2012年05月30日

飛び込みの季節です

GWが明けた頃から、やけに飛び込み営業が会社にやってきます。ちょうど新卒社員が野に放たれる季節なのでしょうか(笑)
まずは飛び込みで鍛える・・・(私も経験ありますが)就職した者にとっては一種の洗礼のようなものですね

毎日いろんな会社の飛び込みを迎えていますが、来る若者来る若者、判で押したように「この地域の担当になったのでご挨拶周りに・・・」と言って面白いです。女性が圧倒的に多いのも最近の傾向ですね。昔は営業職というと男性のイメージでしたが、今は女性の特性を生かす業界が多いようです。確かに若い女性に汗を滲ませながら来られると、断りにくい  これは迎える側から見ても間違いのない事実です(まぁ結局は断るけどね

 

来る業種も大体決まっていて、一番多いのは複合機。キャ○ンさんとリ○ーさんが入れ替わり立ち替わりやってきます。他はオフィスコーヒーのダイ○ーズさんやユニ○ットさん。ウォーターサーバーはブームのようで聞いたこともないような会社が何社も来ます。毛色の変わったところでは「置き菓子」「置き薬」なんかも来ますね~。皆さん暑い中、御苦労様です( -д-)ノ

 

ちなみに一番猛攻をかけてくる複合機業界ですが、弊社、複合機は創業時からゼロッ○スさんです。これは会社を設立した時、キャ○ンさんやリ○ーさんにもリースを頼んだけど審査に通らず貸してくれなかったから(だそう)。どこの馬の骨とも分からぬ20代の若者が創った会社には危なくて貸せなかったのでしょうか。対応も冷たかったそうで、唯一貸してくれたゼロッ○スさんに恩義を感じ、他社にどれだけ安い金額を提示されても乗り変えずにいます。そういう事情を知ってか知らずか入れ替わり立ち替わりやって来るので“時間の無駄なのにな・・・”と気の毒に思います。水や珈琲も他社と契約しているのでニーズが無く、断らなくてはいけないのですが、これがまた億劫。と言うのも私が受付的な役割なので誰か来ると全部私が出なくてはいけないのです。月初の忙しい時なんかに来られるとついイラッとしてしまうってもんです

 

でも、あまり冷たくは出来ません。

私も前職で彼らと同じ状況に置かれていたからです。

真夏の暑い中、スーツを着て5キロの営業カバンを持って住宅街を彷徨い歩きました。売っている商品が複合機やコーヒーといったマトモなものではなく先物取引だったので、また一段と過酷な仕事でした。私は女なのでさほど酷い目には合いませんでしたが、男性社員は警察を呼ばれたりホースで水を掛けられたり食べかけの弁当を投げつけられたりしたそうです(ヤ○ザの事務所に飛び込んでしまい軟禁された先輩もいます、マジで)。

 

一点の曇りもないブラック企業だったので、名刺10枚集めるまで帰って来るな的な発言もあり、営業職でやって行くことの大変さを骨身に染みて理解した日々でした。だから当時の私と同じような20代の女性が初々しく「お名刺交換だけでも・・・」なんてやって来ると、「名刺集めてるの?」なんて言いながらつい渡してしまったりします(笑)

 

一方、「こりゃダメでしょ」とダメ出ししたくなる営業マンもかなりの数います。23日前に来たキャ○ンの営業(男の先輩+女の新人)もヒドかったですが、これでどうして一流企業に就職できたのか?? と不思議になるレベルもいます。人の目が見れない、オドオドしている、ニヤニヤしている、服装がだらしない、髪型が汚らしい・・・等々です。会社としても指導しなくて大丈夫なのかと心配になりますが、まぁどの会社も営業職なんて大量に採用してそのうち淘汰されてゆくのを待っているのかもしれません

 

私が働いていた会社も確か入社1年未満の離職率が86%かそこらでしたが、営業の道は厳しいです。今一所懸命飛び込んでいる営業マンも、夏が終わる頃にはどれだけの数、残っているでしょうか。昨日来たリ○ーのオネエチャンも1ヶ月後には沖縄へ「自分探し」に出かけていかもしれません(笑) がんばれ飛び込み営業マン。


(ドシドシ追い返す私が言うのもなんですが)
熱中症には本当に気を付けて頑張ってください

 



shizutamarakugo at 19:17コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2012年05月30日 21:33
技術職ですから無縁の世界ですが、大変だなって思います。
でも、昔と今とではかなり事情も変わってきているでしょうね。
猫ムスメさんのように理解のある方ばかりだといいのですが、
どんな対応されるか分かりませんし。
うちの新オフィスもセキュリティで飛び込みはすべて門前払い
になってしまいました。これから、ますます増えていくと思います
が、ビジネスの出会いの場も減っていきそうで、寂しい世の中
になっていくんですかねぇ。
2. Posted by オスカー   2012年05月30日 23:19
こんばんは。暑くなってきたしオリンピックもあるので「飛び込み台」からどっぱ~ん!!かと思ってしまいました…イヤだわ
よく度胸をつけるとか言いますが、来られる方は迷惑ですよね~そういうことは考えないんでしょうか? 私はお使いにいく程度の仕事だったので、会社勤めの頃はラクといえばラクでした。ただ、毎日残業でした~定時間際に外回りのメンズが帰社するので、それからひと仕事でした。
これから梅雨の時期になるので、大荷物の方は大変そう…頑張って下さい(笑)
3. Posted by 猫ムスメ   2012年05月30日 23:56
HyperChemさん

セキュリティーや守衛にブロックされるような会社はハナから飛び込み営業の対象にはなりません。基本そういう所は規模の大きな会社なので、中に入れたとしても担当者が出てくることは無いからです だからこそウチのような中小企業が余計に集中砲火を浴びるのです
営業には「狙い目になる規模」というのがあり、私がやっていた時はまず「資本金1000万・従業員10人程度の会社を狙え」と上司に言われ、商工会議所の名簿や会社四季報を見ながらせっせと電話(テレアポ)してました。飛び込む時も10階建て以内の‘雑居ビル’に限定し、上のフロアから順々に階段を使って回りました

ウチもそうですが、いまの時代、中小企業にはセキュリティーが付いているような立派なビルに入居・移転する余裕がありません(元々ある雑居ビルにわざわざセキュリティーを追加する余裕も管理会社自体にありません)。世の中から中小企業が消えない限り、飛び込み営業マンが飛び込む先には不自由しませんよ(^_^;)
ウチのような入り易そうな規模の会社が狙われて大変ですが、まぁ度胸を付ける意味で新人さんには頑張って頂きたいと思います
4. Posted by 猫ムスメ   2012年05月31日 00:10
オスカーさん

電車にダイブ…と思われなくて良かったです(笑)
営業職は基本、体育会系の世界なので、「度胸を付ける」はよく使う言葉ですね まぁ新人の度胸付けや鍛錬に使われる方はたまったモンじゃありませんが、そう考えてしまう人はそもそも営業職に向いていないようです。何も考えずズケズケ入れる人の方が営業的には優秀みたいですよ(^_^;)

オスカーさんは営業事務的なお仕事だったのでしょうか。その状況だと「外回り、早く帰って来やがれ!」とイライラしそうですね(笑) なるべく早く帰って来てテキパキ指示を与えてくれる営業さんがOLに人気あったり(笑)

なんにせよ、楽な仕事って無いですね。あ~宝くじ当たらないかな~(←オチはそこか)
5. Posted by まいるど   2012年05月31日 13:42
C社営業のレベルの酷さ、OBとして恥ずかしくなります。喝を入れてきましょう!
6. Posted by 猫ムスメ   2012年05月31日 22:10
まいるどさん

ま、まさか…まいるどさんC社の出身でしたか
私ナゼかR社の方だと思い込んでおりましたもので……言いたいこと言って申し訳ありませんでした~Y(>_<、)Y

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ