2011年05月26日

読書熱、再燃

110526_0728~0001小さな頃からオニのように本を読んできた私ですが、震災以来、その読書ペースは著しくダウンしておりました
理由は2つ、【余震が怖くて “風呂読” が出来なかったこと】と、【液状化被害の影響で浦安市立図書館が無期限休館となってしまっていた】ことです( p_q)エ-ン

しかし、5月に入ってようやく図書館が一部復活し、余震もだいぶ治まってきました 

そこで再燃したのが読書熱です(*'-'*)
まず勇気を出して、一日1時間程の“風呂読”を再開してみました

《5月に入ってから読んだ本》
高井忍「柳生十兵衛秘剣考」・高田郁「八朔の雪」・宮部みゆき等編「名短編ほりだしもの」・高田郁「花散らしの雨」・高田郁「想い雪」・東野圭吾「プラチナデータ」・高田郁「今朝の春」・松本清張「鬼畜」・西村賢太「小銭をかぞえる」・司馬遼太郎「侍はこわい」  
・・・以上、10冊


ちなみに今、11冊目である倉知淳「猫丸先輩の空論」を読んでます♪
朝通勤電車で読み昼公園で読み夕方通勤電車で読み夜お風呂で読む・・・これが本来の私のペースなのですよv( ̄∇ ̄)v

・・・というか、震災前に予約していた本が図書館再開と共に一気に押し寄せて来ました。せっかく順番待ちして手に入れた本ですから、読まずに返すのは悔しい。というワケで、読まざるを得ないというも、また現実です(泣)

 



shizutamarakugo at 19:23コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ