2011年06月25日

小女子

【小女子】・・・と見て、皆様はスッと読めるでしょうか。
私は読めませんでした

それどころか、クックパッドのレシピのタイトルに「小女子の佃煮」と書いてあるのを見、 “またオカシな造語を造りよって” と、少しイラッとしました。  “大人だけど少女みたいな女の子” とか、そんな意味だと思ったのですね(森ガール・山ガールの後遺症でしょうかw)
「シェフのお薦めサラダ」みたいなノリかと、てっきり勘違い

いやはや、お恥ずかしい。私もまだまだですなァ。
ちなみに答えは【小女子(こうなご)】・・・魚の名前ですネ。

お恥ずかしく思いネットで色々「小女子関連」を調べていたのですが、衝撃の記事を見つけてしまいました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ   ご紹介します

『“小女子焼き殺す” 2ちゃんねるに殺害予告した23歳無職を逮捕・・・“小女子(こうなご)は小魚だ” と否認』
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1148332.html

 


・・・なんということでしょう。
コメントにもありますが、23歳無職、必死です(爆)

しかしある意味、小女子の読み方を知っていたコイツは偉い。もしや小女子の名産地出身か何かなのだろうか。その知識を何かに役立てられないだろうか・・・・・・妄想は膨らみます。

もちろんこんなヤツ、社会の敵。
笑い事ではありません。でもどこかトホホ感を感じてしまいます。
この23歳無職はその後どうなったのでしょうか。警察はこんな言葉遊びに振り回されず、キチンと起訴できたのでしょうか。
ジックリ調べてはいないし、恐らく今後調べることも無いと思いますが、少~しだけ気になってしまうのです(´-д-;`)


shizutamarakugo at 19:42コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2011年06月25日 21:54
「こおなご」は分かりますが、こう書くとは知らなかったです。
Wikipediaで見てたら、「イカナゴの稚魚は東日本で「コオナゴ
(小女子)」、西日本で「シンコ (新子)」。成長したものは北海道
で「オオナゴ (大女子)」、東北で「メロウド (女郎人)」、西日本
では「フルセ (古背)」、「カマスゴ (加末須古)」、「カナギ (金釘)」
などと呼ばれる。」とありました。大女子とか女郎人とかスゴイなって
思いました(^_^;)。イカナゴの釘煮はおいしいです(^^)。
猫ムスメさんのおっしゃるように「フィクション上で何らかの要因
により体のサイズが縮小してしまった女性、もしくは小人や妖精・
小型のアンドロイドなど人間の女性に似た外見を持つ元から小さな
サイズの架空の生物ないしロボット・自立的に意志を持って行動す
る小型の人形などを指す、インターネットコミュニティ上の俗称で
ある。」という概念の小女子もあるようです(^^ゞ。23歳無職は
実はこっちの意味で、たまたま魚の知識を知ったのではないかな?
2. Posted by オスカー   2011年06月26日 00:06
実物もわからないし食べないけど読めます(笑)イカナゴの佃煮は愛媛の人がよく美味しいって言ってました。
でもパッと見るといつも「小公女」と思ってしまうワタクシですしかも読んだことがないから内容を知らない
3. Posted by 猫ムスメ   2011年06月26日 09:01
HyperChemさん

あ~やっぱりそういう意味もあったんですね(^_^;) やっぱそうですよね。いかにもネットの住人が好みそうな言葉です(苦笑)

小女子、美味しいですか クックパッド見ながら佃煮作ってみようかなぁ
4. Posted by 猫ムスメ   2011年06月26日 09:08
オスカーさん

流石!! 皆さん読めるんですね 知ってみると「なるほど」っていう読み方ですが、知らないと読めません(^_^;) 勉強不足でございます

ところで「小公女」って、「小公女セーラ」のことでしょうか。確か富豪の娘が父の死により貧乏になって、どこかの屋根裏部屋に住まわされてコキ使われるような……典型的な少女文学ですね(笑)

「小公子セディ」は昔、夢中になって擦り切れるほど読んだので細部まで覚えています
5. Posted by otoshi   2011年06月26日 10:28
歳だけは取ってるので、読めます。でも、しらす、ちりめんじゃこ、小女子の区別がよくわかりません。
たまに 安売りのしらすをたくさん買って、残りをダメにしてしまうことがあります。冷凍にすればいいのにしないんですね。そんなときちょっと乾燥加工した ちりめんじゃこや小女子にすればよかったなんて思いますが、しらすの安売りが多いのです!お料理のレシピにも、しらす、ちりめんじゃこなどを別にして扱っているのでなんだか面倒くさいです。私はやっぱりしらす派ですかな?
6. Posted by 猫ムスメ   2011年06月26日 17:15
otoshiさん

流石です!! otoshiさんも読めるのですね 読めなかったばかりか変に勘違いした自分が益々お恥ずかしいです(汗)

ちなみに私もシラス、大好きです。
外国人は気持ち悪がるようですが、一度「シラスの踊り食い」というヤツにも挑戦してみたいと思っています。
ご存知かと思いますが静岡は本当にシラスが美味しく、昔からシラスは生で食べるものでした。生シラスにちょいと醤油を垂らし、すりおろした生姜と一緒にご飯に乗せて食べるのが定番でした それと、お寿司屋さんに行くと必ず生シラスの軍艦があります。活きが良くてプリプリして、本当に美味しいですよ。帰省すると必ず(と言っていいほど)食べに行く、地元の御馳走です

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ