2010年08月08日

円朝まつり2010

太陽がいよいよ本気出して燃え盛る中、円朝まつりが行われました

《円朝まつり》江戸落語中興の祖である三遊亭圓朝師匠の命日8月11日付近に、墓所のある谷中・全生庵で行われている祭り。法要・お焚き上げ・奉納落語会の三本柱とともに、噺家さん自らがサービスに努める芸人屋台が人気です。

とは言うものの、落語を聴き始めてまだ1年未満の私。去年の8月は落語のラの字も知らず平和に暮らしておりました(●´ω`●) だからもちろん円朝まつりに参加するのも初めてでございます。しかも初めてで「奉納落語会・第1部」に当選するという幸運さ

100808_1107~0001 鈴々舎 馬風 「男の井戸会議」
 柳家 小三治 「死神」

11時半開演でしたが、私達の到着した10時40分時点で、既に数十名の行列 ちなみに、第1部の倍率は至上最高の百倍だったそうです(爆)  
なにはともあれ、前から3列目のド真ん中をゲット!! 普段では有り得ない近さで名人・小三治師匠を堪能致しました(´▽`)


奉納落語会終了後、ザッと会場を回り、顔見知りの噺家さん達にご挨拶しました。甚語楼師匠や三三師匠と2ショット写真を撮らせてもらい、大満足  しかし、すごい人!!! そして、暑い!!! 先輩落語ファンの皆さんから事前に「混雑がひどいから気をつけて」と言われていましたが、まさかこれほどとは・・・(´-д-;`)  一緒に行った友人があまり紫外線に強くない体質なので、ジックリ見たり並んでサインを貰ったりするのは断念しました(私自身も危ないし)。喜多八師匠のキタナヅカは非常に気になりましたが、命あってのモノダネ 
2人で神田に移動し、ゆっくり鰻を食べて帰りました。

画像 002←ちなみに写真は、板割りをする彦いち師匠です。許可を頂いたので載せます。「夏休みが取れねぇ」という私の不満を書いた板を、見事ハイキックで真っ二つにしてくださいました。
その男らしさに悶絶


・・・ところで一緒に行った友人ですが、私の高校時代の同級生です。そして、1年前の私同様、落語のラの字も知らない女性v( ̄∇ ̄)v
奉納落語会・第1部が当たった時、あえて落語仲間ではなく、彼女を連れて行こうとすぐに思いました。
それは『初めての落語が小三治』という、ある意味シュールな体験を、かにさせたかったからです(^_^)ニコニコ

それが吉と出るのか凶と出るのか・・・後は神のみぞ、知ります


                       お後がよろしいようで。


100808_1250~0001100808_1330~0001100808_1402~0001











《写真左》現場はご覧の通り、身動き取れない大混雑・・・
《写真中央》彦いち師匠に割ってもらった、板の切れ端。笑顔でサインまで書いてくださり、再び悶絶 帰宅し、玄関の成田山のお札と並べて飾りました( -д-)ノ
《写真右》帰りに友人と食べて帰った、神田きくかわの鰻。2つ折にしてあるデカさのアピールが憎いです。



shizutamarakugo at 18:31コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 猫仲間   2010年08月09日 11:54
あたしも昨日いましたよ全生庵

あたしは2回目だったけど去年よりお客様多かった気がするんですよね(*^_^*)

彦いち師匠の「いたわり」本当に痺れました。運良く4枚連続ハイキック割りを拝見できたので惚れ惚れしちゃいました
2. Posted by 猫ムスメ   2010年08月09日 19:52
猫仲間さんもいらっしゃいましたか!! じゃあどこかですれ違ってるかもしれないですね

彦いち師匠にはマジ痺れましたよ~ 血の滲んだ包帯を手に巻いているところがワイルドでステキ

たまたま14日の「落語@ザ・高円寺」に予約取れてるんで、めっちゃ楽しみです~(=^▽^=)
3. Posted by ミヤザキ   2010年08月09日 20:42
お江戸の方は昨日は円朝まつりで持ちきりだったね。他のブログにもすごい載ってるよ。地方モンはなかなか行けないけどネットで見て楽しみました。来年こそは上京して行くぞ!
4. Posted by 猫ムスメ   2010年08月09日 21:55
ツイッター率もすごかったです(笑)
三之助師匠も実況中継していたし、現場にいながらつぶやきをチェックするのが大変でした

来年は是非タイミングを合わせて江戸にお越しください
5. Posted by otoshi   2010年08月10日 11:55
5
「初めての落語が小三治」が目に付きました。
20年以上前 落語好きの友達に誘われて行ったのが、読売ホールの小三治独演会でした。
内容はまるで覚えていませんが、なにか間がいい噺家さんねと言ったら、
「そうなのよ、小三治は絶妙の間なのよ」と言われ、それ以降横浜の県民ホールなどにお出ましのときは、ときどきお邪魔していました。そのころ出たものですが
小三治50歳少し超えたくらいの油の乗り切ったころのもので、新聞で知ったのですが随談というのでしょうか、英語の勉強に短期留学されたこと、ニューヨーク一人旅、卵かけご飯、
駐車場物語と3枚CDが出ていて友達が送ってくれて、それは
何回聞いても笑ってしまう、私にとって落語入門書となりました。今は柳家三三の落語を聞くのが多くなりました。
6. Posted by 猫ムスメ   2010年08月10日 12:04
otoshi様

ブログ訪問ありがとうございますm(_ _)m otoshiさんも「初めての落語が小三治」という羨ましい体験の持ち主だったんですね やはり何事もキッカケですから、壮年期の小三治師匠に触れて落語入門となったのは、必然(?)だったと思います。私の友人も祭りの翌日わざわざメールをくれて「古典落語がとても楽しかったのでテレビの落語番組を見ます」と言ってくれました 世界観が通じたようです。

これからもお互い良い落語に触れられるといいですネ(*^_^*)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ