2011年06月16日

親不知を抜く

昨日『親不知が原因の顎関節症』と診断され痛み止めを処方された私ですが、薬は全く効かず、痛くて痛くて夜眠ることができませんでした 朝になって口の中を覗いたら、肉眼でわかるくらい口中が白く腫れています。気のせいか、舌まで腫れています。

 

これはオカシイと思い歯医者さんに電話したら、「今日もう一度来てください」と言ってくださいました。早速14時に予約を取って伺ったところ、昨日より強引に口をこじ開け奥を診た先生「親不知が思ったより神経を圧迫してしまっているから、抜かないとダメかな」とボソリ・・・∑( ̄ロ ̄|||)


『口が開くようになるのを待つ→親不知抜歯』
の予定が、『親不知抜歯→口が開くようになる?』に変わったのですね。
なんという急転直下でしょう

 

 

結局、麻酔&器具で3センチしか開かない口を無理にこじ開け、抜歯したのでした~~~ヾ(=^▽^=)ノ

 

行っていきなり親不知を抜かれるというハードルの高さ。
ギャフンです。

しかし私は耐えました。歯を抜くミシミシッという音が聞こえたりしましたが、耐えました。院長先生のお腹がググーッと鳴りましたが、耐えました。

 

ちなみに抜歯から8時間ほど経った現在、痛みはありません(もちろん麻酔はとっくに切れ、痛み止めを飲んでいます)。口に中の腫れも引き、夕飯に恵比寿で買ってきた神戸屋のパンを食べることが出来ました♪♪ 無理にでも抜いてしまって良かったと思います

 

原因となっていた親不知が無くなったので、きっとそのうち口も開くようになることでしょう。しばらく週イチ程度の通院が続きますが、ついでですので他の虫歯(軽度のやつが有るらしい)も治してもらっちゃおうと思います。

 

お口のトラブルって本当に大事ですね。

生きる根底である“食べる”という行為に直結しますので、こじらせると大変です(´;ω;`)


好きな物を美味しく食べられる日常・・・完治した暁には、きっとその当たり前の幸せを私は噛みしめることでしょう

 

 

 

 

 

 



shizutamarakugo at 22:14コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2011年06月16日 23:33
こんばんは。読んでいるだけで歯医者さんのあの雰囲気がまわりにやってきましたよ~大変でしたね!!でも良かった、良かった♪美味しいものをたくさん食べてまたブログに載せて下さいね
2. Posted by HyperChem   2011年06月17日 00:07
急な展開でしたね。
でも、一瞬の判断の大切さを感じます。
親知らずは、そこまでひどくなかったですが、やはり
変な方向に向いて神経を刺激していて、その場で抜歯
の判断をさせられ、抜きました。数日腫れがひどく、
もうこりごり!って思いました。
いつか残ったのも抜かないといけないのかなぁ…。
ボルタレン&抗生物質かな?
今は痛んだりする歯はないですが、来月前に行っていた
歯医者さんに検診の予約を入れました。
歯はなかなか悪くならないと行かないけど、
早めが肝心ですね。
お大事に…
3. Posted by 猫ムスメ   2011年06月17日 10:50
オスカーさん

リアルレポートになっていたら幸いです(爆)
だいぶ腫れも引いて落ちついてきたみたいですが、まだ口は開きません
また顎関節症の方が完治したら食べブログ、再開させて頂きたいと思います
4. Posted by 猫ムスメ   2011年06月17日 10:53
HyperChemさん

HyperChemさんもいきなり抜かれた経験があるのですね でもある意味、1週間前とかから予告されているより精神的には良いかもしれませんね(笑)

歯は痛くなってから行くと遅いみたいなので、検診の予約されたのは大正解ですよね 私も歯医者は敬遠しがちですが、キチンと定期メンテしようと思いました

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ