2010年02月27日

馬生ハマ寄席

生憎の雨の中、横浜は桜木町まで遠征致しました。桜木町と言えば「横浜にぎわい座」 先日お亡くなりになった玉置宏さんが館長を務めていた施設です。
今日はそんなにぎわい座にて「馬生ハマ寄席」の日。実は私、今日という日に秘めたる計画があり、数日前から緊張しておりました。それは『和服で外出する』という計画です。二十歳の振袖以来、着物を着ていない私ですが、落語を聞くようになってつくづく思いました。
いわく『和服を着た女性は美しい』 ←大抵の人は(笑)

もちろんまだお稽古を始めたばかりで自分では着れませんので、にぎわい座から30分ほどの所に住む知人に、着付けをしてもらいました

100227_1239~0001朝から大騒ぎ・・・の結果、こんな感じになりましたが、いかがでしょう??
雨なので汚さないよう余計に大変でしたが、やはり着物を着るとシャンとします。会場でお会いした顔見知りのお客さん方にもお誉め頂き、嬉しかった(お世辞でも嬉しいの)
なによりも、一度着たことによって、今後どれだけ時間がかかっても着付けを習得しよう、というモチベーションに繫がりました。実はこれが今日の目的だったので、大成功です。

・・・なんだか着物を着た時点で満足した気になってしまいましたが、もちろん肝心の落語も素晴らしかったですよ(^∀^) 恒例、「厩の食卓」さんでの懇親会も大盛況! 馬生師匠一門の皆様・落語ファンの諸先輩方に大変良くして頂き、つくづく幸せな一日でございました 

                          お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 23:01コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 匠@タッチ   2010年02月28日 00:51
舞桜ですか?
揚げ・締めも素敵ですね。

気品、風合い、雅、どんな洋服も着物には勝てないと思います。


帯揚げはもうチョッチ派手な方が落語の楽しさや帯には合うかも....
これからどのように『合わせ』をするか楽しみです!

あ....ハマると高く付きますよ(汗)
2. Posted by 猫ムスメ   2010年02月28日 19:56
そうですね、着物は本当に素晴らしいと思います。
以前お世話になった麻布十番の呉服屋の社長さんも「昔の日本人の色彩感覚は本当に世界一だったんだよ」と仰ってました。

とりあえず一度着たことによってモチベーションが上がったので、お稽古、がんばりたいと思います

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ