2012年03月21日

国立歴史民族博物館

120320_0825~0001お彼岸の昨日は九十九里までお墓参りに行ってきました。そしてその帰りにちょっとした寄り道を・・・佐倉の『国立歴史民族博物館』です 理由は招待券を貰ったから(爆) 昨年、大和田落語会のお楽しみ抽選会で何故かココのチケットが当たったため、有難~く行って参りました。佐倉は古くから印旛沼を中心に栄えた歴史ある町。江戸時代には佐倉城も築かれ、堀田家が統治しました。今も城下町の風情が残り『時代祭り』も有名です。



120320_1410~0001120320_1426~0001120320_1437~0002











初めて行く歴史民俗博物館はとてつもなく広かった
失礼ながら佐倉の郷土史を通り一遍に紹介する“資料館”的なショボさを想像していたのですが、とんでもない! よく見ると頭に「国立」が付いています。第1展示室~第6展示室と、進むにつれ人類の歴史が分かるような壮大な創りになっていました。こりゃ失礼しましたね(●´ω`●)
しかも面白いのは、館内での写真撮影を推奨していること。
普通こういった博物館や美術館は撮影厳禁かと思いますが、むしろ「撮影禁止」と書いてある物以外はどんどん撮って楽しんでくださいというようなことが書いてありました。なんてブロガーに優しいんでしょう(笑)
お陰様で『高床式住居(イノシシ付き)とか『土地ごとの埴輪』とかマニアックな写真が沢山撮れました ちなみに群馬や栃木の埴輪は精密でカッコイイけど、千葉の埴輪はテキトーです(笑) 土地柄でしょうか

120320_1607~0003120320_1607~0002











落語絡みの資料もありました。『懐溜諸屑(ふところにたまるもろくず)』です。馬生の名前があったので思わずガン見しました。説明文によると、入船扇蔵が長年収集してきた様々な刷物などを柳屋秀岱が帳面に貼り付けたものだそです。きっと勉強家の噺家さんなんかはこういうのもご存じなんでしょうネ♪♪


・・・ところで “何かが足りない” と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、そう、グルメです(笑) 私が佐倉くんだりまで行って旨い物を食べずに帰る訳がありません(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ツイッターにて「歴博の近くに美味しい店はありませんか?」と聞いてみたところ、多くの佐倉市民が情報をお寄せくださいました。そしてそのほとんどが、『幸(サチ)』という名の定食屋さんでした   

120320_1332~0001120320_1336~0001

 

 

 

 

 

 

外観は昔ながらの古びた定食屋ですが、中に入ると人でギッチリ。
私達が行ったのは13時半でしたが満席で少し待たされました。
そして中に入るとマラソンのQちゃんやギャル曽根、はるな愛、内田裕也(←何故?)といった面々の写真が沢山飾られています。地元では知らない人がいない名店なのだそうです

左が私の頼んだ「かんぱちの刺身定食1000円」、右がツレの頼んだ「A定食1500円」ですv( ̄∇ ̄)v
写真だと縮尺が分かりづらいかと思いますが、どちらもすごいボリューム!! かんぱちの刺身も厚いのが10切れくらい乗っていたし、海老フライに至っては私の拳2つ分の長さがありました  ご飯もおかわり自由。そりゃ写真の中のギャル曽根が満面の笑みなワケだわ(笑)  もちろん量だけじゃなく刺身の鮮度やフライの揚げ方などもバッチリで、美味しく完食させて頂きました。く、苦しい・・・・・・


歴史にグルメに佐倉を堪能した一日。
今度もう少し時間があったら城下町も歩いてみたいです。
ご親切に色々教えてくださった佐倉市民の皆さん、ありがとうございました~(^_^)ニコニコ



shizutamarakugo at 19:58コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by こうじ   2012年03月21日 20:49
歴史博物館や美術館大好きです。九段下にある『昭和館』とか一人で行ったりもします。そちらの歴博は広そうだから1日居れそうですね。

それにしてもボリューム満点の定食。女の子じゃ完食するの大変そうですね。
2. Posted by HyperChem   2012年03月21日 21:40
国立歴史民族博物館がなぜ佐倉市に?という疑問は
ちょっと見る限り解決できませんでしたが、猫ムスメさん
が書かれているように、一地方のものでなく全国区な
内容なんですね。
正式名称も前に「大学共同利用機関法人人間文化
研究機構」とあって、大学の研究を一般に見てもらうため
に集大成したものという位置づけのようです。
歴史を語るもの、一度は訪問しなければならない場所
ですね(^^)。
さて、期待通りの展開になりました(笑)。
かんぱちは今にも跳ねていきそうに見えます。
拳2つ分の海老フライ。大きいのだと思いますが、
海老フライ÷2の大きさの猫ムスメさんの華奢な?拳
を想像しています(*^^*)。
3. Posted by 猫ムスメ   2012年03月21日 22:20
こうじさん

私も博物館や美術館、けっこう好きです。馬生師匠と東博でおデート? したこともありますよ(笑)
まぁ1人で行く時は有名どころの展示しか行かないミーハー女ですが…(^_^;)
特にエジプト・マヤ・インカ関連が来るとワクワクして並んじゃいますね
もちろん「ツタンカーメン展」も行く予定です

定食、すごいボリュームですよね まぁ、女の「子」じゃないので完食しましたが(笑)
刺身3切れと牡蛎フライ1つをトレードするという偉業も成し遂げましたv(^-^)v
4. Posted by 猫ムスメ   2012年03月21日 22:32
HyperChemさん

海老が巨大なだけです!!(笑) この店はジャンボ海老フライが有名で度々取材を受けるそうですが、ジャンボじゃない海老フライも一般的な海老の2~3倍はありました(^_^;)

ところで正式名称の「大学云々」に気が付かれるとは流石HyperChemさんですね 私も「大学?」とは思いましたが意味合いまでは深く考えませんでした(^_^;)

なんで佐倉に作ったのかは私も気になるところなので、詳しい人がいたら聞いてみたいと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ