2010年01月30日

ねぎし三平堂

100130_1739~0001昭和の爆笑王、初代・林家三平さん。
恐らく私くらいの世代の方はご存知ないでしょうね。「どうもすいません」というギャグと共に一世を風靡し、テレビ時代の申し子と言われた人物です。ま、今となっては こぶ平のお父さん と言うのが一番通じ易いでしょうけど・・・ 林家正蔵となった長男こぶ平・林家三平を継いだ次男いっ平ともに、いまや大活躍! あえて他の家族には触れませんが、なかなかアグレッシブなご一家のようです(笑)


100130_1728~0001さて、そんな三平さんゆかりの根岸に、「ねぎし三平堂」はあります。一言で表せば、三平記念館ですな 詳細は下記URLをどうぞ。http://www.sanpeido.com/f01_goannai.htm 
ここでは毎月、人気の演者を呼び小さな落語会が開かれます。

本日の演者は、館長である二代目林家三平ペナルティーのヒデものいい・そして月亭方正 
まずペナルティのヒデが落語をやることにビックリでしたが、意外と上手なことに二度ビックリ!! 声も凛としてよく通るし、新活路発見・・・かもしれませんな(゚∀゚)アヒャヒャ

・・・ところで三平さんは超カミカミかつ舌ったらずで笑い(失笑?)を買っていたのですが、アレも彼の持ち味の1つなんでしょうか???
初めて聞く私にはよう分かりません。誰か教えてください(((( ;゚д゚)))

                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 22:17コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ