2011年12月20日

六代目 三遊亭円楽独演会

怒涛の年末ではありますが、今日は予想より仕事が早く終わったため予約していた「六代目円楽独演会」に行ってきました。
また間に合わなくてチケット無駄にするのかなぁと思っていたのでちょっとした拾い物です

 

円楽師匠は先代・当代共に「笑点」でしか見たことがなく・・・

先代は間に合わず亡くなってしまったので当代は一度見ておきたいなぁという単なるミーハー根性で(会場も会社から近いし)チケットを取りました。私が密かに大好きな二つ目の三遊亭きつつきさんが出るのもポイントです(´▽`)


111220_2232~0001『六代目 三遊亭円楽独演会』 @文京シビックホール

三遊亭 きつつき 「時そば」
三遊亭 円楽   「ねずみ穴」

   ~仲入り~

林家 二楽     紙切り
三遊亭 円楽    「芝浜」


円楽師匠はテレビで見るより小柄だなというのが第一印象でした。
背もそんなに高くなく、とても痩せていらっしゃいます。笑点だと歌丸師匠とか周りが小さいから大きく見えるのかしら~(笑)

お声はテレビの語り口そのまんまで、とても端正。人情ネタがよく似合いそうな雰囲気でした。ちなみに今回の一席目「ねずみ穴」はサゲが初めて聴くサゲで興味深かったです。「お前みたいな働き者の鼠、帳面にも穴は開けねぇや」ですか・・・とても工夫されたサゲですね。「夢は五臓の疲れ」しか聴いたことがなかったので、嬉しくなりました(*'-'*)

トリは「芝浜」。

年末の定番ですが最近あまり落語会に行っていなかったので私にとっては今シーズン初の芝浜でした。芝浜は先代の円楽師匠の得意ネタだったと聞きますので、ベテランの落語ファンの方は先代・当代を聴き比べて楽しまれたるするのでしょうね。隣のおじいさんが眠っているのか納得しているのか始終大きく頷いていて気になりました(笑)


他にも二楽さんのファインプレーあり・きつつきさんの自虐ネタありで充実した2時間半でしたが、夜も更けて参りましたので今日はこの辺で・・・( -д-)ノ 


なにはともあれ、これが私にとって「笑い納め」となりそうです。

ブログを遡ってみると、昨年は1226日に新宿末広亭で笑い納めをしている私。年々早くなりそな気もしますが、これもライフスタイルの変化ですから仕方のないことでしょう。来年の笑い始めはいつになるかな?? そんな事を考えながら自分で「もう来年ですか」と驚くのでした


・・・奥さん、10日後は大晦日ですってよ( ´_ゝ`)ノ



shizutamarakugo at 23:10コメント(9)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2011年12月21日 01:10
普通に月末って感じしかしてないのが恐ろしい…。
今年はまだこれから年賀状+αの大きな行事の
準備が待っているのに…。
早い「納め」ですが、いろんなことのあった1年でした。
でも、今年もここまでこれてよかった…。
お互いギリギリまでバタバタしそうですね。
体だけは壊さないで年を越したいものですね(^^)。
2. Posted by こうじ   2011年12月21日 07:49
円楽師匠で笑い納めですか。襲名披露の時に末廣亭で拝聴しました。三時間並びましたよ。正月公演のチケットが取れなかったので、納得の笑い納めをしたいのですが…なかなかない。寒さもぐっと深まって年末感がやっと出てきました。芝浜聴きたいなあ。

以前書き込ませていただいた東中野の餃子の旨い店、『十番』でした。
3. Posted by 猫ムスメ   2011年12月21日 09:54
HyperChemさん

+アルファが非常に気になりますが…(^_^;)
とりあえず私は年賀状は書きました! 書きましたといってもキチンと紙で出すのは30枚程度(プライベートでは)なので楽です。今はすっかりメールでの挨拶が主軸になってしまいました

これから3連休が挟まり、それが過ぎればあっという間に大晦日ですね
私も29日が忘年会・30日が仕事納め・31日から旅行とスケジュールが詰まっています。ここで体調崩したらオシマイ!!
お互い気を付けて乗り切りましょう
4. Posted by 猫ムスメ   2011年12月21日 10:02
こうじさん

今年も寄席で笑い納めをしたかったのですが、どうしても日程が合わず昨日の会になってしまいました…

それにしても3時間並んだとは凄いですね。私はチケット争奪戦が嫌いなので、並びもしないし、人気の公演はチャレンジすらしないのですが…そうですか、正月公演ってそんなに取れないのですか 何かもっとゆったりした感じで笑い納め&笑い始めが出来るといいですね(>_<)

餃子情報ありがとうございました
大学を出てから「高田馬場越え」をなかなかしないのですが、落語会がある時にでも是非寄り道してみたいと思います
5. Posted by オスカー   2011年12月21日 17:30
こんばんは。今の円楽さんて…誰!? 昔の楽太郎さんでしたっけ? 全くわからなくなってきてしまいました…笑点もいつ見たか記憶にない!!
来年はちゃんとお勉強したいと思います…
6. Posted by otoshi   2011年12月21日 18:21
「ねずみ穴」というと、噺の内容より、蔵の構造が気になって仕方がありません。自分のHPにも書きましたが、どのような大きさの穴なのかとか、 穴のほかに 窓もある蔵もあるから 穴をふさいだだけでは火が回るのではないかとか考え、ネットで蔵の構造を調べたのですが、「火災が発生したという際、 普段出入りの左官が駆けつけ、用意してある用心土と呼ばれる粘土を土蔵の全ての隙間に叩きつけ、土蔵への延焼を防ぐといった防火活動もあった」と書いてあり、やっと納得がいきました。 落語の噺だけではそんなこと説明するわけありませんが、なぜか気になると、噺を楽しむ以前に とことん気になります。変な性格です。

明日 切腹最中を買いに行きますが、予約したら、出来立てをご用意しておきます。と言われました。楽しみ!
7. Posted by otoshi   2011年12月21日 18:30
並んだり、待ったりするのは、得意?なほうで、にぎわい座にもチケットを買うのによく並びます。それでも ここ3か月ぐらいは並ばないで、電話で30分くらいかけ続けチケットをゲットしました。
にぎわい座に来る方は 結構立川流が人気で、志の輔、談春はすぐに完売、志らくもいつも完売です。
来年2月久しぶりで談春が出演しますが、友達が行きたいと言うので、じゃあ行くか!と26日頑張って朝6時に家を出ます。そのあと 映画を2本観てくる予定です。
8. Posted by 猫ムスメ   2011年12月21日 20:03
オスカーさん

すいません。
私の周りでは笑点観賞率がほぼ100パーセントなので見ていない人がいるとは想定していませんでした(笑)
そうです、楽太郎です。腹黒キャラの人です。笑点のお陰でどうしても楽太郎のイメージが強く、今でも『楽さん(らくさん)』と呼ばれるけど、円楽の楽でもあるからいいや! と仰っていました
9. Posted by 猫ムスメ   2011年12月21日 20:09
otoshiさん

鼠穴の構造ですか!!(笑)
流石です。私も鼠穴ごときで火が回るのかしら~そんなに大きい物なのかしら~と漠然と気になってはいましたが、その程度でした そこまで調べられるとは流石です。変ではなく、とても得なご性格だと思いますよ(どんどん知識が増えますから!) 昔はちゃんと用心土などという粘土が用意されていたのですね。木と紙でできた日本家屋にとって火事は一番怖い事だったと言いますから、そういった備えもあったのですね。勉強になりました

談春師匠のチケット、無事取れますように(その前に寒い中並んで風邪ひきませんように・・・)

それと、切腹最中、気に入って頂けると幸いです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ