2011年11月27日

第4回 柳家甚語楼の会

甚語楼師匠の独演会に行ってきました。
今月は甚語楼師匠2連発です(●´ω`●)

111126_1626~000111月26(土) 柳家甚語楼の会

柳家 おじさん 開口一番
柳家 甚語楼 「らくだ」
     ~仲入り~
柳家 ほたる 「代書屋」
柳家 甚語楼 「崇徳院」

プログラムを見た瞬間、 “いきなり「らくだ」ですか師匠”、 と思いましたw  長いですからね~。普通トリに持っていくのでは・・・
と思っていたら師匠がマクラで説明を始めました
今日は1時間かけて「らくだ」をやるので自分の体力・皆さんの気力が残っているうちにやってしまおうと思い先に持ってきました。そして後半はホッとリラックスし聴いて頂きたい。プロデューサーとしてはいかに皆さんに気持ち良く笑って帰って頂けるか工夫してるんですよ、と(笑)  なるほど、流石は師匠です(*´ェ`*)

しかしこの「らくだ」は凄かった。久しぶりに身を乗り出して落語を聴いてしまいました 1時間と宣言していたので時計を見ていたら、「かんかんのう」を踊り終えた時点で35分。ここまで意外とアッサリしていたので1時間かからないのでは?? と思いましたが、ここからが丁寧でした。落合の焼き場に死体を持って行き、願人坊主に「ひや(冷や)でいいからもう一杯」と言わせるサゲまで聴いたのも久しぶり(前回聴いたのは誰だったかな?)  気の弱い善良な屑屋・酒を飲み始めちょっと饒舌になった屑屋・いつの間にやら「兄貴」と呼ばれ立場逆転した屑屋。この演じ分けが自然で特に素晴らしかった。反比例しどんどん情けなくなってゆく “元・兄貴” も可愛い♪

あっと言う間に「らくだ」終了。時計を見たらキッカリ1時間でした。
う~ん、全く長さを感じさせない・・・(≧ヘ≦) ムゥ
最近は落語を聴いていても疲れて眠ってしまったりモゾモゾしてしまうことが多かったので、「これが惹き込まれるということなのね」と感動しました。高座中、私は落語の世界にいたようです。師匠ありがとう


ちなみに昨日は落語仲間さんが一緒でした。いつも落語は1人で行くことが多いので、お連れ様がいるのは珍しいことです。当然のごとく甚語楼師匠に教えて頂いた「浜松亭」という居酒屋で2人打ち上げ(笑)
「らくだ凄かったですね~」と唸りながら飲む酒はまた格別 
年齢も業種も違い、お会いするのも2回目という方でしたが、同じ感銘を受けた後なので話題には事欠きません。また一緒に甚語楼師匠を追おうということで話はまとまりました(笑)

落語とお酒、これ最強の組み合わせです('▽'*)ニパッ♪


 
                       お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 15:11コメント(9)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by otoshi   2011年11月27日 20:19
「らくだ」を初めて聴いたのはさん喬さんのCDでした。
フルバージョンでしたが、聴いているだけで、兄貴と屑やが入れ替わる様が手に取るようで、面白かったです。さん喬さんは、まず、声の良さで好きになりました。噺の上手さは格別ですね。その後、花緑さんなどで聴いても、30分くらいのところで終わり、満足いくものは聴いていません。それにしても、甚五郎さんの心配りはいいですね。
ところで 談志さんの「居残り」ですが、一生懸命聴いていないと分からなくなってしまうという感じでした。噺はよくわかっていてもでしたから、初めて聞いた方は、あれで分かるのかな?とちょっと感じました。
昭和54年の録画ということで、まだ40そこそこのころだったと思います。天才肌ということは感じますが、自分で酔って噺をされているようで、お客さんの反応など関係ないと思っていたのでしょうか?
まあ 客席を映し出すと 笑っている人がいましたから、私の考えが間違っているのかもしれません。実は生で談志さんを聴いていません。
立川流の志の輔さん、談春さんは分かりやすいのですが、志らくさんは どうも 何言っているのか途中で分からなくなることがあり、寝てしまうことが何回もあり、相性が悪いのかなと思っています。その志らくさんが一番談志さんに似ていると感じているので、私には談志さんの落語は合わないのかもしれません。
小三治さんの「居残り」は集中して聴いていなくても ずるっとした感じで聴いていても、すごく面白いです。こちらは同じ内容でも1時間ぐらいの長さです。ただしサゲは談志さんのほうがいいと思いました。
この時期、談志さんの噺はどうも…というのは嫌われてしまうかもしれませんね。
2. Posted by HyperChem   2011年11月28日 07:13
話す職業の人ってすごいって思います。
人ですから、機械のように同じようにってできないもの。
1回1回の中で良かったものを残していきながら最高の
ものを作り上げていく。究めたものはすごいものでしょうね。
それこそ、引き込む力のあるものってそんなものでは
ないかと思います。
打ち上げまでしっかり堪能。
今週もしっかり頑張れそうですね(^^)。
3. Posted by 猫ムスメ   2011年11月28日 10:04
otoshiさん

落語でも音楽でも演劇でも、合う・合わないってあると思います。
みんながどんなに良いと思っても自分は「?」な事って多いですよね 
私も落語を聴いていて、上手い下手はよく分からないけど「なんか入ってくる」と思う噺家さんがいます。自然と耳や心にスッと入ってくるのですよね。逆にotoshiさん同様、聴いていて寝てしまったり一生懸命聴かないと「入って」こない噺家さんもいます 
周りの評価ではなく自分と波調の合う人を聴いてゆけば良いのでしょう♪

でも確かに今、談志さんを否定する発言は出来ませんね(笑)
私も「居残り」見ましたが、裏を返されたら・・・ってサゲは好きでした
4. Posted by 猫ムスメ   2011年11月28日 10:08
HyperChemさん

おっしゃる通り、話す職業の人ってすごいですよね。
皆さんが言うには、1回1回違うからこそ面白いのだそうです。同じ噺家の同じネタでも、今日はどんな高座が聴けるだろうか・・・先輩の皆様はそのように期待しながら長年寄席通いしているそうです

打ち上げも堪能しました(笑)
少し風邪気味な上、今週は6連勤ですが、「落充」できたので頑張ります
5. Posted by ペンギン   2014年03月22日 21:08
お久しぶりです、小三治師の『百川』以来の乱入です!?

持ち時間きっかりに噺を終える噺家、そしてそれが出来ずにうだうだとしたまま高座を降りる噺家、色々いますね。

私も『らくだ』では猫ムスメさんに似たような経験がありますよ。

場所は黒門亭ww、トリが伯楽師で『らくだ』
ところがこの日、トリ前の某師(名前は秘す)がまとまりの付かない話をやらかしてくれて、予定時間(残り時間)はわずか20分少々、これで『らくだ』が出来るわけない。その日、私は鈴本で『三三・左龍の会』のチケットも持っていた!黒門亭のことですからある意味時間など気にせずに最後までやることも可能でしょうが、この時は私は
「あぁ、今日は伯楽は蹴るな」と思っていました。

ところが始まったのはマクラもなしにいきなり「名前は馬と云うんですが周りからはらくだと呼ばれる・・・・」
え?演るの??
取敢えずは時間ギリギリまで聞いていて、イザとなったら途中で抜け出して鈴本まで走ろうか……と思って聞いていましたら、伯楽師の方でもその日の鈴本のことは分かっていたでしょう、そして
「まだまだ若いもんに負けられるかィ」
と云う迫力でグイグイと噺を進めていく。
屑屋の久六(!?)がトラになって、
『これは最後まで聞かなきゃあ勿体無いな』
と思ったところで伯楽師、ト~ンと今まで聞いたことの無いオチで話を終えてくれました。ピッタシ時間通り!

おそらくは伯楽師の方でも「今日の客には鈴本に梯子するのも何人かいそうだな」と見当をつけてくれていたのだと思います。
事実、黒門亭から雨の中を走り出す人、10人くらいはいたんじゃないでしょうか。おかげでその日は黒門亭と三三・左龍の会と双方十分に堪能することが出来ました。

今となっては懐かしい思い出です。


P.S. 相変わらず昔のブログの掘り起こしになってゴメンナサイ
談志の話しはまたいずれ…(私には合わないタイプでした @ 国立演芸場「ひとり会」)
6. Posted by 猫ムスメ   2014年03月23日 11:58
ペンギン様

おかえりなさいまし!! 小三治師匠「百川」以来、約1年半振りのカムバック、有難うございます(笑)。過去の記事でもこうしてキチンと読んでくださる方がいるかと思うと書き手冥利に尽きると言うか、本当に嬉しいです

それにしても伯楽師匠はスゴイですね~
今、このコメントを読んだだけでファンになりかけました! ペンギンさんほどの“ベテラン・ファン”が「今まで聴いたことがないオチ」と仰有るくらいですから、もちろん伯楽師匠でも初めてだったのでしょうね。ということは伯楽師匠の中でも様々な“落とし方”をバリエーションとして持っているワケで、持ち時間に応じてそのサゲに向かって持ってゆく・・・そのテクニックには本当に感服します

ペンギンさん的にはハラハラしてしまったけど、逆にスゴイものを見ましたね! そんなに濃い黒門亭と三三・左龍の会を掛け持ちできたなんて羨ましいです  
と言うか「トリ前の某師」が誰なのか非常に気になりますが、調べないでおくのが華ですね(笑)。

また談志師匠の件など、是非お聞かせください♪
7. Posted by ぺんぎん   2014年05月07日 20:10
シネマ歌舞伎で『らくだ』

勘三郎・三津五郎コンビですからかなり笑える代物なのでは?
2008年納涼歌舞伎として歌舞伎座で上演されたときに見損ねて勿体無いことしたかな、と思っていた演目ですが、今年東劇にてシネマ落語、あ、ちがった、シネマ歌舞伎として上演されます。
らくだの馬さんが弥十郎だろうと思っていたら、亀蔵がらくだだとか。
亀蔵と云ったら助六の股潜りの国侍が親の代から歴代の團十郎の股をくぐった『お家の芸』を思い出しますね。さてどんな死人のかんかんのうを見せてくれることやら。
落語から歌舞伎になった演目は意外と観ても面白いものが多いと思います。
役者よりも原作がいいのでしょうね。

ちなみに同時に上映されるのは『三人鏡獅子』、勘三郎・勘九郎・七之助、これは生で見ましたけれど結構良かったですよ。

宜しければ是非どうぞ。

場所は東銀座の東劇、
8月30日~9月5日までです。

ついでに書けば、
シネマ落語として志ん朝独演会(TBSの落語研究会より)が
6月7日~6月27日まで同じく東劇で上映されます。

こちらは、え~~と、 う~~ん、その~~、幾ら志ん朝小三治クラスとは言え、あまり画像で落語を見るのは好きじゃありません。
そんなDVD買う金あったら三三・左龍の会のチケット買いますね~~。
8. Posted by 猫ムスメ   2014年05月13日 09:14
ぺんぎんさん

お久しぶりです!! せっかくコメント頂いたのに気付くのが遅れ、お返事が遅くなってしまいましたゴメンナサイ(土下座)。

東劇は震災直後に「落語物語」を観に行った記憶があります なかなかいいホールですよね。しかしせっかく詳細を教えて頂いたのに私は歌舞伎が全くわかりません。亀蔵も弥十郎も顔が浮かびませんでした(泣)。話し甲斐のない奴で申し訳ありません

でも、シネマ落語ならぬシネマ歌舞伎なる分野もあるのだなぁと勉強になりました。本物の(?)歌舞伎は私のような薄給OLにとって敷居が高く、とても行けませんが、シネマなら観れます。取っ掛かりとしては良いかもしれません(それが正しいかどうかは別として)。情報頂き有難うございました

それと志ん朝はつい先日、人からDVDを借りて初めて映像付きで観ました(爆)。正に落語研究会のDVDでしたよ。私なんぞは生きていた頃を知らないので「これが志ん朝か~やっぱ品がいいな~」などと素朴に感動してしまいましたが、べんぎんさんのお気持ちは分かります。そして、三三・左龍のチケットを買うというご意見にも賛成です(笑)。やはり昔の名人の映像より現役のライブ。ナマモノってそういうものじゃないかなぁと思います。

またお時間があったら色んな話、聞かせてください
9. Posted by ぺんぎん   2014年05月17日 00:15
実は私もナマ志ん生はおろか、ナマ志ん朝に接する機会を逃しているのです。
独演会そのものも東京じゃあまりやらなかったし、チケットの入手も難しく、
「いいさ、寄席に行けばいつかは志ん朝も聞けるさ・・・」
この考えが浅はかでした。

深夜番組として流れていたTBSの落語研究会(正式な題名は忘れました)出何度か志ん朝は観ていましたけれど、その頃からの感想は、
「う~~ん、落語は寄席の雰囲気に浸って聞くのもだなぁ」、
その次が
「CD聞いていた方が落語が頭に入ってくるし寄席の雰囲気が味わえる」、
ここで云う寄席とは大体がホール落語になってしまいますが、末広辺りで開かれる独演会の雰囲気は、だだっ広いホール落語の日ではないと思っています。

弥十郎とか亀蔵とか、ちょっとマニアック!?な名前も出してしまって、興味無い人にはどうもゴメンナサイ。
でも勘三郎と三津五郎の『らくだ』、これは観に行こうと思っています。

最後に一言。
志ん朝も小三治も録音を随分と嫌っていたようですね。
お二人とも「落語は消えるからゲイなんです」のようなことを云っていました。全くその通りだとは思いますが、残された録音によって私は志ん朝を聴きましたし、小三治の『ドリアン騒動』に大爆笑したクチです。

録画には触手が動きませんが、なかなか落語会に出掛けられない今は、録音には今でも助けられて(?)います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ