2011年10月26日

木枯らし1号

今日10月26日、東京でも木枯らし1号が観測されました。
いよいよ本格的な冬到来です

ところで、毎年「木枯らし1号が吹きました」というニュースを聞くたび、内心 「あっしには関わりねえことでござんす」と呟くのは私だけでしょうか。 ・・・ま、私だけでしょうなv( ̄∇ ̄)v

そう、木枯らしと言えば「木枯し紋次郎」。笹沢左保が生んだ渡世人とせいにん)モノの名作です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9E%AF%E3%81%97%E7%B4%8B%E6%AC%A1%E9%83%8E


私は高校1年生の時、池波正太郎作品に出会い時代小説にドハマリしました。池波正太郎を読み尽くし、山本周五郎→藤沢周平→平岩弓枝と流れる過程で辿り着いたのが、この笹沢左保。今までとは全く違った『渡世人』というジャンルに心奪われました。よくある勧善懲悪ストーリーでなく、人との関わりを極力避けニヒルに己の腕一本で旅を続ける紋次郎。道中合羽に三度笠、トレードマークの長い楊枝をくわえた孤独な姿に女子高生の私は身悶えしたものです(笑)  あゝ、今にも上條恒彦の『だれかが風の中で』が聴こえてきそうだわ~(゚∀゚)アヒャヒャ

「お控えなすって、お控えなすって、早速のお控えありがとうさんにござんす。手前、生まれは上州新田郡三日月村、紋次郎という名の半端者でございやす。諸国の名だたる親分衆の足下には遠く及ばねぇ、修行半ばの身でござんすが、万端よろしくお頼み申しやす。」
・・・母に向ってこんな仁義を切ってはスルーされていた16歳の日々


ちなみに私、奇しくも車の免許は群馬県前橋市で取りました(いわゆる合宿免許というやつです)。仮免を取り路上教習に出た時、赤城山に向って気持ちよく走りながら、思わず教官に言いました
「上州と言えば上州の空っ風に国定忠治。そして木枯し紋次郎。私は群馬が大好きです!!!」  もちろん教官(若い男性)にドン引きされたことは言うまでもありません

・・・猫ムスメ、23歳の夏の出来事です(o^∇^o)ノ




shizutamarakugo at 20:37コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by こうじ   2011年10月26日 21:56
アッシの母親が群馬の高崎出身で、アッシの出生地もまた上州でござんす(笑)。中村敦夫の紋次郎に憧れて、三渡笠を買って貰って近所を徘徊しておりました。楊枝を飛ばす練習もしてた痛い餓鬼でした。女の子で紋次郎にやられたなんて初めて聞きましたよ。猫ムスメ恐るべしですね
2. Posted by otoshi   2011年10月26日 23:14
木枯らし1号が吹いたニュースには驚きました。
昨日は夏日だったのに、身体がついていけません。
中村敦夫の紋次郎は、私もテレビでよく見ていました。
それでも 10年以上前に初めて観た 村上元三原作 市川雷蔵主演の「ひとり狼」は本物のプロの渡世人といった感じで、しびれました!
雷蔵は母が好きでしたが、本格的に観始めたのは結構遅かったんです。
ネットで雷蔵の命日に集まる会があるのを知って、好奇心で出かけました。
半端でないすごいファンの集まりで、ちょっと引いてしまいましたが、それからですね、沢山観始めたのは。「ひとり狼」もすごくいい作品ですから、機会があったら是非ご覧ください。
いいですよ!
3. Posted by HyperChem   2011年10月26日 23:31
冷えますねぇ。
なぜかビル空調が冷房になってて一段と冷えてました(>_<)。
母に仁義を切る16歳
ドン引きされた23歳
落語にハマる32歳
不思議な成長に目が離せない猫ムスメさんでした。
どうも急なクレームで明晩から上州入りですわ…orz。
顧客の風はさぞかし冷たかろう…。
4. Posted by 猫ムスメ   2011年10月27日 16:20
こうじさん

こうじさん、上州の出身なんですね!!
実は私が通っていた教習所、「前橋」と書きましたが厳密には高崎なんです(宿泊施設が前橋で教習所自体は高崎だったと思います)。確か「赤城自動車教習所」という名前でした  ご縁がありますね~

楊枝飛ばしはモチロン私も練習しましたよ 三渡笠をネダる子供も渋いですが、買ってくれるお母様も素敵ですね(笑)

ちなみに私、紋次郎の後は「眠狂四郎」にハマリました。ニヒルなヒーローが好きだったようです
5. Posted by 猫ムスメ   2011年10月27日 16:28
HyperChemさん

急なクレームで上州入り・・・心身共に寒そうですね(泣) 会社でも風邪っぴきが増えていますのでどうか気を付けてくださいませ

こうして考えてみると私が30歳にして落語に辿り着く下地は充分あったように思います。昔から古いものや渋いものが好きな子供でした・・・。このまま順調に育つ(?)と40代では何に辿り着くのでしょうか。ちょっと楽しみでもありますwww

6. Posted by 猫ムスメ   2011年10月27日 16:34
otoshiさん

私の中でもやはり紋次郎は中村敦夫です。もちろんリアルタイムで見た訳ではありませんが、鬼平=中村吉右衛門のようにピッタリ固定されてしまっていると思います。数年前に江口洋介が紋次郎をやったそうですが、お願いだから二度とやらないで頂きたい気持ちでいっぱいです

「ひとり狼」という作品は勉強不足で知りませんでした。渡世人モノなんですね ちなみに市川雷蔵とインターネットがどうも結びつかないのですが、今はネットでどんなオフ会でもあるのですね(笑) 
レンタルビデオ屋さんに行った時でも是非探してみたいと思います!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ