2011年02月28日

鬼金棒(きかんぼう)

近頃めっきり「ラーメン激戦区」となった、神田界隈。
当社の男性陣もご多分に洩れずラーメン大好き人間揃いで、ランチは毎日のようにアチコチのラーメン屋を食べ歩いているようです。
ほんっと男子って、ラーメン好きよね(´-д-;`)

・・・と、冷ややかな目で見守っていたワタクシですが、最近ミョーに社内で「オニ」という言葉を聞くようになりました。「やっぱ、つけ麺はオニが一番!!」「オニを食べると他が食えないよね」といった感じです

そこまで言われたら気になるじゃないですか。
説明を求めたところ、「オニ」というのは神田駅近くにある「鬼金棒(きかんぼう」という店のことだそう。最近メディアに引っ張りだこで、カップラーメンにもなったとのこと。普段はラーメンなど見向きもしない私ですが、ブロガーとしての血が騒ぐ・・・さっそく行ってみることにしました

110226_1128~0003110226_1113~0002110226_1112~0001

 

 

 

 

 

 

【写真左】入り口に鬼の金棒が飾ってあるというわかりやすさ(笑)
【写真中央】注文した特カラシビつけ麺(980円也)
【写真右】スープのアップ写真。辛さが伝わるかと・・・


11時半頃行きましたが、既に店内&外に7人ほど並んでいました。
しかし回転は速く、15分ほどで着席。食券を渡すとまず「カラ」「シビ」を聞かれます。ちなみに「カラ」は辛さで、唐辛子系香辛料。「シビ」は痺れで、山椒系香辛料。会社の連中は「増し・増し」で頼むらしいですが、私は「普通・普通」で頼ませて頂きました

麺はモッチリ太麺で、私は普通盛り(160グラム)を頼みましたが、充分でした。中盛りにしたら、残してたな・・・
スープは激辛~!! という感じではなく、山椒の痺れが勝ります。
超・濃厚ですが、モヤシやお肉が沢山入っており、ニンニクなどのスパイスも効いているので、無理なく食べられました。

最後はお楽しみの「スープ割り」。
魚介系の出汁でスープを割って飲むのですが、これが異様に旨い  最初っからこのスープで食べさせてくれよなどと思ってしまった私は、やはりラーメン人間にはなれないのでしょうか(笑)

でも、なんだかんだ言いながらも結構おいしかったです。嫌いじゃありません。山椒味のラーメン(つけ麺)ってあまり無いと思うので、みんながクセになるのも分かります。

今度は「増し・増し」に挑戦してみます(^_^)ニコニコ



                                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:09コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2011年02月28日 22:55
こんばんは。今「オニ」がキーワードの『鬼神の血脈』なる本を読んでいます(笑)会社の帰りにラーメンとか憧れでしたが、自宅通いのお嬢様方と違い、私はひとり暮らし。給料の半分は家賃みたいな生活ですから、遠慮するしかないって感じでした(泣)今はウチでカップラーメンの担々麺を食べるのが楽しみです(笑)
2. Posted by 猫ムスメ   2011年03月01日 07:32
オスカーさん

オスカーさん節分の辺りから鬼に凝ってますね(笑)
ちなみに鬼金棒に行ったのはランチでしたよー。私も一人暮らしなので節約志向w いつもは手弁当を食べてますが、たまに(週1回くらい)は自分へのご褒美で外食して良いと決めています
鬼金棒はカップラーメンにもなっているので、是非お試ししてみてください♪
3. Posted by ユートピアATS   2011年03月03日 22:01
ラーメンですが、オススメがあります。経営者がメディア嫌いでテレビ・雑誌に紹介されていません。隠れた名店と思います
ラーメン<道楽>といいます。味は豚骨味噌風味、あとはトッピングに麺の硬軟・味の濃い薄い・油の多少くらいかな。一度お試しを。京急線鮫洲駅下車
(運転免許試験場の最寄駅)
第一京浜(国道15号)沿い
横浜よりに歩いてスグです。
4. Posted by 猫ムスメ   2011年03月04日 07:51
ユートピアATSさん

ラーメン情報ありがとうございます。
メディア嫌いというところが、いかにも本格っぽいですネ  職人肌なオヤジさんが目に浮かびます。
鮫洲はちょっと遠いですが、機会を見つけて是非試してみたいと思います。
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ