2011年08月30日

ゴーヤに挑戦

今年は我々関東人にとって「ゴーヤ元年」と言える年でした( -д-)ノ
そこかしこに「緑のカーテンが」見られ、涼を誘ったものです
(私は “アンタが触れると花が枯れる” と言われるほど園芸センスが無いのでやっていませんw) 
そして、よそ様のお宅で鈴生りに生るゴーヤを眺めて思いました。

   「ってか、ゴーヤって東京でも育つんだ∑(=゚ω゚=;)」

驚きの事実です。ゴーヤは沖縄のような常夏状態でしか作れないと思っていました。しかも生命力が強いようで、お庭ボーボーのお宅でも「緑のカーテン」は概ね成功しています(笑)
何故、今までゴーヤチャンプルーは沖縄限定(のような扱いの)料理だったのでしょう。不思議です。

恐らくみんなも想像していた以上にたくさん実が生ってビビッたのでしょう。私の愛用する料理サイト「クックパッド」も、この夏はゴーヤ料理の投稿だらけになっていました  ゴーヤチャンプルー・ゴーヤの佃煮・ゴーヤのおひたし・・・みんな必死です(^∀^)

私は今までゴーヤというと「苦瓜」のイメージで、食べるのを避けていましたが、流石にここまで載せられると試したくなります。そこで、人生初のゴーヤに挑戦しました。クックパッドに載っていた「苦くないゴーヤチャンプルー」そのまんまに調理です。丁寧に中綿を取り、塩揉みした甲斐あったか、恐れていたほど苦くありませんでした。苦味を恐れるあまりウィンナーと玉子を多めに入れたせいもあるかもしれませんが、抵抗なくパクパク頂きました。ゴーヤってこんなもんなんですね

ところでレシピがスパムでなくウィンナーになっていたのでそのまんま作りましたが、これでもゴーヤーチャンプルーと言えるのでしょうか?? そもそも、チャンプルーってなんですか?? 「ゴーヤチャンプルー」と「ゴーヤの炒め物」の違いってなんですか??  アク抜きしないとどんだけ苦いですか?? 

・・・まだまだゴーヤは私にとって未知の食べ物のようです(・ε・)ムー


110828_1619~0001110830_1320~0001


 

 

 



shizutamarakugo at 19:44コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2011年08月30日 21:33
今夜のあと一品に欲しいです。
ゴーヤが沖縄から出てこなかったのは害虫の拡散防止のためで、
害虫が根絶したから、こうしておいしくいただけるようになった
ようです。原産は熱帯アジアですが、上述の理由でなかなか
全国に広がらなかったということなのでしょう。
ゴーヤの魅力はあの苦味にありますから、苦くないゴーヤーチャン
プルーは何となく物足りない気がします。
チャンプルーは沖縄の方言で「混ぜこぜにした」という意味のような
ので、混ぜて炒めるものはなんでもOKじゃないでしょうか。
いつか「猫ムスメ風」をあみだして、毒見させてくださいね(^_^;)。
2. Posted by 猫仲間   2011年08月31日 09:56
ゴーヤチャンプルーおいしそうですね!でもあたしはゴーヤだめですぅ。苦くて食べれない(泣) ビールも飲めないし苦いのがだめなのかなぁ
3. Posted by 猫ムスメ   2011年08月31日 12:55
HyperChemさん

なるほど~。
ゴーヤがなかなか上陸しなかった理由・チャンプルーの意味、大変勉強になりました。流石です。
クックパッドに『ゴーヤチャンプルー』と『ゴーヤの炒め物』の両方が氾濫していたので何が違うんだろうと思っていましたが、きっとみんな自分の思い描くチャンプルーのイメージ(スパム入りとかw)があって、それに反した物だから『炒め物』と名前を付けていたのでしょうネ。
混ぜこぜしてOKならば色々試してみたいですネ
4. Posted by 猫ムスメ   2011年08月31日 12:57
猫仲間さん

わかります。
私もあんまりクセのある物は好きじゃないのでゴーヤも“食わず嫌い”していましたが、食べてみたなんてことはありませんでした。でも、ちゃんと中綿を取ったりしないとヒドイ目に合うと思います(笑) どんな食材にしても、作り方次第ということなんでしょうね  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ