2011年03月23日

落語物語

映画「落語物語」を観てきました。

現役の噺家である林家しん平師匠が監督をされた、生粋の落語映画です(^_^)ニコニコ     メガホンを取ったのが噺家なら、出演者も噺家が盛り沢山。しかも柳家権太楼師匠や柳家喬太郎さん等、当代きっての人気者が出ているんですね(それも、まさかの配役で♪)
私が直接親しくしているのは主役の柳家わさびさん・柳家小権太さんだけでしたが、それでもいつも寄席で拝見している師匠方がスクリーンで見られるのは、とてもエキサイティングな体験。
余震は怖いですが、勇気を出して行ってきました 
http://rakugomonogatari.jp/


爆笑必至の映画だとは聞いていましたが、まさかこんなに泣けるとは…  “やられた~”って感じです。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、田畑智子さん演じる女将さんには泣かされっぱなしでした。いくら噺家の皆さんが役者揃いだからといって、本物の役者さんはやっぱり違うなぁ(当たり前)、叶わないなぁ(当たり前)というのが、一番の感想です。うますぎる。

それと、配役の妙。主役のわさびさんも “まんま” 弱々しい小春だし、床屋の親父の権様・天狗になった真打ち馬石師匠・アヤシゲな呑み屋の喬太郎さん・・・どれも、この人しかいないっしょというハマリっぷりでした。これもしん平師匠の厳選の賜物ですね。本物の役者さんの使い方含め、最高のキャストだったと思います

周りのお客さんもほとんど落語ファンの人たちでした。誰かが登場するたび、「小朝~w」とか「百栄ちゃ~んw」とか声が漏れるんです(笑)

ちょっと変わった空間だけど、純粋に映画としても楽しめるレベル。
東京では東劇にて4/8までやっています。お暇がある方は、是非行ってみてください(⌒-⌒)


                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:30コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2011年03月23日 22:43
こんばんは。
>誰かが登場するたび、「小朝~w」とか「百栄ちゃ~んw」とか声が漏れるんです(笑)
なんかわかる!ほほえましいです。たくさんの方に見ていただけると良いですね。私はむずかしいです~申し訳ないっ!!
2. Posted by とおりすがり   2011年03月24日 00:56
ピエール瀧はどうでした?
ファンなので気になるのですがまったく名前が出てきてないので…(笑)
3. Posted by 猫ムスメ   2011年03月24日 08:00
オスカーさん

お客さんの年齢層もやはり高めで、根っからの落語ファンといった感じでした♪ きっと「出てた噺家、全員わかったぜー」みたいな自慢してると思います(笑) 微笑ましい限りです
4. Posted by 猫ムスメ   2011年03月24日 08:05
とおりすがりさん

ピエール瀧のファンなんだ 電気グルーヴ時代からかしら~。ちょっと意外ですwww
彼はミュージシャンながら、もはやプロの俳優だと捉えていたのであえて触れませんでしたが、もちろん上手かったですよ もう少し落語をやるシーンが見たかったですがネ。
ちなみにこんな愉快で弟子に優しい師匠は実際まずいないと思うので、この映画を観て噺家になろうという若者がいたら、止めた方がいいと思います(笑)

5. Posted by otoshi   2011年03月24日 10:01
私も22日行ってきました。初日12日の舞台挨拶の指定席も持っていましたが
10日遅れになってしまいました。
噺家の成長物語だと思っていたのですが
意外といろいろな話が絡まって、おもしろかったです。
主役のわさびさんは そのまんま 自然体で演技?していましたね。よかったです。
池袋でしん平監督がトリのとき、権太楼師匠が下手だとはっきりおっしゃったのですが
確かに 突っ立っているだけのところがありました。
やっぱりオカミサンの田畑智子さんがよかったです。
若いころのやんちゃなところと、オカミサンになってからは、優しさと少しの品のよさを感じました。でもあんなに良い環境の内弟子は考えられないかもしれません。
落語界の内情と寄席の雰囲気が味わえる映画で、もっとみんな観に行ったらいいのにと思いました。
6. Posted by 猫ムスメ    2011年03月24日 21:28
otoshiさん

公開初日(舞台挨拶)が震災の翌日という波乱の幕開けでしたね
中止になったとはいえ、ちゃんと初日のチケットを抑えていたところが流石otoshiさんですね(*^_^*)

1つ前のコメントにも書きましたが、私もあんな恵まれた環境の内弟子はないと思います あんな愉快で太っ腹な師匠と可愛くお茶目な女将さんがいるわけないですよね(´∀`)
この映画を観て憧れの師匠の家に突撃する若者が出ませんように(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ