく見ていて「象」とか「ライオン」とか「パンダ」とか理解はしてるんですが(まだ喋りはしないけど私が言うと指差す)、コロナ禍もあり動物園等には行けていませんでした。だからこれが本当に人生初の〝リアル動物〟です。

2F6EF084-D3C8-40A2-8A83-EBB4E263F0DF

①餌やり体験。最初は怖がって屁っ放り腰だったけど・・・


2B17D2F0-444B-4780-ABAC-36B18D01F3B4


②ママに手を添えられ段々大胆に


F1EBA43E-C68F-49D0-85CC-02DF48ABE9C0


③最終的には1人であげられてました。強い子! (親馬鹿定期)



私の予想では最初から最後まで泣いてママにしがみついてると思ったいました。何せ人一倍ビビリな子なんで・・・でも実際はコレ。怖がるどころか馬のカパッと開く口を見てゲラゲラ笑ってました(^_^;) 我が子の意外な一面を発見した気分です。


B390B8BB-6C64-408C-9BF3-37FE0076E9443D53B879-8B96-49E6-9BB5-9307EDF53351





ところでここは広大な自然の中にあるアウトドア施設でして、動物コーナーだけでなく「シルバニアパーク」も併設されています。と言うか私的にはこれが目当てでした(笑)。もうね、ドストライクなんですよ年代的に。完全に親狙いの施設ですよね( -д-)ノ  メルヘンチックな風景をバックに財布の紐が緩むお母さんは多いんじゃないかと思いました 

ちなみにこの日の気温は午前で34℃。
暑くて暑くてクラクラッ 特に1歳児の息子は危険。継続して屋外にいられるのは2時間が限界でした。結局、開場の10時に行き12時で外遊び終了。後は併設のレストランで昼食を食べ帰ってきました。また涼しくなったらゆっくり行き直したいものです。


 お後がよろしいようで。




DA4EE9D4-4DCC-4936-B00B-38BE5EA177B74B579565-B01C-4895-AEF6-80E2BBEB8CA5










【おまけ画像】昼食を食べた「レストランポワール」。自家製のパスタ・ソーセージが人気でここ目当てにわざわざ来るお客さんもいるそうです。いや本当に美味でした。





 


shizutamarakugo at 08:00コメント(0) 

2020年08月13日

息子といつも行く公園で珍しいものを見ました。

セミの羽化!!!ヾ(=^▽^=)ノ 

中学生くらいの女の子とそのおばあちゃんが一本の樹にスマホを向けています。よほど珍らしい生き物でもいるんだろうか、だったら息子に見せてあげたい・・・と思い声をかけたところ「羽化してる最中のセミ」でした 

DD16C2C5-E956-4A13-A1BE-86E7E6C27A1BB8B70E29-FFED-4249-9EA3-B2F2029C4C30











10分くらい観察したでしょうか。
なかなか最後のお尻が出ません。息子が飽きて走り出しそうになったため諦め行こうとしたらその瞬間に完了しました。粘って良かった!!!  少しずつ少しずつ一生懸命抜け出そうとする姿に感動です。

ってか、セミって最初は緑なんすね
知らなかった・・・考えてみれば田舎育ちの私も羽化の瞬間を見るのは初めてです。 

家に帰って夫に自慢したところ、
「セミは大体18時〜20時くらいに羽化するからねぇ。昼間するなんてかなり珍らしいと思う。異常気象が原因では?」とやけにクールな反応。それ以外もやたら詳しいので聞いたところ、なんと

「小学生の時、自由研究でセミの研究をして何かの賞を貰った」

とのこと。マジで〜(爆笑)。そんなプロフェッショナル(?)が身近にいようとは思いませんでした なんでもセミを100匹以上捕まえて雌雄の比率を調べたりする等、小学生にしては手の込んだものだったらしいです。そんな夫からは

①樹の根本に空いている穴は、幼虫が出てき終わった物とこれから出てくる物が混在している。どちらなのかは穴の形を見ればわかる。
②幼虫は地面から出る2〜3日前に偵察のため穴を空ける。 
③抜け殻を見ればセミの種類がわかる。

などのトリビアをいただきました(^_^)ニコニコ 
ちなみに夫はいわゆる「昆虫博士」でして、セミ以外の生き物にもやたら詳しいです。大体どんな少年時代を送ったのかわかりますよね

人に特技あり。
息子が大きくなったら是非静岡へ行き、共に野山を駆け回って頂きたいものです。




 お後がよろしいようで。 

shizutamarakugo at 08:12コメント(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ