2010年11月27日

あのあの馬治 ~種の会~

一日遅れのアップとなりますが、昨日はやっと金曜日
疲れた足を引きずり、いそいそと大塚へ向かいました。
昨日は馬治さんが2ヶ月に一度開いている勉強会「あのあの馬治~種の会~」の日だったんです。最近、落語の優先順位が下がってしまい何度かパスしていたので、恐らく半年ぶりとか、それくらいでしょうか…(T_T)
落語会もあまり間が空くと、敷居が高くなる気が致します


    古今亭 きょう介  開口一番
    永峯 恵       民謡
    金原亭 馬治    「代書屋」
    永江 晴美      ジャズ
         ~仲入り~
    金原亭 馬治    「芝浜」

 なんと言ってもド肝を抜かれたのは、落語会なのに突然サンタのコスプレをした若いギャルがノリノリで登場したことです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
民謡の永峰恵さんですが、皆さんご存知ですか?なんでもあの「恋のから騒ぎ」に出ていたいわゆる「恋からギャル」だそうですよ(ちなみに私は全く存じませんでした) 
まぁ、それなりに可愛いし、サンタの恰好で民謡というのもまた斬新で良いのでしょうが・・・実力は・・・・・・う~ん・・・・・・
「若くて可愛いというのは、それだけで武器なのね」というのが唯一の感想です(以下自粛) 


何故か大塚愛の「ピーチ」まで熱唱したサンタクロースギャルの後に落語という、とっても可哀相なシチュエーションの馬治さん  
ゲストの選択は自分ではなく音楽堂(会場)に一任してあるのですが・・・と、若干エクスキューズのような事をおっしゃっていました(笑)

『ニ席のうち、必ず一席はネタ下ろし』というルールが決まっている、この勉強会。ご本人は生きた心地がしない(?)でしょうが、ファンにとってはかなり楽しみな趣向です   ちなみに昨日のネタ下ろしは「代書屋」の方でした。素人目ですが、生真面目な代書屋と客の掛け合いが絶妙で、大変面白かったと思います。

遅ればせながら今シーズン初の「芝浜」を聴き、年末の到来を感じました。確か去年の11月のこの会は「二番煎じ」だったなぁとか急に思い出したり(笑)  落語を聴き始めて二度目の秋・冬を迎え、ネタの季節性なども、なんとなく感じるようになりました(^_^)ニコニコ

・・・どうでもいいけど猪鍋が食べたいです


                  
                   お後がよろしいようで。

 

 

 

 



shizutamarakugo at 16:09コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by otoshi   2010年12月01日 10:37
落語つなぎの話ということで、勝手ですがここにコメントさせていただきます。

30日横浜にぎわい座の小ホールで古今亭菊六さんの独演会がありました。
ゲストは馬るこさんでした。
小ホールはのげシャーレという名前で地下2階にあります。
二つ目の有望な噺家さんが、ここでお披露目し
数回繰り返し演じることで、
認められ
上の演芸ホールに出ることになる可能性があります。
菊六さんは 1年ぐらい前テレビのトーク番組で柳家三三さんが司会で
菊六さん、馬るこさんが出演されていました。
そのときの菊六さんは、結構お茶目なところがありましたが
昨日の菊六さんは、もう立派に落ち着いた噺家さんでした。

馬るこさんはハングルなどの面白キャラがあるのですが
今日は短編のハングルだったので、はっきりと分からず
もっと長編のハングルをされたほうがいいような気がしました。

菊六さんの聴衆の受けは随分よかったようです。お上手でした。
終わって花束贈呈がありました。お披露目のことで
花束が用意されていたのかもしれません。
私は終わって すぐに出口に行ったら 菊六さんが正面からいらして
私はおもわず 拍手をして そして握手をしてもらいました。

そのあと沢山の人に囲まれていました。
私は早く帰りたいので出ましたが、
沢山の人で打ち上げになったのかもしれません。

11月に立川志の吉、志の八第3回ペヤング兄弟会
そして今日の菊六さんと 二つ目の噺家さんですが
真打の噺家とは一味違うものを感じました。
やみつきになるかもしれません。
2. Posted by 猫ムスメ   2010年12月01日 11:49
菊六さんを気に入って頂いたようで、ファンとしては嬉しいです(^-^)/

菊六さんといえば、今話題の海老蔵さんと幼馴染みなんですよね(笑)
例の結婚式には「招待席」ではなく「親族席」に座ったという逸話の持ち主…
あちらの品性はどうかと思いますが、菊六さんの方は、正真正銘の貴公子だと思います

もちろん芸も真打ち顔負けだと思うし、楽しみですよね!!

上のホールに上がられたら是非お邪魔したいものです

3. Posted by otoshi   2010年12月01日 18:10
菊六さんのような品性を感じる方は今までいなかったような
気がしましたが、やっぱり
お育ちが でしたか・・・

女性を演じても襟元を合わせる
仕草など 色っぽい女性から
普通の?女性まで演じ分けて
お見事でした。

 昨日の演目
開口一番   牛ほめ
古今亭菊六  厩火事
鈴々舎馬るこ 紙くずや
古今亭菊六  井戸の茶碗
4. Posted by 猫ムスメ   2010年12月02日 13:24
ご丁寧に演目を教えて頂きありがとうございます。

厩火事は菊六さんで聴いたことない気がしますが、きっとかわいい女房を演じられるんでしょうね(*^_^*)

あの品の良さは、なかなか後付けでは出せない気がします

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ