2012年02月29日

探偵はバーにいる

120225_0942~0001「探偵はバーにいる」を読了しました
なんか聞いたことあるな~と思われた方も多いかと思いますが、昨年、大泉洋主演で映画化された「探偵はBarにいる」の原作シリーズであります

ただし映画になった「探偵はBarにいる」の原作は、1作目の「探偵はバーにいる」ではなく2作目の「バーにかかってきた電話」というトリッキーさ(笑) 

「探偵はバーにいる」→「バーにかかってきた電話」→「消えた少年」→「向う端にすわった男」→「探偵はひとりぼっち」→「探偵は吹雪の果てに」→「駆けてきた少女」→「ラスト・グッドバイ」→「探偵、暁に走る」→「旧友は春に帰る」→「半端者」→「猫は忘れない」

・・・の順番で上梓された探偵シリーズですが皆さん映画にまどわされたようで・・・。1作目の「探偵はバーにいる」だけず~っと貸出中になっておりました( ̄ー ̄)ニヤリッ
読んだ人はきっと “内容全然違う” と驚いたことでしょう(笑)

私は前々から好きな作家さんだったので全巻借りていました。
しかし上記のような理由でどうしても1作目の「探偵はバーにいる」だけ手に入らなかったんです。そして半年以上経った今、ようやく順番が回ってきた次第です  いやいや、シリーズ物で肝心の1作目を一番最後に読むって、なかなかシュールな気分ですね( -д-)ノ


ちなみにこのシリーズの何が変わってるって、主人公の【俺】が一気に歳をとる事です。5作目の「探偵はひとりぼっち」が、恋人の春子から “私、お腹に赤ちゃんがいるの” と告白される衝撃の結末 ファンをヤキモキさせておりましたが、次に出た6作目「探偵は吹雪の中で」はいきなり15年後にスッ飛んでました!! 【俺】は45歳になり、春子と離婚し中学生の息子にせっせと仕送りする中年男となってたんです(笑)
「おろせ」という男ではないし、かと言って子持ちの探偵に甘んじるタイプでもない。なるほどうまい所に着地させたな・・・とファン一同、ひと安心したのでした(●´ω`●)

【俺】が歳を取ったということは時代も変わっています。
飛ぶ前までは『風営法が変わる前、ソープランドがまだトルコと呼ばれていた頃の物語』でしたが今は現代。誰もが携帯電話を持つ時代になっています。しかし探偵は携帯を持ちません。

携帯を嫌い運転免許を持たずニヒルでクール。でも情に厚く抜けている。中年太りし「デブ」と呼ばれても気にしない(笑)

大きな体でススキノを駆け回りたまにボコボコにされる【俺】が可愛くてならなりません あ~早く最新作が出ないかなぁ。

・・・これが現在進行形で続いているシリーズ物を読む醍醐味でありますヾ(=^▽^=)ノ


              お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:58コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2012年02月29日 22:26
順番に出てくるのを待つ。
これも今の世では贅沢なことですね。
思ったら何でも実現してしまうと勘違いしてしまいそうな世の中。
待つこと、待つ間に思う時間の大切さを皆が持って欲しい。
切にそう思います。
2. Posted by 猫ムスメ   2012年03月01日 08:00
HyperChemさん

インターネットでなんでも手に入る時代ですからね。なかなか「待つ」とか「探す」とかいう行為をする機会が減ったかもしれません。でも欲しい物をひたすら待っている時間って楽しいんですよね。今回の第一巻もむさぼるように読んでしまいました  これがすぐ手に入っていたら有難味も半減だったと思います
3. Posted by オスカー   2012年03月01日 17:04
こんにちは。私まだどれも読んでいないです~古本屋でセット販売とかないかな(笑)
私は漫画の「ベルばら」1巻だけがずっと手に入りませんでした!!
4. Posted by 猫ムスメ   2012年03月01日 22:42
オスカーさん

オスカーさんも‘1冊目だけ手に入らない病’の経験者だったのですね(^_^;)

ようやく手に入った第1巻を読んだら「あら、あの登場人物は元々こんなキャラだったのね~」の連発でむしろ楽しかったです(*^_^*)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ